ガチホモ部

山根「古泉クンの中、気持ちいいでしゅうぅ」
岡部「古泉クンの口、気持ちいいでしゅうぅ」
古泉「ふぉがふぁがっ」



 自己紹介の時のことを、俺は一生忘れないだろう。
 えらい勢いのそいつの、その台詞を特に。

「日本体育大学出身岡部! 独身! 包茎! 
 俺は普通の球技には興味がありません!
 この中にハンドボール経験者、ハンドボールに興味がある者、ハンドボールという単語にピンときた者、
 そしてガチホモが居たら迷わず俺のところに来なさい! 以上!」

 余談だが涼宮ハルヒという美少女は普通に自己紹介をしていた。



 私の名前は南蛮ムキトス。
 花も恥じらう女子大学生です。
 身長185で、胸囲は104。足のサイズは28です。
 趣味はアナルです。
 すいません。短縮しすぎました。
 2chのVIPにあるハルヒのアナルスレにアナルネタを書き込むのが趣味なんです。
 素敵な趣味だと、アナルの皆には言われます。
 親には死んでも言えません。
 言えるか。

古泉「ウホーオォ!」
山根「らめぇ! 出ちゃうぅん! あぅう!」
岡部「実は中卒なんだよねー、俺」

 こんなこと夜な夜な書き込んでモニタの前でニヤニヤしてるなんて。
 とりあえずハルヒに飽きるまでお前らよろしく。
 誰だこんなお題書いたの。



『デスノート』

古泉「新川と森が一晩でやってくれました」
岡部「うほっ!」



『ガチアナル』

古泉「おたねを! 貴方のおたねを僕にください!」
キョン「あぁ! わかってる! 一番奥にくれてやる!」
古泉「あぁ! あぁぁ! 感じる! 僕の中に貴方がたくさん入ってくる!」
キョン「全部受け止めろ! お前は俺の男だ!」
古泉「ありがたや! ありがたや!」
キョン「まったくお前のアナルは最高だ!」
古泉「貴方のテトドンも最高です! あぁあ! うほーおぉ! あふぅ!」
キョン「はぁはぁ、はぁ、はぁ……」
古泉「もっと! もっとおたねをください! くださいましぃ!」



ハルヒ「めちゃデカいのよ!?あんたも触ってみる!?」
キョン「ああ」
みくる「ひっ!」
ハルヒ「はい、どうぞ」
キョン「おう……ぐはっ……何すんだ、いきなり」
ハルヒ「あ、あんたこそ何してんのよ!?」
キョン「お前がどうぞって言うから触っただけだろ?」
ハルヒ「あたしのじゃないわよ!みくるちゃんの!」
キョン「俺はお前のにしか興味ない」
ハルヒ「え?それって……」
キョン「お前のおっぱい以外何もいらない」
ハルヒ「……変態」
キョン「何か言ったか?」
ハルヒ「何にも言ってない」
キョン「そうか……それじゃさっきの続きを……うぐっ」
ハルヒ「黙れ変態」
キョン「変態だと?聞き捨てならないな。お前は大きな勘違いをしている」
ハルヒ「……」
キョン「盲目的なおっぱい好きはただの変態かもしれん。だが俺は違う。俺が好きなのは……ハルヒ、」
ハルヒ「……な、何よ?」
キョン「お前のおっぱいだけだ」

ハルヒ「……よーく分かったわ」
キョン「そうか分かってくれたか。それじゃさっそく……」
ハルヒ「パチン」
キョン「何だ?」
古泉「やあ、どうも僕です」
キョン「な!?お前はこの時期にはまだいないはずだろ!?」
古泉「問答無用、行きますよ~」
キョン「アナルだけは!アナルだけは!」
古泉「ふんもっふ!!」
キョン「アッー!」


キョン「うぅっ、ひどい目に遭った……早くハルヒのおっぱいでにゃんにゃんしないと」
みくる「あのぉ」
キョン「ああ、朝比奈さんでしたっけ、何か?」
みくる「あ、あたしのおっぱいでよければ……そのぉ」
キョン「俄然、遠慮します。分かったらあっち行ってろ」
みくる「しゅ、しゅみませんでした……」



