長門(『彼に可愛く見られたい!』その一身で私、長門有希は可愛いキャラを研究し始めたのであった)


キョン「おーっす、例によってながもんだけか」
長門「そうですの」
キョン「そうか」
長門「そうですの、ご主人様!」

キョン「皆来るまでオセロしてるか」
長門「オセロしますの!」キヅケヨバカモン
キョン「ん?なんか言ったか?」
長門「有希、何も言ってませんの」
キョン「そうか」
長門「そうですの!」


長門(一筋縄では行きそうにない…でも有希負けない!)
続かない



ハルヒ「無かったら作ればいいのよ」
キョン「バ~ロ~」
監督「カット!」



ハルヒ「探索の組分けするわよ!」⊃ようじ⊂
長門「その必要は無い、私は彼と組むから後はその他が組め」ギュッ⊃キョン
ハルヒ「ちょっとずるいわよ有希!私だって!」キョン⊂ギュッ
古泉「まあまあ」
みくる「喧嘩はいけまちぇんよ」
キョン「おいおい二人とも放してくれ」
長門「向こうが放したら放す」グイグイ
ハルヒ「有希が放したら放す」グイグイ
長門「はぁなぁせぇ」ギギギギ
ハルヒ「そぉちぃこぉそぉ」ギギギギ

長門「そおい!」
ブヂィ゙
古泉・みくる「おびただしい流血!」

ハルヒ「ぎゃああああ!!キョンの腕が取れたァァァァ!!」
長門「やり過ぎた…」スマソ
キョン「暴力は不幸しか生まないだろ?これに懲りたらもう喧嘩するなよ。さて、今日はたまには皆で行くか」
みくる「まじゅ病院行くべきでちゅよキョン君!」
古泉「豚の言う通りでしょう……常識的に考えて……」
キョン「そういう訳にはいかないよ、折角の不思議探索が中断してしまう」
ハルヒ「ア゙ン゙ダの゙命゙の゙が優゙先゙だがら゙駄目゙ェ゙ェ゙ェ゙ェ゙!!!ギ゙ョ゙ン゙死゙ぬ゙な゙ァ゙ァ゙ァ゙ァ゙ァ!!!」
キョン「俺はよ、お前らの足手纏いになりに来たんじゃねーぜ(^ω^)b?(あれ、デジャブ)」



長門「おべんとおべんと嬉しいな~♪」ドカベン
キョン「弁当にレトルトカレー持ってくる奴がいるとは驚天動地だ」
長門「ムッ、カレーで悪うございましたね」イーッ、ダ
キョン(コイツこんな喋り方だっけか)
キョン「…ん?なんだ甘口か、舌が幼いねえ。あっ三歳児でちたねーw」
長門「う、うるさいうるさいうるさい!馬鹿にすんあ!///」




ハルヒ「俺完全に空気かよ…」ラブラブメ

キョン・長門(( ・∀・`)ニヤニヤ)



ハルヒ「ねえキョン!ちゅ~しましょ!」
古泉・みくる・ながもん「!!?」
キョン「おいおいハルヒ、見せつけることになっちまうぜ?///」
ハルヒ「いいからっう~んと見せつけちゃいましょっ!」
キョン「しゃーねーな…おらっ!」
ハルヒ「きゃあキョンたら///んっ」

キョン・ハルヒ「んむぅ~~~」
古泉「…少々来るものがありますね」
みくる「見せつけやがってでちゅ…」
ながもん「(#゚ρ゚)ビキビキ」

ハルヒ「んん~~~…」
古泉「まだやってますよ…」
みくる「しょろしょろ堪忍ぶくおの尾が切れまちゅよぉ…」
ながもん「いやあれは!」

ハルヒ「っぷはぁ…血糖値高いわねえコイツ。やっぱ純粋無垢な少年の血が美味いぜ(;。∀゚)ハアハア」
一同「きゅ、吸血鬼かっ!!?」
キョン「………」シオシオノパー



