キョン「モノマネ始まったな」
長門「私もモノマネが出来る」
キョン「意外だな、やってみせてくれよ」
長門「それではひとつ」コホン

長門「『ぬぁにをするクラブなんですくぁ?』」
キョン「…えーと…」
長門「分かりにくかった?」
キョン「ああちょっとな、もう一つ見せてくれ」

長門「『ぬぁにとぞ御教示お願いしむぁーす』」
キョン「…ごく身近にネタ元がいる気がするな」

長門「『先に言わないで欲しいぬぁー』」ヘラヘラ
キョン「分かった分かった、もう十分だから!」
長門「遠慮する事は無い、『僕はニキビ治療なんどぇーす』」クイクイ
キョン「もういい!もう止めてあげて!」


古泉「……」フルフル



ハルヒ「古泉君遅いわねー」
キョン「珍しいよな、アイツがこんだけ遅れるのも」
長門「今日は先生に呼ばれたとか言っていた」
ハルヒ「そうなの?それならそう言ってくれればいいのに」
長門「……」パタン
ハルヒ「じゃあ今日は終わりね」
みくる「とうとう古泉君来ませんでしゅたね」

翌日
ハルヒ「また古泉君遅れてるの?」
長門「特別に補習を受けるらしいと聞いた」
キョン「あいつも補習とかするんだな…」

翌々日
ハルヒ「また来てないのー?副団長から降格しちゃうよー」
長門「どうも成績が思わしくないとか」
キョン「…」

翌々翌日
古泉「長門さん、このまま部活に出られないとややまずいのですが…
   情報操作で何とか出来ませんか?このとおりですから!」
長門「心配ない、もうやってる」スタスタスタ
古泉「ああ、そうでしたか」

古泉「…えっ」



ハルヒ「ピッチャー全然大した球じゃないわよっ!あたしに続きなさい!」

みくる「ひーん」スカッ
省略
古泉「あいたっ!」デッドボール
省略
鶴屋さん「てやっ!」ファール
省略
キョン妹「えーい」スカッ
省略
古泉「痛い!」デッドボール
省略
国木田「えいっ」スカッ
省略
古泉「ぎゃふぅ!」デッドボール

ハルヒ「ちょっとちょっと!折角古泉君が体張って出塁してくれてるのにあんたは何なの!」
キョン「何で俺だけに言うんだよ!」
みくる「大丈夫でしゅか?」
古泉「はい、この程度普段に比べれば『ばきっ』ぎゃあーっ!」
審判「ファール!」
みくる「ああっ大丈夫ー!?」
古泉「はい問題無いです…グス」

長門「≡≡≡≡≡」
キョン「おい、お前さっきから何唱えてんだ?お祈りか?」
長門「その様なもの」
キョン「ふうん…?」


 

ハ「今日は連想ゲームするわよ~ お題は【パンツ】」

ハ「黒いパンツ(勝負下着)」
キ「ブリーフ」
長「くまさん」
み「ピンク」
古「染み付き・・・」

ハ「うわっマジきめぇ」
キ「灼眼のシャ●のフリアグネ崩れが」
長「お前は108回殺しても殺し足りないようだ」
み「液体窒素につけた豆腐の角で頭凹ませて死ねクズ」

ハ「赤いパンツ」
キ「トランクス」
長「すけすけ」
み「リボン」
古「フリルの・・・」

ハ「うわっ・・・またかよ」
キ「付いていけない 死ねよ」
長「今すぐお前の存在を消す 今は下準備 あと10秒で開始する」
み「あれ?お前って人間だったの?」

マッガー 情報連結を解除する


ハルヒ「回転寿司に行きましょー!」

長門「まぐろ」ヒョイ
古泉「あっ…」
みくる「はぐはぐ、卵焼き美味しいでしゅ」
ハルヒ「みくるちゃんは子どもねー」
長門「イカ」ヒョイ
古泉「…かっぱ巻きも美味しいですよね」モグモグ
キョン「ワサビどけてる奴が言うセリフじゃないな」
ハルヒ「ななな何よ!いいでしょ別に!!///」
キョン「まあ良いけどさ…」
長門「たこ」ヒョイ
古泉「…お茶が美味しいな」

キョン「古泉、お前かっぱ巻きとか納豆巻きしか食べてなかったけど…」
古泉「あ、あのそれは」
ハルヒ「古泉君ワサビ苦手なんでしょ!絶対そうだ!」
キョン「仲間増やそうとしてんじゃねーよ」
みくる「皆で出すんだから遠慮する事無いのに」
古泉「いえ…その…」

