新ジャンル「情報統合思念体姉妹」

急進派「だぁーかぁーらぁー、とっととキョンとか言うヤツを殺すのぉ!!なんで誰もあたしの言うこと聞いてくれないのよぉ!!」
穏健派「まぁまぁお姉ちゃん……、そんなに焦ることないじゃない……。のんびり行けばいいのよ、のんびり……」
急進派「どーしてあんたはそんなに落ち着いてんのよぉ!!あぁーもぅ腹立つぅっ!!」
主流派「ちょ、ちょっと二人とも落ち着きなさい。お姉ちゃんがまた今度冷やしアメ買ってあげるから。ね?」
急・穏「わーい」



長門「………」
長門「………」
長門「………」
長門「………モヤっと」
長門「………」
長門「( ゚ρ゚)ウッウー」
四郎「ボールが落ちて来ないよ」
長門「………良い気味」
長門「………モヤっと」



長門「あなた達が今までシャミセンだと思っていたのは実は偽者。本物のシャミセンは豚だった」
ハルヒ「なるほど! じゃあ、シャミセンは死んでなかったってことね!」
妹「わーい、シャミは豚だったんだー」
シャミ「ブー」
古泉「一件落着ですね」
みくる「食料に困ったら食べられますしね」
新川「ははは、料理なら任せてくだされ」
森「わたしはイスラム教徒だから食べれません」

キョン「……世界が狂ってるのか……俺が狂ってるのか」


もし世界がバカだったら



ハルヒ「ちょ、キョン! 誰よその女! ……さ、阪中!?」

キョン「ばれちまったか。 まあいい。 俺、実はお前に飽きたんだよ。 これからは阪中と付き合うから、消えてくれ」
阪中「え、どういうことなの!!」
キョン「これからはお前一筋ってことだよ。」
阪中「え、あ…ん…  あ…わかったのね…。」

ハルヒ「ちょっと! アンタあたしの初めてを… そんなの酷いわよ!あたし別れないから!」

キョン「悪いが、阪中のも貰ったんだ。あばよ。」
阪中「ごめんなさいね……」

ハルヒ「嫌あああ、絶対に認めないからね! 絶対に!」



長門「キン肉バスターァァァアア!!」
ドガァン
阪中「わ、罠に、はめやがったなぁっ!……ガク」



オーカベ博士「どれでもすきなポケモンをえらびなさい」
阪中「ハンチュ~ウ」
キョトシ「よし! ハンチュウ、きみに きめた!」



テドードンが あらわれた!

テドードン「キョトシ、くらえ ぼくの
キョトシ「ハンチュウ!!充満ボルト!!!!」
ハンチュウ「ハンヂュ゙ヴヴヴヴヴヴヴヴヴ!!!!」



キョン「魚屋さんが驚いたんだってねぇ」
   ギョギョ
阪中「魚魚ぉ!!!」ムキムキーン



はんちゅう「ちゅ?」
長門「……」
はんちゅう「ちゅー?」
長門「……ちゅ」
はんちゅう「ちゅー!」
長門「……」
はんちゅう「ちゅちゅー、ちゅー!」
長門「……かわいい」



ニャンチュウ 「パクるな」
範疇 「我不知也」
阪神中田氏 「はぁはぁ…うっ…」
坂中 「この人たち誰…?」
阪中 「いや、あなたも誰なのね…?」
ハンバーグ 「… …」
魚屋 「今年はマグロが高ぇなぁ…。」



キョン「お~い、阪中」
阪中「!!  な、なんなのね?」

キョン「なんでもない」
阪中「からかうなんて酷いのね!」
キョン「かわいい」

阪中「!! ……  (///)」
キョン「ふふ」
阪中「遊ぶなんて酷いのね (///)



ハルヒ「キョン×古泉でたぶん18禁よ」
長門「イメージが壊れた等の苦情受け付けは行っていません」
朝比奈「この作品は」
シャミセン「フィクションッ!!」
阪中「です」



キョン「アーッいしてる~って貴方は言った~」
阪中「吐息のような掠れた(あえぎ)声~」
キョン「おぼれそうさ闇夜の(中で濡れに濡れてあそこが)水槽~」
長門「Yo!Baby!」
阪中「何てイったの~自分勝手だったよ~」
キョン「(光に反射してまるで)銀色のメルセデス(のような白いアレ)を~見送った~」



阪中「ちゅうちゅう~♪ はんちゅう~♪」
長門「…………」
阪中「ちゅう? はんちゅ~う? はんちゅうちゅう~」
長門「…………」
阪中「ちゅ~う~」
長門「……ちゅう」
阪中「はんちゅ~♪」
長門「…………」
阪中「ちゅ? はんちゅう♪」
長門「情報連結解除、開始」
阪中「はんちゅう!? ちゅう~~~~……」
長門「…………」



ハルヒ「ただの人間には興味ありません。この中に、宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら、あたしのところに来なs
阪中「ちゅう? はんちゅ~♪」
ハルヒ「カ~ワ~イイ~~~~~~!!!!!!」



