ハルヒ「宇宙人っていると思う?」
キョン「禁則事項です」
ハルヒ「・・・・・・」
キョン「すまん、言ってみたかったんだ」
ハルヒ「・・・・・」



キョン「長門にはコスプレさせないのか?」
ハルヒ「あら、みたいの?じゃあ選んで」
キョン「あ、いや別にそこまで見たいわけじゃないんだ」
ハルヒ「そう・・・・・」



ハルヒ「ねえキョン! 今度の日曜日卓球のダブr」
キョン「断る」
ハルヒ「今から連sy」
キョン「断る」
ハルヒ「な、何よ……もういい! あんたなんかに頼んだ私がバカだったわ。みくr」
みくる「断る」
ハルヒ「k」
古泉「断る」
ハルヒ「…………」
長門「…………」
ハルヒ「…………」

長門「……一緒に出る?」
ハルヒ「断る」



ハルヒ「有希であいうえお作文しまーす!」

ハルヒ「な!夏でもCOOL!」
ハルヒ「が!学校でもCOOL!」
ハルヒ「と!とにかくCOOL!」
ハルヒ「ゆ!融通が利かないけどCOOL」
ハルヒ「き!キョンにはHOT!」

ハルヒ「…何だろう…この空しさ…」



キョン「スレタイ変えたほうが良いんじゃないのか?」
長門「代案の提案を希望する」
キョン「・・・・キョンと愉快な長門達」
長門「・・・・・・」
キョン「スマン聞かなかったことにしてくれ」
長門「・・・・・・長門と801なキョン達」
キョン「・・・・・」
長門「・・・・・ゆずれない」
キョン「・・・・・」
長門「・・・・・」
ハルヒ「ハルヒとy」
キョン「やはり今のままでいいな」
長門「コクリ」
ハルヒ「(´・ω・`)」


小泉「ハルヒさん、あなたにあきれて
ほかの人は帰ってしまいましたよ。」
ハルヒ「待ちなさいよ、何にあきれたわけ?」
小泉「・・・その服、どっからどう見ても
裸ですよ。」
ハルヒ「・・・・・!!」
女子A&B「きんもぉ」



谷口「キョン、放課後遊びに行こうぜ」
国木田「谷口がゲーセン行こうってきかないんだよ」
ハルヒ「何言ってるの!キョンは今日もSOSだ キョン「おういいぜ」
谷口「おっしゃ!今日こそ勝たせてもらうぜ!!」
国木田「谷口ゲーム弱いのに好きだよねー。」
キョン「まったくだ。今日も賭けのジュースはいただいたも同然だな」
ハルヒ「ちょっとキョン何勝手に話進めてんのよ!ちゃんとあたしの キョン「なんかうるせー幻聴聞こえるから早く行こうぜ」

ハルヒ「………」



ハルヒ「みくるちゃん、お茶入れて」
キョン「あ、俺にもお願いします」
みくる「はぁい」

みくる「どうぞキョン君」
キョン「ありがとうございます」
ハルヒ「あれみくるちゃん、私にh」
みくる「今回はおいしく入れれたんですよ」

キョン「いつも通りおいしいですよ」


ハルヒ「・・・・」



長門「(パタン)」

ハルヒ「あっ、もうこんな時間になったのね。今日の活動終わり!解散!」

キョン「なあハルヒ、ちょっと話があるから部室に残っててくれないか」

ハルヒ「な、なによ、みんなの前じゃ言えないような話?」

キョン「ああ」

ハルヒ「わ、わかったわよ」


……
………

キョン「ただいまー」

妹「キョンくんおかえりー」

キョン「腹減ったー」



ハルヒ「遅いなキョン…」



ハルヒ「暇ねえ~、まったくなにかおもしろいことはないのかしら」
キョン「チェックメイトだ」
古泉「おやおや、また僕の負けですか」
ハルヒ「ちょっとあんたたち無視してんじゃないわよ!
   そうね、暇だからしりとりでもしましょう。
   じゃあ私からいくわよ!しりとりで『り』よ!」
キョン「…………」
古泉「…………」
みくる「…………」
長門「…………」
ハルヒ「ちょっと、誰でもいいから答えなさいよ!
   もういいわ、キョンあんたでいいから答えなさい」
キョン「…りぼん」
ハルヒ「…………ハ、アハハハッ『ん』が付いたわ、キョンの負けね!
   もう、まったく馬鹿なんだから。
   じゃあ、もう一度ね次はもっと長くしなさいよ!」
古泉「キョン君もう一戦やりましょうか。次は負けませんよ」
キョン「いいぞ。何度やっても同じだろうがな」

