「は、ハルヒ、放課後なんだが…体育館裏に来てくれないか? あ、暇だったらでいいぞ。」

いつもより真剣な顔で…キョンはそう言った。
アイツの顔は少し上気しているように見えた。 …告白かしら?
あたしの答えはもう決まっているわ! OKに決まっているじゃない!

体育館裏を覗くとキョンがそわそわしながら待っていた。
…しばらく観察していましょう。
「プププ…何あいつ予行練習しているのよ。 あたしに見られたらどうするつもりなのかしら。 見てるけど。」

「ハルヒ、俺は…」
そう言いながらキョンは振り返る…あ、見つかったか。
「おーい、ハルヒ!」
そう叫び、ニコニコしながらキョンは手を振っている。 さて、出て行ってあげようかな。

「もう、こんなところにあたしを呼び出すなんてしょうがない奴ね。 で、何の用?」

キョンと向かい合って立つ。
距離はおおよそ50cmほど…友達にしては間隔が近すぎるんじゃないかしら。 さあ、早く言いなさいよ・・・。

キョンは二回深呼吸をして、じっとあたしの目を見つめた。
「ハルヒ、好きだ。」

…まさかこんなにストレートに来るとは。 あのキョンが!
こっちまで恥ずかしくなって来るわね!
「キョン、あたしうれしいわ! 照れるじゃない!」
そう言い、軽くキョンを突き飛ばした。

ごどっ



ゆっくりと目を開ける。

校舎のザラザラとした壁に赤く丸い跡が付き、そして筆で書いたように下へと…
そこには、キョンの頭…

…キョンは壁に頭を持たれかけながらピクリとも動かない。
ああ、どうしようどうしよう!

「涼…みや…?」

振り返ると、岡部がウンコ座りをしながら煙草を吸っている最中だった。 眼を見開いたままこちらを見ている。
…このクソ教師! サボリタバコ吸うんじゃないわよ!

「岡部先生、これは違うんです…。 あの、その…。」
「涼宮、な、こっちくるな!来るな!」
「ち、違うんです、これは違うんです!」
「近寄ってくるな! その手にもった大きな御影石はなんだ! こないでぇ!」

「先生…。  あたし、こんなところで人生つまづきたくないの。 …わかって。」
ゴドッ

間一髪のところで岡部は横に逃れる。
腰が抜けたのか手足をバタバタさせ、逃れようとしている。

そいやぁ!
ごどっ 「ひぃっ!」

とりゃっ! ごどっ  「わひゃん!!」
「あんた…結構運動神経いいのね。 往生しなさい。」

「ハルヒ! がんばれ! がんばれ!」
いつの間にかキョンが応援してくれている! …首を60度くらいに曲げたまま。

あたし頑張っちゃうわ!


おわり

|