かくして世界は救われた



鶴屋「ねえ、ハルにゃん、もうみんな解ってると思うんだけど、犯人の名前を言っちゃおうよ。でないと先に進みそうにないよっ」

ハルヒ「そうね、特にキョンなんてこのままにしておいたら冬休み中このことばかり考えてばかりいるわ。せーの、でいいわね?」

鶴屋「そだね。つーこってっ、犯人は」ビシッ

ガラガラ

谷口「WAWAWA忘れ物~♪……うぉっ!?俺!?」

古泉「…………」



あれ、面白くないな



はんちゅうシリーズ③
はんちゅうV.S.朝比奈さん

阪中「ちゅう~♪ ちゅうちゅうはんちゅ~♪」
朝比奈「まあ、可愛い」
阪中「はんちゅ~はんちゅうちゅ~?」
朝比奈「可愛いです~お手!」
阪中「ぺっ」
朝比奈「!!??」



はんちゅうシリーズ④
はんちゅうV.S.トロヒ

阪中「ちゅうちゅう~はんちゅ~♪」
トロヒ「わぁ可愛い(´∀`)つヨシヨシ」
阪中「はんちゅうちゅ~♪」



ハルヒ「ハルヒって名前なんか変じゃない?」
内水「あァ・・・そうだな・・・」





坂本「・・・」
北鳴「・・・」



森「はあ……」

森「今年も一人の大晦日……あ、三分経った」

森「……彼氏欲しいな……」ズゾゾ

スッ

山根「僕でよければ」
森「あ、機関ですか?敵対勢力の奴が不法侵入してきました」



ハルヒ「カニ食べたいよぉ、キョン、買ってきてぇ」
キョン「なぜ俺が」
ハルヒ「いいじゃない」
キョン「まぁいいか」
ハルヒ「はい、お金」

キョン「買って来たぞ」
ハルヒ「おいしそうなカニね」
キョン「どうやって食う?」
ハルヒ「今夜の晩御飯はカニ鍋にキマリね!」

ぐつぐつ……
長門「はふはふ……食べづらい……」
ハルヒ「でもおいしいからチャラよね」
キョン「だな」
みくる「カニって初めて食べましたぁ」
古泉「おいしいですねぇ」



喜緑「わかめ!」



鶴屋「年越し蕎麦いっちょ出来上がりっさ!」

鶴屋「めがっさいただきます!」
ズルズル
鶴屋「おいしいにょろね」

鶴屋「あれ、おいしすぎて涙が出てくる……」




喜緑「わかめ!」



喜緑「ワカーメワカメワカメ?」
長門「ワッカメワッカメ!」
朝倉「ノンワカメ・・・」
喜緑「ワカメ♪ワカーメワカメ!」
朝倉「ワカメカメ?」
長門「ワカメーメー!ワカメーメー!」
喜緑「ワカメーメー!ワカメーメー!」
朝倉「ワカメワカメワッカメワッカメ!」

キョン「ノンワカメ・・・」



朝倉「キミドリサーン…」
長門「ワカメッテナンナンスカ…」
朝倉「キミドリサーン…」



長門「キン肉バスターァァァアア!!」
ドガァン
喜緑「わ、わかめっ!……ガク」



長門「キョンくんにだけはユッキーの恥ずかしいトコロ見せちゃうぅ!」
キョン「長門……」
長門「駄目☆ユッキーって呼んで!」
キョン「ユッキー……」
長門「うん。なに?」
キョン「お前の恥ずかしいトコロってそこか?」
長門「そうだよぉ……恥ずかしいよぉ……」
キョン「そうか……」
長門「早く……」
キョン「ん……」
ギシギシアンアン



喜緑「わかめ!」


ボカーン!
喜緑「熱ッ、ぐぁぁあああッッ!!爆発に巻き込まれたッッ!!!」



警視捜査官長門有希

長門「だだいま建物内に先入した。どうぞ」
朝倉「心してかかれ。どうぞ」
長門「ただいま爆発物を発見した。どうぞ」
朝倉「了解。心してかかれ。どうぞ」


ボカーン

wwwwwwwww



カーマ「今年も反省会するわよ」
谷口「今年も……って去年は存在すらしてn」
カーマ「今日はアンタいらないから帰って良し」
谷口「……ごゆっくりぃ!」
神人「行っちゃった……けど、いいの?」
カーマ「ふん、いいのよ。あたしを差し置いて出番の多かった奴なんて」
カナブン「あー、やっぱり議題はそれなんですね」
神人「じゃあトラウマーズのうち涼子ちゃんだけ呼んでない理由って」
カーマ「原作キャラ禁制。黙ってても出番があるから」
サントス「マッタクダゼ」
カーマ「原作に準拠すらしてない奴もカエレ」
神人(その人、スレ歴では先輩のはずなんだけど……)
カーマ「――今年は終盤になってとんでもない連中が生まれたわ」
阪中「はんちゅー?」
ウホ泉「うほほーん」
バカト「情報の伝達にそごうが(ry」
トロヒ「ごめんねぇ~……(;´∀`)」
神人「その他にも七門とか腹黒キョンとか一気に人気シリーズが増えたよね」
カナブン「これは来年もうかうかしてられませんねぇ」
サントス「オレノイネーウチニマタシンキャラフエテンノカヨwwwww」
カーマ「帰れェェェェ!!」
谷口「WAWAWA忘れ物~♪」
カーマ「キィーーーーーッ!!」
谷口「な、なにをするだアッーーーーー!!」


