古泉「今日は超能力の指南をしましょう」
キョン「めずらしくマトモだな」
古泉「まずは入門です。……マッガーレ!」
キョン「おぉ、すげぇすげぇ」
古泉「ですがこんなのは朝飯前のスプーンです」
キョン「意味分かんねぇよ」
古泉「ここからは応用編です」
キョン「ふむ」
古泉「要は曲がれば何でもいいわけですよ。……マッガーレ!」
キョン「……何も起こらないぞ?」
古泉「いえ、成功しています。曲がっているのが僕にははっきりと分かりますから」
キョン「何を曲げたんだ?」
古泉「あなたの性格です」
キョン「はっはっは! そいつぁ傑作だぜ……っててめぇ!!!」
古泉「もう、素直じゃないんだからん」
キョン「これ以上曲げないでーーーーーーーーーっ!!!」



キョン「うぉぉぉぉおおおお!落ちた落ちた!プリンバァアァアアアストォォオオオ!!!!」
長門「プリィィィイイインやっほぉぉぉおおおおおおおおいっっ!!!!」


ドカァァァアアアアンッッッ!!バゴッ!!!ビギュッ!!!キュュィイィィィィイイィィィイイイイインッッッ!!!



ハルヒ「ふんふんふんふ~ん♪」
キョン「何やってんだ?」
ハルヒ「年越しそばを作ってるの( ´∀`)」
みくる「そりは楽しみでしゅ」
古泉「涼宮さんは何でも出来ますね」
長門「万能ナンバー2の称号を与える」

キョン「おいまだか?」
ハルヒ「出来たよ~…」
みくる「あれ?おそばじゃなくてスープが出てきましゅた」
ハルヒ「たまには年越しスープも良いかなって…」
古泉「和洋折衷というやつですね」
長門「ではさっそく」

一同「いただきまーす」ズズッ
ハルヒ「ごめんね、ホントは煮過ぎておそば溶けちゃったの(;´∀`)」
一同「ぶはっ!!ゲロマズ!!」

長門「逆に考えるんだ、これは蕎麦湯だとそう考えるんだ」
一同「成る程」ズズッ
ハルヒ「ぷは、やっぱり不味い!」
一同「ですよねー」



キョン「大晦日だから除夜の鐘を鳴らすぞー!」
長門・みくる・古泉「おうっ!!!」

キョン「まずは俺からだ、オラァ!」ドゴォーン、パラパラ
キョン「次ッ!」
長門「そーれ」ドバキーン、ガシャン
長門「次」
みくる「えーい!」コツン
みくる「次でしゅ!」
古泉「ふんもっふ!」ドカグシャーン、ポコン
古泉「次次!」

鶴屋さん「あーあー鐘は使い捨てじゃないのに」
ハルヒ「皆パワフルだから、私じゃ止められなくて…」
鶴屋さん「もしかして108ヵ所回る気なのかなー?」
ハルヒ「たぶん…」



キ「・・・長門」
長「・・・何?」
キ「・・・解らないんだ」
長「・・・仕方がない事」
キ「んだとゴルァアア!!」
長「やるかこのヤロォ!!」
キ「愛してるぜウオルァァ!!」
長「へぶっ!良い拳だ。オラ!」
キ「じゅぐぁ!くっ・・・流石だな」
長「・・ペペロンチーノ食べる?」
キ「OK!カレー味で貰おうか」
長「ん。解った。愛情たっぷり注いで作る」



ハルヒ「宇宙人といえばミステリーサークルなのでミステリーサークルを作りましょう(´∀`)」
キョン「作るのは良いが場所が無いだろ、無断で作るわけにもいかんし」
古泉「場所なら僕が何とか出来るかもしれません、そういう話に目の無い方を知っているのでね」
ハルヒ「さすが古泉君~」
キョン「また俺が疲れる事になるんだろうな……やれやれ」

キョン「ここか、結構大きな田んぼだな。田んぼってのがなんかしっくり来ないが……」
古泉「日本ではここが一番手っ取り早い場所だったので」
ハルヒ「じゃあ遠慮なく稲を倒しちゃいましょう」フニフニ
キョン「おい、気をつけろよ」
グイッ
ハルヒ「ふぎっ」コテン
キョン「言ったそばから稲に引っかかるとは……服に泥付いちゃったぞ」
ハルヒ「でもでもいっぺんに稲倒せたよ~( ´∀`)」
キョン「変な所でプラス思考なのな」

