『出張ホストセンチメンタルグローリー』

キョン「なぁ、古泉いつだったかお前が言ってたバイトの話しまだ有効か?」
古泉「フフ、もちろん付いて来てください」


新川「ハァーイッ!オメェラお勤めご苦労さっんっ!ウィースッ!!」
谷口・国木田・多丸兄弟「「「「ウィースッ!!」」」」
新川「オメェラNO1ホストの岡部みてぇになりてぇか?コラッ!?」
谷口・国木田・多丸兄弟「「「「なりたいです!!」」」」
新川「チッガーウ!返事はウィースッ!!だ、ォウィースッ!!」
谷口・国木田・多丸兄弟「「「「ウィースッ!!」」」」
新川「ォウィースッ!!」
谷口・国木田・多丸兄弟「「「「ォウィースッ!!」」」」(←3~4回くらいこれの繰り返し)

古泉「こちらです……オーナー!」
新川「なんだよイツキ遅刻ダゾ、コラッ!!」
古泉「オーナー今日は新入り連れてキタゾ、コラッ!!」
キョン「は、はじめまして古泉の紹介d」
新川「チッガーウ!!返事はォウィースッ!!だ。ウィか新入り?ここではなんでも俺の言うこと聞いてれば間違いねぇから!とりあえず俺尊敬して?したらオメェみてぇなカボチャでもNO1なれっから!マジ尊敬な?ォウィースッ!?」
キョン「はぁ……」
新川「チッガーウ!返事はウィースッ!!だ、ウェオウィースッ!!」
谷口・国木田・多丸兄弟「「「「ウェオウィースッ!!」」」」(←3~4回くらいこれの繰り返し)
谷口「一番谷口歌いますっ!!僕は君ーのシンデレラボーイ♪恋する君の叔父様さ~♪」
新川「ウェイウェイウェイウェイ!歌わなくていいキャラッ!」
速攻でやめたのは言うまでもない。



あたしの拳が真っ赤に燃ゆる……

  あいつを倒せと轟き叫ぶッッ……

ハルヒ「こんの浮気者ーーーーーーーッッッッ!!!!」

今宵、涼宮ハルヒが穏やかな心を持ちながら激しい怒りに目覚める!!?


あの超監督涼宮ハルヒが今度は女優に!?しかも主演だとぉ!!?これはもう見るっきゃない!
昼ドラ学園アクションの決定版!
劇場版涼宮ハルヒの憤慨episorde2~朝比奈みくるの情事~
近日公開決定!!

ハルヒ「キョ~ン~?覚悟はできてるんでしょうねぇ~?」

ここでは、何が起こっても不思議ではない…
カミングスーン



長門「バイオレットヘカテー、イエローヘカテー、レッドヘカテーが揃った、ゴーゴンを召喚!」
キョン「長門、しつこいぞ」



血沸き肉踊る冒険譚に胸躍らせた事はあるかい?
前途多難なラブコメに一喜一憂した事はあるかい?
壮大なるロマンスに感動した事はあるかい?

──貧乳って、好きかい?

主流派「有希、カレーばかり食べてないでおいなりさんも食べなさい」
長門「ユキ、おいなりさんたべるー!」
主流派「はふぅ~…ざ、残念それは私のおいなりさんだ」
穏健派「貴様実の娘になにをしてるだぁーーーーっっっ!!!」

超監督涼宮ハルヒがお送りするスペースドタバタファミリーコメディーアクションバトルの決定版!
涼宮ハルヒの消失 episode3~情報統合思念体はつむじ風~

――ここでは、何が起こっても不思議ではない…
カミングスーン



キョン「ハルヒ……可愛いぜ……くっ!イク!!」ドピュ
ハルヒに告白してから一ヵ月が過ぎた。
俺は毎晩ハルヒをオカズにオナニーの毎日。
もう頭の中はハルヒでいっぱいだった。朝起きてハルヒをネタにオナニー。
昼休みはトイレに籠もってハルヒでオナニー。寝る前にハルヒで(ry
授業中は視姦。話し掛けることすらできないというこの環境がさらに俺を興奮させていた。

ある日、進路調査の紙を書けと担任から言われた。
とりあえずハルヒと同じ大学を書いた。
え?なんで俺がハルヒの行きたい大学を知ってるかって?
か、勘だよ勘!!盗み聞きなんてしてないんだからッ!!



劇場版涼宮ハルヒの憂鬱episodd2~泣いた赤鬼~放映直前突撃インタビュー!!

