――その時、俺たちSOS団員は誰もが満身創痍。
このまま魔王に世界を渡すしかないのか……という状況だった。

ハ「はぁ……はぁ。キョン、あんた残りHPは?」
キ「もうダメだ、弱パンチ一発で死ねる」
古「朝比奈さん? 残りMPはいかほどですか……っく」
み「もう空っぽ……です。ふえぇ」

その時、ただ一人立ち上がった者がいた――


キ「な、長門!?」
ハ「有希!?」
長「わたしにまかせて」
キ「無茶だ! 一人であいつに敵うわけが……」
長「へいき。レモンを信じて」

長門の瞳は希望の光を映していた。この際、どうしてレモンなのかとか、何で制服なの
かとかんなこたどうでもいいんだ。そう、この星の運命は果物ひとつ握りしめた部室の
読書ドールに懸かってしまっているのだから。

キ「長門! 俺の力を使え!」ハ「あたしのアイテムも!」
古「僕の残りMPを!」み「あたしは何にも……お、お祈りしますっ!」

長「ありがとう……」


「……と、その昔超魔大戦と呼ばれた争いが」
「嘘つけ!!!」



古「もう限界だと思いませんか」
キ「何がだ?」
古「何ていうか……」
キ(弱気になってる古泉は案外かわい……くねーよ!!!)
古「ひさびさにどうですか、一発」
キ「断る! 断固断る!」
古「断固断るって何か変な響きですね」
キ「お前に日本語正されたくないわ!」
古「ひさびさに二人きりじゃないですか:
キ「もう俺は寝るぞ! 電気消すからな!」
古「一樹しょんぼり」
キ「キャラ変えるな!!!」
キ「な……長門……?」
長「古泉一樹」
古「……何でしょうか?」
長「すき」
古「根室根室」
キ「誤魔化すな! つか……長門?」
長「レモン握ったら何だか勇気が出てきた。あと……女らしく」
古「祟りじゃぁ! オヤシロさまの
キ「関係ないっ!!!」
長「そういうわけで大好きです一樹くん!」
キ(どうなんのよ、どうなんのよこれ!!!)



み「今日はみんなでカレーを作ります」
キ「みんなで分担すりゃ簡単に終わるからな」
ハ「みくるちゃんは包丁使わなくていいからね」
長「・・・・」

キ「まずはレトルトのカレーを温めます」
み「次に御飯をよそいます」
ハ「にんにん・・・ゴホッにんじんを切ります」

キ「おい御飯がないぜ?」
み「ルーがありません・・・」
ハ「ジャガイモを切ります」
長「正直うまい棒納豆味がおいしい」

み・キ・ハ「完成!!」

キ「何か食うのもったいないな」
ハ「何言ってるの?早く食べなさい」
み「ちょっとピリッとしてるけどおいしいですぅ」
キ「この肉うまいな 何の肉だ?鶏?豚?牛? それともちょっと変化を加えて鹿?」


長「古泉」



「はぁ・・・はぁ・・・待ってくれ!長門!!」
「来たら、駄目・・・。きっと、私は泣いてしまう」
「どうして・・・どうしてなんだよ!!」
「情報統合思念体は、私を不要と判断した。だから、情報連結が解除される」
「やだ・・・行くな、行くなぁぁぁあああっっ!!」
長門の体が足元から雪となって空へと上がっていく。
俺は、あいつに駆け寄って、まだ残っている上半身を抱き締めた。
「なぁ・・・やだよ。俺、やだよ!お前とまだ一緒に居たい!!」
「キョン・・・仕方ない。泣かないで・・・。最後にお願いがある」
「何だ?」
「キス、して」
「お安い御用だ」
俺は、長門の唇にキスをした。
「ありがとう・・・」
そして、あいつは消えた。
「長門ぉ・・・長門おぉぉぉおおおおおおっっっ!!!!」

その頃喜緑さん。
「会長のパンツ泥棒しちゃった。ハァハァ・・・会長の匂い・・・ハァハァ。
 良い匂い・・・このパンツが会長の[放送禁止]を包んでいたと思うと・・・。
 あぁぁああああああ!たまらないよぉぉおおおおおおっっ!!
 会長ラブですぅぅぅぅぅぅゥゥウウウウウーーーーーーーッッッ!!!」



長「ここに一本のにんじんがあります」
キ「そこにしょうゆを垂らします」
長「そしたら鍋に入れて、お湯を入れて」
キ「しょうゆを垂らします」
長「そこにカレールーを入れて」
キ「しょうゆを垂らします」
長「さらに、コクを出すためにコーヒー粉を入れて」
ハ「バルサミコ酢を入れるのよ」
長「火をつけて弱火にして沸騰してきたら」
ハ「バルサミコ酢を入れるのよ」
長「その後強火に切り替えて」
キ「しょうゆを垂らします」
長「そして、肉とかジャガイモとか入れて」
ハ「バルサミコ酢を入れるのよ」
長「更に沸騰させて味を調えたら美味しいカレーの出来上がり♪」

