もし長門が貧乏だったら


朝倉「ねえ、買い物いかない?」
喜緑「いいねえ」
長門「あ、お金足りない……」
朝倉「じゃあ、地球寄ってく?」
喜緑「いいねえ」

らららむじんくん
らららむじんくん
らららむじんくんらららら♪


長門「それがわたしがここにいる理由、あなたがここにいる理由」
キョン「待ってくれ。正直言おう。お前が何を言ってるのか、俺にはさっぱり解らない」
長門「お金貸して」
キョン「ふざけんな」
長門「あなたは涼宮ハルヒにとっての鍵。わたしにとっての連帯保証人」
キョン「絶対、判なんか押さねーからな」
長門「危機が迫るとしたらまず……お金」
キョン「だったらもうちょっと安いところに住めよ」
長門「ご利用が計画的じゃなかった」
キョン「オチは?」
長門「計画的じゃなかった」



もし朝倉が貧乏だったら


朝倉「人間はさぁ、よく『借金しなくて生活保護を受けるよりも借金して破産するほうがいい』って言うよね。これ、どう思う?」
キョン「いや、それ計画破産だから」
朝倉「じゃあさあ、たとえ話なんだけど、現状では借金だらけで利息を払うだけで
  ジリ貧なんだけど破産宣告も出来ない。あなたならどうする?」
キョン「なんだそりゃ、日本の経済の話か?」
朝倉「このボタンを押せば小豆の1200万の先物信用取引が成立する」
キョン「冗談はやめろ」
朝倉「冗談だと思う?」
キョン「マジ危ないって!本物が来ちゃったらビビるって!だから、よせ!」
朝倉「わたしには有機生命体の株の概念が理解できないんだけど」
キョン「理解できないのに手を出しちゃ駄目だって」
朝倉「無駄。言ったでしょう?今のこの株はわたしの情報制御下にある。絶対あがるから!」
キョン「そういって何度失敗してきたと思ってるんだ!いいからまじめに額に汗して働きなさい!」

 バリーン!!

長門「借金返済のプログラムが甘い。だから多重債務を引き起こす。何度も破産する」
朝倉「取り立てる気?」
長門「わたしにお金を返すべき」
朝倉「いやだといったら?」
長門「連帯保証人に取り立てる」
朝倉「別にいいわよ、どうせキョンくんだし」
キョン「待て、俺が困る」



……その後、長門が借金王だったら

長門「借金しわすれた」
キョン「……してない方が可愛いと思うぞ。俺貯金ないし」
長門「貯金ってなに?」
キョン「だからお前は貧乏なんだよ……」



もしハルヒが貧乏だったら


ハルヒ「ただの人間には興味はありません。この中に両親が医者、政治家、芸能人、一流企業役員、
   がいたらあたしのところにお金を持ってきなさい。以上」
ここ、笑うとこ?
えらい貧乏人がそこにいた。

~~~
キョン「なあ、しょっぱなの自己紹介のアレ、どのへんまで本気だったんだ?」
ハルヒ「あんた、お金持ちなの?」
キョン「……違うけどさ」
ハルヒ「だったら話しかけないで、お金の無駄だから」
キョン「別に金はかからんと思うが……」

~~~
ハルヒ「気がついた!」
キョン「何に気づいたんだ?」
ハルヒ「ないんだったら返さなければいいのよ!」
キョン「何をだ」
ハルヒ「借金よ!」
キョン「……いろいろとまずいだろ」



もしみくるが貧乏だったら


みくる「多重債務というものは連続性のある流れのようなものではなく、
  その消費者金融ごとに区切られた一つの借金を積み重ねたものなんです」
 最初から解らない。なぜ借金の話になっているんだ。未来人の話しはどうなった。
みくる「ええと、そうね。アニメーションを想像してみて。つい関連賞品も欲しくなるでしょ?」
キョン「そういうもんですか?」
みくる「それでついつい買いすぎちゃって……」
キョン「いったいどれだけお金をつぎ込んだんですか?」
みくる「禁則事項です」
キョン「今どうやって生活してるんですか?」
みくる「禁則事項です」
キョン「少しずつでも返済してるんですか?」
みくる「禁則事項です」
キョン「今何社から借金してるんですか?」
みくる「禁則事項です」
キョン「本当に返済する気があるんですか?」
みくる「禁則事項です」


キョン「一個だけ訊いてもいいですか?」
みくる「なんでしょう?」
キョン「あなたの本当の借金額を教えてください」
みくる「禁則事項です」
キョン「((((((((;゚Д゚)))))))ガクガクブルブル」



もしキョンが貧乏だったら


妹「ねえ、この犬買って~」
キョン「今そんな金ないって……はっ!」
ちゅるや「にょろーん……」
キョン「う、うぅ……」
妹「どうする? アイフル?」
ちゅるや「にょろーん」
キョン「いや、待て。こいつ犬じゃねえし」
ちゅるや「ニョロ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!」



もちろん古泉も貧乏だったら


キョン「まずお前の正体から聞こうか」
宇宙人と未来人は借金だらけだから。
キョン「実は多重債務者でして、などと言うんじゃないだろうな」
古泉「先に言わないで欲しいな」
キョン「お前もか……」
古泉「ちょっと違うような気もするんですが。そうですね、超能力者と呼ぶのが一番近いかな。
   普通ではありえないほどの借金を背負っているんですよ」
キョン「なんでそんなに自慢げなんだ」
古泉「本当はこんな急に夜逃げ……いえ、転校してくるつもりはなかったんですが、状況が変わりましてね」

