キョン「……ハルヒ、お前やつれてないか?」
ハルヒ「ええ……ここのところ、阪中にしつこく誘われてて」
キョン「マジでか。俺も古泉に狙われ続けてもう憔悴の域を脱したところだ」

キョン・ハルヒ「ハァ……」

キョン「手を組まないか?」
ハルヒ「内容によるわね。あんたの脳細胞に期待はしてないけど」
キョン「まあ聞け。俺は古泉が邪魔、お前は阪中が邪魔。
    ……だったら、その2人をどうにかしてくっつけてしまえば」
ハルヒ「へぇ、あんたにしてはなかな【古泉】かかったな小物め!」
キョン「なっ!?」
古泉「唸れテドドン!行きますよキョンたーん!」
キョン「アッー!!アナルだけは!!アナルだ【阪中】かかったのね小物め!」
古泉「フンモッフ!?」
阪中「行くのね涼宮さ……ん?」
古泉「……」


古泉・阪中「アッー!!異性だけは!!異性だけは!!」



キョン「おっ、早いな……? もしかして待たせちまったか?」
ハルヒ「え……あ……ああ、べ、別に待ってないから全然いいわよ!」
キョン「嘘……だな? 待ってたんだろ? 悪いな、せっかく二人っきりなのに待たせちゃって……」
ハルヒ「あ……その……いいのよ……! 私が、楽しみだったから早く来ちゃっただけなんだから……」
 
古泉「……(くっ、愛しのキョンたんはキチガイとデートですか……これでは襲えない!)」
阪中「……(……愛しの涼宮さん、今日は凡人とデートなのね……これじゃ拉致できないのね……)」
古泉「……(どうするか……いっそ一思いキチガイをやってしまいますか……)」
阪中「(……凡人をなんとかすればいいのね……私頭いいのね……)」
古泉「……機関最高の兵器を食らって死ぬがいいですよ……! 涼宮さん……!」
ドガァン
阪中「こんな時のためにトカレフを持ってきてて良かったのね……凡人は凡人らしく死ぬがいいのね……!」
ドォン
バタッ
バタッ
古泉「!?……アーッ!! 嘘だまさか僕が狙いを外すなんて……キ、キョンた~ん……!!」
ダダダッ
阪中「!? 私が……狙いを誤った……なんてことしてしまったのね!! 涼宮さん!!」
ダダダッ
古泉「……ハッ!」
阪中「あっ……!」
 
古泉・阪中「てめぇか~~~~~~~~~~~~!!」



ハルヒ「わたしがあなたたちをよんだのよ。キョン!みくるちゃん!有希!古泉君!
    そしてすべてのゆうきあるSOS準団員たち。いまがそのときよ!
    あなたたちのおぼえてきたハレハレユカイをわたしにきかせて」

謎解き みたいに マッガーレ 地球儀を 解けたら みんなで どこまーでーも マッガーレ
ハルヒ「そう。そう・・・このメロディだった」
キョンたちは メロディをおぼえた。
ハルヒ「ああ・・・SOS団・・・。ほんとうの部活のようにたのしかったのに・・・
    キョンがいたみくるちゃんも・・・古泉くんも・・・有希も・・・
    ああ、ジョン!SOS団 団長 ハルヒよ。
    あなたのまつてんごくにわたしもいまからむかいます」
ハルヒはキョンたちにかたりおえるとかぜのなかにきえていった。
そして SOS団もまた あとかたもなくきえさった。
SOS団とはハルヒのいしきがうみだしたまぼろしだったのだ。

BAD END



古泉「ああっ、古泉……! お前の棒が俺の穴に入ってる……イキそうだ……!」
古泉「いやはや、キョンたん……まだまだイクのは早いですよ……僕も満足させていただかないと……」
古泉「あっ! ああっ!! 古泉、いや、一樹!! もう限界だ、イカせて! イカせてくれっ!!」
古泉「ふふふっ……そろそろ僕もきそうなので……お望み通り……! イカせて……あげますよっ!!」
古泉「あっ……あああああああっ!!」
キョン「……」
古泉「……という夢を見ました」
キョン「……それを俺に言ってどうす、うっ……なんだその期待するような目……!? うわっ……! こっちみんな……!!」
 
阪中「ああっ、阪中さん……! あなたのと私のが擦れて……イキそう……!」
阪中「ダメなのね、ハルにゃん……まだまだイクのは早いのね……私も満足しないとダメなのね……」
阪中「あっ! ああっ!! 阪中、さん!! もう限界、イカせて! 私をイカせてっ!!」
阪中「……そろそろ私もイキそうなのね……お望み通り……! イカせて……あげるのねっ!!」
阪中「あっ……あああああああっ!!」
ハルヒ「……」
阪中「……という夢を見たのね」
ハルヒ「……それを私に言ってどうす、うっ……なにその期待するような目……!? うわっ……! こっちみんな……!!」



古泉「アッー!!またしてもキョンたんの策略で女のケツにテドドンをぶち込むハメに!」
阪中「くっ……!涼宮さん、このわたしをハメるとは流石なのね!」

キョン「自爆しただけだろ」
ハルヒ「そうね」

古泉「ええーいこの古泉、転んでもただでは起きません。
   メス相手は不本意ですがキョンたんの命を狙うこのアマを壊してやる!」
阪中「上等なのね!涼宮さんを亡き者にせんとするホモ野郎め。
   わたしの超絶テクで返り討ちにしてやるのね!」
古泉・阪中「アアッー!!アッー!アッー!アッー!」