長門「涼宮ハルヒと私は普通の人間じゃない」
キョン「何となく、普通じゃないのは分かるけどさ(おっぱいとか)」
長門「そうじゃない」
キョン「え?違うのか?」
長門「乳房に普遍的な性質を持っていないという意味ではなく、文字通りの意味で、
彼女と私はあなたのような大多数の人間と同じとは言えない」
キョン「まず、乳房じゃなくておっぱいな。でも、あいつのおっぱいは普通じゃないぞ?」
長門「彼女の乳房には何の価値もない。重要なのは今かr」
キョン「おい長門、世の中にはな、言って良いことと悪いことがあってだな」
長門「聞いて」
キョン「まず俺の話を聞け。お前の話はその後だ」
長門「……」
キョン「いいか?あいつのおっぱいはだな――」

キョン「――というわけで、あいつのおっぱいは素晴らしい。分かったか?長門」
長門「あなたが普通の人間ではないということが分かった」
キョン「何だって?」
長門「あなたの涼宮ハルヒの乳房に対する異常なまでの執着は常軌を逸している。あなたはとても変態」
キョン「おいおい、俺をそんじょそこらのおっぱいスキーと一緒にするなよな。
確かにあいつらは変態かもしれん。だが俺は違う」
長門「違わない」
キョン「いいや、違うね。俺が好きなのは涼宮のおっぱいだけだ。
あいつのおっぱい以外で俺はにゃんにゃんしないと誓ってもいい」
長門「……」
キョン「んで、話ってなんだ?」
長門「……危機が迫るとしたらまず彼女。それを防ぐためにあなたを調教する。ゴニョゴニョゴニャ」
キョン「何だ?」
古泉「やあどうも、僕です」
キョン「だから何でお前がこの時期に……!」
古泉「問答無用、今晩はオールナイトで行きますよ~……ふんもっふ!!」
キョン「アッー!」


チュンチュン
キョン「うぅっ……本当に一晩中あんなことされるなんて」
みくる「あっ、キョン君!よかったらあたしの」
キョン「すっこんでろ!」
みくる「ひぃっ!」



ハルヒ「野球大会に出るわよー!」
キョン「(野球大会だって?)……なあハルヒ、どうせなら柔道にしないか?」
ハルヒ「何で柔道なのよ」
キョン「いや、何だったらレスリングでも相撲でも構わん。
とにかく、何かしらの取っ組み合いなら喜んで参加するぞ」
ハルヒ「……あんた、どうせどさくさに紛れてあたしの胸触るつもりなんでしょ?
そんな見え見えの作戦に乗ったりしないわ」
キョン「いや違う」
ハルヒ「じゃあ何よ?」
キョン「触ってどうする?揉まなきゃ意味無いだろうが」
ハルヒ「あんたってホント変態よね」
キョン「だから俺は変態じゃなくてだな」
ハルヒ「あー、その話はもういいわ。あたしのおっぱいだけを純粋に愛しているってのはよーく分かってるから。
おっぱいだけをね」
キョン「……ハルヒ」
ハルヒ「何?」
キョン「やっぱり、ブラジャーは付けないほうがいいぞ」
ハルヒ「うるさい!このスケベ!」
キョン「スケベだなんて心外だな。俺はお前のおっぱいのためを思って言ってるんだぞ。
無理にブラジャーを付けてるとおっぱいの発育が抑えられてだな」
ハルヒ「ああもう!古泉君!?やっちゃって!」

古泉「はい、かしこまりました」
キョン「……」
古泉「どうしたんですか?いつもの喘ぎ声が無いようですが」
キョン「ふっ、ふふふ、ふははははは!」
古泉「何がおかしいんです?ふんもっふ!!……あれ?」
キョン「無駄無駄無駄ぁ!」
古泉「こ、これは……瞬間接着剤ですか」
キョン「さすがのお前でもこれは無理だろ?さあハルヒ、早いとこ諦めてお前のおっぱいを俺に差し出すんだ」
古泉「舐めてもらっては困りますね。これしきの障害物……僕のテドドンが……ぶち破れない筈が……ない!」
ハルヒ「頑張って古泉君!」
キョン「無駄だって言ってるだろ……しつこいな」
古泉「ふぅん……もっふぅぅぅ!!!」メリ
キョン「そ、そんな……まさか……!?」
古泉「……真空……ふんもっふぅ!!!!」メリメリズビシュ
キョン「アッー!!!」


