傘を忘れ雨にうたれた。
 エラーを検出。
 評判の本が面白くなかった。
 エラーを検出。
 彼が涼宮ハルヒと話している。
 エラーを検出。
 彼がわたしの方を見る。
 エラーを検出。
 エラー、エラー、エラー……。
 エラーが許容範囲を上回る速度で蓄積する。このままでは昨年の12月19日の二の舞い。
 あるいはもっと悪い可能性もある。
 わたしの役目は涼宮ハルヒの観察及び彼女と彼の保全。
 わたしはそのために造られた思念体の『道具』。観察は別の端末でもできる。
 そしてわたしの中のエラーは致命的なバグを引き起こす。
 だから情報統合思念体にわたしの有機情報連結の解除を要請した。
 それが却下される。嬉しかった。……嬉しい?


 日増しにエラーがたまっていく。
 もはや時間は残されていない。
 ある日わたしは二人の人を放課後の教室に呼び出した。
 一人目は彼。夕日を背に受けて立つわたしに彼が声をかける。
 わたしは何も言わずにナイフを構えた。
 聴覚の機能を停止する。
 声を聞いてはいけない。
 殺さないように彼ギリギリの空を裂く。
 それでも彼にはわたしが本気としか見えないはずだ。
 夕日を背に受けて立つわたしに彼が声をかける。
 わたしは何も言わずにナイフを構えた。
 聴覚の機能を停止する。
 声を聞いてはいけない。
 殺さないように彼ギリギリの空を裂く。
 それでも彼にはわたしが本気としか見えないはずだ。
 二回、三回と襲いかかる。 手元がくるって一筋の赤い線が描かれる。いけない。
 再度彼に意識を集中する。その目に浮かぶ絶望がさらにエラーを生む。
 また新たな傷を彼につけてしまう。
 そのとき感知した。
 彼に訪れる救いを。わたしに訪れる破滅を。
 教室の扉が開き、彼女が、涼宮ハルヒが現れた。
 怒髪天を衝く、これほど状況と合致する言い回しがあることに感動を抱いた。
 そして彼女からほとばしる情報の奔流。
 できることなら、お別れを言いたかった。けれど、その間もなくわたしは消えた。


 いや、消えたはずだった。
 なのにここは……?
 途端に目の奥を何かが刺激する。
 わたしは自分の心がエラーで満たされているのをみつけた。
 けれどわたしに危機感はなかった。
 そこにあるのは――。
 わたしにとっての大切な場所。
 ゆっくりと辺りを見渡す。ちょうど誰かが入ってきた。
 それは彼だった。
 ぼんやりとした顔で歩いている。彼の視線がわたしを向く。
 しかしそれはすぐ反らされた。彼はわたしを知らない。
 わたしは涙をこらえて笑顔で小さく手を振った。見えるけれど見えない彼に。
 それは友好的なさようなら。


 図書館をでて街に行き、射す陽射しの中、わたしは消えていった。
 太陽を浴びて溶けてゆく雪のように。
 ――さようなら。
FIN

|