※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キョン「とうとう俺も高校卒業か……」

長門「………」

キョン「ちくしょー!社会出たくねぇよぉ…orz」

長門「大丈夫。あなたは私が守る。そう約束したから」

キョン「長門…いや、有希……」



みくる(うわぁ…それ、アル中ダメ人間フラグでしゅよ~)



ハルヒ「団員を増やすために…よし、みくるちゃん行くわよ!」
みくる「ヌモ…あっ間違った、どこいくんですかぁ?」
ハルヒ「いいからいいから!(ヌモ…?)」
キョン「おい…あんま変なことするなよ!(ヌモ…?朝比奈さん時々変なこというからなあ…ああ、パセリ山ほど食いたい!)」


ハルヒ「だめだわ…」
キョン「おかえり、何してきたんだ」
ハルヒ「校門でバニーの格好してビラ配り。そしたら教師にどやされたわ」
キョン「アホ、当たり前だ!アホ!」
ハルヒ「でも何でかしらね…」
キョン「あっ…もしや人がこないのはあれのせいでは…」
ハルヒ「どうしたの?アッ、古泉が全裸で踊ってる!チクショーあいつ!ていうかすね毛濃っ」



キョン「なあ、長門・・・この白い粉って・・・」
長門「(ペロッ)青酸カリ・・・とってもマイルド」



長門「………」

長門「喰らえ、音撃斬!雷電激し(ry」

ガラッ
キョン「こんにちくわ」
長門「~~~~~!?」ドンガラガッシャン

キョン「どうしたんだ、危ないぞ」
長門「コクコクコクコクコクコクコク!」


キョン「さあて、ギターでも弾くか」
長門「(うあああああああああああ)」



長門「プリプリプリwww」


キョン「どうした長門?」


長門「やべぇw斬が普通に面白く感じる自分に笑えてきたwww」



キョン「朝比奈さん、ちょっと聞きたいことがあるんですけどいいですか。」
みくる「はい。なんですか?」
キョン「未来人は過去には干渉してはいけないんですよね?」
みくる「はい。その時代の人が事象を起こさないとダメなんです。」
キョン「では、3年前の七夕に行った俺は、その時代から見れば未来人ですよね。」
みくる「(ドキッ)そ、そうですね。」
キョン「そんでもって、直接ハルヒに干渉しましたよね。」
みくる「ですね・・・」
キョン「そうするとつまり・・・未来人でも過去に干渉してもいいんじゃねえか!」
みくる「ふええ・・・そ、それは・・・」
キョン「挙句の果てにあんなことしなければハルヒに変なパワーが宿らなくて俺も普通の生活ができたんじゃ無いですか?」
みくる「それは・・・そのう・・」
キョン「今度から何かやるんならおたくらの組織のメンバーだけでやってください。俺はもうごめんです。
    結局、宇宙人・未来人・超能力者の中で一番腹黒いのは未来人だったわけですね。」
みくる「あうう・・・」
キョン「それじゃ、言いたいことも言ったんで失礼します。」

みくる「あーん、騙していいようにこき使ってたのがばれちゃったよぅ。上司になんて報告しよう・・・
    こうなったらキョン君は殺して、古泉君を利用するしかないですね(にやり)」
みくる「;y=ー( ゚д゚)・∵. ターン」

長門「彼を殺させはしない・・・ポンコツめ。」




1時間目(数学)
教師「…であるからして」
長門「………」
2時間目(英語)
教師「ジスイズアペン?」生徒「いいえ、それはポディマハッタヤさんです」
長門「………」
休み時間
男子1「うはwwwww校庭でパンチラktkrwwwww」男子2「うぇwwwwっうぇうぇwwww」
長門「………」
3時限目(世界史A)
教師「えー、我が校もブームに乗ってしまいました、緊急授業っすwwwサーセンwww」
長門「………」
4時限目(美術)
教師「模写をしてもらう、上手く書けたらオクに流して(ry」
長門「………」
昼休み(部室)
長門「………」ガシャガシャグアフグアフ
5時限目(体育)
長門「………」ヒュッ教師「長門、50m0,1秒!」
6時限目(理科)
生徒「焼き蛙うめぇwwww」
長門「………」
放課後(部活)
長門「私は今まで無視ばかりで話しかけてもらえなかった、これは明らかにいじめ」
キョン「前ふりが長過ぎだし、いじめじゃねーよそれ」



