きょん「朝比奈さん」
みくる「あ、はい‥なんですかキョン君?」
きょん「隣の客はよく柿食う客だ、って言ってみてください。」
みくる「隣の客はよく柿食う客だ」
古泉「……」
みくる「……」



ハルヒ「誰かあたしにもアナル語作りなさい!!あたしがメインヒロインなのに全然活躍しないし……」

キョン:アナルだけは!アナルだけは!
みくる:黒みくる
長門:マジカルユッキー、( ゚ρ゚)
古泉:テドドン、ふんもっふ、マッガレー、●、怪盗テトドラゴン、セカンパドドetc
谷口:wawawa、チャック
阪中:バター犬



闇古泉「さぁ、ゲームの時間だ。」








何も無い



闇古泉「僕の負けですね。仕方がない、罰を受け入れましょう」

キョン「なにをやってるんだ?」
闇古泉「なにって罰ゲームですよ。さあ、遠慮はいりません。あなたのテドドンで貫いてください」

長門「スレ違い」



長門「キョンの馬鹿。あほ。死んでしまえ」
キョン「それは俺の胸にいて泣き顔のやつが言うセリフか?」
長門「うるさい」



ハルヒ「暇ねー誰か面白いことしてちょうだい!」
キョン「一発芸ってことか?」
長門(´・ω・`)
ハルヒ・キョン「!?」
長門「…dat収穫人(´・ω・`)」

キョン「ちょwww」
ハルヒ「有希それは反則ww」


古泉「閉鎖空間が発生したと思えば直後に消滅…何があったんでしょうか」
ガチャッ
古泉「すみません。遅くなり……」

ハルヒ(´・ω・`)
キョン(´・ω・`)
長門(´・ω・`)
神人(´・ω・`)
谷口(´・ω・`)
山根(´・ω・`)

古泉「うわっ!な、何ですかこれ?何の催しですか?何で、みみ皆さん…
   キョンたん以外こっち見ないでくださいっ><」


ちゅるや「入りそこねたにょろ…(´・ω・`)」ニョローン



長門「ありのままに今起こった事を話す。
『わたしは本を読みながら階段を登っていたと思ったら、いつの間にか降りていた』。
あなたは今わたしが何を言っているのか、理解できていないと予想される。
……わたしも何をされたのかわからなかった……。
頭がどうにかなりそう…TPDD、超能力等の能力とは明らかにかけ離れている。
それはもっと恐ろしいもの……。
その片鱗をわたしは体感させられた……」



長門「♪タンタンターヌキーのキン○マは~~~」
キョン「……。」
長門「♪ラ~~~ラララ~~~ララ♪」
キョン「……。」
長門「♪ズータズタ~~♪」
キョン「な…何があったーーー!?」



「…眼鏡の再構成を忘れた」「……その頭にのっかってるのはなんだ」

「……………うかつ」



長門転倒シーン

「ッ!」(つまづく)
「長門!!」

ドゴォン(壁にヒビ割れ)

「…な、長門」
「…少し力が入った」



ハルヒ「ちょっとキョン、あたしのプリン食べたでしょ!?」
みくる「私が食べた」
ハルヒ「…え?」
みくる「食べたのさ。私がな。私が食べたのだ。食べたのは私だ」
ハルヒ「そうなんですか」
みくる「そうなんです」
古泉「うんこ」




長門「その辺の虫螻や小動物は生でもなかなかイケル」ガツガツムシャムシャ
キョン「そんなの口に入れるんじゃありません!ペッしなさいペッ」
長門「カトチャン( ゚ρ゚)ペッ!」ビヂャッ



古泉は不思議な踊りを踊った!

キョンも不思議な踊りを踊った!

長門は様子を見ている…

とりあえず長門も不思議な踊りを踊ってみた!



キョンと古泉はハルヒに怒られた!



長門は変な遊びを覚えてしまった!



