涼宮「不思議なスプーンを貰ってきたのよ! みくるちゃん ミルク頂戴」
朝比奈「はぁい ただいまぁ」

涼宮「ミルクの入ったカップのこのスプーンを入れると ほら カップの中が
 夜空に見えるの」
朝比奈「ふぇー 不思議ですねぇ いったいどうゆう仕掛けなんですかぁ」
涼宮「詳しくはしらないんだけど、うーん、結構綺麗ねこれ、もうけもんだわ」
朝比奈「わたしもやって見ていいですかぁ ミルクまだあったかなぁ」
涼宮「いいわよ、はい、スプーン」
朝比奈「へー、スプーン外すと普通のミルクに戻るんですね、あれ
  スプーンで星まで掬っちゃいましたぁ」
涼宮「別にかまわないんじゃない、ただのミルクだし」
朝比奈「この星どうしましょう、ちっちゃくてかわいいな これ」

長門「戻してくる」
朝比奈「へ」
長門「夜空に戻してくるので、星とスプーンを預けて欲しい」
涼宮「まあ いいわ、はい、じゃおねがいね」

涼宮「さて寝るか、でも昼間の有希ちょっと変というか、妙に真剣だったな
 どうしたんろ?」

朝比奈「うーん、あの星、大丈夫かな、さっき夜空をみたら、星が見えないと
  とこあったもんなぁ 本当にさっき、掬っちゃのかぁ 長門さんちゃん
  と元に戻してくれるかなぁ」

涼宮「ん 夢?」
朝比奈「あれぇー ここどこですかぁ、なんでわたしこんなとこにいるんで
  すかぁ あ、涼宮さん、長門さん」

長門「おもったより星の数が多い、戻すのを手伝って欲しい、はいこれ」
涼宮「ん でもこれどうやって戻すのよ」
朝比奈「やっぱり本当に掬っちゃったんだぁ あーごめんなさい」
長門「正しい場所は星達が知っている、あなた方は、手助けするだけ さあ」
涼宮「おっ 飛べる」
朝比奈「きゃあぁ そんなにひっぱらたら らめぇぇ」

涼宮「これ結構、楽しいわね それぇ ちゃんと戻れ」
朝比奈「慣れてくると飛ぶのもたのしいですね ごめんねぇはぁーい」

長門「協力に感謝する」
涼宮「楽しかったし 問題なし」
朝比奈「そんなぁ 掬っちゃたわたしの責任でぇす」
長門「このスプーンは本来この場所に存在しては、ならないもの、こちらで
 適切な処分を行いたいが問題ないか」
涼宮「そんな 大層なもんだったんだこれ」
朝比奈「そんな、とんでもないです」
長門「許可を」
涼宮「いいわ、星空の散歩も出来たし」
朝比奈「ここからどうやって帰るんですかぁ」
長門「感謝する、帰りはあれ」
朝比奈「あっ、スプーン」
涼宮「ミルキーウェイのミルクスプーンか」

涼宮「んーもう朝か、なんか不思議な夢みた気がする」
朝比奈「なんか、足腰いたいですぅ、寝違えたのかなぁ」

長門「完了した」
朝倉「情報操作の方も無事終了 お疲れさま」
喜緑「ごくろうさま、でもなんでこんなものがねぇ」
                                  おしまい

|