※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

長門「数多くのカレーを食してきた私でも、いまだ口にしたことのないカレーがある」
キョン「なんだ、それは」

長門「それは…『豆のカレー』」
キョン「…要するに豆入りのカレーか?そんなのいくらでも作れるだろう」
長門「駄目なの駄目なの!教科書で読んだあのカレーじゃないと駄目なの!」
キョン「わっびっくりした!」

みくる「『ネズミの作った朝ごはん』…美味しそうでしゅた、食べてみたいでしゅ」
鶴屋さん「キモイ喋り方(苦笑)」

古泉「えいっ!えいっ!…おかしいですね、何回やっても信号が変わらない」
キョン「おい皆どうした、変だぞ!?」

ハルヒ「もーいやーこんなカオスな団はこりごり!解体してやるゥ!」



みくる「でしゅ~ましゅ~」

キョン「朝比奈さん、あの年であの口調はまずいよな」
ハルヒ「そうでしゅかね?」
キョン「へ?」

鶴屋さん「あいちゅのでしゅましゅ、あいかわらじゅきめぇでしゅね」
キョン「否定しつつもあなたもですよ!?鶴屋さん」

古泉「どうやら、あしゃ比奈しゃんの口調が感染しているようでしゅね」
キョン「こいつはきめぇッーーー!ゲロ以下の臭いがプンプンするぜッーーー!」

長門「問題無いでしゅ、しゅじゅみやハルヒが飽きれば元に戻りましゅ」
キョン「よし、持ち帰る!」がしっダッ
長門「ふえ?」



鶴屋さん「鶴屋さんのっめがっさお疲れ、相談っコーナ~!」
キョン「さて飛ばすか」

鶴屋さん「ああっ!飛~ばしちゃだめ~飛~ばしちゃだめ~♪未~来は~」
ハルヒ「ちょっとパクんないでよ!あんたなんかにょろにょろうるさい晴レハレでも歌ってるといいのよ!」
鶴屋さん「かちんときたにょろ!喰らえィダンスマカブヘアーッ!」
ハルヒ「ぎゃあキモい技っ」

キョン「やっぱ長門のコーナーが好きだよ」
長門「///」
キョン「みのりんカワユスww」
長門「!!?」



ハルヒ「ちょっとキョン! ダムダム弾なんて卑怯よ!」
キョン「なんで生きてんだよ(´・ω・`)」



古泉「はっはっは! タングステン弾頭とはパッションですね」
長門「死ね」



ヘル「ああん!なんか出ちゃうなんか出ちゃうなんか出ちゃぅあああぁぁぁぁぁぁ!!!」

ブリッブリブリュブリュリュリュリェリュリョゥェェォァァブルルンプップッーwww

vipper「( ゚д゚ )」

びっぱもどんびきすずみやへるひ!DVD好評発売中www



ヘルヒ「あたしは人と違う道を歩んできた……だからウンコだーい好き」

涼宮ヘルヒの糞尿



ハルヒ「ちょっとおまいら!! 彼氏ができますた。 集合しる!」
みくる「詳細キボーヌ」
ハルヒ「キョンですが、何か?」
長門「キョンキターーーーーーーーー」
●「アッーーーーーーーーーー」
みくる「キョンごときで騒ぐ奴は逝ってヨシ」
長門「オマエモナー」
キョン --------終了-------
ハルヒ --------再開-------
みくる「再開すなDQNが!それよりキョンうpキボンヌ」
ハルヒ「谷口うp」
キョン「↑誤爆?」
長門「キョンage」
キョン「ほらよ キョン>SOS団」
みくる「神降臨!!」
長門「キョンage」
ハルヒ「糞キョンなんてageんな!sageろ」
長門「キョンage」
みくる「キョンage厨uzeeeeeeeeeeee!!」
ハルヒ「ageって言ってればあがると思ってるヤシはDQN」
谷口「イタイ団がいるのはこの部室ですか?」
ハルヒ「氏ね」
みくる「むしろゐ㌔」
キョン「長門age」
ハルヒ「キョン 、 必 死 だ な ( 藁 」