古「出来るかボケェェエエエッッ!!」
キ・ハ・長「ギャァァァァアアアッッ!!!!」



長「あ、雪が降ってる」
キ「No。あれは古泉のフケでーす」
長「あ、美味しそうな牛乳」
キ「No。あれは古泉の液化フケでーす」
長「あ。湯気が立ってる」
キ「No。あれは古泉の気化フケでーす」


古「んなわけあるかボケェェェェエエエッッッ!!!!」
キ・長「ギャアッーーーーーー!!」



長門「ぬぎひひひ、ぬらぽんぬらぽん」
キョン「にょごおごごごほっほほほ、そんぎゃろごく」
長門「てひてざうるちいんばあふよすぐうい」
キョン「やあかだづおちり」



長門「ロシア語知ってるみんなにはわかるよね?」



キョン「なあハルヒ、俺最近握力が強すぎて困ってるんだ」
ハルヒ「へー」
キョン「射精の瞬間ティッシュを取ろうと思ったけど握った部分で破れちまった」
ハルヒ「それはすごいわね」
キョン「しかも握った瞬間射精したんだぜ」
ハルヒ「早漏ね」
キョン「リンゴだってほら」
バコッ
ハルヒ「もったいないわね」
キョン「な?こんなひじから上が太い奴いやだろ?」
ハルヒ「あたしの2倍ね」
キョン「携帯にもヒビ入ってるんだ」
ハルヒ「そうね」
キョン「100円玉もほら」
べキッ
ハルヒ「そうね」
キョン「結婚してくれ」
ハルヒ「そうね」



俺は生まれたときからドラゴンが好きだ、大好きだ、だから今ハルヒに存在するように伝えようと思う


キョン「なあハルヒ?」
ハルヒ「なに?」
キョン「お前、ドラゴンって信じてるか?」
ハルヒ「はあ?そんなのいるわけないでしょ」
キョン「いるよ、考えろよ。宇宙人も超能力者もいるじゃねえか、かっこいいだろ?ドラゴンって、なりたいなー
ドラゴンドライバーだっけ?ドラゴンスレイヤーだっけ?どっちでもいいよ!」
ハルヒ「まあかっこいいかもね」
キョン「そうさ、早く償還しろ、ここじゃなくてもいい俺の家でもいい」
ハルヒ「むむむ、でりゃあ」
ボーン
キョン「うわ!妊娠した!」



古泉「ひとつ冗談でもいたしましょうか」
キョン「おう」
古泉「あるところにそれはそれは美しい尻が流れてきました」
キョン「オチが見えたからいいや、俺が話そう」
古泉「お願いします」
キョン「あれ?声が、遅れて聞こえてくるよ」
古泉「モホホホホwww」



古泉「モホホホホホホホホホwwwwホッwwwwホホホホwww」

ハルヒ「何アレ」
キョン「俺のギャグがツボに入ったらしい」
古泉「アレはwwwww最ホモwwwwでホモwwwwwwモwwホホホホwww」



キ「うぉおおおおお!!ケチャップ!!!」
ハ「どうしたの、キョン!?きゃぁ!?私の弁当が!!」
キ「ケチャップ!!ケチャップゥ!!」
み「どうしまし、ひゃっ!?お茶が、お茶がぁ!?」
キ「お前もケチャァァァァップ!!!!」
古「なにごとですか?うわ!!げほっ・・・口に無理矢理突っ込まれるとは・・・」
キ「ケチャップ!!This life is ケチャップ!!!」
長「・・・・・・カーディガン、べちゃべちゃ」
キ「I'm ケチャップ!!ケチャップは自分自身!!おぉぉおおおおお!!ケチャップゥゥゥゥゥウウウウ!!!」

