※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バレンタインデー。それは女の子が、男の子にチョコを送る日。
「あぅ~・・・」
でも、僕には出来ないんです。だって、彼の前では男の子だから
渡したくても渡せない。どうしたら良いんでしょうか。
とにかく、渡したい。好きって、言いたい、けど、言うわけにもいかない。
せめて、チョコレートだけでも。こういう時、誰に相談したら良いんでしょうか。
・・・とりあえず、森さんに電話してみますか。
プルルルル・・・ギーガガガーゴァーギギャーン!!
突然変な音がなってからしばらくして、
『やっほー!どうしたのどうしたの?』
森さんが凄くハイテンションで出てきた。
『あ、も・し・か・し・て、バレンタインデーの相談!?』
「よく解りましたね」
『キャーーーー!!いっちゃん可愛い!!でも、キョンキョン受け取ってくれるかなぁ?』
「そこで悩んでるんです・・・どうしたら良いですかね?」
『んーとねーんーとねー・・・わっかんなぁいのれす~!あはははは――――――』
ピッ。ツー、ツー、ツー。
こんな奴に相談した僕が馬鹿でした。機関はほぼ変な頭の人達で統一されてますしね・・・。
「あぅ~・・・解んないです」
どうしたら。どうしたら・・・。仕方ない。新川さんに聞いてみましょうか。
トゥルルルル・・・トゥルルルル・・・ガチャ。
「あ、もしもし」
『珍しいな。どうした?会長のアナルでもゲットしたか?』
「違います。バレンタインデーなので、キョンくんにチョコを渡したいんですけど、どうしたらいいかなぁって」
『あぁ・・・成るほど。むぅ・・・ならば―――――――――』
「あ、ありがとうございます!!」
『あはは。別に礼などいらんよ。ただ、会長のアナr―――』
ピッ。ツー、ツー、ツー。

翌日。
僕は新川さんの案を実行する為に朝から準備をしていた。
人工テドドンの準備も大丈夫。
さぁ、この愛を受け取って、キョンくん!!




「スペシャルマッガーレ!!」
「うわぁあ!?テドドンにチョコが塗りだくられてる!?アッーーーーまアッーーーーーーい!!」
|