※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今日の長門さん

「……」
「……」
「……」
「……」
「……」
「……」
「……」
「……」
「……」
「……」

「……はんてん、あたたかい」

「……」



ハルヒ「謎の転校生入荷したわよー!」
古泉「どうも古泉一樹です」
キョン「おいハルヒ」
ハルヒ「何?」
キョン「一ヶ月もすればそいつもココに慣れて転校生なんて肩書きも消えるぜ?
    そしたらそいつはただの高校生、SOS団には相応しくないんじゃないかなァ…?」
ハルヒ「それもそうね」ポイッ

バタン

古泉「………」



長門「…………」ペラリ

キョン「なあハルヒ」
ハルヒ「何?」
キョン「長門ってさ、何でこの団にいるんだ?特別お前が喜ぶような要素も無いし」
ハルヒ「何言ってんの、SOS団随一の万能選手じゃないの!」
キョン「お前にゃ負けるだろ」
ハルヒ「それもそうね」ポイッ

バタン

長門「……………」ペラリ



キョン「そんなの、居るだけ酸素の無駄だろ」
ハルヒ「それもそうね」ドガッ

バタンッ!

みくる「…ひっく…ひっく…私だけひどいでしゅぅ…」



キョン「…なあ、ハルヒ?」
ハルヒ「何?」
キョン「俺ってさ、何の取り柄も無い普通人じゃん?俺ほどSOS団に相応しくない奴も居ないだろ?」
ハルヒ「灯台下暗しっ!」ポイッ

バタン

キョン「………」



キ「長門、やっぱりこれは、返すよ」
長「……レモン」
キ「あぁ、だが初めから俺はここの、SOS団の団員なんだ!」
長「……。レモン……」
キ「じゃぁな!俺は必ず元の場所に戻って来るから!」