赤鬼役・長門有希さん(3)によるコメントQ&A
Q.はじめまして。記者を勤めさせて頂く古泉一樹です。
A.長門有希。
Q.ずばり今回の役作りのコンセプトはなんですか?
A.役作りそれ自体は難しくなかった。
Q.それは何故ですか?
A.……………
Q.あの長門さん?
A.……………
Q.そ、それじゃあ質問を変えます。現場関係者の話しによると長門さんは今回の撮影に特別な思い入れがあるように見受けられたとコメントを頂いたのですがそれについて何かコメントは?
A.…………ヒミツ///
Q.い、以上長門有希さんでした。
A.……………///



劇場版涼宮ハルヒの憂鬱episodd2~泣いた赤鬼~放映直前突撃インタビュー!!

青鬼役・朝倉涼子(3)によるコメントQ&A
Q.どうも記者の古泉一樹です。
A.青鬼役の朝倉涼子です。
Q.ずばり今回の役作りのコンセプトは?
A.特にありません。素のままの自分を出せたと思います。
Q.なるほど。ちなみに先ほどの長門さんのインタビューでも気になっていたのですがこのプロフィールの3歳とは?
A.そのままよ?
Q.というとこれが実年齢だということですか?
A.うん。
Q.それじゃあこの宇宙人というのは?
A.正確には情報統合思念体急進派所属の対有機生命体コミュニケートインターフェース。それが私たち。
Q.という事務所の方針ですか?
A.事務所は関係ありません。私たちはこの宇宙が誕生したと同時に発生した情報生命t
Q.以上朝倉涼子さんでした!
A.え、もう終わり?



劇場版涼宮ハルヒの憂鬱episodd2~泣いた赤鬼~放映直前突撃インタビュー!!

ナマハゲ役・喜緑江美理(3)によるコメントQ&A
Q.どうも僕です。さっそくですが喜緑さん………喜緑さん?
A.なぐ子はいね~が~!?
Q.な、なにをするですか!?うわぁ!
A.なぐ子はいね~が~!?
Q.本当に危ないですって!その包丁が本物じゃなかったとしても驚きますって!ちょっ
A.なぐ子はいね~が~!!
Q.ぎゃあああぁぁぁぁぁぁーーーーっっっっ!!!!!
A.なぐ子はいね~が~?
A.なぐ子はいね~が~?

ちなみにこの記事が誌面に載ることは永遠になかったという。



「キョン、あんた顔赤いわよ! 熱あるんじゃない?」
「ああ、今日は調子悪くてな。すまんが部活は休ませてもらう」
「そうね、そのほうがいいわ。今日は美味しいものいっぱい食べて、ちゃんと薬飲んで寝なさい!」
「お前に言われなくてもそうするさ」
「じゃあ、あたしがご飯つくりに!!」
「来なくていい!!」

翌朝

「おはよっキョン! 迎えに来たわよ」
「……!! おい、何でお前が俺の部屋にいるんだっ!」
「細かい事言わない。さあ、起きて着がえなさい!」
「いや、実は今日は休もうと思ってたんだ。なんか熱が下がらなくて――。
こらっ、顔が近い! おでこで熱なんか測るんじゃない!」
「う~ん。熱っぽいわね。あんた薬飲んだの?」
「いや、実はな、薬が――。あの、ハルヒさん。お前何をしてる!!」

――

「えへへ……。もうだいじょうぶよ」
「しくしく…俺のアナルが」
「しょうがないじゃない。座薬なんだから。ほら、あたしのも見せてあげるから。元気出して」
「!!」

おわり



ハルヒ「川柳するわよ!先ずはみくるちゃんから!」
キョン「おいハルヒ…そんななんの前フリもなく言われてもだな…」
みくる「部活中 わざとせきして 谷間見せ」
キョン「速答!?」
長門「………」 ヒク
ハルヒ「いい加減じよみくるちゃん!次は有希!」
長門「よせあげで 震度1でも 揺れる胸」
キョン「気にしてたのか………」
みくる「……(::゚:ж:゚:;)ブホッ」
ハルヒ「いいわ有希!揺れる乙女心と胸をかけたのね!」
キョン「違うと思うぞ」





長門「…………」 ぺたぺた



長門「わったしーにもーただ一つのー願ーぼおーがー持てるならー記憶の中ー最初からをー本にしてー纏めてー保ー守ーー♪」
キョン「長いし回りくどいんだよ!」
長門「(´・ω・`)」
キョン「しょぼくれても駄目です!」
長門「(´;ω;`)」



