※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キョン「朝比奈さんはお茶が好きなんですね」
みくる「はいぃ」
キョン「お茶のどこが好きなんですか?」
みくる「えっとぉ、優しくて、一途で、頑張ってるときの横顔が格好良いですぅ」
キョン「はは、ほんとに大好きなんですね」
みくる「はい」


キョン「やっぱり、朝比奈さんはお茶が好きなんだってよ」
古泉「そうですか……」
キョン「まぁ、そう気を落とすな。まだ終わったわけじゃないって」
古泉「どうせ、僕と朝比奈さんなんて釣り合わないんですよ」
キョン「そういう問題じゃないだろ!」
古泉「いいんです、いいんですよ、もう」
キョン「……あー、今日は、俺が飲みに連れてってやるよ」
古泉「……っ!」
キョン「俺のオゴリだからってあんま飲むなよ?」
古泉「う、う、ありがとうございます、」
キョン「あーもう鼻水拭けよ」

長門「わたしは……お茶よりも牛乳の方が好き……」



長門「きゃーかわいいー」
キョン「どうした」
長門「最近の若者の真似をしてみた」
キョン「そうか」
長門「きゃーきゃー言ってればなんでも済むと思っている」
キョン「ん?」
長門「甘い。甘すぎる」
キョン「そうか?」
長門「そう。説教をかましてやりたい」
キョン「じゃあ、俺にしていいぞ」
長門「……いいの?」
キョン「あぁ、思う存分にかましてくれ」
長門「……」
キョン「どうした?」
長門「あなたは、わたしには出来ないと分かっていながら……」
キョン「……すまなかった」
長門「……許してあげない」
キョン「どうしたら許してくれるんだ?」
長門「『ユッキー大好き』って言って♪」
キョン「ユッキー大好き」
長門「……あー、分かった分かった。好きなのは分かったから」
キョン「ごめん」
長門「許す」



長門「肉が食べたい」
ハルヒ「あら、有希がそんなこと言い出すなんて珍しいわね」
長門「大豆は畑の肉、という」
ハルヒ「そうね」
長門「……」
ハルヒ「つまり、大豆が食べたいの?」
長門「違う」
ハルヒ「何肉?」
長門「もう、あなたでいい」ガバッ
ハルヒ「キャアッ!」


長門「ハムハム」
ハルヒ「痛ッ!痛い!痛いって!」
長門「多少は我慢するべき」
ハルヒ「分かったわよ、もう……」
長門「ハムハム……ハムッ」
ハルヒ「まったく、赤ちゃんみたいね……」

キョン「ってうわぁ!お前ら何やってんだ!」
長門「……ハム」
ハルヒ「ハ、ハムスター観察日記!」
キョン「ん?あぁ、あれ、面白いよな」

ハルヒ(ホッ、とりあえずこの場はやり過ごせたわ……)



ハルヒ「きゃあっ!」
キョン「どうしたっ!」
ハルヒ「あ、あそこ……」
キョン「ん?……あぁクワガタじゃないか」
ハルヒ「ガタガタブルブル」
キョン「なんでそんなに震えているんだ」
ハルヒ「ひぃっ!」

長門「今、彼女の口から説明をさせるのは困難。よってわたしが説明をする」
キョン「あぁ、頼む」
長門「彼女は小さい頃にクワガタに襲われた経験を持つ」
キョン「どんな風にだ」
長門「こんな感じ」ガバッ
キョン「うわっ!」
長門「気持ち良い?」ペロペロ
キョン「襲われたのを再現するんじゃなかったのか」
長門「今、している」ペロペロ
キョン「そうか」
長門「そう」

