機関の人たち

古「えぇと、森さん新川さん。今日は○○市の辺りに閉鎖空間が発生していますので、
  そこまでお願いできますか」
新「オッケェェェェェエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエイイイ!!!
  ぶっ飛ばすぜ!しっかりつかまってろよ小僧!!!!!」
森「急ぎなさい新川!!!!地球の命運は我々にかかっているわっ!ひゃっほぅぃ!!!」

ブロロロロロキィィィイイイイドルルルルルゴァァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ!!!

森「すごいわ新川っ!見事な交通放棄無視っぷりよっ!
  今回こそワールドレコードにいけるんじゃないかしらっ!!!」
新「おうともよ!もしギネスぶち破った暁には、結婚しようぜマイスウィート!!!」
森「キャァァアアアアアアアかっこEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE新川~~~~♪」

ドルンドルンドルンズギャギャギャギャギャギャギャギャ!!!

古(いい加減機関辞めてぇーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!)



長「あの」
中河「はっ!何でしょうか!」
長「レモン……」
中「えっ。俺が落としたんでしょうか?」
長「レモン」
中「はい、レモンですよね。それで、あの、どうされたのですか?」
長「好き」
中「はい!?何ですって?」
長「好き?レモン」
中「はい!?あ、はぁ、レモンですね……!えーと、まぁまぁ」
長「そう……」
中「そう、ですが」
長「それじゃぁ」
中「えっ、あの!俺何か悪いこと言いましたか?」
長「べつに」
中「……」



キ「……長門!」

長「側面部の情報封鎖が甘い、だからわたしに気付かれる、侵入を許す」
朝「邪魔する気?この人が死ねば、涼宮ハルヒは何らかのアクションを起こす。
  きっと、大きな情報爆発が観測できるはずよ」

キ「なぁ長門」
長「なに」
キ「何で片手にレモン持ってるんだ?」
長「……だめ?」
キ「いや別にダメじゃないけどさ。邪魔にならないのか?」
長「……」
キ「わかった!わかったからそんな哀愁に満ちた目をしないでくれ!」

朝「再開していいかしら?」
長「いい」
朝「あなたからよ」
長「独断専行は許可されていない。あなたはわたしのバックアップのはず」

キ「んむぅ……さすがに無理が」
長「……?」
キ「何でもない、何でもないぞ!」



谷「なぁ、最近俺の出番少なくないか?」
国「何言ってるんだい。MADじゃいつも人気No1じゃないか」
谷「いや、確かにそうなんだがな。何かこう、俺ってSSで愛されてない気がすんだ」
国「一時期チャックオープンで一世を風靡したじゃない」
谷「そうなんだが……。おかしいな、今も開けてるのに」
国「冬なのに寒くないの?」
谷「あぁ、大丈夫だ。鍛えてるからな」
国「へー、すごいね。僕には真似できそうにないよ」
谷「今度デートだからなぁ、気合入れないとな!」
国「デート中もチャック開けておくわけ?」
谷「もちろんだぜ!俺のチャックは世界に向けて開かれてるからな!」
国「ふーん。頑張ってね。健闘を祈るよ」
谷「おう!任せておけ!」



朝倉「こ~ぶしでぎゅぅぅぅぅ♪」
キョン「い…息、が……」
朝倉「ぎゅっとして~♪」コキッ
キョン「―――ッ」カクッ



アキラ「みてごらん、綺麗な川だ」
洋子「うん、ほんと綺麗」
アキラ「まあ君の美しさにはかなわないけどねw」
洋子「まあアキラさんったらお上手」

朝倉「だ、誰なの!その女の人!」
アキラ&洋子「え?」
朝倉「ひどい!私の体が目的だったのね!……もう知らない」ウェェェン
タッタッタ

洋子「だ、誰今の子?も、もしかしてアキラさん浮気!」
アキラ「ち、ちがうよ!今の子の名前だって僕h
洋子「もう分かれましょう!」パチン
アキラ「洋子さん……」


キョン「喜緑さん、なんですかこれは?」
喜緑「朝倉さんに演技の勉強をさせてるんです」

次の日 アキラと洋子、デート中
アキラ「誤解が解けてよかったよ」
洋子「私が勘違いしてたみたい、よく考えればわかるわよねw」
アキラ「今日も綺麗だよ」
洋子「川のこと?」
アキラ「君のことさ」
洋子「お上手ねぇ」