数時間後。
ハルヒ「ミステリーサークル完成~♪」
キョン「殆ど俺と古泉の作品だけどな」
古泉「さて帰りましょうか」









ハルヒ「稲の米のトコだけこっそり取って来ちゃった(*´∀`)ふひひ!」



長「・・・・・ぼぉ~」
キ「け」
長「・・・ぼけ?」
キ「キのようが良かった?」
長「・・・ぼき・・・ぼっ(ry」
キ「女の子がそんな事言ったら駄目だぞ」
長「なんだとゴルァア!!」
キ「やるかこの野郎ァ!!」
長「遠慮する」
キ「仕方ないな。今回はハイブリッド英単語辞典で我慢するよ」
長「OK!You!やっちゃいますYo!」
キ「よっしゃ!かかってこいやぁあああ!」
長&キ「ひゃっほーい!!」


ハ「・・・意味が解らないわね」
古「意味そのものが無いと思いますよ」
朝「そうね」
朝「ですよね」



キ「俺一般人だけどさ、固有結界は持ってるし、直死の魔眼もってるし、封絶出来るんだよな」
長「固有結界を教えて」
キ「モテモテキョンワールド」
長「あー・・・」



ハルヒ「っ……!! なんでもそうやって、はいはいって、私の言う通りにしてて……アンタそれでいいの!?」
キョン「ギ……ガガ……ゴシュジンサマ……メイレイヲ……」
ハルヒ「う、うるさいうるさいうるさぁぁぁ~い!! あ……あんたみたいに自分の考えもないやつなんて、いなくなっちゃえばいいのよ!!」
キョン「ギギ……ワカリマシタ……ワタシハ……キエマス……」
ハルヒ「えっ……? ちょ、ちょっと……!? 今、なんて……!?」
キョン「ギギ……ガガ……ワタシノソンザイガ、アナタノメイワクニナルノナラバ……ワタシハキエナケレバナリマセン……」
ハルヒ「ちょっと……嘘……嘘よ……行かないで……!! ……命令よっ!! 私がアンタに行かないでって命令してるのよ!?」
キョン「ギ……モウシワケアリマセン……サイゴノメイレイハ……デキマセンデシタ……サヨウ……ナラ……ピーーー」
ハルヒ「キョンっ!! キョンっ!!!! 嘘……嫌よ……こんなの嫌ぁぁぁぁ!!」
 
 
 
キョン「という夢を見たぞ」
ハルヒ「……あんた、何なの?」



 ドキドキハルヒとキョンの二人きりの勉強会
 
ハルヒ「……間違ってるわよ。ここは……こう……!」
キョン「あ、ホントだ……」
ハルヒ「もう、アンタ進学するんでしょ? こんなんじゃ例え進学出来たって大学の勉強についていけなくてフリーターになるだけよ!?」
キョン「そうか……? 俺としてはまず進学さえできれば……後のことは後で考えるさ。」
ハルヒ「だからその考え方がいけないのよ!! 入試で落ちたり、進学先でついていけなくなったらホントにフリーターよ!? 悪くすればニートよ!」
キョン「ニートねぇ……いいんじゃないか? やりたいこと見つからないまま勉強だけするよりさ」
ハルヒ「馬鹿っ!! アンタ馬鹿よ!! ニートの何がいいのよ!? あんなもの……人間のクズだわ!!」
キョン「お、おい……何もそんなムキになること……」
ハルヒ「……家で洗濯や掃除だけして部屋に引き込もって、お母さんが買物に行くのを見つけると控え目な態度でタバコねだったり……」
キョン「ハ、ハルヒ……?」
ハルヒ「ちょっとした変化だけで無駄に驚いたり、暇でやることないから勝手に人の部屋掃除したり、テレビでスポーツ見て一人でこいつは下手だとか文句言ってたり……」
 
