「いらっしゃいませ!」
 あたしは今、いつもの喫茶店にいた。向かいに座ってるのは、『魔法遣い』のキョン。
 あたしが目を瞑った後のことを少しだけ思いだしてみた。


 あたしが目を開けると元の明るい部室に戻っていた。どっかの部活の朝練の音も聞こえている。
 その代わり、キョンの姿がなくなっていた。……やっぱり夢だったの?
 あたしは鞄を取りに来て、そのまま寝ちゃって夢を見た。その時、キョンはいなかった……ってことよね。
 戻ってこれたのはうれしいけど……残念だわ。キョンから「好き」って言われたのも夢の話だったってことが。
 あたしは、顔を覆って少しだけ泣いた。よくわかんないけど、涙が出たから。
「なに泣いてんだ、団長様」
 ドアの方から聞こえてくる声にあたしは顔を上げた。
「早く来て、鞄を教室に持って行ってやろうと思ったんだけどな。お前の方が早かったか」
 あ、あら、気が利くじゃない。……これは、あくびで涙が出ただけだからね!
「はいはい、そうだな」
 ……やっぱり夢、よね。あんな現実があったら、それこそあたしの望んだ不思議な世界だわ。
 でも、夢の中で約束しちゃったからね。何も知らないこのバカに朝ご飯を奢ってあげようじゃない。
 あたしは鞄を持って立上がり、キョンの腕を掴んで引っ張った。
「朝ご飯食べに行くわよ! 今日は財布を持ってきたから、貧乏人のあんたに奢ってあげるわ!」
 そして、一歩、二歩と大股で歩きだ……す? おかしいわ、今日はキョンが動かない。
 足を踏ん張って、逆にあたしが引っ張られた。
「今日は俺の勝ちだな」

 頭に血が登っていくのがわかる。今のあたしは顔真っ赤ね。
「あ、あんたね! 人がせっかく奢っ「大好きだ」
 ……へ?
「少しは喜べよ。お前の告白は実ったんだぞ?」
 キョンはあっけらかんとした表情であたしを見下ろしている。また……夢?
「現実だ。なんなら確かめてやる」
 頬を抓られ、痛みがくる。紛れもない本物の痛み……って、
「いひゃい、いひゃい! いい加減にひなひゃい!」
「ぷっ……なにマヌケな声をだしてんだ」
 このバカ……痛くて、涙が出ちゃうじゃない。バカキョン……バカぁ……。
「お、おいハルヒ。泣くなって、悪かったって」
 ほんとにバカね。救いようがないわ。うれしくて泣いてるのに気付かないなんてバカの極みよ。
 でも、うれしかったらやっぱり笑いたいわ。だからあたしはこう言うの。
「許してあげるからキスしなさい」
 そうするとね、多分キョンはしてくれるのよ。いつものセリフと一緒に。
「またお前はいきなり……やれやれ」
 やっぱり。あたしは目を閉じて、触れ合う唇の感触を大事にした。
 あたしの気持ちを一番に感じ取ってくれる魔法をつかう、魔法遣いの彼氏。そんなキャッチフレーズも面白いわね。
 あたしがそんなくだらない冗談を考えていると、唇が離れた。
「これでいいよな。さぁ、教室に行くぞ」
「ふふん、忘れてるみたいね。さぁ、行くわよ! 学校は遅れても構わないわ!」
 あたしはそう言って、キョンの手を強く握って走り出した。
 キョンが何やら喚いてるのも無視して、笑顔で部室と学校を後にした……。


 それで、今に至るんだけど……。
「ハルヒ、食わないのか? お前から誘っといて……」

 今日はゆっくりと食べたい気分なの!
 彼氏、かぁ……。どう接すればいいのかしら? 今まで通りでいいのよね?
 あたしはゆっくりと食事を口に運びつつ、ずっと考えていた。……あれ? もう食べる物が無い。
「それがお前のゆっくりか。人並み以上には変わりないな。……学校に行くか」
 まだ何にも考えてない! 普通は嫌よ、普通は! あたしは普通の付き合いじゃ満足できないんだから!
 普通にしたら、今までフってきた男達と何一つ変わりないわ!
 谷口とかと同レベルになっちゃダメ!
「ハルヒ、勘定。今日はお前の奢りなんだろ?」
 わかってるわよ、今から済ませるから!
 あたしは乱暴にお金を店員に渡し、会計を済ませて外で待つキョンと合流した。
「ごちそーさん」
 ……はいはい。行きましょ。
 顔が見れない恥ずかしい! どうすりゃいいのよ、あたし!
 キョンの前を歩いていると、後ろから手を繋がれた。しかも指と指をしっかり絡ませるアレよ。
「俺の彼女だろ? 同じ歩幅で、同じ速さで歩こうぜ」
 なんでこんなに恥ずかしいセリフをサラッと言えるのよ! ……ま、いっか。
 これでいいわ。決めた、あたしはキョンに合わせてやろうじゃない。二人でいる時の主導権はくれてやるわ。
 それじゃあ普通のカップルになるんじゃないかって? ふふん、甘いわね。
 今、気付いたのよ。キョンといるだけであたしにとっては特別なんだから!
 だから、やってることは普通でもいいのよ。……幸せだし。
「今度は遅すぎる、自分の足で歩け!」
 キョンのちょっと怒ったような声に、あたしは笑顔を浮かべて答えた。着いてこさせるのはもう終わりよ。これからは……。
「キョン、しっかりとあたしを引っ張って行きなさい!」


おわり

|