古泉「たたたた、大変だ!」
 
 いきなり慌ててスイマセン!
 僕の名前は古泉一樹。何処にでも居るしがない高校生エスパーです。
 とつぜんですが、聞いてください。
 僕は何時ものようにハッテンしてました。
 悲しいですが、擬似キョンタンでハッテンしてました。
 ねりからしをまぶした、大根です。
 それを僕の秘めどころにぶち込んでハッテンしてました。

古泉「ンヴォヴォヴォヴォ! アナッポォ! サイコォ!」 

 でした。天上の幸福が禍福でした。感激でした。
 ……途中までは。
 悲劇は突然やってきたのです。
 あろうことか、

古泉「アナル痙攣とは……! 世も末じゃあ!」

 ビリリリ! とアナルと括約筋に走った電流!
 それはトキメキ……愛の始まり、ではありませんよ!

古泉「世も末じゃあ! アナル痙攣じゃあ! たたりじゃあ!」

 抜けません!
 いえ、抜きましたが!
 違います!
 大根が抜けないんです!
 こういうときはSOS団の皆さんに助けていただくしかありません!
 というわけで、僕は大根がフォーリン、ラヴ、イン、ザ、アナル! したまま部室に駆け込みました!

古泉「助けてください! 大根がからしで抜けなくて、痙攣がアナルの世紀末です!」

 あまりの混乱に支離滅裂な台詞を叫んでしまった所為でしょう。
 部室に居たみなさんは、固まってしまいました。
 宮城県民を見るような目で僕を見ています。

古泉「アナル痙攣で大根がぬけません!」

 半裸の下半身を指差します。
 間違えました。
 チンコを指差してしまいました。

古泉「失礼。大根というよりは、さやいんげんでした」

 後ろを振り向きます。
 大根を振り回しました。ケツごと。腰をくねらして。
 
古泉「アッアッアッー! 激しい! ひさかたぶりの、世紀末!」

 うかつでした!
 深く挿入したままこねられると、快感です!
 抜きました!
 抜けてませんが!
 抜けてしまいました!
 
古泉「これは失敬!」

 何をやっているんでしょう僕は!
 慌てすぎです。まずは落ちつきましょう。

古泉「落ち着きたまえ! あらぶるアナルの神よ!」

 気合をいれます。
 全神経をアナルに集中して、気をアナルに集めます。
 セイ!
 ハッ!
 ブリッ!

古泉「ぬおおおおおおおおおおおおっ!」

 たたたた、大変だ!
 再び慌ててスイマセン!
 落ち着こうとアナルに気合をいれたら、ウンコが出てしまいました。
 いえ、栓がしっかりしているので出てはいませんが。
 とにかくウンコです。
 からしでなくて、付け味噌大根になってしまいました!

古泉「ビールのお供なぞクソ食らえだ!」

 ブヒッ!
 上手い事言いましたよ、僕。
 今上手い事言いましたよ!
 聞いてくれましたか!?

古泉「もういっぱつクソ食らえだ!」

 ブリッ!
 って、違う!
 アナルがウンコで大根抜けないんです!
 ウンコの勢いでもしや……だなんて、ただのペガサス幻想でした!

古泉「おい大根! 僕のケツの中で小便をしろ!」

 ああああああ!
 違う違う!
 何を言っているんだ、僕は!
 落ち着けよ落ち着け、クールになれ、ヒートガイ古泉!
 とにかく全神経をアナルに集中です。
 オーラパワーを括約筋に溜め込むのです。
 ……そして、一気に解き放つのです!
 セイ!
 アッー!
 ブリッ!

古泉「ウンコオオオオオオオオオ!」

 また出てしまいました。
 昨日食べた使用済み擬似キョンタンの所為でしょうか!
 分かりません!
 とにかく僕は落ち着きません!
 だから分からなかったのです!
 長門さんの股間から、トーテムポールが生えていたことに!

古泉「うほっ……良い民芸品」
長門「なかなかお目が高い。オメガは高い。ブヒッ!」
古泉「ぷくくくっ!」

 なんて面白いギャ、ブリッ!
 アッー!
 またウンコオオオオオオオオオオ!

古泉「ナガトオオオオオオオオオ!」

 貴方のギャグのせいでまたウンコですよ!
 どうしてくれるんですか!
 ウンコしすぎてデトックス要らずですよ!
 ていうか抜いてください!
 大根抜いてください!
 当初の目的忘れてました!

長門「うほっ! ……良い有機栽培」
古泉「そりゃあ僕は有機生命体ですから」
長門「ぷくくっ!」

 ブリッ!

長門「ウンコオオオオオオオオ!」

 あああああ!
 ダメだダメだ!
 宇宙の長門型長門ロボットは役に立ちません!
 こういうとき頼りになるのはやっぱり、未来のオーバーテクノロジーを持った朝比奈さんです。
 助けてください! 朝比奈さん!
 僕は大根、長門さんはトーテムポールでアナルが痙攣ウンコウンコです!
 って、アッー!

みくる「やってらんねぇよ、ったく、あー? ウンコウンコうるせぇんだよカスが」
みくる「大根如きでゴタゴタ抜かすかハナッタレが。こちとらフィストが朝飯前だ」

 やさぐれモードじゃないですか!?
 こうなるとダメです。彼女は二、三人半殺しにしないと元に戻りません!

みくる「かぁーっ! 未来アヘン最高!」 

 朝比奈さんもダメとなると……くううううう!
 やっぱりあの二人に頼るしかありません!
 キョンタン。
 涼宮ハルヒ。
 わが高が他高に誇る二大巨根に!

長門「セインート、セイーヤー!」
みくる「プロトカルチャーっ!?」

 たたたたた、助けてください!
 僕の大根のせいで、部活が崩壊の危機です!
 僕は懇願しました。
 ……しかし。
 とにかく僕は慌てていました!
 だからそれにも気がつかなかったのです!
 二人の……異様な姿にも!

ハルヒ「膣痙攣とは言い訳で、このまま妊娠するのです」
キョン「抜けません」
古泉「ナンテコッタイ/(^o^)\」

 部室内でヘテロハッテンですか!
 不純です!
 僕はあふるる涙を堪えませんでした!

古泉「……神は、死んだのですね」
神人「呼んだ?」
古泉「エエエエエエエエエ!?」

 略

 そうして、僕は神人と幸せに暮らしました。

 僕のアナルに突き刺さったまま生涯抜けることのなかった大根は、
 後にこう呼ばれることになるのです。

――根性大根、と。


古泉「みんな! 野菜を粗末にするなよ!」


 アナルを出よう! 完
 
  

|