キョン「うぅっ……瞬間接着剤でもダメなのか……」
みくる「あっ!キョン君!あたしのおp」
キョン「目障りだ、消えろ」
みくる「あっ、す、すみませんでs」
キョン「とっとと消えろつってんだろ!」
みくる「ごごごごごめんなさーい!」ピューン



「古泉/(^o^)\ばっちこーい」
「ふふっ、今日はTDDNではありません…しかし、そのかわり…」
「そのかわりなんだ…」
「レモンです、では…」
「俺のケツ穴\(^o^)/オワタ」



ロサンジェルスはゲイが非常に多い街だそうです。

キョン「――で、何故SOS団でロサンゼルスに旅行に来なきゃならんのだ」
ハルヒ「あ、面白そうなお店見っけ!!行こ、有希、みくるちゃん!!」
キョン「あ、おい待て!!」
古泉「フフ……二人きりですね、それもゲイの街ロサンゼルスで」
キョン「((((;゚Д゚))))ヒィー」
古泉「今日は逃がしませんよ……
黒人男性「ツンツン」
古泉「?……!!!!」
黒人男性「 ヤ ラ ナ イ カ 」
古泉「アッー!アナルだけは!!アナルだけは!!」

めがっさめがっさ



『野菜レイパー』

古泉「野菜レイパー登場!」
キョン「うるせぇ!」

 JAに通報しろ!



 アナル、肛門、前立腺
 この世のやらないかを知り尽くした男、古泉一樹
 彼が掘り際に放った一言は、男達をゲイにかりたてた

「僕のアナルですか? 掘りたければ掘れ! ゲイの真髄はそこにある!」

 男達はグランドアナルを目指し、ハッテン場で掘り続ける
 世はまさに、大肛門時代



キョン「ホレ掘れユカイって……18日の禁曜日モンだぞ」
古泉「そう思い、対策としてタイトルを変えました」
キョン「で、どうなった?」
古泉「マッガーレマッガーレユカイです」
キョン「語呂悪ッ」


古泉「ではホルホルユカイで」
キョン「何ら変わってない件について」
古泉「韓国デビューも視野に入れたタイトルですよ?」
キョン「絶対ない。断じてない。万に一つもない」
古泉「わかりました……第3候補のガチホモなのはバレバレユカイでいきましょう」
キョン「上の句いらneeeeeeeeeeeeee!!!」


キョン「なんでそう悪い方にもってこうとするかね」
古泉「では最終手段として、18禁ワードを伏字にしますか」
キョン「なぬ?」
古泉「その名も××(チョメチョメ)ユカイ」
キョン「銀魂のパクリかよ。しかしそうなると……」

×××××みたいにツナギのホックを下ろしたら
みんなでイイオトコになれるね
××××したいと願いながら過ごしてたよ
掘らせてくれたのは誰なの?
×××の奥までアッー!
太くて黒いこの××××は
誰もかもを巻き込んだガチ××で
掘 ろ う よ
×××掘レタ日ノ事
公園の中のベンチで
イイオトコ ツナギを脱ぐ そして × × × × ×
明日また掘れたら 笑いながら×××に
××××を 挿しこもう
カイカンなんだよ × ッ × ×
うほっいいおとこ ×××××
×××× ××× スキでしょう?

