古泉「はっ!今気づきました」
キョン「何だ言ってみろ」
古泉「どうしてあなたは涼宮さん以外、我々を名字で呼ぶのです?」
朝比奈「!!!」
長門「!!!」
古泉「どう言う事ですか」
キョン「どうって言われてもあいつの設定だから俺は(r」
古泉「ふんもっふ」
朝比奈「セカンドレイド」
長門「( ゚ρ゚)ウッウー」
キョン「アッー!アナルだけは!呪文だけは!」

ガチャ

ハルヒ「やっ…ちょっと…キョンに何してるのよ」

続かない保守



うほ泉「ねぇねぇキョンたんキョンたん」
キョン「何だうるさい」
うほ泉「僕の彼氏になって下さい」
キョン「だが断る」
うほ泉「うほっ~ん」



キ「古泉、お前も何か、涼宮のことで俺に話があるんじゃないのか」
古「……(にこっ)」

……

古「お前も、と言うからには、既にお二方から何らかのアプローチを受けているようですね」
キ「何者なんだ、お前は」

古「お察しの通り……ゲイです。果汁100%純然ストレートなね(にこっ)」

キ「いや察してねぇし」
古「どこまで、ご存知ですか」
キ「涼宮がただものではないってことくらいか」

古「それなら話は簡単です。僕はガチホモですからね(にこっ)」

キ「いや脈絡がねぇだろうがよ。ハルヒ無関係じゃねぇか」

古「事の発端は三年前です。僕の身に同性愛としか思えない力が芽生えたのも、三年前に遡ります」

キ「……まぁいい。それで、お前らの望みは何だ」

古「涼宮さんがあなたを篭絡するのを阻止し、生涯を平穏無事に送ってもらおうというわけです。
  既にこの学校にも、何人ものエージェントが潜入済みです。……もちろん全員ゲイです」

キ(……真性のバカだこいつ!)



―いつもお疲れ様です。

「いえ」

―ロリコンだそうですね。

「はあ」

―妹さんで立ったとか。

「いやまあ」

―やっぱり毎日虹画で自己発電を? それとも……。

「いや……」

―やはり小学生以上はもうアウトオブ眼中?

「えっと」

―驚異的な更新能力の源はやはりそのあたりから……?

「はあ」

―ホモだと言う噂もありますが。

「ウホッ」

―アッー!



~前回までのあなすじ~

部室でキョンのアナルを古泉のテドドンが攻撃中、謎のガチホモ集団によってキョンは
つれさらわれてしまった。目標を失った古泉のテドドンは谷口、国木田、新川と無差別に
攻撃したあと、その光景を堪能し、自慢のビデオライブラリが一杯になった長門の
対テドドン撃墜兵器によりテドドンはポークビッツに変換されてしまった。
テドドンを復活させるための鍵はキョンのアナルしかない、そう長門から聞かされると古泉は
全裸でガチホモ集団がいるといわれる新宿二丁目の奥深くへと単身乗り込んだ。
テドドン無き古泉はもはや受け専門、いくたものガチホモが古泉を掘っていくのだった。
だが、古泉はそれらの掘り攻撃に耐え、やがてガチホモ集団の首領がいる部屋へとたどり着いた。
そして、そのドアを開けたとき古泉が見たものとは……


(作者急病につき保守のみとさせていただきます)



古泉「の、飲むのらー!」
キョン「フェラだけは!フェラだけは!」

こうですか?わかりません!



ハルヒ「今年のクリスマスは2人っきりね……///」
キョン「ああ、そうだな。」
古泉「そうは行きません。」
キョン「ゲ、ゲェー!!古泉!?」
古泉「フフフ。今宵はクリスマス。さぁ、祈りましょう。神に。」
ハルヒ「キョン!!!」
古泉「あっそーれ、ハッスルハッスル。」
キョン「ハルヒ……ア、アッーメン。」