キョン「お前の他にもいっぱいいるのか。その多重債務者とやらは」
古泉「『機関』に所属しているものはみんなそうです」
キョン「『機関』? なんだそりゃ」
古泉「まず一回入会金を払って『機関』に入会します。そして友達に紹介すると入会金がの半分が返ってきます。
   二人紹介すると元の金額が戻り、三人以上紹介すればそこから先はウハウハです」
キョン「マルチかよ!」
古泉「あなたもどうです? 一口5万円から入れますよ?」
キョン「だが断る!」



もしハルヒが貧乏だったら2


YUKI.N>みえてる?
『ああ』
YUKI.N>そっちの金融会社とはまだ完全には連絡を絶たれてはいない。でも時間の問題。すぐに破産する。そうなれば最後。
『どうすりゃいい』
YUKI.N>どうにもならない。こちらの世界の異常な借金は完全に消えた。ありがとう。
『てめぇ……。借金って結局何だったんだよ。ハルヒのどこに借金があるんだよ』
YUKI.N>借金の返済義務とは借主と連帯保証人に課せられる。
  借主が返済義務を放棄したとき、連帯保証人が返済義務を負う。
『借金がなければいいのか』
YUKI.N>あの金融会社は初めからヤクザのみによって構成されていた。
  返済利息は宇宙が熱死を迎えるまで無限に上昇すると思われた。
  それは違った。宇宙に終わりがあるように、利息には制限利息が利息制限法によって定められていた。
『涼宮は』
YUKI.N>涼宮はルヒは何もないところから借金を生み出す力を持っていた。
  有機体に過ぎない人間が一生かかっても処理しきれない借金を生み出している。
『迷惑な能力だな……』
YUKI.N>あなたに掛ける
『何をだよ』
YUKI.N>生命保険
『ふざけんな!』
YUKI.N>もう一度こちらへ借金することを我々は望んでいる。涼宮ハルヒは重要な金ヅル。
  もう二度と生まれないかもしれない貴重な存在。私という個体もあなたには借金して欲しいと望んでいる。
『誰がするか!』
YUKI.N>ご利用は計画的に……
ディスプレイが暗転しようとしていた。
YUKI.N>YUKILOAN年率28.5%……
キョン「おいっ! 今度は俺たちに貸す気か!」



もし鶴屋さんが貧乏だったら


鶴屋「どうだいっ。この衣装、めがっさ似合ってると思わないかなっ? どうにょろ?」
キョン「それはもう」
鶴屋「でもねえ。生地が足りなくて後ろ半分は紐で縛ってるだけなんだけどねっ」
キョン「貧ぼっちゃまかよ!」
鶴屋「ちなみにメニューは焼きそばと水だけだからねっ」
キョン「そこだけは原作どおりでも違和感ないですね」
鶴屋「水道水は一杯300円、焼きそばはタダで食べ放題!」
キョン「鶴屋さん……それじゃ儲からないでしょ」
鶴屋「そうなんだよねっ。売れれば売れるほど赤字になっていくっさ!……なんでにょろ?」
キョン「それよりこの前貸した100円なんですけど」
鶴屋「そうだっ!逆に考えるっさ!水を売るたびに300円こっちが払えばいいにょろ!」
キョン「いや、もう返さなくていいです……水ください」
鶴屋「まいどありーっ」チャリーン


 

 

もしみくるが貧乏だったら2

 

みくる「はい、どうぞお茶です」
キョン「いやあ、朝比奈さんの入れるお茶はいつ飲んでも…」
みくる「……お湯です」
キョン「……え?」
みくる「ごめんなさい。本当はそれお茶じゃないんです……ただのお湯なんです。
  湯のみで色がわかりにくいかもしれませんが。気分だけでも出そうかなと思ってお茶って言いました……」
キョン「あ……そ、そうなんですか」
みくる「お茶の葉っぱって高いんですね……。
  この前100円玉握り締めて買いにいってお店の前で粘ったんですけど……。
  締め出されちゃいました。二度と来るなですって。てへっ」
キョン「あ、あーでもほら。朝比奈さんの入れたものはただの水道水でもおいしーな、なんて」
みくる「ごめんなさい。本当はそれ水道水でもないんです。これ以上は……禁則です。ドロ水だなんて言えません」
キョン「はは……言ってますよ。でも朝比奈さんが俺のために何かしてくれただけでも……」
みくる「ごめんなさい。本当はそれわたしが入れたんじゃなくて古泉くんがいたずらで……」
キョン「でも朝比奈さんがこうしているだけで……」
みくる「ごめんなさい。実はわたし本当は朝比奈みくるじゃ……」
キョン「もうやめてくれええ!」

 



 

もし長門が貧乏だったら2


長門「食べて」
キョン「あのさ……長門。言いにくいんだけど……」
長門「何?」
キョン「今日の晩御飯ってこれだけ?」
長門「そう」
キョン「……っていうかこれ紙にカレーの絵を描いただけだよね?」
長門「そう。久々にうまく描けた。だからそれはあなたの分」
キョン「そうか。うん、まあ、その。……ごちそうさま」
長門「おかわり、いる?」
キョン「いらんわ!」
長門「そう……いっぱい描いたのに」
キョン「お前なんでこんなに金がないんだ」
長門「メイションサムソンがあそこまで長距離に適性があるとは思わなかったから」
キョン「競馬はやめなさい」
長門「出血大サービスののぼりはほとんど嘘」
キョン「パチンコもやめなさい」
長門「ジャンボというのはリスクもジャンボということだった」
キョン「宝くじはやめなさい」
長門「デイトレーダーは手数料固定制を利用しないと大変なことになるとは知らなかった」
キョン「株もやめなさい」
長門「無人キャッシング機はちっとも無人じゃなかった」
キョン「借金もやめなさい」
長門「さっきのカレーの代金なんだけど……500万円ほど……」
キョン「カレカレー詐欺もやめなさい」
長門「……うん」

 


 

 


またつづくかも


|