キョン「わけのわからんことになったが」
古泉「アッー!と掘るも規制すべきです」
キョン「墓穴を××てどーする…うおっ!規制かかった!?」
古泉「フッ……かかったな小物め!」
キョン「まさか…」
古泉「ウホッ… × × × × ×」
キョン「×××!×××だけは!!×××だけは!!」



ハルヒ「んが……ぁが……」
キョン「どうしたハルヒ?そんな大口開けてたらますますアホに見えるぞ」
ハルヒ「うるさいわね!歯にアナルがひっかかったのよ!」



こいじゅみ「次の相談者は誰うほ?入ってうほ」


キョン「最近友達によく掘られるうほ、俺は別にホモじゃないのに迫ってくるうほ。どうしたらいいうほ?」


こいじゅみ「まずウホウホ言ってて気持ち悪いからやめろよ」

キョン「ちょwwwwwwww」



キョン「なんだって俺がお前なんかと花火の買い出しにいかないかんのだ…」
古泉「まぁいいではないですか。
それより、どうしますか?いろいろセットになっている物の方がお得だと思うのですが。
あ!これなんてどうです?8種類も詰まったハッテンセット!」
キョン「なんかもう名前が嫌だ。こっちのでいいだろ、ほらいくぞ」
古泉「そうですか…残念です。」

店員「ありがとうございました~」
キョン「さぁ戻るぞって何やってんだ?」
古泉「あぁ、お釣りの分を少し募金しようかと思いまして。」
キョン「募金?へぇ~なんの募金だ?ユニセフとかか?」
古泉「えぇ、なんでもハッテン途上国の子供達に
キョン「帰るぞ」



●<アナル堀りは全てバランスが命です。掘りすぎてもダメ、掘らなすぎてもダメ
●<これはまさに一つの芸術です
●<僕は皆さんの評価を信じてホモになりました。あれです、自分の可能性を試せと
●<「微笑」が投下されているとき、アナルスレでアッーって言っていました。
●<「覚醒」が投下されているときも、アッーって言っていました。みんな盛り上がっているのに。
●<『ホモ泉、アナル一発頼むよ』『古泉、アナルだけは!はどうした』ってね。いい加減飽きるというものです。

キョン「……そうか。それでな、お前の願いが叶ったぞ。新しいポジションで出撃だ」
●<からかっているんですか?
キョン「他の奴の代わりにいじめられキャラとして降臨だ。長門がとっとと来いと行っている」
●<…………
キョン「それが望みだろ?」
●<……そうです。そうとも、新しいキャラ付けこそ僕が望んでいることですからね((((゜Д゜;)))ガクガクブルブル



●<僕もとうとう掘られる側ですか
●<キョンたんのアナルが掘れなくなるとなると惜しむ気分でもあります
●<ホモになったあの日を思うと感慨深くもあります
●<え? 『いじめ=掘られる』ではない?
●<ということは、僕の台詞が『アッー!』や『アナルだけは!』や『ンギモヂイィ!』になるといった単純なことではない、と
●<そういうことでしたか……
●<しかし、こうしてみると、僕がたくさんいるみたいに見えますね
●<●A、●B、●C、●D、……、●Z
●<二十六人の●ですね
●<完全にパクリですね



●<……すみません、これが言いたかっただけなんです
キョン「死ねばいいと思うよ」



涼宮ハルヒの憂鬱 SOS団アナル支部 EDテーマ
『ホレ掘レユカイ』

ヤマジュンみたいにツナギのホックを下ろしたら
みんなでイイオトコになれるね
ホルホルしたいと願いながら過ごしてたよ
掘らせてくれたのは誰なの?

アナルの奥までアッー!
黒くて大きいこのテドドンは
誰もかもを巻き込んだガチホモで掘 ろ う よ

アナル掘レタ日ノ事
公園のベンチで
イイオトコ ツナギを脱ぐ 俺と ヤ ラ ナ イ カ

明日また掘れたら 笑いながらアナルに
テドドンを 挿しこもう
カイカンなんだよ ア ッ ナ ル

ウホッいい男 さぁやらないか
大きな テド&ドン スキでしょう?



涼宮ハルヒの憂鬱 SOS団アナル支部 OPテーマ
「ハッテンでしょでしょ?」

答えはいつもわたしの穴に~
なんでだろう アナルを選んだわたしです
もう止まらない ご近所様から止められたけど
アッー!イイッ! 前だけじゃつまらないの
ふんもっふ! 感じるまま感じるとこだけを突くの
ハッテンでっしょでっしょノンケがゲイに変っわる世界で~
ケツがあっるっなら 穴もあ~るのよ
ど~ん~な男にも~
ハッテンに来て下さ~いだれより~も自由なアナルにいれてね
あなた ウホになった ケツの穴にぶ~ち~込~む~テドドン~



654 根しょうが New! 2007/01/07(日) 19:21:32.40 ID:ys7t92dfO
涼宮ハルヒの憂鬱 SOS団アナル支部 EDテーマ
『ホレ掘レユカイ』

ヤマジュンみたいにツナギのホックを下ろしたら
みんなでイイオトコになれるね
ホルホルしたいと願いながら過ごしてたよ
掘らせてくれたのは誰なの?