長門「いーろが無いせかーいでー、みーつけたーよYouareStar」
●「マッガーレ?」

     \\\
        ., ^   `ヽ 
   (⌒\ イ fノノリ)ハ'
    \ ヽヽリ(l|゚ -゚ノlリ <お前じゃねえよ
     (mJ     ⌒\
      ノ ∩ナガト/ /
     (  | .|∧_∧すいません!
 /\丿 | ( ホモ) ちょっとでしゃばttアッーー



ハルヒ「保ー守しちゃ駄目~保ー守しちゃ駄目~♪未ー来は~p」
長門「ちょwwwwそこは保守しろよバーローwwww」



古泉「さすが涼宮さん、究極とも言えるツンデレですね・・・」
キョン「いいからそれしまえよ」



朝比奈「キョン君 20:08:17ぴったしに保守して下さい」
キョン「それは?」
朝比奈「未来にとって大事なことなの」
古泉「キョンた~ん20:08:18にアナル掘って下さい規定事項なんで」
キョン「前者はいいが後者は断る」


(出来ませんでした)

キョン「朝比奈さん スミマセン」
朝比奈「使えないクズだな氏ねじゃなくて死ね(大丈夫ですよキョン君)」あっ!!
キョン古泉ハルヒ「・・・。」
長門朝比奈「ユニーク」


実は今までハルヒと共に過ごした時間はフェイクだった――

  堪え難い現実が俺を―――

ついでに谷口を(巻き添え)――――

―――飲み込もうとしている――――

    逃れる術は―――     無いのか………?――――

みくる「キョンくん…ブラックメールって、知ってますか?」

超監督涼宮ハルヒプレゼンツ。超怒級学園ドッキリアクションバトルの決定版!
~涼宮ハルヒの策略 in VIP~
満を充して放映決定!!
ここでは――何が起こっても不思議ではない……カミングスーン



「うっうーうううーううううー」
長門は空になったベビーチョコの容器を咥え意味の分からないことを喋っていた。
ヨタヨタしながら色んなところを行ったり来たり。 ハッハ、ぶっ壊れたね?

あの天使のようだった朝比奈さんはぶくぶくと肥え太り、今では130kgに到達しようとしていた。
もう何を言っても聞こえないらしい。 ただくちゃくちゃ言いながらと食べ物を口に運ぶだけだ。

古泉はとっくに巨人につぶされて死んだ。

なあハルヒ?これがお前の望んだセカイ何だぜ?  もっと楽しそうにしろよ?
「みんなコワレちゃえ」ってな。
俺は窓を破り空へと飛び出した。 「アイキャンフラーイィィィィ イヤッホーウウ!」



  ガラガラ
キョン「うっす…まだ長門だけか」
長門「……」
キョン「お前が本を読んで無いのもめずらしいな」
長門「……」
キョン「……」
長門「……」
キョン「…寝てるのか?目開いたまま?」
長門「……」
キョン「(まぁ…たまにはこんなのもいいか…)」
長門「……」
キョン「……」



ピー充電完了シマシタ。

キョン「!!!!!」
ガタン
長門「……ふぅ」
キョン「長門!今コンセントから何抜い…っておい!今背中に何か掃除機みたいにシュボーっててコード入っていかなかったか!!? つかお前今『ふぅ』って言ったよな!?そんなキャラだったか!?長門!長門!!!」
長門「気のせい」


長門「PCのファンがうるさい」
長門「そろそろイライラしてきた」
ハルヒ「ば、バカね!冷却すればいいじゃない!(////)」
長門「ぬれたタオルで拭いて、蒸気冷却はした。だがすぐ熱を持つので根本的解決にはならない」
「冷えピタ張ればいいんじゃないでちょかああぁあぁぁあ?ド低脳な長門さぁん?」
長門「いちいち張ってられないし、金もかかる。
それに冷えピタ買うより、保冷剤はっつけたほうが早い。あとしばくぞザコキャラ」
古泉「根源的に解決したいなら、処理負荷を減らせばいいじゃないですか?」
長門「●も偶にはまともなことを言う。マニュアルで出来るところは、
限界まで減らしたつもり、それにデフラグで小まめに最適化をしている」
ハルヒ「じゃあOS再インスコすればー?」
長門「時間がかかり過ぎる、バックアップとったら負けかなと思ってる」
古泉「要するに、うるさくなければいいのですね?」
長門「そう、夜中なんか特に気になる」
キョン「夜中に来てるのか!?」
長門「いたのかチョン」
古泉「電気屋に行って、冷却パーツを買えばいいんじゃないですか?」
長門「そんな自作PCオタクみたいなマネはしたくない」
キョン「自作PCオタク?なんだそりゃ?」
長門「いたのかチョン」
古泉「そんなたいしたものじゃないし、オタクって今更じゃないですか」
長門「あとでパイプカット。エコノミカルな解決策は何か無いか?」
ハルヒ「いっそ水に浸してみたら?」
キョン「そんな方法もあったが、いったんばらさなけりゃダメだろ?」
長門「じゃああきらめろ!」
キョン「あ、あれ?電気屋行ってきます…」
長門「ついでに保守ってこい」