その日、学校はマヨネーズだらけになっていた。



「吾は面影糸を巣とはる蜘蛛―――ようこそ、この素晴らしき惨殺空間へ」
私は、気付いたら見た事も無い世界の中に居た。
そこは森の中。上を見れば月だけが見える。そして、周りには無数の死体・・・と、鈴木その子が十三匹。
「っ!?うそ、どうして・・・!?」
私が統括する空間。それなのに、どうして書き直された。キョンくんは目の前でくすくすと笑っている。
怖い。感情なんてない私でもそれを感じ取った。っつか、その手にあるリラックマストラップは何?
「朝倉・・・君は、選ぶ相手を間違えたんだよ・・・・・」
「に、人間なんかに・・・負けないんだから!!」
私は、槍を構成し一気に彼に向かって飛ばした。だがそれは当たる前に見事なまでに分割されていた。
まさか、手に持っているリラックマストラップで!?そんなバカな!?
「無駄だ。俺には、全ての死が見える・・・」
怖い。怖い!怖い!!怖いから、いち早く彼を消したい。槍を更に多量に構成し飛ばす。彼の姿が砂埃に消える。
「無駄だ、と言っただろ・・・」
「!!」
その声は後ろから聞こえた。スッ、と何かが私の体内に入った。
「俺は、お前の体の一部を殺した。これで、お前はもう何も出来ない」
そう言った彼の意図が解らなかった。だけど、すぐに理解した。
「・・・!?」
インターフェースのしての機能が全て殺されていた。
「お前程度は殺したって、つまらない。生かしてやるだけでもありがたいと思え。
 べ、別に死んで欲しいとか、好きだからとかじゃないんだからね!本当だからね!・・・明日、学校に来なさいよ!!」
彼はそう言っていつの間にか元に戻った教室から出て行った。その姿を見て私は呟いた。
「可愛いよ~!!キョンくんのツンデレ。はぅ~!お持ち帰りしたいよ~!!」


キョンならぶっ壊れてこうなってもいいかも。ビバ・崩壊キョン。



キ「閉鎖という名の月が近づいてくる・・・」
古「僕に、オカリナが吹けたら・・・」
ハ「いややぁ・・・どないしたらええんや・・・」
シ「・・・にゃぁ」


その頃
中の人「あれれ~?閉鎖ボタンがないよ~?」


結果的に、閉鎖するまでに最大二時間の遅れが出たという。
これを受けて武蔵野線は若干六時間の遅れが出たという。
フジテレビはこれの責任を受けて、SOS団を辞任。
空いた席にmixiと三才ブックスが名乗りをあげているという。



キ「超能力者ならその証拠を見せてくれ。このコーヒーを元の熱さに戻すとか」
古「……人肌でいいですか?」
キ「そんな目で俺を見るな!!!」



 時間通りに行くのも癪なので、終業間際になって俺は教室に戻った。
「……」
 そこには誰もいなかった……と、思いきや!
「だーれだ!」
 目隠しされた。
「……その声は朝倉か?」
「ぶぶー!」
 じゃぁ誰だ? 声を聞く限り他の人物ということは……。
 俺は振り返った。
「僕でしたー」
 古泉だった。
「ありえねぇだろっ!!!」
「声色変えるの得意なんですよ昔から」
「ないないないないないない」



古「ここが閉鎖空間です。そしてあれが神人」
キ「どうやって戦うんだ?」
古「僕の力を使います」
キ「超能力か」
古「%()#(()’*{+*>*L``」
キ「何を唱えてるんだ!」
古「$’)()(”=*{*}*」
キ「おい古泉!」
古「+‘~=}+}アナルッ!!!! 覇!!!」
キ「最後アナルって言った! 最後! ねぇ!!!」
古「古代よりの悪鬼を召喚してみました」
キ「……言葉もねぇよ」



古「ここまでお連れして言うのも何ですが、今ならまだ引き返せますよ」
キ「今さらだな」
古「では少しの間、目を閉じていただけますか」
キ「……」
古「……ふっ、はっ!」
キ「…………んぁっ! あぁっ!」
古「ほっ! とりゃ! ぬんっ!」
キ「はぁぁ……んん……あぁぁっ!」

古「もう目を開けていただいて構いませんよ」
キ「……どこだここは。つかお前何した俺に」



 席替えだそうだ。ゴーフルの缶に入れたクジを引いて、席を決める。
 さらばハルヒ。フォーエバ~♪

「……冗談だよな」
「どうも、古泉です(にこっ☆)」
「何でお前がいるんだよ! つかまだ転校してきてねぇだろ!」



古「お話しましょうか? 事件の真相」
キ「聞かせてもらおうか」
古「涼宮さんの推理は途中まで合っていますが、最後の部分が違うんです」
キ「どういうことだ?」
古「圭一さんが鍵をかけ、目覚めるところまではいいですね」
キ「あぁ」
古「そこから我に返った圭一さんは、まず全裸になったんです」
キ「……あぁ」
古「そして精神を落ち着かせるために、ベッドを往復上り下りしながら
  『アナルの導きのままに!』と七回叫んだのです」
キ「……!」
古「その時ですよ。圭一さんの胸にナイフが突き刺さったのは」
キ「そうだったのか……」
古「えぇ(あ、あれっ……?)」

