※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鶴「長門にゃん長門にゃん」
長「何?」
鶴「キョンくんのことをどう思ってるにょろ?」

長「家畜」
鶴「ひっ・・」
長「毎朝ご主人様と呼ばせて我が聖水を浴びせている」
鶴「め・・・めがっさハードだねっ!!」
長「そして寝起きに1発 学校で1発 自宅で1発」
鶴「せ・・・性交・・・かな?」
長「キョンは1日3発が限界」
鶴「・・・」
長「家へ帰ると首輪着用を義務化している 忘れると夕食はうな重」
鶴「こ・・・こってりだね・・・」
長「そして翌日+5発加算」
鶴「そろそろ・・・キョンくん許してあげたら?」
長「そうする 新しいペット見つけたから しかも2匹」
鶴「それって・・・もしかして・・・」


長「鶴屋と朝比奈」



俺の計画はうまくいった。
古泉は女体化し、今までやられてた分をきっちりやり返すチャンスが来た。
「さて・・・覚悟はいいか、古泉」
俺の視線の先には、可愛い女の子が居た。
どこにでも居る、なんてレベルを超えた美少女だ。
「この手錠を外してください!今なら、誰にも言いませんから!」
そう叫ぶロリボイスの少女こそ、古泉本人である。
「ふざけるな・・・てめぇ、今まで俺に何してきたか忘れたとは言わせないぞ」
「いやぁ・・・」
「あはは・・・じゃあ、早速始めようか・・・・・覚悟しろよ」
・・・一ヵ月後・・・・。
「んふっ・・・ふぅ・・・・・」
「だいぶ上手くなったな・・・ご褒美だ、こっちにケツ向けろ」
「はひ、ありがとうございます、ご主人様」
「・・・さて、そろそろそっちにもやるとするか・・・」
「そ、そこは・・・」
「大丈夫だ・・・痛くはしない。優しくするから・・・」
「ご主人様?」
「・・・古泉、俺はお前が女になってから初めて今喜びを覚えた」
「どうしてしょうか?」
「・・・お前が好きだからだ。おっと、男のお前じゃなくて、今の女のお前がな・・・」
「・・・嬉しいです。僕も、嬉しいです。男の頃からずっと好きだった貴方とこうして居られるのですから。女になれて、嬉しいです」
「・・・古泉」
「キョンくん・・・僕はずっと貴方の傍で貴方に尽くします。ずっと、貴方だけのメス奴隷です」
「・・・俺は、ずっとお前だけの主人だ・・・」
「はい・・・」



「キョンくぅん、おなか減って眠れないよぉ」
我が妹ながらいじきたないやつだ。一日一食で十分だろ。
「いいもーん、キョンくんのソーセージ食べちゃうから」
それはソーセージなんかじゃ……アッー!



キョン:(ジーッ)
長門:///…
キョン:(ジーッ)
長門://////…
キョン:(ジーッ)
長門://///////…
キョン:(ジーッ)
長門:////////////(あれ、なんか変な気分…)
キョン:(ジーッ)
長門:そ、そんなに…
キョン:え?
長門:そんなに見ないで…
キョン:(ジーッ)
長門:あぁん(なんか今、あそこがジュッて…)
キョン:(ジーッ)



ハ「…………ポヨンポヨン」
長「…………ペタペタ」
み「…………ブルルンブルルン」

キ「ちょ…た、たまりませんっ!」ドピュドピュ





古「…………テドドンテドドン」



―――ある日、ハルヒのおっぱいが……

ハ「ちっちゃくなっちゃった!」
キ「だがいただく」ガバッ
ハ「ふぁ!?ふやあぁぁぁん!!」プシャー



―――ある日、ハルヒのおっぱいが……

ハ「そのまんまやーん…東国原知事やーん…」
キ「だがいただく」ガバッ
ハ「ふぁ!?ふやあぁぁぁん!!」プシャー



妹「キョン君、はさm」
キョン「ハムッ! ハフハフ、ハフッ!」
妹「らめぇぇぇ……」



―――ある日、ハルヒのおっぱいが……

ハ「でっかくなっちゃった!」
キ「だが断る」シュバッ
ハ「あーん、豊胸パッド返してよぉ~…もうしませんから~…」
キ「ほんとうか?」
ハ「……うん////」
キ「ならいただく」ガバッ
ハ「ふぁ!?ふやあぁぁぁん!!」プシャー



―――ある日、ハルヒのおっぱいが……

●<ばぁ!僕でした!
キ「古泉か…」シャッ
●<ふふふ…僕のテドドンはすでに臨戦態s…キ、キョンタンが消えた…?





キ「だがいただく」ガバッ
ハ「ふぁ!?ふやあぁぁぁん!!」プシャー



―――ある日、ハルヒのおっぱいが……

キ「おまえか…」
朝「そ♪意外でしょ?」
キ「ああ…」シャッ
朝「聞きたいことg…そ、そんな…私の情報制御下から脱出…?」



キ「だがいただく」ガバッ
長「ふぁ!?ふやあぁぁぁん!!」プシャー
キ「!? 人違いか…」シャッ



キ「再度いただく」ガババッ
ハ「ふぁ!?ふやあぁぁぁん!!」プシャー



―――ある日、ハルヒのおっぱいが……

ハ「気がついた!」
キ「何をだ?」シュババババ
ハ「部活よ!」
キ「だがいただく」ガバッ
北高女子一同「ふぁ!?ふやあぁぁぁん!!」プシャー








キ「逃がしはせん」ガバッ
女古「ふぁ!?ふやあぁぁぁん!!」プシャー



―――ある日、キョンのテドドンが……

キ「でっかくなっちゃった!」
ハ「だがいただく」ガバッ
キ「うおっ!?」ドピュドピュ
ハ「貴様の子種はいただいた」シュバッ


HAPPY END.....



●<おや?今日はもう終わりですか…
●<ならば一人で行為にでも耽りますか…








女古「ん…ふぅ…あぁん…キョン…くぅん…」


 一時間目と二時間目の間の休み時間…

キョン「ハルヒ、ちょっと来てくれ。」

ハルヒ「?  何の用よバカキョン。」

 教室を出ていく二人。

 

二時間目と三時間目の間の休み時間…

キ「ハルヒ、ちょっといいか?」

ハ「…またなの? しょうがないわね…。」

 教室を出ていく二人。

 

三時間目と四時間目の間の休み時間…

キ「ハルヒ、」

 -以下上とほぼ同文-

 

国木田「あの二人、なんかいつもと逆だね。」

谷口「けっ、いつものことじゃねえか。なんでキョンばっかり…」

 

 文芸部部室。その頃ハルキョンは…

キ「ハルヒ、時間が無いんだから…。」

ハ「キ、キョン、ホントに休み時間毎にするつもり? 止めてよ、エロキョンて呼ぶわよ!!」

キ「そんな短いスカートで俺を誘惑するお前が悪い。それに、ハルヒだって喜んでるじゃないか。それ(ちゅー)、ちゃんとキスから始めてるし、文句ないだろ。いくぞ! (もいちどちゅー、がばっ!) 」

ハ「ああん、やあん、うっ(挿れられた)」

キ「昼御飯の後と、団活の後、それに、今日は帰りに俺の家に寄ってくだろ? (ニコッ。ずんずんずん)」

ハ「あん、あっ、くう・・・(アヒル口)」

 初体験翌日、すっかりケダモノ化したキョンであった。

 

 ところで、昼休みでない限り、授業の間は10分くらい…。初心者だとしても早くね?

キ「ほっとけ・・・(ずんずんずん)」


 

|