鶴屋「ウンババンバンバ メガッサニョロニョロ♪」
みくる「あの~、何歌ってるんですか?」
鶴屋「南国少女ツルヤにょろ♪」
みくる「(キメーw一緒に)横歩きたくねぇ へぇ、面白い歌ですね♪」
鶴屋「…別に無理しなくていいよ」
みくる「(なにこいつw急に)テンション下がってきめぇwwどうしたんですか?急に?」

鶴屋「酷いニョロ!」ダッ
みくる「あっ、鶴屋さん!…いっちゃった」

みくる「つうかナンだあいつ?マジ訳わかんねぇ。情緒不安定?どうなのアシモ?」
長門「本音がちょちょもれだった」



キョン「今日は俺が妹を起こしに行こう」

ガチャ ギー

キョン「オハヨウゴザイマ~ス」
妹「スースー」
キョン「グッスリ寝ているみたいですね~」
キョン「!?ぬおおおおおおお??こんなところにナプキン!
おいおい、ウソだろ?初潮はまだのはずだぜ!!おい起きろぐおらぁ!!」

妹「っん、えっ!なになに?」
キョン「お前初潮迎えたのか?」
妹「えっ、そんなの言えるわけ…」
キョン「まさか母さんに言ってないのか?」
妹「ちゃんと言ったよぉ」
キョン「ここ一年ほど赤飯を出された覚えは無いぞ!」
妹「…キョンくんにはばれないようにって家族会議で決めたの」
キョン「なぜ!???」
シャミセン「おいおいキョンのダンナ、今のアンタ変態そのものだぜ?」
キョン「!?」



ハルヒ「古泉君、ツンデレってなに?」
古泉「あなたみたいな人のことですよ」
ハルヒ「?」
古泉「(仕方ありませんね、説明してさしあげます)これだから電波はヤなんだよ」

キョン「逆逆!」



「あんた宇宙人なの?」
「そうだ(適当に言ってみるか)」
「えっ、本当! 最高じゃない!」

こうして俺たちはできたので(結婚して、と言っても入籍は後だけど)退学した。
俺は鈍器で殴られて気絶したところを縛られ、目を覚ましたあとヤられたんだがな。

「あんたが宇宙人じゃなかったのは残念だけど、あんたで良かったわ。
 あたしのお腹で人間が作られていくのって凄く不思議なことよね。」
「ああ、いい子に育てよう」


俺は今、古泉の機関で働いている。
なんだかんだ言って家に帰ると家族がいるのって幸せだ。



『古泉一樹VS神人娘』

[古泉一樹] 攻撃:85 素早さ:14 防御力:97 命中:72 運:98 HP:240
[神人娘] 攻撃:31 素早さ:87 防御力:74 命中:42 運:18 HP:137

古泉一樹 vs 神人娘 戦闘開始!!
[神人娘]の攻撃 HIT [古泉一樹]は1のダメージを受けた。
[古泉一樹]の攻撃 HIT [神人娘]は111のダメージを受けた。
[神人娘]の攻撃 HIT [古泉一樹]は1のダメージを受けた。
[古泉一樹]の攻撃 HIT [神人娘]は104のダメージを受けた。
[古泉一樹]が[神人娘]を倒しました(ラウンド数:2)。
魔法のMD5 - MD5バトルhttp://www.newspace21.com/mix/btl.php


絶大な攻撃力を誇る古泉、神人娘これを素早さで機敏に対抗するが、出落ちで運がない神人娘これを生かせるわけもなく、圧倒的な古泉の防御力の前では涼風同然。
古泉機関で鍛えた体力にものをいわせてわずか2ラウンドで完勝。