『キョンの証明』

おっす!俺だよ!キョンだよ!
皆ちゃんとフロ入ってっか?まだ?じゃあ入るな!!
朝比奈さんは周知の通り一日に三度、風呂に入るそうだ。まるで源!
何で知っているのかって?タシロに決まっている。
諸君はこれを聞いて彼女をただの綺麗好きな少女としか認識していないのかもしれない。
それはまだまだ思慮が甘いというものだ。異常とも取れる行動には何らかの原因があるもの…だと俺は思う。
彼女の場合、腋臭(ワキガ)なんだ!信じられないかもしれない。かく言う俺も初めは信じられなかった。
しかし、清潔にしすぎるというところに実は原因が起因していたりするのだ。
表皮常在菌というものがある。これらの菌は我々の体の表面で悪い細菌やカビがやってくるのを防ぐ働きがあるんだ。
フケの原因にもなるが健康に貢献する面のほうが大きいのが事実。
そして朝比奈さんだ。体を清潔にすることに対する異常なまでの執着心、あの肉便器の過去に何かあったのだろうか?
父親あたりが怪しい。確かに石鹸やシャンプーは汚れ、菌、カビなどを落としてくれ得る。
しかし同時に先の表皮常在菌まで落とす可能性が出てしまう。これらが減った皮膚は、再び常在菌が繁殖するまで雑菌に無防備になってしまうんだ。
その状態の中、ワキガ菌、水虫菌、その他の雑菌が住み着いてしまえばもう白旗だ。
故に朝比奈さん、初めはトラウマで強迫観念のように体を清潔に保っていたのだが、
そのうち取り返しのつかないことになってしまった、という推測が成り立つ。



『キョンのメール撃退法』

よっ!平成のムシキング王キョンだ。
今回は深夜携帯にメールを送ってくる常識知らずの魑魅魍魎を撃退する方法でいこう!
撃退法、俺に実際あったメールを紹介してみよう。使えるかは皆が各自で判断してくれ。

K「キョンたん」(AM01:12)

俺「どうした??」

K「特に用はないけどメールしてみた」(AM01:14)

俺はこのとき怒髪天をつく勢いで怒った。この遣る瀬無い世の中に!世間に!

俺「俺は古い人間だから夜中に知らせがあると、訃報と思ってしまう。誰か死んだと思っちまうんだよ!
以後気をつけろ!ついでに死んじまえ!」

この後も懲りず、Kからのメールが途絶えない。



ユッキーの魔法でハルニャンのしゃべり方をサムライに変えちゃうよ☆ ゴザルゴザルプリプリプリ

ハルヒ「拙者に魔法は通じん! ってあーれー!?」



古泉「かわいいキョンタン!」モフモフモフモフモフモフモフモフモフンモッフ
キョン(鹿)「キョーーンッ!」ジューカンダケハ!ジューカンダケハ!
キョン「うぅっ可哀相で見てられん!ここで奴の欲求不満の元である俺が行けば鹿は助かる…
    だがそれだと俺がモフモフで済まなくなる…!どうすればいい!?」
長門「情報連結解除」
古泉「ア゙ーッ!!」サラサラ‥‥
ダッ
キョン「長門、よくやってくれた!こいつに代わって礼を言わせてくれっ」
長門「古泉一樹ばかりずるい。私もモフモフする」ナデナデモフモフ
キョン(鹿)「キョ、キョーン…」ハァハァ



『谷キョン』

よう、俺様はキョンだ。本名もちゃんとあるが、誰もその名で呼ばないので本名は使わないでおく。謎の方がカッコイイだろう?
それにいつも某団長に「間抜け面」と言われている俺だが、そんな事は無い。俺はイケてるメンズ。イケメンだ。
まぁナルシるのもほどほどにしておこう。皆に呆れられるからな。
今日はいい事が沢山あった。
朝起きたら息子が夢精してなかったし、登校中に女子のパンチラが3回程拝めた。その中に朝倉もいたな。あいつのむっちりしたフトモモを思い出すだけで俺のジョンが起立しそうだぜ。
ハルヒは朝から元気いっぱいだ。かわいいやつめ。キスしてやりてぇ。
新任の英語教師も美人だ。俺は英語の和訳よりもその胸の谷間に興味津々なわけだが。
数学の吉崎はダメだ。目が腐る。消え失せろ中年ハゲが。
昼休みには鶴屋さんと朝比奈さんに出会った。2人とも麗しい上級生だ。特に鶴屋さんのおでこには強い魅力を感じる。性的な意味で。
放課後はSOS団の活動。俺が部室に着くと既に長門がnowlowding現在読み込み中。アンドロイドなのであながち間違いでもないだろう。
そんなことを考えているとウホ泉がやってきた。
「やあこんにちは」
爽やかな挨拶を繰り出すそいつの手の中には"ヤマジュンパーフェクト"。
このガチホモに一度俺の秘蔵DVDを見せてみたらなんと真っ青な顔をして逃げて行った。どうも女の裸に恐怖を感じているらしい。
しばらくしてハルヒがやって来た。朝比奈さんは古泉が来てすぐに部室に来ていたが、特に言うことはない。空気だからな、あの人は。
ダラダラと放課後を過ごし、アンドロイドの終了の合図で解散した俺は、ドンキによってつぼみちゃんを買って帰ってMIKURUフォルダをおかずにオナニーして寝た。
明日も晴れますように。



