俺は今日、一日中ハルヒをストーキングしていた。

初めてのストーキングで感じた事はストーカーというのも中々大変なんだな、という事だ。

ハルヒがトイレに行かなければ俺も行けないし、
ハルヒが何か食べなければ俺も食べる事が出来ない。

そこまで考えて気付いた。
なぜ俺はハルヒをストーキングなんかしているんだ?

馬鹿馬鹿しい。

もう帰ろう。そう思い振り返ると、遠くに誰かの影があった。
こそこそとこちらの様子を伺っている。

何だ? 目を凝らすとそれは…



長門だった。

彼女は物陰に隠れ、俺の様子をチラチラと見ている。

…何をやってるんだ?

だが、それよりも気になったのは、その長門の後ろの人物だ。

長門と同じようにこそこそと、長門の様子を伺っている。

…古泉だ。

その後ろには朝比奈さんらしき人物が。

その後ろに見えるのは鶴屋さんか?




俺は愕然とした。
この世界は常に誰かにストーキングされている。

俺が呆然としていると、ふと後ろから視線を感じた。

振り向くと、そこには俺と同じような表情をしているハルヒが居た。




終わる

|