長門「げふ」



ハルヒ「ポーカーしーましょ!」

ハルヒ「せーの!」
ハルヒ・キョン・長門・みくる「スリーカード」
古泉「フラッシュです」
ハルヒ「第一戦は古泉君の勝ちー!」

ハルヒ「せーの!」
ハルヒ・キョン・長門・みくる「ノーペアー…」
古泉「スリーカード、ですね」
ハルヒ「第二戦も古泉君の勝ちー!」

ハルヒ「せーの!」
ハルヒ・キョン・長門・みくる「フルハウス」
古泉「ロイヤルストレートフラッシュ…」
ハルヒ「第三戦も古泉君の勝ちー!じゃあもう一回」

古泉「いえ、もういいです…」
キョン「珍しく圧勝中なのに嬉しそうじゃないな」
古泉「いや…その…」

長門「クスクスw」



ハルヒ「鬼ごっこしーましょ!」
長門「では最初は私が鬼をやる」
キョン「あいつ、陸上選手異常に速いからな」
長門「タッチ、捕まえた」ポフ
キョン「ありゃ」
長門「捕まえた」ポフ
みくる「ふええ」
長門「捕まえた」ポフ
ハルヒ「あーん」

長門「捕まえ」
古泉「ぎゃあー!」ダッ
長門「たっ」ズドォン、パラパラパラ
キョン「古泉ー!」
長門「古泉一樹は負傷退場する」ズルズル
ハルヒ「古泉君どうしたの?」
長門「勝手にずっこけて怪我をした、実にまぬけ」
ハルヒ「ふーん、意外とトロくさい所あるんだ…」



ハルヒ「気がついた!」
唾を飛ばすな。
ハルヒ「どうしてこんな簡単なことに気付かなかったのかしら!」
ハルヒは白鳥座α星くらいの輝きを(ry

―中略―

「その発見とやらは後でゆっくりと聞いてやる。場合によってはヨロコビを分かち合ってもいい。ただ、今は落ち着け」
ハルヒ「なんのこと?」





キョン「古泉の葬式中だ」



古泉いじめ保守

「古泉一樹の憂鬱」

 

「・・・」
昼休み一年九組のクラス。僕はいつでも一人だ。
・・・いやそろそろ、別のクラスからの客人がやってくるだろう。
「おーい、古泉いるかあ?」来たようだ。
入り口近くのクラスメートが僕の方を指差す。
「おおいたいた。なんだ、お前いつも一人だな」
下卑た笑いと共に、知り合いとも友達とも認識できない奴がやってきた。
「そうですね」
部室でいつも絶やさないようにしている笑顔を彼にも振りまく。嫌味ですよ、ええ。
「ニヤニヤしやがって・・・!気持ち悪いんだよ!」それに怒りを表した奴が僕の机を蹴飛ばす。
血気盛んな若者だなあと、ある種諦観にも似た気持ちで息切れしてる奴を見上げる。
「ま、そんなことはどーでもいいんだ。ホラ、さっさとバイト代出せよ」
そう、奴はいつも僕が汗と血を垂らして稼いだバイト代を持っていくのだ。
機関はどうしてるのかって? 目立たないように奴の命令に従っておけとのことだ。
まあしょうがないことだ。僕は極力目立たないように涼宮さんを監視しなければならない。
だからさっきの嫌味な微笑みは命令違反とも言える。そして何故か自嘲のような感情が沸き起こった。何故でしょう?
「・・・はい」命令通りに奴に封筒を差し出す。
「おーおー素直で良いな。よしよし、また頼むぜ」来たときと同じような笑いでクラスを出ていく。
文化祭の頃はまだクラスメートとも付き合いがあった。奴が来てからクラスの皆は僕から離れていってしまった。
・・・畜生。


放課後いつもの部室へと足を運ぶ。スマイルは崩れて、多分酷い顔になってるだろう。
そして部室へ着いた僕は二、三回ノックをしてから返事を待つ。
「おー」中から彼の声が聞こえる。
「こんにちは」何とかいつものような優声を出す事に成功した。だが顔は元にはまだ戻らない。
「よう、元気か?」「こんにちは~」「・・・」
ああ・・・やはりここは僕の大切な居場所だ、と再認識できた。崩れていた顔もたちどころに治ってしまう。
この暖かく、居心地の良い場所を守るため、僕は戦い続ける。


日常でも、非日常でも。

 



|