『王家の証』

キョン「やめろ・・・やめてくれ古泉・・・」

微笑みながら包丁を握り締め、ゆっくりと俺に近づいてくる古泉が悪魔に見える。

俺は後ずさりをして古泉から離れていたが、とうとう逃げ場が無くなり、座り込んだ。
古泉は俺の正面に立ち止まるとすかさず包丁の切っ先を俺の顔に向け、勢いよく突き刺そうとしたが
俺はかわせた。

キョン「ハァ・・ハァ・・・ややめてくれ・・・」

古泉は微笑みを絶やさない。夕方になって赤くなった景色の中、外の薄い太陽の光が古泉のスマイル顔を照らしていて妙に恐い。

古泉「僕だってこんなことはしたくないですよ。しかし仕方の無いことなんです。貴方もお分かりでしょう?」

キョン「やめてくれ・・・やめてくれよ古泉!」

キョン「そうだ古泉!俺はハルヒにとっての鍵なんだろ?俺を殺しちまったら色々とまずいんじゃないのか?
     ほら、機関の連中だって困るぞ?」

古泉「たしかに貴方は機関にとって重要な人物ではあります。ですが今の僕にはそんなことはどうでもいいんです。
    貴方だけは僕の手で葬らねば。」

キョン「やめろ!俺が何をしたって言うんだ!」

古泉「何をしたって? お前俺のプリン食ったろ!? ふざけるなよ!」

キョン「は?」

古泉「プリンだよ!俺が楽しみに冷やしておいたプリン食ったろ? んもー!」


キョン「お前が怒ってる理由はそれか?」

古泉「そうだ。殺すぶち殺す!」

ガチャ
ハルヒ「あ、二人とも来てたの?今プリン買ってきたとこよ。食べる?」

古泉「わーい♪いただきまーす♪」

みくる「ん?何ですかこの包丁?」

キョン「朝比奈さん、それ貸してください。」

キョン「古泉・・・、これが王家の証、ヴァトラスソードだーーーッ!くらえ!」

ブスッ!

古泉「ぬぐはぁッ!」

古泉のケツに王家の証ヴァトラスソードを刺し込んでやった。

古泉「くっ・・・おのれ・・・まだ一口も食べてないのに・・・」
キョン「食いたいか?食いたいか? 口開けろ、あ~ん・・・・あげな~い♪」
古泉「ちくしょう・・・ちくしょう・・・無念」
キョン「わははははははははははw」

みくる「ハ!夢か!」
キョン「↑可愛すぎ」



ハルヒ「キョン! あんた、アナルスレ落としたわね。罰ゲームよ!」
キョン「ちょ、ちょっと待ちなさい。何で俺のせいなんだよ!」
ハルヒ「だって、あたしの大好きなアナルスレが無いのよ! ありえないじゃない。
    保守しないあんたが悪いの!」
キョン「おいおい」
ハルヒ「そういうわけで、キョンの罰ゲームをはじめますぅ。古泉君、後はよろしく」
古泉「では、遠慮なく。フフフ…では、逝きましょうか」
キョン「いくって、どこへ?」
古泉「もちろん、アナルの世界へですよ。存分に楽しみましょう。フフフ…」
キョン「アナルだけはアナルだけは!」
古泉「テトドン。それは朝日を襲う怪盗テトドラゴン。いざ出陣!」
キョン「アッー」
ハルヒ「さあキョン、そのままあたしの中へいらっしゃい。可愛がってあげる」