クイクイ
アキラ「ん?誰かがそでを引っ張ってる?」
クルッ

長門「誰?その女」
アキラ&洋子「へ?」
長門「……そう、所詮私の体が……ひどい」
タッタッタ

洋子「貴方って人は!こ、こんな子にまで魔の手を!援交じゃない!」
アキラ「ちがうって!ぼk
パチン!
洋子「今度こそ分かれましょう」
アキラ「洋子さん……」

キョン「長門の奴棒読みだったけど良いんですか?」
喜緑「うまいじゃないですか、長門さんは昼ドラでは大活躍ですね。そうそう、あなたは……」
キョン「へ?」

次の日、なぜか3日連続で同じ場所をデート中のアキラと洋子
洋子「よく考えればアキラさんが援交なんてするわけないものね」
アキラ「うん……その指輪が似合ってて何よりだよ…」
洋子「今日も綺麗ね」
アキラ「川の話?」
洋子「ううん、私が」
アキラ「…………」


キョン「何よその女!わ、わたしと言う物がありながら……所詮遊びだったのね、ひどい」///
タッタッタ
洋子「お、女の子に飽き足らず男の子にまで……死んでやる!呪ってやる!化けてでてやる!」
アキラ「違うよ!あ!そっちは川!何を!」
ザッパーン
洋子「うおおおおおおおおおおお!沈んでやる!溺死してやる!」
アキラ「あわわわわわ」


喜緑「成功しましたね、まったくクリスマスだからってイチャイチャしやがってあのカップル」



喜緑さんの日記から~


三月十日

今日は生徒会書記として初めてまともなお仕事をした。
会長はとってもハンサムで、目を合わせるのが恥ずかしい。
長門さんはお芝居だということが分かっていなかったらしい。
アイコンタクトで何とか落ち着いてもらった。
けれど観察対象A、涼宮ハルヒが生徒会室に来てしまった。
わたしは正直彼女があまり好きではない。
彼女といるとエラーの蓄積速度が飛躍的に上がる。
長門さんは彼女の近くでよく平気でいられると思う。

生徒会のお仕事が終わり、下校する時だった。
北高の制服を着た、妙に背の低い女子生徒がこちらに歩いてきた。
「ねぇねぇ」
彼女は言った。
「何でしょう」
わたしは答える。
「スモークチーズはあるかい?」
彼女は目をくりくりさせてそう言った。
「……さぁ?分かりませんけれど」
「にょろーん」
そういうと彼女は元来た道を引き返した。

……何だったのだろう。



つ「鶴屋さんイブ」
ハルヒ「キョン、今日はあたしに付き合いなさい!!」
キョン「いきなりなに…うわっ!!ちょっ!!」タッタッタッ…
みくる「…行っちゃいましたね…」
古泉「彼女の強引さには、ただただ感心するばかりですね」
鶴屋「今日はクリスマスイブだもんねぇ~。皆はどうするの?」
みくる「私達もこれからお出掛けですよ」
古泉「それから未来についての議論も兼ねて…では失礼します」タッタッタッ…

鶴屋「未来って、まだ高校生なのにもうそこまで考えてるんだ…あ、有希っ子はどうするの?」
長門「…その…」
鶴屋「?」
長門「…よ、よかったら…」
鶴屋「???」
長門「きょ、今日…あなたと過ごしたい…私の部屋で…」
鶴屋「!?え、あ、い、いいけど…今日バイトがあるから、その後でもいいかな?」
長門「いい」
鶴屋「21時にバイトが終わるから、21時半に公園で待ち合わせしよっか!」
長門「する」
鶴屋「実はね、私も有希っ子と過ごしたいと思ってたんだっ!あ…クリスマスケーキは?」
長門「ケーキは…ない」
鶴屋「丁度良かった、バイト先の店長にお願いして特注のケーキ作ってもらったんだ。だから楽しみにしててね!」
長門「楽しみにしてる」
鶴屋「あ、そろそろ行かないと…じゃあまた後でね有希っ子!」タッタッタッ…
長門「…(胸が苦しい…不思議な感覚…)」

鶴屋「ありがとうございましたー」
店長「ごめんねー鶴屋さん、せっかくのイブなのにバイト入れちゃって。時給上げるからそれで勘弁してね」
鶴屋「私も店長に特注のケーキお願いしてしまったんですからお相子ですよ」
店長「そう言ってもらえると助かるよ。おっと、お客さんだ」
鶴屋「あ、いらっしゃいませー」

店長「ふうー。今日はイブだから完売だー」
鶴屋「そもそも売れ残ったことなんてほとんどないじゃないですか」
店長「はは、それもそうか。あ、はいこれ、特注のケーキ。久々の力作だよー。これを食べて二人きりのあつーい夜を…」
鶴屋「そんな相手いませんから!!お、お先に失礼します!!」タッタッタッ…
店長「あらあら、顔真っ赤にしちゃって…若いねえ」