長門「……mmm」ウトウト

ハルヒ「有希が眠そうね」
キョン「ああめずらしいな、もうちょっと声落とそうか」
ハルヒ「フフフ、かわいいw」

長門「……zzzzz……フガッ!」ガバッ


キョン「豚鼻だああ!」

みくる「キョン君!それは失礼ですよ!」
キョン「え、ああすいません」

みくる「謝ってください!豚さんに謝ってください」
キョン「こいつも豚だあああ!!」

古泉「まあまあ、それよりも僕のテドd」
キョン「うっせえ豚」
古泉「……」


ハルヒ「あたしはどう?ブヒー」
キョン「シンガポールの豚だああ!!」


古泉「……ぶー」

「……おいらも仲間に入れて欲しいぶー」

キョン「なんか小学生がきたああああ」



ハルヒ「スペースリパー・スティンギーアイズ!」
(;。∀゚)=====>>

長門「いてっ」
キョン「大丈夫か、ながもん!」
長門「へこたれない、吸血鬼と化した彼女を何とか出来るのは波紋法を修めた私だけなのだから」

みくる「でちゅ~まちゅ~」
古泉「豚が屍生人(ゾンビ)にッッ!」
長門「遠慮無く山吹色の波紋疾走ッッ!」
キョン「お茶くみ係が溶けたー!」



長門「………んぅぅ///」
キョン「どうした長門」
長門「………エラー確認、修ふくぅ…///」ブリッ

キョン「( ゚д゚ )」
ハルヒ「( ゚д゚ )」
みくる「( ゚д゚ )m9」
古泉「( ゚д゚ )」


キョン「くさいくさい」
古泉「おやおや…」
みくる「くさいですぅ~」
ハルヒ「本日をもってSOS団は解散、みくるちゃん荷物まとめて、古泉君はゲームを片付けて、キョンはPC持って来なさい」
………
バタン

長門「(´;ω;`)ウゥ」ブーブリッ



キョン「よう、ってまだ長門だけか?」
長門「………(コクン)」
キョン「あー…悪いんだけどちょっと熱っぽくてさ…ハルヒの奴に帰ったって言っておいてくれないか?」
長門「………私が看る。そこに座って」
キョン「そんなことまで出来るのか?」
長門「………(コクリ)」
キョン「じゃあ頼むよ長門先生」
長門「先生…………………診察するから上着を脱いで…………そう……(ギューーーッ)」
キョン「お、おい長門!?」
長門「先生……(ムスッ)」
キョン「な、長門先生何を!?」
長門「抱きしめてるだけ(///)……………(ギリギリギリ)」
キョン「ちょ、苦し、プキャ!(ブチィッ)」
長門「…力加減間違えた………どうしよう…(オロオロ)」

  ――ギィ~、

谷口「wawawa忘れ物~~|∀・)ニヤニヤ」

  ――パタン、ダッ≡┏(#゚∀゚)┛

長門「………( ゚д゚ )」

長門「………ジェノサイドモード!(とりあえず彼の死体の処理よりも奴の始末を優先する!!)」

  ――ガチャン、ダッ≡┏(#`,_ゝ´)┛

みくる「ふぇっ!?な、長門しゃんどうちたんでちゅか血相を変えて」
長門「ジェノサイドモード☆」
みきる「ブヒィィィィィーーーーッッッッ!!!!!?(ブチィ、グチュ、バチャバチャバチャー)」



ハルヒ「あんたまだミクルちゃんの事・・・」
キョン「・・・」

ハルヒ「いい加減忘れなさい!!」
キョン「・・・」

ハルヒ「もう亡くなってから何ヶ月経つと思ってんの!!」
キョン「人がどう思おうが勝手だろ・・・」

古泉「涼宮さん、仕方が無いんですよ・・・」
ハルヒ「・・・」

古泉「キョン君は知りすぎてしまったんですよ・・・」
長門「・・・」

ハルヒ「き、今日はもう変えるわ!!」
キョン「ハルヒ・・・」

谷口「なんだなんだ?しゃぶれよ」

古泉「キョン君、いくら想ってみたとこで朝比奈さんは戻って来ませんよ」
キョン「分かってる・・・分かってはいるんだ」

古泉「あの時間、いやあの秒数に存在した朝比奈さんはもういない」
キョン「・・・」

古泉「この事実を変えられるとしたら涼宮さんだけ・・・」
古泉「でも涼宮さんもこの事象を受け入れてしまっている」
古泉「もう何もかもが手遅れなんですよ・・・」

キョン「でも何か・・・あの数秒前にでも朝比奈さんに知らせる事が出来ないものか・・・」
キョン「なぁ長門?なんとかならないか・・・」

長門「時間移動は時空の歪みを生み出す・・・」
長門「存在しない朝比奈みくるを作り出すことになるかもしれない・・・」

キョン「そうか・・・」

谷口「それよりさ、ナンパしに行こうぜ!!」

キョン「本当に・・・何もかもが手遅れなのか?」
古泉「残念ながら・・・」

長門「・・・イレギュラーを発生させる事は出来る」
キョン・古泉「!!!!!」
キョン「どういうことだ長門!?」
長門「前に朝比奈みくるの異次元同位体が現れた事があった」