長門「緑川開って誰?赤井勇って?」
キョン「さ、さあな」



キョン「なぁ長門、お前にはくすぐったいって感覚はあるのか?」
長門「よくわからない」
キョン「ちょっと万歳してみ」

パッ

キョン「こ~ちょこちょこちょ!!!」

長門「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

コチョコチョコチョ

長門「・・・・・・・・・・・・・・ピクピク」

コチョコチョコチョ

長門「ピク・・・・・・・・・・・・・・ピクピク・・・・」

コチョコチョコチョ

長門「ゲーッハッハッハ!!!!フヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒh」

キョン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(´・ω・`)」



キョン「あー、長門。寒い、窓を閉めてくれ」

長門「ふ~そくさんじゅ~め~とる~」

キョン「風が強いのはわかったから閉めておくれよ」

長門「どてら!」

キョン「うん、ありがとう。でも窓を閉めれば事足りることだと思うんだ」

長門「や」

キョン「…なんで窓を閉めてくれないんだ?」

長門「………嫌がらせ?」

キョン「えーと…帰っていいかなぁ、俺」


【もしも消失の長門が微ハイテンションユッキーだったら】



長門「ニュートン…」
キョン「ん?」
長門「ニュートンって何?」
キョン「え~と、林檎から万有引力を連想した人だな」
長門「ばんゆういんりょく…」
キョン「そうだ、万有引力だ」
長門「……それって凄い?」
キョン「凄いぞぉ~」長門「確かめる必要があると判断」
キョン「実験?」
長門「実験」

翌日、とある高級分譲マンションで飛び降り騒動があったのだが、その話しはまた後日。
【もしも消失の長門が微妙に天然だったら】



キョン「長門、ちょっと万歳してみ」
長門「ん」

ヒョイ

長門「!?」
キョン「そら、高い高~い」
長門「………」

ゴスッ(膝蹴り)

キョン「いって、いってぇ!!」
長門「無礼は許さない…」

【もしも消失の長門が高飛車だったら】



長門「涼宮ハルヒなんか消失してしまえと思ってやった。後悔はしていない」
キョン「長門…」
長門「あなたを巻き込んでしまったことは、申し訳ないと思っている」
長門「巻き込むだなんて…そんなことっ」
長門「気を使わなくてもいい…どんな馬理雑言も甘んじて受ける覚悟はできている」
長門「好きなんだよ!!」
長門「えっ?///」(※1)
長門「好きだ!好きだ!好きだーッ長門ぉ!」
長門「い、いきなり言われても…その……困る///」

キョン「なぁ長門よ、さっきから誰と話してるんだ?」
長門「えっ?///」(※1に戻る)

【もしも消失の長門までバグっていたら】



長門「学校行きたくない」
朝倉「有希…」









キョン「ちくしょー…長門までいなくなってる…orz」

【もしも消失の長門が引きこもりだったら】



キョン「長門…良かった、お前はいてくれたんだな…」
長門「■■■■■■■■■■」
キョン「へっ?」
長門「■■■■■■」
キョン「ちょっ、な、なななにを///」
長門「■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■www」
キョン「いやーっ! やめっ、犯されるーっ!!!」

【もしも消失の長門がエロエロだったら】



キョン「な、長門………?」
長門「………」ユッサ、ユッサ
キョン「………」
長門「………なに?」タユンタユン
キョン「いや…なんかバランス悪いなぁ、と思って…」
長門「………」ボインボイン