――ぽち

長「……レモン」



トロ泉

古泉「少しばかりお時間をいただけないでしょうか」
キョン「涼宮がらみで?」
古泉「え!? い、いや絡みのシーンはないですよ。それに涼宮さんよりもぼくはあなた……」
キョン「そうじゃなくて、お前の話は涼宮関係の話なのかと聞いてるんだ」
古泉「え? あ、あー、ああ、ああ。そうですね。そうでしたね。ちょっと一緒に来てもらえないでしょうか」
キョン「ああ、少しならな」
古泉「えーと、えーと」
キョン「何してるんだ」
古泉「携帯の使い方がちょっとよくわからなくて……タクシー呼びたいんですが」
キョン「電話帳で呼び出して……ほら、これで通じただろ」
古泉「うわぁ……ありがとうございます~。このご恩はきっとお返ししますので」
キョン「いいから早くタクシーでもなんでも呼べよ」
古泉「えーっと、えーっと……」
キョン「今度はなんだ」
古泉「すいません、この辺の住所って何番地になるんでしょうか……タクシー呼べなくて……」
キョン「あー、もううざってえな。電話変われよ」
古泉「すいません……」

~~~

古泉「ここがえーと……」
キョン「なんだこの灰色の空間は」
古泉「我々は閉鎖空間と呼んでいます」
キョン「それであの青い巨人みたいのはなんなんだ」
古泉「わわっ! もう出ちゃってる! えっと、あれはですね。涼宮さんのストレスが」
キョン「なんかもう赤い玉に倒されたぞ」
古泉「あー、ぼくの出番がぁ~~」
キョン「それでお前のどの辺が超能力者なんだかさっぱりわからないんだが」



みくるさん

キ「朝比奈さん、お茶の葉切れたみたいですね」
み「笹の葉さらさらですね!」
キ「次はコーヒーとかどうでしょうね」
み「コージーコーナーのケーキ食べたいなぁ……」
キ「今度買いに行きませんか?日曜日にでも」
み「にっちょめにっちょめ、わーお!ってこの時代のギャグおもしろいですよねー」
キ「古くないですかそれ?いつのテレビ見てるんですか」
み「今年の紅白はわたし見ようかなぁって思ってるんですよー。うふふ」
キ「あ、これようかんですね。お茶とよく合っておいしいですよ」
み「みかん食べたいなぁ……」
キ「さっきケーキ食べたいって言ってませんでしたか?」
み「最近食欲ないんですよね。風邪かなぁ……」
キ「朝比奈さんが風邪ひいたら、即行で看病に向かいますよ」
み「あ、かんぴょう巻き食べたいかもー。お寿司しばらく食べてなくて」
キ「朝比奈さん。あなたの本当の年を教えてください」
み「禁則事項です☆」

キ「……」



キ「長門、そりゃ何だ?」
長「レモン」
キ「それは見れば分かるんだが、何でレモンなんだ?」
長「すっぱいから」
キ「いやそりゃレモンはすっぱいけどさ、じゃぁなんですっぱいレモン持ってるんだ?」
長「父上の形見」
キ「まじかよ!ってかお前親父いるのか?」
長「……うそ」
キ「ほんとは何なんだよ」
長「レモン」
キ「それは分かってるっつの。だからなんですっぱくて親父の形見じゃないレモンを持ってるんだよ」
長「言わなきゃだめ?」
キ「そんな深い秘密があるのか?」
長「ある」
キ「そうか……それじゃしょうがないな」
長「ない」
キ「どっちだよ!」
長「何となく持ってみた」
キ「早く言えよそれを……」



キ「長門、レモン好きなのか?」
長「好き」
キ「でもすっぱくてそのまま食べるのには向いてないだろ」
長「見てるのが好き」
キ「見てるだけなのか? 変わってるな。他の果物じゃダメなのか?」
長「だめ。この形が好き」
キ「今日は一日中それ持ってたのか?」
長「そう」
キ「昼休みとか、授業中もか?」
長「そう」
キ「今日体育あったか?」
長「あった」
キ「今マラソンだろ。どうしたんだ」
長「そのまま走った」
キ「……そうか」
長「そう」



ハ「キョンのお見舞いに行くわよ。みんなお見舞いの品持ってきたかしら?」
み「はーい。えっと、リンゴと、バナナと、ブドウを……」
古「僕はメロンを持ってきました。シーズンオフですから中々珍しいと思いますよ」
ハ「うん、ちゃんと持ってきたようね。……あれ、有希?」
長「レモン……」
ハ「れ、レモンを持ってきたのね!ビタミンCは身体にいいもんね!」
長「食べるの?」
ハ「え、だって搾ってレモン汁にしたら色々使えるじゃない」
長「……」
ハ「ちょっと、そんな悲しそうな目をしないでよ!わかった、わかったから」
長「そう」