ハルヒ「ちょっと!」
ハルヒ「続き…」
ハルヒ「なによ……」
ハルヒ「…………」



みくる「あ、みなさんケーキ食べます?」
ハルヒ「え?ケーキなんてあるの?ひとつちょうだい」

みくる「フフフ、涼宮さん面白い」

ハルヒ「え?なんで?」
みくる「だって涼宮さんにあげるケーキある訳ないじゃないですか」

ハルヒ「どうゆういm」
キョン「ひとついただけますか?」

みくる「はい、ただいま」




ハルヒ「・・・・・・」



金曜日の部室

ハルヒ「じゃあ皆、明日9時だからね」
みくる「すいません涼宮さん私用事があるので・・」
ハルヒ「あらそうなの?、じゃあ4人で行きましょ」
キョン「すまんハルヒ、俺も朝比奈さんと用事があるんだ」
ハルヒ「え?ふたりで一緒n」
古泉「すいません、僕も朝比奈さんと彼と一緒に町内不思議探しパトロールしなくては」

ハルヒ「え?だから皆で行けばいいじゃない?・・・・ねえ有希?」

長門「まだわからないの?、一緒に居たくないんだよ!!」
ハルヒ「いつもとキャラ違っ」

キョン「じゃあなハルヒ、明日来んなよ」



ハルヒ「・・・・・・・うぐっ」



ハルヒ「今日の会議についてだけど・・・。」

「プゥッ。(おなら)」

みくる「いやぁぁあ!臭い!」
長門「ッ・・・!」

長門は手をくちに押さえたまま倒れこんだ。

小泉「なんてことだ!!学校中が・・・!」
キョン「長門を病院に!」
小泉「はい!」
みくる「・・・・・」
小泉「だめです!みくるさんも!!」

ハルヒ「うう・・・み、みんな、その・・・」

「ブゥウウウ~・・・」

キョン「お、ごっぷ・・・・・・」
バタッ
小泉「・・キョン君!!!!しっかり・・・くそっ!!」

先生「だめです校長!生徒たちが・・・!!」


小泉「オーアァー!!」
ハルヒ「嘘よ・・・こんなの・・・」
女子A「たすけ・・て・・・ハルヒ・・・さん・・・」


ハルヒ「いや・・・・やぁぁああ!」


キョン「寝言うぜぇんだよ」
小泉「今は16時ですよ。寝る時間ではありません。」
みくる「えいっ」

みくる は窓から突き落とした。
私は・・・・・死んだ・・・・

キョン「はははwwみろよ、鼻血が舌にたれてるぜwwくはははは!!」
小泉「おやおやww写真をとりましょうか、記念ですww」
みくる「最高ですー♪」

一同「豚は 死ね!」



高校に入り折角、SOS団を作ったのに誰も来ない。
結成時に入部させたキョンも有希もみくるちゃんも初日以外姿を見せない。
今日も、私はこの元文芸部の部室で開くはずもない扉を見る日々を過ごさなくてはいけないのだろうか。

ガチャ
ハルヒ「っ!キョン!?」
扉を開けて入ってきたのは、数名の教師だった。
ハンドボールバカの岡部もいる。

ハルヒ「ちょっと何の用よ?」
教師A「文芸部の部室を無断で占拠しているという報せをうけた」
教師B「まったく同好会にもなっていないくせに勝手なことをしおって」
岡部「とにかく指導室まで来い。それに、うちのクラスの***と
  2年の朝比奈がお前に強制的に入部させられたという報せもけたぞ。
  なに考えているんだ?」

その後、あたしは指導室で親父と母さんまで呼ばれて、たっぷりと説教をうけた。
部室も没収され、SOS団も解散。


そうして、私は再び世界に絶望した


ハルヒ「マッガーレ鼻メガアアアアネ~」














ハルヒ「(´;ω;`)」


キョン「なあハルヒ、大切な話があるんだ。」
ハルヒ「な、なによ///」


キョン「おまえ、シュールストレミング臭いぞ」



補足 シュールストレミングとは、腐ったニシンの缶詰です



キョン「ハルヒ、お前ん家教えてくれ」
ハルヒ「なによ、急に・・・・まあ教えてあげてもいいけど・・・・」
キョン「じゃあ一緒に帰ろうぜ」
ハルヒ「こっちよ、ついてきなさい」
キョン「へー、これか」(明日からポストにいたずら手紙詰め込んでやる」
次の日