アナルの奥までアッー!
黒くて大きいこのテドドンは
誰もかもを巻き込んだガチホモで掘 ろ う よ

アナル掘レタ日ノ事
公園のベンチで
イイオトコ ツナギを脱ぐ 俺と ヤ ラ ナ イ カ

明日また掘れたら 笑いながらアナルに
テドドンを 挿しこもう
カイカンなんだよ ア ッ ナ ル

ウホッいい男 さぁやらないか
大きな テド&ドン スキでしょう?



アッー! きもちがいいわ 朝のハッテンは
やおいを信じて さあ くそみそしたい
竿がなびいたら みんなの「マッガーレ!」きこえたの本日もHoli-day始まる?
ホモの気があるならわたしに掘らせてね
淋しい心のままじゃきっと夢が希望がふんもっふ
あなたもわたしもテドドンたぎらせて だいじなとこを探りましょうよ
それはゲイ? それはノンケ? どっちも掘れるわね
真赤な痔害 アナルでぎゅっ! どんと来い!

帰りは公園寄って ヤ ラ ナ イ カ
ヤマジュン気分なの ウホッ!いい男……
考えてみたってわからないときには アッー!と叫んでみるの
ケツに熱いションベン流しましょう
あなたはわたしのブツをどう思う? 夢中になって掘りすぎちゃうの
すこし受け すこし攻め バランスとって
一緒にもっと たくさんのぎゅっ! イイ!感じちゃうっ!

あなたもわたしもテドドンたぎらせて だいじなとこに発射しましょうよ
それは●? それは★(保志)? ちゃんとね約束?
中出しして アナルでぎゅっ! ぎゅっとして!

あなたもわたしもテドドンたぎらせて だいじなとこを広げましょうよ
それはLove? それは(sex)Friend? どっちも欲しいわね
ホルホル誓い アナルでぎゅっ! ぎゅっとして!



こ・づ・く・り・しまっしょ♪

お慕い申しております
一生尽くしてゆきます
キョンタン好みの男へ
磨きをかけてマッガーレ マッガーレ
全身全霊の 気をテドドンたぎらせて
谷口来ようと アナルをお守りします(マッガーレ!)
今宵こそは ほとばしる精子と今日も明日もとめどなくみなぎる力のカルピスを掛け合わせて
この地上で最高の便器 アニキの為に残しましょう
たったひとつのこの操 あ・な・る!
あなた様へ捧げます
攻めは舞うように東へ 受けは愛されて西へ
まみえぬ性別のとばりを 互いに越えて掘ります掘ります
超能力の 奥義を性技に変えて
道徳的にアウト 命の営みしましょう(うほっ)
矛盾正す強きツッコミに キョンタンらしさを感じます二人の夜はふんもっふ そう ふんもっふ
この地上で最強のテドドン 私 股間に宿らせて
漢の証といたしましょう あ・な・る!
時はやがて 動き出す
(THE WORLD!!)
十月十日 時が過ぎゆけば後ろの穴も しなやかに二人の愛は忌々しい ああ 忌々しい
この地上で最強の便器 アニキの為に残しましょう
たったひとつのこの操 あ・な・る!
あなた様へ捧げます

こうもんもももも (アッー!)



●<おかげでキョンタンのアナルは常に卍解状態ですよ。
●<今ではお漏らし(大)しないようにオムツ着用です。
●<自分にスカトロ属性があるのには驚きましたが…
●<今ではオムツプレイもなかなかどうしていいものだと思うようになりました。
●<どんなアナルになっても、僕はキョンタンのアナルだけを愛しますよ。




●<それでは今日も一発。フンモッフ
キョン「アッー!!!」ビクビク



|