鶴屋「店長ってば変なこと言って…私と有希っ子はそんなんじゃ…ん?」
子供「えーん、えーん」
鶴屋「どうしたの?」
子供「ケーキ落としちゃったの」スッ(地面に指を指す)
鶴屋「(あちゃー…これはもう手遅れだね…)」
子供「このままじゃお母さんに怒られちゃうよお…えーん」
鶴屋「…」
鶴屋「よかったら、このケーキあげる」
子供「ふえ?いいの?」
鶴屋「でももう落としちゃ駄目だぞ」
子供「わぁい、おねーちゃんありがとー」
鶴屋「ふふ。ところでお家はどこ?こんな時間に出歩いちゃ駄目だぞ。お姉ちゃんが送っていってあげるよ」
子供「ううん、おうちすぐそこだからだいじょうぶなの。じゃーねおねーちゃん、ありがとー」タッタッタッ…
鶴屋「あ、うん、気をつけてねー」

鶴屋「ケーキ…まだどこかに売ってるかな…」

鶴屋「やっぱり、もうどこの店も閉まってるにょろ…」
鶴屋「…有希っ子、楽しみにしてるだろうな…」
鶴屋「…あ、コンビニ…」ガーッ

鶴屋「…ショートケーキ1個…」
鶴屋「…正直に言って謝ろう…」

長門「…」
鶴屋「…ということがあって…ごめんね有希っ子、楽しみにしていてくれたのに」
長門「…」
鶴屋「やっぱり怒ってるよね…明日店長にお願いして、特注の作ってもらうから…」
長門「…」
鶴屋「本当にごめんね…」
長門「別に問題はない」
鶴屋「有希っ子…ありがとう」
長門「あなたからのプレゼントだということが、何よりも大事だから」
鶴屋「え…?」
長門「美味しい」
鶴屋「あっ、ちょっと、まだ乾杯してないのに!」

子供「おねーちゃん、ケーキもらってきたよー」
みくる「ありがとう。はいこれ、約束のお礼」
子供「わーい。ありがとーおねーちゃん」
みくる「もう夜遅いから気をつけて帰ってね」
子供「うん。ばいばいおねーちゃん」タッタッタッ…
みくる「…ふう」
古泉「やはり子供を利用するのは気が引けますか?」
みくる「古泉君がやってくれればよかったのに」
古泉「変質者として逮捕されるのはごめんですよ」
みくる「まあいいわ…これも仕方ないことなのだから」グシャ



谷口「WAWAWA忘れ物~♪」
キョン「なにを忘れたんだ谷口」
谷口「…えっと(´∀`)」
キョン「ん?」
谷口「WAWAWA忘れ物~(;´∀`)」
キョン「忘れたものを忘れたのか、ほら弁当だろ」
谷口「サンキューキョン(´∀`)」




ハルヒ「トロい谷口でトロ口ってか?」
みくる「ロと口がややこしいっつーの」
古泉「これはヒドイ」
長門「二番煎じってレベルじゃねーぞ」
キョン「流石の俺もひくわ」



神「ちわー。メリークリスマス!」
キ「のわっ! 何だお前は窓から急に!」
神「だって遅刻しそうだったんだもん」
キ「いや丸一日遅刻しとるがな」
神「はい、プレゼント、ヘチマ~♪」
キ「あ、ありがとう……すげぇ、微妙」
神「えー、そりゃないよー。せっかく頑張って育てたのに」
キ「その袋の中身全部ヘチマなのか?」
神「そうだよ? まだ沢山周るとこあるから、そんじゃねー」
キ「へ……ヘチマ……」



ハイテンションでどこに行った?

古「つまり犯人はこの窓から逃げたことになります」
ハ「キョンどう思う! 本当にそうかしら!?」
キ「怪しいな、だって空間転移すりゃ済む話だろ?」
古「普通の殺人犯はそんなことできません!」

古「そしてシャミセン氏は三時以降姿を消したわけです」
ハ「キョン! 間違いないわね!」
キ「おう! 決まりだな! シャミセン! お前の力を見せてやれ!」
シ「フニャァァァァァァアアアアアアアアアアアアアアアオアアアアアアアアアアアアアアアアアアアンンン!!!!!」

――バシュシュシュゥン!!!!