キョン「大人朝比奈さんか!」
長門「そう、同じ時間同じ場所で朝比奈みくるを会わせれば良い」
古泉「発想は分かりますがいったいどうやって?」
長門「時間軸を少しだけずらし未来の朝比奈みくるに異常を知らせる」

キョン「未来に朝比奈さんはもう存在しないんじゃないか?」
長門「存在しない、でも違う次元の時間には存在する」
キョン「違う次元の朝比奈さんは別の存在じゃないのか」
長門「全く同じとは言えない、しかし時間移動をスムーズに行える」

キョン「そうか、なら朝比奈さんを助ける事が出来る・・・」

谷口「WAWAWA 忘れ物~、お前ら睨むなよ・・・」



1:やれやれ◆NAGATOLOVE@カキカキφ:2006/11/30(火)21:59:10.93ID:????????0
有希…愛してる…
2:名無しさん七周年 :2006/11/30(火) 21:59:11.42 ID:TxxchackO
>1 は?
3:名無しさん七周年 :2006/11/30(火) 22:00:00.03 ID:HARUHIex0
>1 ふざけんな死ね!記者やめろや!
4:名無しさん七周年 :2006/11/30(火) 22:07:08.01 ID:gaTiHOmO0
>1 死ね偽物!
5:◆YUKI.N> :2006/11/30(火) 22:3:13.01 ID:KyoNsuKY0
>>1 …大好き
6:やれやれ◆NAGATOLOVE@カキカキφ:2006/11/30(火)22:14:59.34ID:???????0
ゆ、有希、何故ここにいや…そのだな、学校卒業したら、その、一緒にくらさないか?
7:名無しさん七周年 :2006/11/30(火) 22:15:01.02 ID:HARUHIex0
な、なななななにいってんのよあんた!!
8:名無しさん七周年:2006/11/30(火) 22:15:01.04 ID:TxxCHACKO
↑ なんで文面でドモってんだよwww
9:◆YUKI.N> :2006/11/30(火) 22:18:23.87 ID:KyoNsuKY0
>6私で良ければ…不束者ですがよろしくお願いしますm(_)m
9:やれやれ◆NAGATOLOVE@カキカキφ:2006/11/30(火)22:19:10.11ID:???????0
有希好きだぁぁぁぁぁーーーーッッッッ!!!
10:にょろ~:2006/11/31(火) 18:54:41.93 ID:truyaatiO
>7-8 ぶっw2秒差かよwww
10:名無しさん七周年 :2006/11/31(火) 18:59:22.13 ID:mUKURUnn0
ageんなカスsageろ



長門「………(バチン)」
みくる「ブヒィィィィィ!!!」
長門「へっ、よく鳴く豚だぜw(ギュイーーン)」
みくる「アババババババ」
キョン「おい長門!」
長門「チッ、小うるせぇのが来やがった…」
キョン「俺の工事用ドリル返せ!」
長門「はんwやなこった…(ギュイーーン)」
キョン「なんだとこのっ」
みくる「ヒュー…た、たすけ…ヒュー…ヒュー…」
キョン「うるせぇこの豚が!邪魔すんな!(ギュイーーン)」
長門「ギュイーーンwwwwwwwwwww」



●<フゥ…閉鎖空間よりキョンたんのアナル空間に潜り込みたいですねぇ
宇<彼の性行為には進化の可能性が感じられる
未<母乳プレイはわたしの時間平面でも流行してるんでーしゅ!
ハ<あんたたち、キョンは渡さないわよ!