新年もよろしくおねがいします byスレ発祥キャラ一同



サントス「オシムウットオシイヨ」
みくる「ハルヒうざいでしゅ」
サントス「ゼンニホンイバショナイヨ」
みくる「肩身せまいでしゅ」

サントス(コノコモオレトオンナジ・・・)

サントス「ミクル、サッカーシヨウゼ」
みくる「鶴屋さんと初詣いきましゅ。一人でやってろでしゅ」

サントス「・・・モシモシママ?ハッピーニューイヤー」



長門「あなたに紹介したい人がいる」
キョン「誰だ?」
長門「わたしの人生の師匠」
キョン「たった3年の人生のか?」
長門「入って」
キョン「き、来てるのか?!!」

ガラガラ
???「……」
長門「リーゼント竹田さん」
キョン「ど、どうも長門にはお世話になってます」
リーゼント竹田「……チッ」
キョン「リーゼント竹田舌打ちかよ!!」

ドーン
ハルヒ「あれ?古泉君とみくるち…………誰その人」
キョン「リーゼント竹田さんだ、長門の人生の師匠だとよ」
ハルヒ「そうなの……」
リーゼント竹田「……」キッ
ハルヒ「あ、こんにちは。涼宮ハルヒです。あの……よろしく」
リーゼント竹田「……チッ」
ハルヒ「リーゼント竹田舌打ちかよ!!」

リーゼント竹田「……」
長門「さすが師匠、わたし以上に無口。尊敬する」
キョン「そういうもんなのか?」
リーゼント竹田「……ムフフw」
ハルヒ「あ、なんか思い出して笑ってるわよ」
長門「……ムフフw」

みくる「あのー竹田さんですかぁ?お茶どうぞ」
ハルヒ「みくるちゃん勇気あるわね」
竹田「……チッ」
みくる「リーゼント竹田舌打ちかよ!!」



キョナン「皆聞いてくれ……犯人はこの中n
全員「少年SOS探偵団ファイヤー!!!!!」
キョナン「バーローwwwwwそれ違うwwwww」



岡部博士「これがワシの開発した、時計型麻酔銃じゃ。これを首筋に撃てば、どんな相手でも眠らせられるぞい」

キョナン「麻酔なんていらねぇ!!!!首筋に撃つものは己の腕!!!!」ビシッ

岡部博士「モルsァ!!」バタッ



眠りの谷口郎

谷口郎「お、姉ちゃんイイケツしてんじゃねぇか」
みく美「ちょっ、止めて下さい」
谷口郎「いいじゃね~かよ~ プスッ
谷口郎「WAWAWA…………ドサッ
みく美「(´∀`)b」
キョナン「(´∀`)b」



阪利蘭んちゅう

蘭んちゅう「あ、キョナン君おかえりなのね」
キョナン「ペロ……ペロペロペロペロペロペロ」
蘭んちゅう「あっ、ダメなのね、そこはダメなのね……」
キョナン「ペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロ」
蘭んちゅう「止めろっつってんだろぉおおおなのねぇ!!!!!!!」バゴォオオオ!!!!!!!!
ドサッ
みく美「(´∀`)b」
蘭んちゅう「(´∀`)b」



少年SOS探偵団

ハル太「おい、近くで殺人事件が起こったんだってよ。見に行こうぜ」
一彦「涼嶋さんの意見には反対です。人の不幸を喜ぶなんて人としてマッガーレ」
有「一彦の情報の伝達にそごうが発生している」
みく美「お茶入りましたよ~」
キョナン「ありがとうございます。ペロペロペロペロペロペロペロペロ」
一彦「おや……一々舐めるとは、キョナン君はそういうプレイが好きなのですね。どうです?今度僕のテドドンでも」
キョナン「ウッ……これは青酸カリ!!!!ドサッ」
ハ一有「(´∀`)b」
みく美「(´∀`)b」



服部平長

平長「何故私が平次役なのや」
江美葉「平長、関西弁が無茶苦茶ですやん」
平長「それは君もやろう」
江美葉「(´∀`)b」
平長「(´∀`)b」



警察の人達

新暮警部「被害者は心臓をナイフで一突き、か……それで、被害者の情報は?」
森藤刑事「はい、被害者は多丸圭一氏。ナイフを心臓に刺すのがマイブームです。朝倉という恋人にナイフを刺してもらうのが日課とか」
新暮警部「いや、犯人そいつだろ」
森藤刑事「(´∀`)b」
新暮警部「(´∀`)b」




|