キハ「決まり! シャミセンは自発的に消えた!」
古「ちょ、ま。ええええええええええええええええええええええええええええええ!!!!!
  僕の考えたトリックはぁぁ!?」



キョンの妹が中3くらいだったら

キ「なぁ妹。野球に出る気はないか?」
妹「野球? どうして私が?」
キ「いや、俺のその……部活動で今度な」
妹「お兄ちゃん野球部だったっけ?」
キ「いや違うぞ」
妹「じゃぁ何部よ?」
キ「何部かと言われるとその……」
妹「お兄ちゃん予備校とか行かないの?」
キ「え、さすがにまだ早いだろ。入学したばっかだし」
妹「あのねお兄ちゃん。入学直後から戦いは始まってるのよ。
  この前の中間どうだったの?」
キ「え、それはそのな」
妹「あ、これね。……お兄ちゃん大丈夫なの? 野球とか言ってる場合じゃないわよ」
キ「はい」
妹「その何とかって団体も辞めたほうがいいんじゃない」
キ「はい」

涼宮ハルヒの憂鬱・完



妹「いーぬーはよーろこーびにーわかーけまーわりー♪」
キョン「ゆきやこんこん、か」
妹「ねーこーはレーンジーでチーンとーなるー♪」
キョン「こら、そんな替え歌はめーなの!」
妹「えへへー♪」




キョン「シャミィィィーーーーーーーーーーッ!!」



さて、例によってのハルヒパワーでついに異世界人が登場してしまったわけなのだが、

キョン「……」

カズキ「わぁ~、異世界だって斗貴子さん!なんか面白そうだなぁー」
斗貴子「そんな悠長な事言ってる場合じゃないだろう!さっさと帰る方法を探すぞ!」
カズキ「えぇ~?いいじゃないそんなに急がなくたって。何日かなら帰らなくても大丈夫だよ」
斗貴子「そういう問題ではない!大体、その間に変なウワサでも立ったらどうする!」
カズキ「変なウワサ?って、どんな?」
斗貴子「へ?あ!う、う、うるさいうるさいうるさいッ!///」

キョン「……ほっとくか」
長門「同意」

古泉「これは負けていられませんね。私たちも2、3日二人で蝶サイコーな愛の異次元へ
キョン「盛大に断る」



シャミセン「目覚めよ総合思念四天王よ」
涼子「涼子なら此処に」
カーマ「カーマもうまちきれたわ」
江美里「江美里只今参上しました」
長門「ユニィィィィク、長門何時でも出港可能」



コンピ研部長「僕はあったほうがいいと思うんだよね」
谷口「いや、俺は絶対無いほうがいい」
部長「なんでだね? 静かな子だからこそ眼鏡が似合うんじゃないか。あの子がかけて似合わなかったら、
 いったいどんな女の子がかけていたら似合うというのだ」
谷口「い~や、あいつは眼鏡をかけなくなってから輝きが増したタイプだ。
 俺の中ではAマイナーからAプラスまで昇格した逸材だぜ」
部長「果たしてそうかね? 僕は彼女が眼鏡をくいっと持ち上げる仕草が好きだったんだが」
谷口「う~ん、そこは確かに認めるがな~。でもやっぱり眼鏡がなくなってから、あの整った目鼻立ちが余計強調されたと思うんだよ、俺は」
部長「いーや、かけてた方がよかったって」
谷口「いいえ、かけてないほうが絶対いいです」

長門「さっきから何の話?」
部長「な、長門くん!い、いつの間に!?」
谷口「シ、シャケの塩焼きにしょうゆをかけるかかけないかをだな」
部長「そ、そう、僕は塩シャケにはしょうゆをかけるのが好みなんだよな」
谷口「そー、そー」
長門「わたしはかけないほうがいいと思う」
部長「あ、そ、そうなんだ~。はははは~」
谷口「いや~、長門も同じ意見か~。はははは」
長門「別に目は悪くないし」



今日の新川

「…」ジュー
「…」ジュー
「…」ジュー
「…」パクッ
「…ハフハフ」
「うましっ!」
「…」パクパク
「うましうましうましっ!」
わっかるかなぁ~?わっかんねぇだろうなぁ~。イェーイ



キ「おい古泉、お前…つよきすの田村だったのか…」
古「村田だ!!は、しまった」
キ「ひっかかったな」
(´・ω・)(・ω・`)ヒソヒソ
長「………」
(´・ω・)(・ω・`)ヒソヒソ
み「………」
(´・ω・)(・ω・`)ヒソヒソ
ハ「………」

銀「………」
北「………」
香「………」
美「………」

古「では、バイトなので帰ります」



今日の新川と森

「……」
「……」
「……」
「……」
「……」
「……」
「……」
「……」

「……みかん、美味しいですね」
「……そうですな」

「……」
「……」

ただのパクりorz



|