長門「いぇ~いみんなはっぴぃかい?わたしはあんはっぴぃだよ……」
キョン「どうして?」
長門「それはいえないね♪」
キョン「うざっ」
長門「うそうそwじつはね…」
キョン「ごくり…」
長門「ごきぶりがたまごからふかするしゅんかんをみちゃったんだ……orz」
キョン「………orz」
っていう実話



もちろん始末したでしょ? 素手で。

ゆき「そんなきちゃないことしないよぅーだっ!えみりのらいたーでちょちょっとあぶったんだい!」

カマドウマ「うひぃぃぃ~((((((('д`)))))))ガクガクガタブルブリュリュリュ」



長門「………」

長門「ファイナルベント!ドラゴンながとキーック!」

キョン「おっす」
長門「∑(゚д゚;)!!?」
キョン「いい いい、気にせず続けてくれ」
長門「そ、そう?」

長門「エンドオブながとワールドっ!」
長門「ドゥームズながとデイっ!」

キョン「微笑ましい(´∀`)ニコニコ」
鶴屋さん「餓鬼くせぇ団w」



キョン「な、ながとちょっとしゃがんでみ」

ながと「ん」

キョン「or2=3 ブッ」

ながと「うぅ…くちゃいぃ……」

キョン「ハァハァ…も、もっと言って…」

ながと「おにゃらくちゃいぃ……」

キョン「もっと、もっとだ!」

ながと「くちゃいっていってんだよきょんのぶたやろぅ!」 パチン

キョン「あひぃん! ご、ごっつぁんでしゅうぅ!」



長門「………」

キョン「おォォォォッス!」バァン
キョン「今日も長門一人か!」

みくる「私もいましゅよォッ!」
キョン「朝比奈さんどうもッ!お茶を下さい!」
みくる「どうぞォッ!!」

バリーン
古泉「これはこれはッ皆さんおそろいでェ!」
キョン「テメェ古泉ッ、もう少し静かに入って来いッ!」

キィ…
ハルヒ「あ、あのハルヒです、遅れちゃってごめんなさい…」
キョン「おーッと団長様のお出ましだッー!」
古泉「団長!団長!」
みくる「団長!団長!」
長門「団長!団長!たすけて団長!」

ハルヒ「もうやだ、こんな暑苦しい団…」ひっくぐすっ



長門「纏うぞ職人気質(かたぎ)!喰らえっ『鯨大砲』!」
キョン「シロナガスクジラを撃ち出したァッ!?」



★こんにちわ、ユッキーだよ☆
いや~、朝の牛乳はいいよねー。
こう、腰に手を当ててゴキュッ(^∀^)ゴキュッ('A`)と飲む姿がイキだよねっw☆
朝のお通じも良くなるって事だし。聞いた話しだとオッパイも大きくなるらしいし……(´-ω・`)
むふふ★もちろん早朝ダイエッt…ゲフンゲフン★…じゃなくてジョギングに出かけてみくるちんの家の玄関から失敬したのを飲むのがスリルがあってアドレナリンもドクドクよ★☆★
っていうわけで来週の【がんばれ長門さん】は、
1・ちょっとラッキーm9(^д^)9m
2・アンラッキー(´・ω・`)
3・超ラッシーヾ(*≧∀≦#)ノシ
の三小節でぇーっしゅ(はぁと)






“マタコワレマシタカ?”
“ウウン、アタシコワレテナイヨ”