【もしも消失の長門が巨乳だったら】



『叫び』

ハルヒ「ちょっとキョン!あたしのプリン食べたでしょ!?」
みくる「声が小さい!!!!!」
ハルヒ「ちょっとキョン!!!あたしのプリン食べたでしょ!!!???」
みくる「まだだ!!!!そんなんじゃ30㎝先にも聞こえないぞ!!!」
ハルヒ「ちょっとキョン!!!!!あたしのプリン食べたでしょ!!!!!?????」
みくる「ダメだ!全然ダメだ!何も伝わってこない!!!ひょっとしてお前にはやる気がないのか?やめるか?」」
ハルヒ「ちょ…ちょっとキョン!あたしのプリン食べたで…ゲホッ…ゲホッ…」
みくる「…よし。やめだ。荷物をまとめて帰れ」
ハルヒ「や、やります!!」
みくる「帰れって言ってるんだ」
ハルヒ「やります!!!やらせてください!!!!」
みくる「………」
ハルヒ「お願いします」
みくる「…もう一度最初からだ。声張っていけぇ!!!!!」
ハルヒ「ちょっとキョン!!!!!!!あたしのプリン食べたでしょ!!!!!!??????」
みくる「何を訴えたいんだ!?お前は何を尋ねたいんだ!?」
ハルヒ「ちょっとキョン!!!!!!!あたしのプリン食べたでしょ!!!!!!??????」
みくる「そうだ!!思いを言葉に乗せるんだ!!!!振り絞れ!!!!!お前ならできる!!!自分を信じろ!!!」
ハルヒ「ちょっとキョン!!!!!!!あたしのプリン食べたでしょ!!!!!!??????(涙目)」
みくる「そうだ!!それでいい!!!これがラストだ!!!!(こっちも涙目)涼宮、行け━━━━━━━━━━━━!!!!!」
ハルヒ「ちょっとキョン!!!!!!!あたしのプリン食べたでしょぉぉぉ━━━━━━━━━━━━!!!!!!!!??????」

キョン「…え?食ってないぜ」
ハルヒとみくるは泣きながら抱き合った。確かに思うような結果は得られなかったかもしれない。けれど届いた。彼女の、彼女達の声は確かにキョンに届いたのだ。今はそれだけで充分だった。
                      完
プリンは長門が食った。



ハルヒ「ただの人間に興味はありません」
キョン「へぇ、すごいね帰っていいよ」
ハルヒ「な・・・何よあんた!」
キョン「何がじゃ」
ハルヒ「何こいつ・・無視しよう」
キョン「そんなんで五期生に勝てるかぁ!!!」



長門「とりっくおあとりーと」
キョン「なんだ、映画の時の魔法使いのかっこして」

長門「とりっくおあとりーと…こう言えばお菓子が貰えると聞いた」
キョン「ああハロウィンな(ここ日本だけど)、ほらチョコレート」

バシィ!
キョン「な何すんだ、せっかくチョコをだな(ry」
長門「カレー味のものをよ こ せ !」



ハルヒ「お落ちたキョキョンのチョコ、ハアハアハアアハハハハハハ」ペロペロペロペロペロペロペロペロ



みくるでしゅ、ハロウィンなので魔女のカッコをしてみました
え?何言ってんだwwwながもんのパクリなんかじゃねーよばーろーwwww


みくる「とりっくおあとりーと!お菓子くれないと悪戯(ry」
山根「朝比奈さん!?あ、あなたにあげるお菓子など無い!だから悪戯してー」
みくる「ひぎゃあーーそんなのごめんでしゅ(キモヲタに触ったら腐るっつーの)」

山根「じゃあこっちが悪戯してやる!こーの魔女め、魔性の女めー」
みくる「ひゃあ!私しりません~魔女じゃありません~(やめれー)」



ハルヒ「みんなケータイは何なの?」

みくる「私はDoCoMoでしゅ」
古泉「僕はauですね」
キョン「俺はムーバだ」

ハルヒ「私は0円て聞いたからソフトバンクにしたわ!」
一同「(;^ω^)」
ハルヒ「ちょっとなによその顔わ」


長門「ちなみに私はファイズフォン」
キョン「子どもかっ!」



長門「オナニーすると眠くなるのは何故?」

ハルヒ(ゆ、ゆゆゆゆ有希ったらいきなりなんてことをっ!?)