(オチてないにょろ)



 ボケしかいなかったら

ハ「今日はみんなでシャクトリ虫ごっこをするわよ!」
古「すばらしいアイディアです」
み「しゃくとり虫って何ですかぁ?」
長「端的に言えばワーム、芋虫」
キ「さっそくテーブルを片付けようよ!」

ガタガタガタ

ハ「なかなか難しいわねこの動き」
古「えぇ。つい手足が動いてしまいます」
長「……」
み「長門さん速ーい!」
キ「楽しいねぇー( ´∀`)」



SOS団で早口言葉

その一
み「ふえ? 早口言葉ですかぁ?」
キ「ええ。『東京特許許可局局長、今日急遽特許許可却下』って言ってみてください」
み「東京とっこ……ときょ特許、じゃなくて東京ときょ……」

~一時間後~

み「東京特許許可こくこうと……東京ときょう……」
キ「……」

~二時間後~

み「とーこーとっきょじゃなくてぇ、」
キ「……」

~三時間後~

み「東京特許許可局局長、今日急遽特許許可却下! 言えましたぁ……」
キ「ZZZ……」
み「寝てましゅ!?」

その二
キ「よう、長門『東京特許許可局局長、今日急遽特許許可却下』って言ってくれないか」
長「……」キュルキュル
キ「さすが長門。何言ってるか聞き取れねえよ」
長「……間違えた」
キ「はい?」サラサラ
長「あなたの有機情報連結を解除してしまった」
キ「……」

その三
古「早口言葉ですか?」
キ「そうだ『東京特許許可局局長、今日急遽特許許可却下』って言ってくれ」
古「一体どんな意味があるんですか?」
キ「さあな。俺は知らん」
古「まあいいでしょう。行きますよ」
●<東京特許許可局局長、今日急遽 や ら な い か
キ「ちょ、ま、アッー!」



長門「おいキョン!あたいを誰だと思っている!」
キョン「だれですか?長門じゃないお」
長門「声優がキツメに代わったんじゃ!」
キョン「それでこんな性格に?」
長門「文句あんのか?ゴルア」
キョン「ありませんプルプル」
長門「ハルヒなんか氏ね!私のダーリン古泉君」
古泉「残念です長門さん。ぼくのハニーはキョン君だけ」
キョン「悪い俺はハルヒが好きなんだ」
ハルヒ「御免私はみくるちゃんが・・・」
みくる「私は実は長門さんが」

さあSOS団の五角関係はどうなる!
それと古泉は問題ありすぎだわwww氏ね



キョン「何の用?」
長門「食べて」トン
キョン「カツ丼……学校では出来ないような話って何だ?」
長門「涼宮ハルヒのことモグモグそれと私の事ガフガフ」
キョン「涼宮とお前が何だって??」
長門「うまく言語化できないモグモグ情報の伝達にモグモグ齟齬が発生するかもしれないガツガツ
    でも、聞いてガツガツ」
キョン「いやその前に、それ」
長門「涼宮ガフガフハルヒとバグバク私は普通のムグムガ人間じゃないズズーッ」
キョン「ああ、少なくともお前に対しては今まさに体感してる、それよりも」
長門「それ、食べないのならもらう」
キョン「…どうぞ」
長門「そうじゃないバクバク性格にバクバク普遍的なモグモグ性質を持っていないハフハフと言う意味ではなくモグモ゙グ
   がつがつがつがつがつがつがつがつ、ずずーっ」
キョン「まず食うのを止めろ!」



キョンの人気が高まり過ぎた事により一部の男子が反キョンを掲げて、キョンくんファン(通称・キョンシー)達に喧嘩を挑んできた。
当初は圧倒的なキョンシーの数によりキョンシーが優位と思われていたが、女子が大半を占めていたため、ほぼ互角となった。
さらにスタミナの差もあって段々とキョンシーが押されていった。
この状況を見た中立勢力はキョンシー側に下校時は複数で帰るように注意を促した。
これは反キョン勢力がキョンシー勢力を襲うという事件を恐れてのものだった。
これに谷口率いる親キョン勢力が同意。下校時にキョンシー側の女子を守備をした。
これに対し反キョン勢力が中立勢力をキョンシー側と見なし中立勢力にも攻撃を開始した。
そんな最中、由良がレイプされかけるという事件が起こる。
たまたま通りがかったキョンにより助けられるが、この事件に対しキョンが激怒。
キョンに賛同した生徒会長の手伝いもあり、大規模な反キョン掃討作戦の準備が開始される。
かくして、後に山根の乱と呼ばれる北高内乱が始まるのだった。



|