今日は土曜の市内探索の日、今日の組み分けはめずらしく俺とハルヒ組みだ。
こうして二手に分かれて今日も当ての無い探索は始まった。
みくる「もち尾行っしょww」
長門「モチのロンwww」
古泉「当然スね」
長門「なんかキョン勃起してね?」
みくる「wwwwwズボンにバナナこっそり仕込んどいたwww」
長門「みるくGJwwwwwwwww」
古泉「さすがスね」
長門「気付かないキョンにワロタw」

みくる「おいハルヒ気付いたwwwwwwwww」
長門「ハルヒ股間見すぎだろwww」
古泉「視姦スね」

みくる「ヤバス、キョンも気付いた」
長門「キョンのリアクションに期待」
古泉「見ものスね」
みくる・長門・古泉「…………」

みくる・長門・古泉「喰ったwwwwwwwwバナナ喰ったwww」
長門「wwwwwwキョン機転に脱帽wwww」
みくる「ハラ痛すwwwwwww誰か止めて来いwwww」

古泉「俺行くス」

長門「あーあ、ホントに行くなよ」
みくる「マジで空気嫁」
長門「一気に冷めた。」
古泉「サーセン…」



長門「親ピカチュウ子ピカチュウ孫ピカチョウ…はいっ」

キョン「親ピカチュウ子ピカチュウ孫ピキャ…」

キョン「親ピカチュウ子ピキャピキャ…」
キョン「親ピカチュウ子ピっ…」

キョン「ええい、ハイカラな名前しおって!」ツネッテヤル!ぎゅうううう
長門「はうう…」



朝倉「あなたを(ry」
キョン「甘いなッ!みすみす殺される俺じゃあないぜッ!!」パチン

ガシャーン
長門「我こそは、しこうの力を みなもととした 者なり。」
朝倉「長門さん!?」
長門「我を こえる者、この世に おらず。
    この世のそうぞうから 終末まで 時をこえ、
    最強のこの字を 受けつぐ者なり。
    我が力、なんじらに 知らしめよう!!
   いでよ! しんらばんしょうを 司る力よ!!」

スタッ
みくる・古泉「皆仲良し、SOS団参ッッ上!!!」
ハルヒ「さ、参上ぉ~…///」
みくる「団長!練習したでちょ、何でちゅかその恥じらいはぁ!!」
古泉「もっと腹の底から大声で!!」
キョン・長門・みくる・古泉「参ッッッ上ォォォォォ!!!!!」
朝倉「(;^ω^)」

ハルヒ「恥ずかしいよぉ……//////」



キョンが入院した

古泉「とりあえず、少し重い程度の風邪で良かったですね」
ハルヒ「良かったあ、末期ガンかと思って願掛けしちゃったわよ」
長門「意味不明」
みくる「林檎剥き剥きしまちゅね~♪」
キョン「見舞いまで来て貰ってすまないな、確か今日は不思議探索だったろ?」
ハルヒ「何言ってンの!?団員の身体のが大事でしょおが!」
長門・みくる・ハルヒ(しかし不思議探索の日に限って怪我とか病気する人だな)

ムズムズ
キョン「ふあ…ふあ…がんばっていきまっしょい!」ドビチャッ
長門「おっ吐血」
ハルヒ「!!!ぎゃああああああキョンがあああああ!!!」
キョン「いやこれは(ry」
古泉「ナースコール、ナースコール!」
みくる「きゃあああ」

森看護士「どうしました!?」
キョン「森さん、何ですその格好げぼァ!!!」ビチャビチャビチャ
ハルヒ「ぎゃ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙!!ギョ゙ン゙の゙口゙がら゙ドズ黒゙い゙悪゙魔゙がァ゙ァ゙ァ゙ァ゙!!!!」
みくる「しゅじゅ宮しゃん、落ちちゅいてしょしゅうをかじょえりゅんでちゅ!!」
古泉「キョン君気を確かに持って下さい!常識的に考えて!」
長門「おろおろ」
キョン(ベタに「実はトマトジュースでした」なんて言えない雰囲気だな…(;o^ω^)o)



みくる「ふあっ…ふあぁ…みっくるんるん♪!」
長門「変わったくしゃみ…ユニーク」



長門「IDが『ハム』…」
みくる「えっ?」
長門「ちょwwwコイツハムに反応しやがったwwwwww
   自他共に認める愛称『ハムリンズ』をよろしく☆」
みくる(#^ω^)ビキビキィ…