ハ「さ、そうと決まればさっさと行きましょう。みんな、果物をひとつにまとめて」
み「あ、はーい」
古「僕が持ちますね」
長「……」
ハ「有希?はい、この中に……また、何でそんなせつない目をするのよ。
  わかった、わかったわ。行きましょうこのまま」
長「そう」
ハ「……うーん」



古泉テラローテンション

キーッ、ガチャ
古「どうも……」
キ「どうした古泉、青い顔して」
古「それは元々ですよ……今日こそあなたを閉鎖空間にお連れします」
キ「昨日は何時間眠れたんだ」
古「17分です。まぁマシなほうでしょう……」

ぷろろろろろ

古「着きました。へぇぇぇ」
キ「お前ほんとに平気か?」
古「ちょっと……待ってもらっていいですか。吐き気と眩暈が」
キ「あぁ、風に当たれ」

ぷろろろろろ

古「すみませんね……また神人退治されちゃってて」
キ「いい加減嘘だろお前が超能力者って」
古「ほんとれ……おえぇぇぇぇぇええ」
キ「あぁもう。だから酔い止め飲んどけって行ったのに」



古泉テラローテンション2

古「これは殺人事件のようで……あぁぁ」
キ「おい失神するな!男なんだからしっかりしろ!」
古「すいませんね……ちょっと横になっていいですか……」
キ「まったくしょうがないな。船酔いしすぎなんだよお前」
古「僕に代わってじけ、事件の解説をえぇぇぇ」
キ「もうちょっとこらえて吐けよ。ほら、エチケット袋だ」
古「すみ、ませんね……2日くらいしたら調子戻ると思いますので……」
キ「帰る日じゃねぇかよ。お前ほんとに機関辞めたほうがいいと思うぞ。
  いつか死ぬんじゃねぇのか」
古「ははは……きびしいなぁ……」

ハ「どう、古泉くん。具合は」
キ「圭一さんよりよっぽど死人ぽいぜ」
ハ「だから止めましょうって言ったのに」
キ「あいつが孤島に行きましょうって行ってきたんだから断れねーだろ」
ハ「んー、転校生だからって病室に押しかけたのは失敗だったかぁ」

古「……あぁ、38度2分ですか……やれやれ」



古泉テラローテンション3

●「はっき、はっきり言いましょう、これは異常事態で……す」
キ「全然はっきりしてねーぞ」
●「僕の全精力を使ってここに来ています……はぁ、はぁ……」
キ「あんま無理すんな、さっさと帰れ」
●「そういうわけには……そ、そうだ、伝言をあずかっています……」
キ「何だ?」
●「えぇと……朝比奈みくるからは、すい、すいませんと……」
キ「ほんとに申し訳なさそうだな」
●「そして長門……有希から――」

    ●

    ○

    川
    ○

キ「古泉!古泉ぃぃぃいいいいいいい!!!」



古泉テラローテンション3.5

――雪山――

長「……」
キ「長門っ!」
ハ「有希っ!」
み「長門さんっ!」

古「……」
キ「古泉……」
ハ「古泉くん……」
み「古泉くん……」

キ「どうする、2人も伏せっちまったぞ」
ハ「古泉くんはここまでよく頑張ったと言うべきだけど、
  有希に関しては予想外だったわね」
み「ふぇぇぇぇぇ」



今日の長門さん

「……」
「……」
「……」
「……」
「……」
「……」
「……」
「……」
「……」
「……」

「……緑茶には、ようかん」

「……」



歴史オタでウザイキョン。

谷口「キョン。おまえ結構歴史とかに詳しいんだろ? ちょっと話して見せろよ」
キョン「やれやれ、仕方がないな」

1979年にイラン革命、1980年からイラン・イラク戦争が始まったのは結構有名だよな?
このイランという国、イスラム原理主義な国になっちまってさらに今までのイランがアメリカよりだったもんだから、
反動がでたのか、強硬な反米国家になっちまったんだ。当然、イスラムの敵扱いのイスラエルとも関係最悪。
ところがだ、このイラン・イラク戦争中にアメリカがイラクへの支援を行ったことは有名だが、
実はイランへの武器支援もやっていたんだよ。しかもあろうことか、イスラエルとも武器取引をやっていた。
信じられるか? しかし、当時のイランは東西冷戦の中、西からも東からも嫌われていたおかげで経済制裁をくらい、
ろくな兵器もなくなりイラクに苦戦一方。あーだこーだとプライドにすがっている場合じゃなかったんだろうな。
あ、ちなみに武器売買を持ちかけてきたのはアメリカ・イスラエルの方だ。
イランで商売をしている実業家がイラン政府に話を持ちかけた訳だが、当然臭い、そこでイラン情報部が探りを入れたところ、