長「うんこぶりぶり~♪」


長門「ユッキーそんなお下品じゃないもん!」
キョン「機嫌直せ、ほら」つ カレー
長門「(`へ´)プンプン」モグモグ



「ナガトゼクター! 変身!」
 キョンはそう叫び、眼鏡をかける。そして、
「ハイパーゼクター!」
「ひゃっ、なんですかぁっ!?」
 時間移動能力を持つみくるをおんぶ。さらに、
「パーフェクトゼクター!」
「やっ、ちょっ……急に何!?」
 おそらく完璧超人であるところのハルヒをだっこ。
 しかしそれだけでは終わらない。
「エミリゼクター!」
 ハルヒにつけ睫毛が装着される。「うっ、チカチカする……」
「イツキゼクター!」
 赤い球体が「マッガーレ!」と吼えながらハルヒのアナルに装填。「アッー!?」
「カーマゼクター!」
 カマドウマがぴょんぴょん跳ねて来て「待っ…それは…うっ」口内にホールインワン。
「リョウコゼクター!」
 最後にナイフが飛来する。
 ハルヒは回想していた。かつてリョウコゼクターを使用した山根の末路を……。
「む、むーーーっ!?」
 暴れだすハルヒ。しかしキョンが離すことはない。
 そしてナイフはハルヒのこめかみ目掛けて一直線に――――


「あのぅ……あたしは放置ですかぁ?」
 そう呟き、結局誰をいじめてるのかあやふやにするみくる。



ハルヒ「昨日ちょっと不思議なことがあったのよ」
キョン「なんだどうしたんだ、よかったじゃないか」
ハルヒ「町歩いてたら、メガネをかけた変な男が寄ってきて話しかけてきて」
ハルヒ「そいつが言うにはあたしはどこかの王女様らしくて、そいつもその血筋に当たる人らしいの。
     で、今王家の再興のために活動してるから資金を提供しろって」
キョン「なんだそりゃ。明らかにおかしいだろ」
ハルヒ「でね、あたしの王女としての名前が…えーと、なんだっけな」
キョン「俺無視かよ」
ハルヒ「そう、リュシータ・トゥエル・ウル・ラピュタ! っていうんだってさー」
キョン「ムスカかよ!」
ハルヒ「あーん、いきなりお姫様なんてすごいじゃない! だからキョン、お金貸して!」



みくる「こんにちはでしゅ」ヨイショット
キョン「朝比奈さんなんですか、その今にも農作業を始められそうなグッズ一式」
みくる「お茶を育てるんでしゅ、自分好みに育てられましゅ」
キョン「はあ、そうですか(とうとうそこまでこりだしたか…)」
みくる「楽しみでしゅ♪」

みくる「順調でしゅ」
ハルヒ「あー、おーいお茶がうまい」

みくる「そろそろ摘めそうでしゅ」
古泉「kyonフォルダも充実してきましたね」

みくる「ちょっと味見でしゅ」パク
みくる「………」
キョン「朝比奈さん?」

みくる「食べたら気ィー持ちいィーでしゅゥーこのお茶わあ!もっと食べるでしゅゥーーーフフフフフフフフフフ」
長門「成っ功!朝比奈みくるの茶畑をヤク畑にするイタズラ、成っ功!」ガッツ
キョン「やっぱお前か、何か変なの植えてて変だなーとは思ってたけどさ」