神人「『hum』って歌を口ずさむことですよねっ♪」フンフフンフヤキソバパーン♪



長門「ナガトラマ~~~~~ン メ~ビウ~~~~~~ス♪」
キョン「長門も子どもだね」
長門「ムッ、メビュームシュートメビュームシュート!」ガッガッ
キョン「痛てて、分かった分かったw」

みくる「全くにゃが門しゃんもおしゃにゃいでちゅねwwwww」



長門「ハルヒ1人かよwww寝ちゃってるしww」
みくる「あいつ今日ずっと寝てる」
古泉「なんで涼宮さん『バニーガール衣装』なんスか?」
みくる「寝てる間に着替えさせといたwwww」
長門「みくるGJwwww地味に神技www」

みくる「おい!!キョン来たw」
長門「キョンのイタズラに期待」
古泉「見ものスね」

みくる「おもむろに上着を脱ぐキョンwwwwwwww」
長門「やる気まwんwまwんwか?wwwww」
古泉「ヤル気スね」

みくる「あ…なんだ、ハルヒに上着かけた」
長門「ヤサシス」
古泉「いい男スね」
みくる「なんか幸せそうにハルヒの寝顔見つめちゃってるし」
長門「雰囲気だしてんじゃねーよ」
古泉「なんか普通スね」
みくる「キョンのクオリティも下がったな」
長門「今回不発か?」

みくる「おい!ハルヒ起きた!」

ハルヒ(え?なんでアタシこんな格好してんの??制服で眠ったはずなのに…)
キョン「ん…やっと起きたか」
ハルヒ「ちょっとキョン!これアンタの仕業!?」
キョン(…??あぁ、上着のことか)
キョン「ああ、寒かっただろ?」
―――――――
みくる「バカハルヒの勘違いktkrwwwwwwwww」
長門「キョンの回答バロスwwwwwwwww」
古泉「誤解スね」
―――――――
ハルヒ「こんな格好したら寒いに決まってるじゃない!」
ハルヒ「…………見たわね?」
キョン(…??あぁ、寝顔のことか)
キョン「いいだろ減るもんじゃないし、そもそもこんなところで寝てるお前が悪い」
―――――
みくる「wwwwwwwwwwwww」
長門「さすがキョンwwwwwクオリティ高すwwwww」
古泉「食い違いスね」
みくる「またハルヒ泣いたぞwwwww」
長門「そりゃ泣くわwwwww」
―――――
キョン「お…おい、泣くことないだろ。寝てる間にちょっと入ったくらいで泣かれたんじゃどうすりゃいいんだよ」
ハルヒ「ちょっと入ったって…アンタ一体寝てる間にどこまでしたのよぉ~もうやだあぁ」
キョン「ちょwwwどこ行くんだハルヒwww待ってくれwww何か勘違いしてるってwwwww」
――――
みくる「もう泥沼wwwwwwwwwww」
長門「キョンバカスwwwwwwwwwwwwwww」
古泉「さすがスね」



ハルヒが想像したキョンが寝てる間にしたと思われる行為↓


キョン「ハァハァ…
ハルヒたんとってもキャワキャワな寝顔だねハルヒたん…
それじゃあ、そ~っと…
まずは、そのかわいいお口からだよ…
ちゅっ、ちゅっちゅっちゅぱっ…ハァハァ…
お次はお胸だよ…ハルヒたんのおっぱい…ハァハァ…
ハァハァ!!!とってもキャワキャワでいやらしい形をしているね!!!!
チロチロ!ペロペロ!チロチロ!!ペロペロ!!
ちゅぱっ!ちゅっちゅぱっ!ちゅちゅちゅっ!!!
ハァハァハァハァ…
最後はハルヒたんの秘密の花園だよ!!!ジュルッ!…
!!!!こっ、これはっ!!!!!ハァハァハァハァ!!
クンカクンカ!!ちゅっちゅちゅっちゅ!!!
ぺろぺろ!チロチロ!ぺろぺろ!チロチロ!
んんんんんんんんんんんんっまっ!!!!
ハムッ!!ハフハフッ!!ハフッ!!!
スゥゥゥゥゥゥハァァァァァァっ!!!!!!!
ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ!!!
ハルヒたんとってもキャワキャワだよハルヒたん…愛してるよ。
ピュルッ!!ピュピュッ!!ピュッピュッピュッ!!!」



|