古泉「おや?クワガタですか」
ハルヒ「怖いよぉぉぉおおおお!!」
古泉「窓から投げ捨てておきますね」ポイッ
ハルヒ「ありがとう……」

キョン「なぁ、長門、いつまで続ける気だ」
長門「はぁはぁ……最後まで、せめてCまで……はぁはぁ」ペロペロ
キョン「まぁいいか」



キョン「たまにはアナル的なことはしないのか?」
古泉「うほ……」
キョン「そうか、じゃあいつやるんだ?」
古泉「うほほっう」
キョン「それじゃあ俺が困る」
古泉「うほほっほほ」
キョン「いやいや、それじゃあお前が無理だろ?」
古泉「うほ、うほぅ……」
キョン「やっぱ、やんないのか?」
古泉「うほ!」
キョン「じゃあ時間はどうするんだよ」
古泉「うほほ……」
キョン「やっぱり無理じゃないか」
古泉「うほ」
キョン「ん?」
古泉「うほほん、うほ」
キョン「……」

キョン「……なぁ長門、こいつが何て言ってるのか訳してくれないか?」
長門「やだ」
キョン「なんでだ」
長門「『ユッキー大好き』って言ってくれなきゃやだー♪」
キョン「そうか」
長門「言わないの?」
キョン「言わない」
長門「そう、ちょっぴり残念」
キョン「そうか」



ハルヒ「今日は書道に挑戦するわよ!」
キョン「おー」

ハルヒ「まずは道具を調達しましょう」
みくる「あ、それならあたし、持ってますよ」
ハルヒ「なんで?」
みくる「書道部ですもの」
ハルヒ「そうだったわね」

みくる「持ってきましたー」
長門「おいしい」ゴクゴク
みくる「あぁ、それは……」
キョン「なんで墨汁の入れ物の中にコーラなんて入れてるんですか、ははは」
みくる「えぇっとですねぇ」
キョン「なんでですか?」
みくる「え~……」



みくる「おいしいからです!」



 ―SOS団全員エロゲオタク―
 
ハルヒ「ん~っと……あれ……? ……ちょっとキョン、ねがぽじどこやったのよ!」
キョン「悪い、持って帰った。コピーするから明日まで待ってくんね?」
ハルヒ「マジ……? ちょっと……やりたいとき無いの一番ムカつくのよ……!」
古泉「鬱ゲー好きなんですか? LikeLifeインストして起きましたけど、お気に召しませんかね?」
ハルヒ「えっマジで!? 私やらないけど、古泉君ふとっぱら~! ……それに引き替え、キョン! あんたもなんか買いなさいよ!」
キョン「XRATED買ったじゃね~かよ、それに俺は平和萌え派なの。お前みたいに鬱萌えじゃないからな」
ハルヒ「三ヶ月も前でしょ!? ……何偉そうにしてんだか、さっさとあんたも何か買いなさい、命令よ!」
みくる「あっ……そういえば今日、注文してたFateのhollow届きますよ」
長門「……本当? 本当ならば今すぐ取りにいって、そして戻って来て」
キョン「長門好きだな~あっち系」
ハルヒ「ちょっとキョン聞いてんの!?」
長門「別に……あまり学園ものばかりだと単調だから」
キョン「学園もののコメディ入り混じったシリアスさがわからんかな~? ねえ、一樹氏?」
古泉「全くですね、日常的だからこそ、“いい”んですよね」
長門「たまには非日常が日常化するようなファンタジーも……悪くないと思う」
ハルヒ「人の話きけ~~~~!!」

あんまり変わらんな



ハルヒ「千本ノックいくよー(´∀`)」
キョン「よーしいつでもこーい」
古泉「いやあ久しぶりですねえ」
みくる「ひええ~」
長門「……」

ハルヒ「じゃあ覚悟してよー、ていっ!」スカッ
キョン「やっぱりな」
ハルヒ「ワンモア、ワンモア(;´∀`)!」

ハルヒ「えいっ」スカッ
ハルヒ「やあっ」スカッ
ハルヒ「とうっ」スカッ
ハルヒ「それっ」スカッ
ハルヒ「おりゃっ」スカッ
ハルヒ「うりぃっ」スカッ

ハルヒ「ぜえ~…ぜえ~…」
キョン「おい、一度もこっちに飛んできてないんだが…」
ハルヒ「せ、千回振ったから終わりね(;´∀`)異論は認めないんだから」
キョン「一度もノック出来てないだろう、ほらノックあと千回!」
ハルヒ「勘弁して下さいよ~…」
キョン「だ・め・だ!ほらいくぞ!」カキーン
ハルヒ「とあっ」ズザザ
キョン「反応が遅い!もう一回」カキーン
ハルヒ「それえー」ズザーッ
キョン「まだまだー!」カキーン
ハルヒ「ふえ~ん(;´∀`)」コテン