みくる「疲れるからじゃないでしゅか?」

ハルヒ(みくるちゃんなに普通に答えてるのよ!!?)


キョン『おい古泉、こっちに飛ばすな///』
古泉『だ、だって…キョンたんに見られてると思うと……はうぅっ!!  ドピュピュ 』

ハルヒ(な、なんか廊下から聞こえてキタ――――ッ!!)

バンッ

ハルヒ「こんな変態の巣窟……あたいもう耐えられないっ!」

ギィ、バタン

鶴屋「おでこ舐めちゃらめにょろぅ……///」ハァハァ
朝倉「眉毛触っちゃやぁ……///」ハァハァ

ハルヒ「しまった囲まれた!?」



長門「弱パンチ、弱パンチ、右、弱キック、強パンチ・・・・・」
ハルヒ「ゆ、ゆき・・・?何を・・・・」

ブゥゥゥゥゥゥゥン・・・・・・・・

ガシッ

ハルヒ「ぎゃあああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!」
長門「・・・・」
キョン「ハ、ハルヒが肉塊に・・・!」



キョン「あの雪山での約束を忘れたとは言わせん」
古泉「うん、大学を出たら結婚するってやつですね(///」
キョン「ちょっとまて、それは違うぞ。」



古泉「うほっ」
谷口「うほっ」
ハルヒ「うほっ」
差ガット「アイガーウホッカット」
キョン「誰だよ!!」
長門「……ウホッ」
みくる「みなしゃ~ん。め、目を覚ましてくだしゃ~い」



長門「ふー、びっくりした♪」
ハルヒ「それ、ほんとなのかなあ?」
みくる「なぜなのかしらん?」
長門「サイレントマジョリティー(呪文)」
みくる「すると、あらら不思議♪」
ハルヒ「ジョン・スミスだって、それにその他大勢の地球人がそう願っているのだから。」

サイレント☆魔女 リティ はじまるよっ♪



「プリンは予定調和的なところがあるからな。
 それはそれで間違っちゃいないんだが、
 あまりにも空気ばかり大事にしすぎて『空気だけ』になることがある。
 あれはいただけないな。」

「あんたなんの話してんの?」

「プリンの話さ。」
「プリン?」

「ああ、プリンと俺達のあり方についてさ。」



キョンの部屋
「Vipで何か面白いスレは……お?野菜レイプ?」

「ちょwwwwwww」



「畜生クソワラタぜwwwwよし!俺も何かこいつに負けない事を」
にゃー
「お、シャミセン何処から入って………」





13:【妹】ムシャクシャしたからレイプする【のぬこ】(867)



「ん?長門、なんだその手紙、」
「あなたに恋文を書いた」
「!!?」

「受け取って・・・///」
「あ、ああ・・・///」

(ドキドキドキドキ、なんて書いてあるんだ。
 長門のことだから、120行にわたって俺への想いが書いてあったりするのだろうか・・・
 いや、それとも、簡潔に『好き』・・・とか、
 !!『大好き』とかだったらどうする?どうする?どうするよ俺!!?長門テラモエスwwwwwwwww)

カサカサ、
「どれどれ・・・Closetoyou・・・?あなたを?あなたに?・・閉じる?
 ・・・殺されるのか・・・・俺。
 やべええええ!!!!」



もしもキョンが馬鹿だったら、
という支援

でも本当に「あなたを閉じる」って訳しちゃった同僚がいたから困る



「キョン! これ読んで!」
「ん !? Crazy for you??  ハルヒ、お前・・・(///」

「と言うわけであたしみくるちゃんに嫉妬しちゃって大変なのょぉぉぉおぉ 死んで。」
サクッ
「ギャース」
         ドサッ

「それ意味違う… 意味違う…」 ガタガタブルブル


谷口「アハハハハそいつはアホだなキョン」
国木田「そんなに笑うなよ谷口。キョンが可愛そうだろ?っぷぷ」
谷口「わりぃわりぃ。
でどういう意味なんだ?」
国木田「谷口その冗談は笑えないよあはは」(流石に僕の引き立て役)


|