朝倉「あなたを殺して涼宮ハルヒの出方を見る」

冗談はやめろ!

朝倉「ビックリした? ふふふ・・・。  正確には死んだフリをしてもらうの」 

そういうことか、おもしろそうだな。 わかった。協力しよう。

朝倉「じゃあ、本当に痛そうなフリをしてね」

…ぐあっ  あぐっ  ぅぅう・・・ガクッ  (自分で言うのもなんだが、迫真の演技だな。)

長門「あなたは私が  !!!! ・・・(間に合わなかった・・・・!!? そんな)」
ハルヒ「 ! ちょっ、キョン!!?  なんでよ!?」
朝比奈「どうしたのでs・・・ キョン君!? キョン君!!」

朝倉「ふふっ。 私はキョン君のことが欲しかった。 でも手に入らなかったの。
  ・・・でも、どうしても欲しかったの。 こうすればずっと私のものでしょ?」

一瞬空気が凍りついたように思われた。 三人のが逆立ったような気がした。

長門「 ・・・ターミネートモード。 敵は取るわ。キョン、大好き。」
ハルヒ「・・・・許さないわ。キョン・・・。 もっと素直に好きって言えたら・・・。」
朝比奈「キョン君・・。 好きだったのに・・・。 
   朝倉ァ! うぬは覚悟出来ているんじゃろうなァ!! ワシも昔はゴンタ者じゃったけえ、 加減はせんばい!」

朝倉「・・・ これはあげない。」

ちょ、これはどういった展開なんだ!!!!  嬉しいけど・・・これじゃあまずぃ って耳たぶをかむな朝倉!!!!  
            ビクッ ブルブル   ・・・くやしい

長門ハルヒ朝比奈「 !! ・・・キョン!!! 騙したのかァ!!!」

朝倉「好きってのは 本当よ。 奪って見せなさいよ」

って朝倉までやめろおおおおおぉお  ストップ、ストップーーーーー!!

谷口「WAWAWA忘れ物~  ひぃ、 これは な、なんなんですかぁ・・・
  何で私、ここにいるのですか・・ なんでこんなに修羅場なんですか・・・  し、失礼します!!!」

たにぃぃぃぐちいぃぃぃ 俺を見捨てないでくれ!!!

「さあ、誰にするの?」

冗談じゃない、 いや、ゆるして・・・。      


   おわり

|