ハルヒ「何この佐賀」
長門「これは危険」
みくる「困りましたー」
長門「黙れ、ハムリンズ」キョン「おぉ!?俺のノドドンが佐賀って北!!!」
古泉「僕のテトドンは上がってきました。」
キョン「と、言うことは?」
古泉「ふんもっふ」
キョン「アナルだけは!!アナルだけは!!」

ハルヒ「キョン、またあたしを一人にするの?」

長門「こちら長門。スネーク、応答せよ。」
スネーク「どうした?」
長門「作戦成功。」
スネーク「なら、アナルギアの回収を頼む。」
長門「了解。」
ピッ
古泉「ぎゃぁ」
長門「きたねえ花火だぜ」



長門「ほ、ほ、ほーたる」

   ~●<マッガーレ

長門「ぷちーっ!」●<アッー!!



キョン「モルダアァアアア!!!!」

ハルヒ「はいはい、楽しみなのねXファイル。ほんとうるさいわねー」

古泉「モルダーのお尻、ハァハァ・・・」

長門「・・・」



キョン「フン!フン!フン!フン!」
ハルヒ「くっ…そろそろっ…つらいんじゃない?」
キョン「バカ言うな…ぬっ…たかがっ…上下運動じゃないか…」
ハルヒ「や、やるじゃない…ハァ…ハァ…でも…まだまだなんだからねっ…」
キョン「…俺だって…うっ…まだやり足りないねッ…!」
ハルヒ「…あ、あたしだって…ぁぅっ…絶対に、止めないわよっ…!」

しばらくして、顔を真っ赤にした朝比奈さんが飛び込んでくるまで、
俺たちは――





腕立て伏せをし続けた。



ハルヒ「みんな、おっはっよー!」

ハルヒ「っ!!?」









ハルヒ「・・・死んでる」

涼宮ハルヒの憂鬱
     完



キョン「なんてこった…」
国木田「死んでる…」
ハルヒ「古泉君が…」


谷口「あれれ~?」



ユッキーだよ★ 今日は寒いから炎を出すよーメラメラ
あっ図書館で借りた本に火の粉が…メラメラ
あー…どうしようどうしようマゴマゴマゴ



長門「こいっ!ながと☆ぜくたーっ」
キョン「(・∀・)ニヤニヤ」

長門「あっじんるいのへーわをおびやかす“わーむ”めっ!仮面ライダーユキがやっつけてやるぅ
へんしん、きゃすとおふ、らいだーきーっく」
キョン「ぐわーやーらーれーたーバタン」



みくる「きんもーっ☆反吐が出やがりますぅ」



ハルヒ「おはよー」
キョン「はよー」
ハルヒ「台風すごいねー」
キョン「ねー」
ハルヒ「そういえば妹ちゃん飛ばされてたわよ」
キョン「ふーん」
ハルヒ「風強いねー」
キョン「ねー」
ハルヒ「クマさんパンツだったよ」
キョン「ふーん」




谷口「ちょっとトイレ言ってくる」
国木田「あんまりするとバカになるよ」
谷口「NANANAなんのことかな~!?」



ハルヒ「おはよー」

キョン「・・・」
みくる「・・・」
長門「・・・」
古泉「・・・」


鶴屋「・・・し、寝てるにょろ」



古泉によるとハルヒのトンデモパワーは鎮静化に向かっているらしい。
機関の連中は呑気に構えているようだが、俺はそうは思わない。
減少しているのではなく、省エネで蓄えられている――そう思えてならない。
油断している隙にドカンと一発来る。フィクションの常識だ。
ま、具体的に何がどうなるのかと問われたらまったくもって答えようがないけどな。
あいつが口走ったことがあっさり現実になったりしてな……ハハ。
さて、そうこうしているうちに文芸部室に到着。
俺はノックを済ませてドアを開け、ハルヒの大声で出迎えられた。




「遅いわよキョン、死刑!」





―――涼宮ハルヒの憂鬱・完



|