ハルヒ「あれ?いっぱい手紙来てる」ビリッ

ハルヒ「・・・・・・・・・」



キョン「なあハルヒ、俺の弁当食わないか?」
ハルヒ「あんたの弁当なんて食いもんじゃないわ!」
キョン「そうか、じゃあ長門、食うか?」
………コクッ
長門「・・・美味しい」
ハルヒ「や、やっぱり食べる」
キョン「へ?」
ハルヒ「食べるって言ってんの!早くだしなさい!!」
キョン「そうか」
ハルヒ「あら、美味しいじゃない!これならいくらでも食べれるわ!」
キョン「そうか、じゃあ吐くまで食ってくれ」
ドサッ
ハルヒ「え、ちょっとキョン、それじょうだ・・キャァ」

………………………………

…放課後

みくる「こんにち、、、うわぁ、涼宮さん、くさいですぅ」
長門「・・・臭い」
古泉「これは・・・ひどいですね」
鶴屋「めがっさくさいさ、キョンくんかえるにょろ」

ハルヒ「・・・・・・・・・」



ハルヒ「ふっふっふっ、出来たわ。改心の出来よ!
   この手作り弁当でキョンのハートは頂いたも同然ね」

―――― 昼休み

キョン「やっと昼休みか。おい、谷口飯食おうぜ」
ハルヒ「待ちなさいキョン!」
キョン「あん?なんだやかましいぞハルヒ」
ハルヒ「うるさいわね。それより今日はこの団長様がわざわざ、
   いつも貧相な顔をしている団員のために弁当を用意してあげたわ」
キョン「は?弁当?」
ハルヒ「そうよコレよ。さあ、今まで生きていたことに感謝しながら食べなさい」
キョン「馬鹿かお前は。俺は自分用の弁当があるからそんな重箱一杯の弁当なんか食えるか」
ハルヒ「え、キョン!?」

その時、1年5組に弁当を手にしたみくると長門が入ってきた。

みくる「あのキョン君。今日ちょっとお弁当多く作りすぎちゃったので
   よかったらいかがですか?」
長門「…作ってきた」
ハルヒ「ちょっ、あんたたt」
キョン「ありがとう朝比奈さん、長門。喜んで食べさせてもらいます。
   部室ででも、一緒に食べませんか」
ハルヒ「え?ちょっと、キョン…」
キョン「なんだハルヒ、まだいたのか?早くしないと学食席なくなるぞ。
   さあ、いきましょう朝比奈さん、長門」

そうして3人はハルヒを残して部室へと向かった。

ハルヒ「そんな…なんでよ私だけ……キョンの馬鹿…」



ハルヒ「キョン、飲み物買ってきなさい。」
キョン「へいへい、行って来ますよ。」
ハルヒ「え…やけに素直ね?」
古泉「僕もご一緒しますよ。」
みくる「私も行きます~。」
長門「…。(テテテ…)」
ハルヒ「…え…。」
ハルヒ「…。(ぽつん)」
ハルヒ「…。」
ハルヒ「…早く戻って来なさいよぉ…。」



ハルヒ「キョン、もうすぐ夏休みよ、今年は一日も無駄にしないで遊びまくるわよ!」

キョン「ハルヒ、俺はおまえと遊ぶつもりはないぜ」

ハルヒ「えっ、そんな…」
キョン「まあ、どうしても遊びたいなら、ポニーテールにして来いよ!」



キョン「なぁハルヒ夏合宿しろよ」
ハルヒ「な…いきなり何言ってんのよ!どうせあたしの水着s」
キョン「黙れよ…お前がいるとうざくて部室に来れないだろうが。
   夏休みなんだから学校に来なくても別にかまわないだろ?
   古泉と谷口でゲームを徹夜漬けする予定何だからお前がいると邪魔なんだよマジで。
   お前みたいな女マジでうざいんだからとっとと富士の樹海にでも行ってろよ。」
ハルヒ「……」


ハルヒ「みくるちゃん今日はこれ着てみよっか~?」
みくる「くっ臭い、生理くさいですぅ」
ハルヒ「…」



ハルヒ「うほっ!いい男」

キョン「誰もお前となんかやりたくねーよ」

ハルヒ「・・・・」



ハルヒ
「ちょっとキョン! あたしのプリン食べたでしょ?!」

キョン
「知らんな」

朝比奈さん
「えっ・・・・私? 食べてないけど・・・・」

古泉くん
「僕も食べてませんけど?」



ハルヒ「ちょっとキョン!あたしの昔の写真見たでしょ?」

キョン「ああ」(四年前の七夕の日に会ったことあるから知ってるけどな。)

ハルヒ「ふん、でどうだった?」

キョン「別に、昔も今も変わらなず生意気だな」



|