古泉「このお茶美味しい(^^ω)ホモホモ」
ハルヒ「はい、岡部組様にクスリ1000個れすねwww」
キョン「ありゃま」



ダジャレ


俺は部室でいつものように古泉とオセロをやっていた。
冷静をいつも保っている古泉が急にこんなことを言い出した。

古泉「キョンたんきいて」

俺は唖然とした・・・・・・・・・・

キョン「・・・・・・・・・なんだ?」
古泉「キョンたんのことずっと考えてたらこんなことが頭に浮かんだの」

あぁ・・・こいつ重症だな・・・・・・

キョン「どんなのが頭に浮かんだんだ?」

おかしなことでも言ってみろ?
乱闘パーティーだ即乱闘パーティーだ

古泉「爺さんが自慰してる・・・・・・・・・・面白いでしょ?・・・・・・・フヒヒ」

この後ハルヒを呼んで乱闘パーティーをしたのは言うまでもない



キョン「おい古泉」

古泉「ひゃ~い」

キョン「振り向きざまにローリングソバットォォォ!!!」ドゴォ

長門「そばっとそばっと(←追い討ち)」



長門「まだとしはもいかぬこねこちゃんのせいきをしげきしてほうにょうさせる。それがわたしにとってささやかなしあわせ。」
キョン「子猫は自分でおしっこ出来ないんだっけ?」
妹「や、やだ有希にゃんたら秘密だって言ったのにぃ~///」
長門「うかつ…」
キョン「ちょwww子猫ってそういう意味かwwうpうpwwwwww」



●<聞いて長門リーナ。ちょっと言いにくいんだけど
長門「何?」
●<聞いて長門リーナ。キョンタンのアナルを頂きたいの。
長門「そう。」
●<聞いてくれてありがと長門リーナ。
長門「('A`)」
ト”ト”ト”ト”ト”ト”ト”ト”ト”
●<?
長門「てめーは俺を怒らせた。」ビッ!!
●<ぎゃあ
長門「きたねえ花b……やれやれだぜ。」



長門「梅羊羹『おもいで』」
キョン「……?」
長門「『笹羊かん』『栗饅頭』信州銘菓『季の詩』『栗しぐれ』『桃山』『みかんの詩』『力士餅最中』」
キョン「???」
長門「……食べたいなぁ」
キョン「ちょっと出かけてくる」
ハルヒ「えっ?ちょ、ちょっと、ちょっとちょっと!どこ行くのよ私も連れて行きなさい!」
キョン「古泉…後はまかせたぞ」
古泉「アイアイサー!」
ハルヒ「コリァー!無視するな私も連れて行k
古泉「後生やから、後生やからぁ!」
ハルヒ「ちょ、何が後生なのよ!? 離せー!」



長門ママ「はるひ、あなたは体が弱いんだから危険なことはつつしみなさい」
だけどはるひは木登り大好き11歳
はるひ「危なくなんかないよ、ほら、あの棒に手が届けはもっと高く登れるy あ、ああっうわぁ落っこちちゃうよー ドキドキ」
いつきは女と高い所が大の苦手です。そんないつきが一番気になってるのが…
きょん「もうそれ以上は危ないから降りなよぉ!じゃないとみくるパパに言いつけてやる!」
双子の兄であり心の兄貴であるきょん10歳。
はるひ「だまりなちゃいきょん!親分に命令するとは良い度胸じゃないの!」
と、誰よりもプライドのが高いはるひ。
長門ママ「はるひ、みくるパパに報告しますよ」
いつき「そぅだよ!いつも木に登ってばかりだってばらしちゃうからね!」
はるひ「うぅ…わかったわよ…降りるからきょん、お尻を支えてちょうだい」
どうやらはるひは一人で降りられなくなったようです。
きょん「なんで俺が…」
はるひ「いいから…!」

いつき『えぇぇ~~~~!!! なんでなんで!?どうして僕のきょんたんがはるひ姉の汚いお尻を支えにきゃいけないの!?
や、やだ、やめてよきょんたんはるひ姉のお尻なんか触らないでよ…こ、こうなったら僕がはるひ姉のお尻を…むしろきょんたんのお尻に…… ハァハァ』
なんていつきが悶々と考えているうちにみんなは家に帰ってしまいました。
いつき「あぁ~ん!声くらいかけってくれたっていいのにぃ~!」

古泉いつき10歳。彼は家族から疎まれている事に、この時はまだ気付いていませんでした。



キョン「いって…」
ハルヒ「きょキョン!どどどどうしたの一体!?」ガターン
キョン「んな騒ぐなよ、突き指しただけで」
ハルヒ「ヒィー突き指っ!?キョンが大怪我しちゃったァァァァァ!!!」
キョン「落ち着けよ…」

