西暦200X年・・・・・・

誰かが最終兵器アナルギアを完成させちゃったらしいの。
それで我がSOS団雑用係キョンが偵察に行ったんだけど
「アナルだけは!アナルだけは!」
って通信を最後に連絡が取れなくなっちゃったのよね。
だから今度は私が行くことになったの。
サポートは我がSOS団副団長の古泉一樹くん!


『涼宮さん、これは遊びではありません。
検討を祈ります・・・・・・』


待ってなさいキョン
私が助けてあげるから・・・・・・



「こちら涼宮ハルヒ、 敵の基地に潜入した。
大佐、指示をくれ。」
『わかりました。まずダンボールを手に入れた方が雰囲気でますよ』
「わかったわ。で、どこにあるの?」
『かくかくしかじか・・・・にありますよ』
「わかったわ。ありがと古泉君」
『いえいえ。
あ、これを言わなければ
OVER...』
わかってるじゃない古泉君
流石頼りになるわね
キョンもこれくらい強かったらいいのに・・・・・・






そして紆余曲折あって私は遂にラスボスに辿りついたわ!!


「貴方がラスボスね!名のりなさい!」
「謎の存在とでも言って下さい。」
「キョンを返しなさい!
さもないとRPG-7を撃つわよ!」
「やめてくださいよ。
それに貴方も吹き飛ばされますよ」
「そんなの関係ないわ!いますぐ吹き飛びなさい!」
「ちょwwwwwwwwおまwwwwwww」
「吹き飛べ――――――――!!!!!」
「WAWAWA忘れも・・・・・・
うおっまぶし」



『涼宮さん!応答してください!涼宮さん!
ふぇ~、長門さ~ん。どうしましょお~』
『心配ない。彼女は平気』


あらかた吹き飛んだ基地には、キョンの姿はなかった。
通信をしたところ何故かみくるちゃんが出たの
古泉君はどこに行っちゃったのかしら
とりあえず私はいなくなったキョンを探す旅に出ることにするわ
私の闘いはまだ始まったばかりよ!!



    A N A L  G E A R



『あの基地はなくなりましたが、機関にはたくさんの基地があります。
次はそこでアナルギアをしましょうね、キョン君』
『古泉・・・一樹・・・!』


デレッテテーン

|