「ふんもっふ!」
「アーッ!?」

 
「……あれ?」
 夢か? ゲ泉は……? いや、夢でいいか。
 妹のやつ、起こしにこなかったな。今何時だ?
「……八時じゃねーか」
 なんてこった。完全に遅刻だ。
 妹じゃなければ母親が起こしにきてもいいだろうに、って、まぁ、寝坊を人の所為にするのはよくない。
 くっと伸びをしてベッドから降りる。妹はもう学校に行っただろう。
 俺もさっさと行かないと。飯を食っている暇がなさそうなのが恨めしい。
 寝巻きから制服に着替え、かばんをつかみ階段を下りる――と、
「なんだ?」
 居間にも台所にも誰も居ない。
 母さんも出かけたのか? 別に用事があるなどという話は聞いてなかったが……。
「学生の息子をほったらかしにするくらいだし……」
 何か大事な急用でも出来たのだろうか?
 携帯で連絡してもいいが、それよりは学校に急ぐほうがいいだろう。
 朝食の用意がしてない事に寂しさを覚えつつ、俺は顔だけ洗って家を出た。
 


ハルヒ「あー……アナルセックスがしたいわ」
キョン「ほぅ」
ハルヒ「そうだ!キョン、あたしのアナルにぶちこみなさい!」
キョン「はぁ?!」
ハルヒ「さぁ早く早く」
キョン(どうせまた古泉なんだろ……?まぁいいか)ズブブ
ハルヒ「ぅぅうぁああ」
キョン「動くぞ、古泉!」ズン!
ハルヒ「ま、まだ痛……」
キョン「ハァッハァッ!」ズンズン
ハルヒ「ふぅぁ、ふぅう」
キョン「で、出る!」ズンズンズン!
ハルヒ「うぅっ!」
キョン「くぅぁあ!」ドビュビュ

ハルヒ「はぁ、はぁ……良かったわ」
キョン「あれ?お前古泉じゃ?」
ハルヒ「何言ってんのよ」
キョン「……本物だったか」
ハルヒ「なぁんちゃって」
ビリビリ
キョン「やっぱり古泉か!」
長門「実はわたしだったりする」
キョン「ズコー(AA略」



アッー!ラカワ「この竿をしゃぶられよ」
キョン「え、嫌ですよ」
古泉「キョンたんがしゃぶらないなら僕がしゃぶるー!」
アッー!ラカワ「そるならワシが自分でしゃぶっちゃうもんねー!そ~れ、レロレロレロ~www、と」
古泉「アッー!汚いぞアッー!ラカワ!(複数の意味で)」
キョン「・・・」
古泉・アッー!ラカワ「どうぞどうぞ」
キョン「何も言ってねーよ!!」
っていうガチムチなアナル参上!そして就寝



キョン 「どっきりどっきりDONDON!!」
古泉 「いきなり古泉がわいたらどーする?」キョン「どーしよ」
キョン 「びっくりびっくりBINBIN!」
古泉 「なんだかとってもすてきねいーでしょ!」キョン「よかねーよね!」
古泉 「きっと毎日、アナル掘る」
古泉 「学校の中で乱交会」
古泉 「臭い精液はぜーんぶアナルにいれちゃえ」
古泉 「尻の穴みても」
古泉 「なにもないけど」
古泉 「アナルにいれても かってにでるけど」
古泉 「でもねもしかしてほんとに」
古泉 「(子供)できちゃうかもしれないよ!?」
古泉 「大きな声で」キョン「アナルだけは!!」
古泉 「はしゃいで騒いで歌っちゃえ」
古泉 「谷口、国木田、岡部、ガミガミ生徒会長、」
長門 「うるさーい!!」
古泉、谷口、国木田、岡部、生徒会長 「なんてね火山が大噴火(どぴゅうううう)」
古泉、谷口、国木田、岡部、生徒会長 「お空にひびけ」
キョン「アナルだけは!!」
古泉、谷口、国木田、岡部、生徒会長 「とんで走っていれっちゃえ」
キョン 「テストで3点、中出しは満点」
古泉、谷口、国木田、岡部、生徒会長 「ドキドキワクワクは年中無休 ずっとずっとね 年中無休」