長門「突き指は引っ張ると効果的、試す試す」
キョン「それ違うらしいぞ」
長門「えいっ」

ブチッ

キョン「ぎゃ、指が取れたっ」
長門「失敗失敗ぃ~」ぽりぽり
ハルヒ「失敗じゃないでしょっ!アンタも指つめろっキョンと同じ苦しみを味わえっ!」
キョン「や、手術すればくっつくだろ」

鶴屋さん「あんま美味くねーな」ゴリゴリ



ハルヒ「あ 大変あんな崖の絶壁に犬がいるわ!」
キョン「(崖の絶壁…?)それがどうかしたか?」
ハルヒ「何を言ってるのよキョン!可哀想じゃない、助けるわよ!」
キョン「ほっとけよ」
長門「レスキュー隊呼んでも保健所で駆除される」
古泉「保健所で殺されるかのたれ死ぬか、ただそれだけの違いですよ涼宮さん」
ハルヒ「それもそうね」
キョン「いやまったくだw」
一同「アッハッハッハッwww」

みくる(この人たち目がイッちゃってましゅ… ブルブル)



ハ「キョン……舐めても良いよ?」
キ「あ、ああ」ソー
ハ「(ドキドキ)」
キ「ッウ!臭い!!」
ハ「え!!ひ、ひどいよキョン!」
キ「だって臭いんだ!仕方ないだろう!」
妹「私の臭くないよ」
キ「え?(ペロッ)本当だ!ロリ最高!」


はるひ誕生事件のきっかけである



長門「出たな、怪人乳輪デッカチャン!!マジカルユッキーがやっつけてやる、覚悟しろ!!」
みくる「誰が乳輪でかいだとこのやろー」



 プリン超闘志古泉

 ハルヒに何色が好きかと聞かれて黒だと答えた次の日のことだった。
 ねぇ、見て、キョン……
 無理矢理つれてこられた体育館裏。
 と、言われて振り向いてみれば、襟をぐいっと巻くってブラちらしているハルヒがいた。
 キョンの好きな黒色つけてきたよ、えへへ、
 などいうもう押したおして良いですよね、とダイブしようとしたその時。
 ソイツはやって来た。全裸で、屋上から伸身新月面を繰り出した。

古泉「きりーつ! れーい! ちゃくりくしっぱぶるぅぅうわぁぁぁっ!?」

 地面に激突して弾けとんだ。

古泉「ティウンティウンティウン……」

 俺たちはばらばらなのに喋る残骸を地面に埋めた。
 うらっ! うらっ!
 とシャベルを振り回すハルヒは楽しそうだった。
 いや、よかった。 



古泉「キョンたん行きますよ、ふんもっふ!」

キョン「させるものか!いくぞハルヒ!」
ハルヒ「わかったわ!」
キョン「二人のこの手が!」
ハルヒ「真っ赤に燃える!」
キョン「幸せつかめと!」
ハルヒ「轟き叫ぶ!」
キョン「石!」
ハルヒ「破!」
キョン・ハルヒ「ラ~ブラブ! 天驚拳ぇ~ん!!」

谷口「いかん!下がれ古泉!」
古泉「谷口君!?」

谷口「ぐわぁーーーーッ!?」
古泉「谷口君!どうして僕をかばったのですか!?」
谷口「ふっ…何でだろうな……
   お前がやられそうになったのを見たら、体が動いちまった。」
古泉「谷口君、待ってください!僕は本当は、キョンたんよりも君のことが…!」
谷口「へっ、嬉しい事を言って…くれる…ぜ……」
古泉「谷口君!?た、谷口君……
    チャーーーーッッック!!!!」

キョン「帰るぞハルヒ。」
ハルヒ「ハッピーエンドね!」



キョン「そう言えば朝比奈さん、肛門の横んとこに星形のホクロがありますよね」

みくる「!!!!!」





ガチャ


ハルヒ「あれ?キョンは?」

古泉「逮捕されました」


|