「あんたの顔ってホントまぬけねー。少しはしゃきっとしたら?」
「そうか、じゃあ……
  _、_
( ,_ノ` )」
「ごめん、やっぱ戻して」



キョン「wiki編集初めてしたが、疲れるんだな、アレ」
キョン「ぼぼぼ、僕は昨日、初めてととと、登校したんだな」
キョン「い、いい経験に、なったと、思うんだな…」
長門「なぜ山下清?」
キョン「ほほほ保守なんだな」



ハルヒ「鶴屋さん、チーズ貸して!」
鶴屋「えっ?いいにょろよ」
ホイっ
ハルヒ「サンキュ、うおっ、クサァ」
ベチャ
鶴屋「酷いニョロ!」ダッ
キョン「まてまて~!」



朝倉「神人娘には焼きそばパン!鶴屋さんにはスモークチーズ!有希にはカレーライスで私にはおでんっ!」
長門「正しい発音は“カリーライス”」
朝倉「昨今の多様化した萌えキャラには必ずとセットで提供されると言っても過言ではないのがそのキャラのトレードマークとされる食べ物なの!」
長門「まさに人間の三大欲求に訴えかける戦術」
長門「朝比奈みくる。あなたにはある?トレードマーク…」
朝比奈「ふえぇぇ~?お、お茶かなぁ?」
長門「成程、なかなかにノスタルジックで良いチョイス。では、涼宮ハルヒ。貴方にはある?トレードマーク…無い場合上記の誰かとヒロインの座を交換してもらう。
ちなみに次期ヒロイン再有力候補は私」
ハルヒ「そ、そんなの言い掛かりだわ!バカバカしい、付き合ってらんない!」
朝倉「プッ、無いんだぁ?」
神人娘「あの…あ、あまり涼宮さんを刺激しないでくださササいィ、アアアバレタクナルカラアァァ……」
ハルヒ「あ、あるわよ!私の好物はイナゴよ!なんか文句ある!?」
古泉「おーっと!これにはさすがの僕もドン引きだぁー!思わず『怪奇“虫を食らう女”』なんてキャッチフレーズが脳裏をよぎったぞぉー!wwwwww」
ハルヒ「むむむむ~………!」
神人娘「ウガァーッ!オレサマオマエマルカジリ!!」



ハルヒ「あたしの偽者が現れたらしいわ、さっそく探索よバカキョン」
キョン「そんなのほっとけよ」
ハルヒ「そうはいかないわ、ドッペルゲンガーかもしれないし」
キョン「はいはい、メンドクセェなぁ」

中略

ハルヒ「見つけたわ、でも全然似てない…服装だけじゃない」
キョン「…」
ハルヒ「ちょっと、あんた何勝手にSOS団団長腕章してるのよ」
ハルヒ「あたしが涼宮ハルヒだから付けてるんだお」
ハルヒ「何言ってんの?頭大丈夫なの?あたしがハルヒよ」
ハルヒ「そっちが偽者だお、妄想乙だお」

ハルヒ「何この子、ムカつくわぁ。ねぇキョン」
キョン「偽者は黙れ」
ハルヒ「???キョン???」
キョン「本物のハルヒはあっちだ」
ハルヒ「そう、あたしが本物だお」
ハルヒ「えっ、ちょっと何言ってんの!?」
キョン「比べてみると良く分かる、本物のハルヒは
    ルックスだけは高校でもトップクラスだ」

ハルヒ「バカキョン!さっきまで一緒に居たでしょ、脳まで腐ってんの?」
キョン「さっきので分からないのか、お前より可愛いハルヒがいれば
    お前はもう用無しなんだよ。気付け、この不細工」
ハルヒ「……何言ってんのよ、何言ってんのっ!?正気なのっ!!」
ハルヒ「今までご苦労様だお、後は任せて安心して退場すればいいお」
キョン「そういうことだ、お疲れさん旧ハルヒ」

ハルヒ「そ…そんなウソ……ウソよっ!!」
黒服「さぁこっちに来るんだ」
ハルヒ「あんた達ダレよ、ちょっと触らないで!!引っ張らないでよ!!」
黒服「大人しくしろ」
ハルヒ「いやいや、連れて行かないで!!
    あたしのSOS団なんだからぁぁ!!!
    あたしの団員……友達なんだからっ!!
    あたしの…あたしのキョンなのぉ!!」

キョン「部室に戻ろう。皆が待ってる」
ハルヒ「皆に会いたいお、不思議探索の打ち合わせもしたいお」
キョン「あぁ、そうだな。…ハルヒ」



|