キョン「アルチンポー!」
ハルヒ「ノンチンポー!」
キョン「アルアルチンポ!」
ハルヒ「ノンノンチンポ!」
古泉「アルノンアルノン!」
キョン「アル?」ハルヒ「ノン?」
古泉「アールノーン!」
長門「グリーンダヨ!」
古泉「イーンダヨ!」



〇アルヒ

キョン「ちぃーっす」ガチャ
ハルヒ「うぃ~」
キョン「アル中!?」



みくる「良かった、私達元の時間に帰ってこれましたよ!」
キョン「えっ何で寝ただけで」
長門「うんたらかんたら」
キョン「さっぱり解らんね」
みくる「ひええ…要するに長門さん、時間を止めちゃったんですって…」
キョン「はあ、なるほどね…何でもありだな」

キョン「とにかく、色々とありがとな長門」
長門「勘違いしないで、私はあなたを助けたかった訳ではない
   えっとその、朝比奈みくるがあまりにも不憫で情けなくてとても見てられなくて、
    あなたを助けたのはあくまでそのついで」
みくる「……」
キョン「いやでも結果的に助かったんだからさ、ありがとうは言わせてくれよ」
長門「ま、まぁ礼を言われるのは悪くはないので気持ちは受け取っておく
   でも礼を言われたから嬉しいなんて事はない、勘違いしないで///」
キョン「俺、そんな事言ってないけどな…」
長門「ここここれ以上この部屋にいる必要は無いはず、早く帰って///!」

キョン「お前は本当に頼りになるな、これからもよろしく頼むぜ」
長門「いいから早く帰る!///」
みくる「長門さん、顔が赤いですよ?」
長門「ぶち殺すぞポンコツ」
みくる「(´・ω・`)」



長門「
次回…
涼宮ハルヒの憂鬱…
サムデイインザレイン…


風…
引くから…      」





キョン「…(これはハルヒのカーディガンとして、こ…このパンティは誰の…?)」



〇オルヒ

キョン「ちぃーっす」ガチャ
ハルヒ「バキィ!!!!バキバキメキメキ」
キョン「俺のみくるフォルダwithパソコォオオン!!!!!!!!!」



〇ケルヒ

キョン「ちぃーっす」ガチャ
ハルヒ「竜巻旋風脚!!!!」
キョン「安倍氏っ!!!!」



〇サルヒ

キョン「ちぃーっす」ガチャ
ハルヒ「ウキィ!!」
キョン「さっ、猿!?(でもちょっとカワイイ……////)



〇シルヒ

キョン「ちぃーっす」ガチャ
ハルヒ「あっ、ん、んん……あんっ」
キョン「ハルヒィイイイイ!!!!!!!」



〇スルヒ

キョン「ちぃーっす」ガチャ
ハルヒ「スッ……」
キョン「あ、俺の財布がない!!!!!!!!」



〇タルヒ

キョン「ちぃーっす」ガチャ
ハルヒ「たりぃ……」
古泉「どうですか、一発」
キョン「意味わからん。てか四行になっただろ」



〇ツルヒ

キョン「ちぃーっす」ガチャ
ハルヒ「痛っ……足釣ったかも……」
キョン「保険室行くか?」



〇トルヒ

キョン「ちぃーっす」ガチャ
ハルヒ「スッ……」
キョン「あ、俺の財布がない!!!!!!!! て、またお前か!!!!!!!!」



〇ナルヒ

キョン「ちぃーっす」ガチャ
ハルヒ「あー……やっぱりあたしってカワイイ♪」
キョン「何言ってんだお前」



〇ヌルヒ

キョン「ちぃーっす」ガチャ
ハルヒ「おはようキョンあっ」ツルッ
キョン「うぉっ、床が滑って」ツルッ



〇ネルヒ

キョン「ちぃーっす」ガチャ
ハルヒ「(ρд-)zZZ……」
キョン(寝顔もカワイイな……)