おジャ魔女つるや より 仲だしカーニバル!! 歌:ぎゃらくしーえんじぇあなるーん機動隊



長門「告白の練習、させて」
キョン「な、何?!!!誰に告白するんだ?」
長門「それは関係ない、練習させて」
キョン「まあ俺でいいなら喜んで力になるよ、普段おせわになってるし」
長門「あなたが……」
ガチャ
長門「好き」
ハルヒ「え?……邪魔しちゃったわね」クルッ
キョン「待てハルヒこれは誤解で」ガシッ
ハルヒ「何が誤解よ!あんた最後まで聞いてあげなさいよ。有希の勇気台無しにするつもり?」
キョン「いやだからこれは……ハルヒ…泣いてるのか?」
長門「最後まで聞いて欲しい」
ハルヒ「……えぐっ……ぐす」
キョン「……わかった、落ち着け。長門、練習は後にしてくれ頼む。ハルヒはちゃんと中に入ってくれ」

バタン

長門「引っかかりましたね」ベリベリ
ハルヒ「ふっふっふ」ベリベリ

キョン「お、お前らは!」

古泉「密室になるのを待ってました、うなれテドドン!」
アッー!ラカワ「若いケツもらったー!!」

キョン「アナルだけは!アナルだけは!」



ハルヒ「ね、ねえ古泉君、あ、あたしのアナル…自由にしていいわよ」
長門「こっちで中田氏なら構わない」
みくる「おにぇぎゃいしゅみゃーしゅ」
鶴屋「よろしくたのむっさ!」
朝倉「お願い♪」
古泉「攻め攻め攻め攻め!!」
女子組「ヤッー!アナルだけはアナルだけは!」



  ∧,,∧
 (;`・ω・)  ●  ウンコ作るよ!!
 /   o━ヽニニフ))
 しー-J


        アッ! 
  ∧,,∧ て       ●
 (; ´゚ω゚)て   //
 /   o━ヽニニフ
 しー-J    彡

    ∧,,∧    ショボーン
   ( ´・ω・)
  c(,_U_U      
     ━ヽニニフ    ●




●<アナルから生まれた性戦士、マッガーレ一樹です


谷口「嘘付け」



古「掘りークリスマス!」
キ「やられる前に・・・マッガーレ!」
古「アーッ」



古泉「たーたらったーたらたらたーらー」
古泉「ヘイ!」国木田「ヘイ!」谷口「ヘイ!」岡部「ヘイ!」大河「ヘイ!」シャミセン「ヘイ!」生徒会長「ヘイ!」
古泉 「じゅわー」

古泉 「あとはキョンを誘うだけよ」
古泉 「8人寄れば」国木田谷口岡部大河シャミセン生徒会長「ハッテン!」
全員 「ドキドキする?ワクワクする?私たちの ジ カ ン ヨ」
古泉 「アナルだったらまかせてね」
古泉 「とくいのテクニクでね」
古泉 「ドピュドピュ ドピュドピュ」
古泉 「やっつけちゃう」
古泉 「ビンビン ビンビン」
古泉 「たってるよ」全員「ヘイ!」
古泉 「いーか臭 いーか臭 いか臭だって」
古泉 「わたしのぶつがイチバン臭い」
古泉 「どんなアナも ちんこがつっかえない」
全員 「ホイ」
古泉 「いーか臭 いーか臭 いか臭だけど」
古泉 「中田氏したいのもイチバン だから」
古泉 「(キョンタン)まかせといて ドピュドピュ!ドピュドピュ!」
古泉 「これでもホモだもんね」
全員 「ヘイ!」
国木田「ヘイ!」谷口「ヘイ!」岡部「ヘイ!」大河「ヘイ!」シャミセン「ヘイ!」生徒会長「ヘイ!」
古泉 「Wow」

