ぶかぶかの男の子用の制服を着て、きゅっ、とネクタイを締める。
そして、ぶかぶかの男の子用のズボンを履く。

それが朝の日課。

もちろん、このまま学校には行かない。
だって、僕は普通の男子高校生じゃないから。
鏡の前で、男の子っぽくする為のメイクを施す。
マジックハンドを装着して、25cmのシークレットブーツを履く。
最後に、変声機を装着する。
「さて、学校に行きますか」
こうして、女の子である僕は、男の子になりきる。

古泉一樹に。



|