キョン「……ハルヒ……もしかしてお前のお父さんって……」
ハルヒ「いやぁ!! 言わないで!! 私まだ18歳なのよっ!!!! そんな現実見たくないっ!!!!」



ナゾナゾ長門

長門「細長くて、固くて、激しく上下に動かすと先端から白い汁が出てくるものって…………何?」

キョン「ばっ、長門お前、女の子がそんなこと言っちゃダメだろ!!」

長門「それは不正解。貴方の発想が卑猥なだけ」

キョン「じゃあ答えは何だよ?」










長門「修正液」

キョン「(゚д゚)」



アレだと思ったヤツ挙手



ナゾナゾ長門

長門「細長くて、固くて、激しく上下に動かすと先端から白い汁が出てくるものって…………何?」

キョン「ばっ、長門お前、女の子がそんなこと言っちゃダメだろ!!」

長門「それは不正解。貴方の発想が卑猥なだけ」

キョン「じゃあ答えは何だよ?」










長門「ちんこ」

キョン「ああ~そっちかぁ」



ハルヒ「鍋の材料買い忘れちゃった」
キョン「まったくお前はドジだな」
ハルヒ「ドジじゃない!」ポカポカ
キョン「あいてて、叩くな叩くな」
ハルヒ「ドジじゃないもんドジじゃないもん」ポカポカポカ
キョン「分かった分かった」
ハルヒ「ほんとに?」
キョン「あぁ、ほんとだ」
ハルヒ「……鍋の材料、どうしよう」
キョン「どうすっかな……」



喜緑「わかめ!」



『ちんこ言うな。ティンコと言いなさいティンコと。』
YUKI.N> そう…ちんこ
『だからオブラートに包みなさいと言っている!』


チンコチンコチンコ_チンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコ
.F4!F4!.,^ `ヽチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコ
チンコチンコイ#.fノノリ)ハ  チンコ!チンコ!!チンコ!!!キョンたんのポークピッツ!!!!
チンコ!.∩リ(l|゚-゚ノlリチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコ
チンコチンコミつ/ ̄ ̄ ̄/_チンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコ
     .\/    ./
        ̄ ̄ ̄
   ドピュゥゥゥゥッ!!
         ; '     ;
    _     \,,(' ⌒`;;)
   , ^   `ヽ  (;; (´・:;⌒)/
Σ イ;.fノノリ)ハ (;. (´⌒` ,;) ) ’
   リ(l|゚ -゚ノlリ(´:,(’ ,; ;'),`
  ⊂ ⊂ )   / ̄ ̄ ̄/_
       \/___/



キョン「なぁ、長門・・・」
長門「・・・・・・・・・何?」
キョン「俺は、いつの日かの・・・君といた未来のために~I'llbeback~での堂本剛が演じた堀上篤志みたいになるんじゃないかと思うんだが」
長門「大丈夫・・・ただし危険に変わりない」
キョン「どうして?」
長門「古泉一樹があなたのアナルを狙ってる、それに・・・」
キョン「?」
古泉「・・・・・・・・・」
長門「・・・・・・・・・」
みくる「おいすー^^」



古泉「すごいことに気がつきました」
キョン「またか、今度は何だ」
古泉「今年もあと1時間半です」
キョン「だからどうした、推理ゲームご苦労だったな」
古泉「あれはほとんどあなたのおかげじゃないですか///」
キョン「照れんな。気色悪いから照れんな」
古泉「どうですか、僕と一発」
キョン「またそれか。いい加減にしろ」
古泉「じゃぁ108発」
キョン「それもこの前やっただろ」
古泉「何回やれば気が済むんですか」
キョン「そりゃお前だ。つか寒いだろ、中に戻ったらどうだ」
古泉「優しいんですね、男には」
キョン「修飾いらん。邪魔なだけだ」
古泉「何してたんですか」
キョン「何もしてねぇ」
古泉「またモノローグですか。知ってるんですよ、あなたの趣味くらい」
キョン「してねぇっての」
古泉「例えば、エアギター大好きですよねあなた」
キョン「……な、何のことだよ」
古泉「機関にかかればこのくらい造作もありません」
キョン「そんなことに機関の力を使うな!」
古泉「今ではわたしがおじいさん」
キョン「意味わかんねぇよ!」
古泉「好きです」
キョン「何回言おうとそんな趣味はない」
古泉「エアギターはよくて僕はダメなんですね……」
キョン「埋めるぞ雪の中に!!!」



みくる「今年もあと1時間20分くらいですか……」
ハルヒ「短かったわね」
キョン「なんか早かったな」
長門「光陰矢のごとし」
キョン「そう、それだ」
古泉「蕎麦が出来ましたよ」
ハルヒ「おいそうな匂いがしてきたわ」
古泉「配りますね」
みくる「あたしも手伝いますぅ」