〇ノルヒ

キョン「ちぃーっす」ガチャ
ハルヒ「そうそうちぃーっす、ってなんでやねん!!!!」スパーン
キョン「……微妙」



〇フルヒ

キョン「ちぃーっす」ガチャ
ハルヒ「部屋に入る時は一礼であろう無礼者」
キョン「いつの時代の人!?」



〇ホルヒ

キョン「ちぃーっす」ガチャ
ハルヒ「 や ら な い か 」
キョン「アッー!アナルだけは!アナルだけは!」



〇マルヒ

キョン「ちぃーっす」ガチャ
ハルヒ「これにて一件落着」
キョン「丸く収まった、ってか」



〇ミルヒ

キョン「ちぃーっす」ガチャ
ハルヒ「じー……」
キョン「な……なんだよ?(カワイイ……////)」



〇ヤルヒ

キョン「ちぃーっす」ガチャ
古泉「や ら な い か 」
キョン「ちょwwwwwお前かよwwwwwアッー」



〇ユルヒ

キョン「ちぃーっす」ガチャ
ハルヒ「あ、うぃーす……」
キョン「ゆるっ」



〇ワルヒ

キョン「ちぃーっす」ガチャ
ハルヒ「クケケケケケ」
キョン「これは既出な気がする」



〇ゲルヒ

キョン「ちぃーっす」ガチャ
ハルヒ「あ……あ……」ドロドロ
キョン「ちょwwwww神人ヘルプ!!!!!!!!」



〇ズルヒ

キョン「ちぃーっす」ガチャ
ハルヒ「きゃっ」ズルッ
キョン「うほっ」



〇ダルヒ

キョン「ちぃーっす」ガチャ
ハルヒ「だりぃ……」
キョン「タルヒと一緒だろwwwww捻れwwwww」



〇ドルヒ

キョン「ちぃーっす」ガチャ
ハルヒ「金金金ぇ!!!!世の中金じゃあウッヒッヒ」
キョン「ちょwwwwwキャラ違ぇwwwww」



〇ビルヒ

キョン「ちぃーっす」ガチャ
ハルヒ「ゴォオオオ……」
キョン「ちょwwwww高層wwwww」



〇ブルヒ

キョン「ちぃーっす」ガチャ
ハルヒ「うー、わんわん!!!!!」
キョン「しかもブルドックかよwwwwwでもカワイイ……(////)」



〇ベルヒ

キョン「ちぃーっす」ガチャ
ハルヒ「ジリリリリリリリリリ」
キョン「はーい皆さんこの女から避難してくださーい」



〇シェルヒ

キョン「ちぃーっす」ガチャ
ハルヒ「いいのよ、どうせあたしなんて……」
キョン「自分の殻に閉じこもるな!!俺がいる……」



〇ニャルヒ

キョン「ちぃーっす」ガチャ
ハルヒ「にゃー♪」
キョン「確実に既出。だがカワイイから許す」



〇チュルヒ

キョン「ちぃーっす」ガチャ
ハルヒ「めがっさにょろにょろ」
キョン「ちょwwwwwちゅるやさんのパクりwwwww」



〇ニョルヒ

キョン「ちぃーっす」ガチャ
ハルヒ「にょろ~ん」
キョン「さっきと一緒だろ」



〇ヒョルヒ

キョン「ちぃーっす」ガチャ
ハルヒ「あ~れ~」ヒラヒラ
キョン「ちょwwwww体軽杉wwwww」



〇ジャルヒ

キョン「ちぃーっす」ガチャ
ハルヒ「当機はエアーニッポン航空1752便……」
キョン「ちょwwwwwそれJALじゃなくてANAwwwww」
古泉「穴があると聞いてやって来ました」ヒョコッ
キョン「アッー!」


|