あえてなんの歌か言わない



ハルヒが某犯人にさらわれたようです

ハルヒ「キョン!」
犯人「来たな!死ねぇい!チェヤー!」
ハルヒ「ハッ!やめて!この人キョンじゃない!」
犯人「な、てめぇは誰だ!」

「古泉一樹、アナルキラーさ」

犯人「なにぃ!?」
古泉「行っけぇー僕の妖刀村正!マッガーレ」
犯人「アッー!」
ハルヒ「……」


キョン「ハッ!ドリームか!」
長門「バーローwwwwwww」



古泉「ペロニー病になってしまいましてね」
キョン「変な名前の病気だな」
古泉「えぇ、勃起するとチンポコが痛くて痛くて」
キョン「ほう」
古泉「しかしイク時はすさまじく気持ち良いんで別に良いんですが」



世界マッガーレ横断開始

古「マッガーレ!」
ハ「アーッ」

古「マッガーレ!」
谷「アーッ」

古「マッガーレ!」
鶴「アーッ」

古「マッガーレ!」
誘拐「アーッ」

古「マッガーレ!」
博「アーッ」

古「マッガーレ!あ、間違って前の穴に入れてしまってました」
阪「アーッ!?」

古「マッガーレ!」
妹「アーッ」

古「マッガーレ!」
キ「マッガーレ返し!」
古「アーッ」

世界マッガーレ横断失敗



古「G-shockって知ってますか?」
キ「あぁ、今はどうだか知らないが、一時期流行ったよな? 腕時計だろ」
古「最近また流行りだしているんですよ」
キ「それは知らなかったな」
古「その名もGei-shock!!!」
キ「あっ、アナルだけは!アナルだけはぁぁぁぁあああ!!!!」



長「マッガーレ!」
朝「アーッ」

それは素晴らしい光景だった。長門が構成した玩具にやられる朝倉。なんて、美しく艶やかだろう。

キ「・・・スゴいな・・・」

俺はその光景を15時間見て時間を潰した。その頃には朝倉も満更じゃない顔を、をい、朝倉何やってんだ。
何?本物でやられたい?やめてくれ、アナルにだけは入れたくない!やめてくれ!

キ「アナルにだけは~!」
朝「アーッ♪」



Dr.コイズミ診療所2006

古「どうしましたか」
キ「あの、ちょっと腹が痛くて」
古「はい、では胸を出して」
キ「あ、はい」
古「……吸って、吐いて。そう。……はい。では後ろ」
キ「はいっ」
古「吸って、吐いて、吸って……はい。ではアナル」
キ「え? 今何て? あ、ちょっ、な!」
古「ほらさっさと脱いで! 直腸検査しますから!」
キ「俺は腹痛いだけっすよ! な! あーーーーーっ!!!
   アナルだけは! ってやっぱりこうなるのかーーっ!!!」



キ「北高の生徒の女子のアナル君で最後だな、マッガーレ!」
阪「アアアァァァーッ!!」


キ「可愛いよ、阪中」
阪「///」



うほ泉「キョンたんキョンたん」
キョン「なんだ?」
うほ泉「遅くなったけど僕からクリスマスプレゼントあげますぅ」
キョン「何も持ってないじゃないか」
うほ泉「“僕”がプレゼントですぅ」
キョン「だが断る」
うほ泉「うほーん」



エピローグ

古「……いろいろ、ありましたね」
キ「あぁ、どれもいい思い出だったさ」
古「この樹を覚えていますか?」
キ「あぁ、懐かしいな。あの時のお前の顔、忘れられないぜ」
古「これからはずっと一緒ですね」
キ「行こうか」
古「えぇ」

二人の背を黄金色の夕陽が照らす。
彼らの愛は永遠だ。

キ「今日のホテルはどこにする?」
古「あなたにおまかせしますよ」



古泉「……キョンタン……ぼ、僕君のことがs」
ズブッ
キョン「俺も、お前のことが好きだ」
ヌチャッ
古泉「キョンタン!」クルッ
キョン「古泉!」
ガシッ、ブチュ



古泉「知っていましたかキョンタン、僕初めてキョンタンに会ったときフルボッキしたんですよ」
キョン「俺は最近お前のことが気になり始めたな。まあハルヒに飽きてたしww」
古泉「フフフwwアハハハ」


爽やかにエンド



古泉「僕のヤカンからオリゴ糖をかけますよ」
ドピュッドピュっ

キョン「綿棒アナルにさすと気持ちEEEEEEEE」



|