キョン「ズズゥ……うん、うまいな」
ハルヒ「なんか大晦日って感じね」
キョン「そうだな」
ハルヒ「ねぇ、キョン……」
キョン「ん、なんだ」
ハルヒ「来年も……SOS団、続けましょうね」
キョン「ハルヒ……」

長門「膣内射精!」
キョン「お前はいきなり何を言い出すんだ」
長門「大晦日になるとこういう単語でも叫ばないとやってられない」
キョン「そうか。もしかして古泉、お前もか?」
古泉「うほっぉおほっほー」
キョン「あー、やっぱりそうだったか」
喜緑「うほっぉおほっほー」



キョン「二重表現だぞ、今年もよろしくな」
古泉「その名も、ザ・僕・分裂です」
キョン「ひねりのなさにも程があるな」
古泉「では行きます、ボク・ブンレツゥゥッ!!!」



●○

●<紅白マッガーレ
○<紅白マッガーレ


キョン「ハルヒあけましておめでとー」



古泉「とんでもないことに気が付きました」
キョン「何だよ正月早々」
古泉「今日から2007年です」
キョン「そんな当たり前のことを大真面目に言うな」
古泉「どうですか、新春に一発」
キョン「だから脈絡がないだろ」
古泉「あればするんですか」
キョン「あってもなくても変わらん」
古泉「そんなチャチなもんじゃぁ、断じてねーぜ」
キョン「あ、朝比奈さん、ありがとうございます、雑煮」
古泉「聞いてるんですか人の話」
キョン「そりゃこっちのセリフだ」
古泉「聖徳太子もびっくりですよ」
キョン「間の説明を飛ばすな。ついでに雑煮食いながら喋るな」
古泉「どうですかこの衣装、めがっさ似合ってると思いませんか」
キョン「あぁ、似合ってるな、じんべえ」



キョン「おっハルヒ」
キョン妹「あ~ハルにゃんだ~♪」
ハルヒ「あっキョンと妹ちゃん(´∀`)明けましておめでとう」
キョン「ああ、おめでとう」
キョン妹「おめでと~♪」

キョン「お前も初詣か?」
ハルヒ「そうなの、お母さん達はハシゴして来るって言ってたから一人なの」
キョン妹「じゃあじゃあ、私達と一緒に行こっ」
ハルヒ「うん良いよ~」
キョン「人が多いから気をつけろよ」
ハルヒ「うん( ´∀`)分かった」

キョン「しかし本当に多いな、他にも神社あるだろうに」
キョン妹「あれハルにゃんは?」
キョン「あっ早速か!」ダッ

キョン「見つけたァ!」
ハルヒ「あっキョン」
キョン「言ったそばから迷子になるなよ…何持ってんだ?」
ハルヒ「わたあめとかたこ焼きとか、買ってかないかって言われたからつい(;´∀`)…」
キョン「そんなんじゃ賽銭代なくなるぞ…やれやれ」
キョン妹「わーいヨーヨー買っちゃった!」シュルルルー♪
キョン「お前もか!」

キョン「ふう、やっとついた…」
キョン妹「あそこにお金を投げるんだね、そりゃっ」チャリン
キョン「それっ…えーと今年は俺の苦労を少しは減らしやがって下さい…ほら、ハルヒもやれよ」
ハルヒ「うん、えっと…えいっ奮発して五百円玉!」ポイッ

キョン「馬鹿、奮発し過ぎだ!財布ごと飛んでってるぞ!」
ハルヒ「あーっ!どうしようー、親から貰ったお昼ご飯代とか電車賃も入ってたのに…」
キョン「…仕方ない、俺が昼飯おごってやるよ、どうせ妹と食うつもりだったからな。電車も俺が連れてってやる」
ハルヒ「でも~キョンに悪いし…」
キョン「いいから!ただし次の不思議探索はお前のおごりな」
ハルヒ「うん…キョンありがと(*´∀`)」
キョン「れ、礼なんざいいから!ほらさっさと願い事しろ///」
ハルヒ「うん…今年こそ不思議が見つかりますように」ナムナム
キョン「なんか間違ってるぞ、それ…」


キョン「じゃ、ここで解散だな」
キョン妹「ハルにゃん、まったね~♪」

ハルヒ「じゃあね~(´∀`)ノシ」








ハルヒ「空のお財布持ってきて良かった(*´∀`)後でおごる方が安く済むもんね、ふひひ!」




|