どうもアミラム・ニールとオリバー・ノースなんていう大物が背後にいるって事がわかったわけだ。
この二人の目的はレバノンで誘拐されていたアメリカ人の救出。牧師やらアメリカ大使館員だったが、
実はその中にCIAのレバノン支局長が混じっていたから大あわて。そこで、当時内戦状態だったレバノンに影響力のあるイランに
兵器売買をちらつかせて人質交換としようとしていたんだな。
イランとしてもイラクに押されっぱなしでこのままだとイラクの新しい一州にされかねない状態。
ここは乗っていた方が得策と考えて武器売買を承諾。イランは5億ドルにもなる兵器を入手し、人質も解放させた。
ただし、CIAのレバノン支局長はすでに殺されていたがな。イスラエルはその代金をゲットした。
その後も売買が続き、ノースはそれで得た代金をニカラグアのゲリラ・コントラを支援するために使っていた。
そのまま取引が続くかと思われたが、アメリカ議会にこれがばれてあっという間に取引は消滅。
何せ当時経済制裁を科していたイランへ武器を売りまくっていたんだからな。
当然ながら起訴された。で、その矢先に飛行機事故でノースは事故死と。
これがいわゆる【イラン・コントラゲート】っていう事件さ。

キョン「どうだ、これで満足か?」
谷口「真ん中をすっ飛ばしてここにたどり着いた奴。素直に手を挙げろm9(・∀・)」



わたしの名前は長門有希。
情報統合思念体の意志によりこの惑星で涼宮ハルヒを観察することがわたしの仕事だ。

みくる「みなさ~ん、お茶が入りましたよ~」

彼女の名前は朝比奈みくる。
未来から涼宮ハルヒの調査を行うために送り込まれてきた未来人だ。
彼女はほぼ同じ任務を持ち、いろいろな事件に巻き込まれたりするなど、
わたしとの共通点は多い。
しかし、なぜか違和感や嫌悪の感情を持ってしまうことがある。
競合する目的を持っていることから発生する対立意識だろうか。
それとも、未来人と宇宙人と呼ばれる存在はこういうものなのだろうか。

理由はわからない。

ハルヒ「うわっ! みくるちゃん、また胸が大きくなったんじゃないの? ますますセクシーダイナマイトね!」
みくる「す、涼宮さ~ん! やめてくださ~い!」

……全くわからない。



もしもハルヒが自分の力を自覚したら


ハルヒ「煎餅出てこーい」ポウン
キョン「…お前、自分の力に気付いてからものぐさになったよな…」
ハルヒ「うるせーな、いけねーのかよ」バリボリ
キョン「だからピザったんだろうな、お前…」
ハルヒ「文句言うと消すぞコノヤロー」バチバチバチ
キョン「それは勘弁してつかぁさい…」

古泉「神人が出なくなったのはいいものの、代わりに彼が苦労する羽目になってしまった…」
みくる「キョン君可哀想でしゅ…」
長門「『涼宮ハルヒの力は美味しそうな煎餅を出す事も出来る』っと」カキカキ



忘れてた今日の長門さん

「……」
「……」
「……」
「……」
「……」
「……」
「……」
「……」
「……」
「……」

「……サンタクロース、来た?」

「……」



古泉テラローテンションin文芸部


ハ「そこに書いてあるものを書いてちょうだい!」

キ「恋愛小説……」
み「童話……」
長「……幻想ホラー」


古「……闘病日誌」



もし世界が百人の長門だったら


「……」
「……」
「……」
「……たいくつ」
「……そう」
「……本、貸すから」
「……もう読んだ」
「……みかん、食べる?」
「……もらう」
「いい」
「……なぜ、わたしが100人?」
「……わからない」
「……こわい?」
「べつに」
「……」
「……
「……たいくつ」
「……」



古泉テラローテンションな退屈

ハ「みんなー! 野球大会に出るわよ!」
キ「やれやれだ。どこからそんなの見つけてくるんだ」
み「ふぃぃ、野球ですかぁ?」
長「……野球」
古「野球ですって……僕、あの、あんまりアウトドアで日光浴びまくるのはその……」
ハ「さぁ! 練習に行くわよ!!!」

古「ひょえぇぇぇぇええええい」
キ「あー古泉がしおれてく」
ハ「キョン、補欠候補誰かいる?」
キ「参ったな、まだ入学したばっかだしな」
古「水……水……」



今日の長門さん

「……」
「……」
「……」
「……」
「……」
「……」
「……」
「……」
「……」
「……」

「……今日の夜食、あんぱん」

「……」


|