谷口「うぃーっす。WAWAWA忘れもの~♪ …のわっ!?
   すまん……ごゆっくりぃ!」

古泉・阪中「ちょwwwwwwwwwww」

ハルヒ「墓穴ね」
キョン「そうだな」



12話アナザーストーリー

キョン「(それはお前が人から感謝されることに慣れてないからさ)うっ!!(うんこをしたい…)」
ハルヒ「何よいいたいことがあるならいいなさいよ溜め込むのは体によくないわ、早く言いなさいよ」
キョン「教室に…戻らないか?(このタイミングでうんこをしたいなんていえない)」
ハルヒ「私はもう少しここにいるわ」
キョン「(この状況で俺だけ帰るのは不自然だ…どうする?)」


サッパリ王子「ハーサッパリサッパリー♪」


隠れてみていた古泉「あっあれは!サッパリ王子!!!
             混乱した状況をサッパリ解決してくれるという伝説の!!!」

        沈黙

古泉「変だな何も起こらない」

キョン「(おなかがサッパリしてる~♪)」

キョンはおなかがサッパリした

キョン「肩の荷が下りたようでとてもでうれしいんだ」
ハルヒ「(はっ!キョンは私が孤立していたところにライブでみんなの輪にはいれたことを喜んでいるのね)ありがとうキョン」
キョン「(何のことを言ってるんだ?そうだ、こんなとこを谷口に見られたらまた勘違いされてしまう)」
谷口「SASASA散歩ー…
    ふのわっ!!!
    すまんごゆっくりー」
キョン「やれやれ」




キ「ハルヒ、○○が復活したらしいな?」
ハ「そうよ、だから今からみくるちゃんと有希と一緒にバニーでお祝いに行くのよ!」
キ「そうか、まぁ頑張ってこい。」
ハ「あ、そうだ。アンタと古泉君も一緒にやる?」
キ(何をまた訳の分からない事を言ってるんだ?こいつは?)
ハ「いや、せっかく復活したんだからやりなさい。これは団長命令よ!!」
キ「やるわけないだろう。第一男の俺がやったところで気持ち悪いだけだ。」
古「僕は別にかまいませんよ。マッガーレ」
キ「ふざけるな古泉。気持ち悪い。」
ハ「なによキョン。あんた空気読みなさいよ。」
キ「いや、空気を読むとかそう言う問題ではなくてだな…」
ハ「めんどくさいわね!!古泉君!キョンを取り押さえなさい!!」
古「了解しました。マッガーレ」
キ「な、おいやめろ古泉!その手を離せ!!」
ハ「覚悟しなさぁぁぁぁぁい!!」
キ「アッーーーーーーーーーーー!!」



いや、これはだな、またハルヒの勝手な命令のせいであってだな。
俺の趣味とかそういうもんじゃないからな。

……待て、なぜそんな顔をするんだ?!
だから趣味じゃないって!
信じてくれ!

……古泉、ちょっと来い。
「何するつもりですか」
来れば分かる。

「アーッ!ひどいですよ、憂さ晴らしに僕をマッガーレするなんて!」
バニーなだけにな、うさ晴らし。

クラスメイトにバニー姿を見られ、必死に弁解するキョンに萌えた。



カタ カタカタ
朝倉「…ん~?有希ちゃん何してるの?」
長門「…インターネッツ」
朝倉「ふぅーん………あ、これってテレビでも話題になってた2ちゃんねるってヤツでしょ?」
長門「そう」
朝倉「へぇ~…こんなヤツなんだぁ~」
カタ カタカタ
朝倉「(そう言えば有希ちゃんどんなことを書き込んでるんだろ…)」
朝倉「えーっと…『暇だから長門が安価で行動』?(安価ってなんだ?)」
カタ カタカタ
132:長門◆NAGAMON :2006/09/10(日) 22:54:13.30 ID:23UbTub10 []
>>200

197:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/10(日)23:10:20.30ID:3jKQ5L4J0[]
ksk
198:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/10(日)23:11:10.20ID:n7aDKQLJ50[]
古泉と遊戯王でデュエル
199:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/10(日)23:11:15.15ID:ci5g7OT10[]
フリーザ様を倒しに行く
200:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/10(日)23:12:30.22ID:NP3228sC0[]
明日一日団長に安価で行動
201:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/10(日)23:12:40.54ID:3jKQ5L4J0[]
サルーインにタメ口

長門「…………」
朝倉「…?どうしたの有希ちゃん?」
長門「…な……」
長門「/(^o^)\なんてこったい」



また、古泉に勝った
キョン「古泉ゲーム弱いナ」
古泉「ふっふっふっ」
古泉が不敵に笑う
古泉「これで終わりだと思ったら大間違いですよ。キョンタン」
その刹那古泉の股関が光り出す。
古泉?「ふぅ~すっきりしたぜ」
キョン「なっ……何が起こった!?古泉ぃぃっ説明しろ!!」
古泉?「俺は古泉ではない。闇古泉だっ!!!」
闇古泉は股関から千年ロッドならぬ千年テトドンを出した。
闇古泉「さぁ、ゲームの時間だ」
闇古泉は棚から人生ゲームを取り出した。


~十分後~

キョン「もう直ぐ、俺の勝ちだな。」
俺は最後のダイスを振った。
キョン「2だ」
その時千年テトドンが光った………気がする。
キョン「何ぃぃぃっ!?俺の止まったマスが変わるぅ?」

全額 闇古泉にあげる

闇古泉「俺の勝ちだな。」
キョン「そんな、むちゃくちゃな……」
闇古泉「言い訳無用!!罰ゲーム!!」
アァー
キョン「罰ゲームだけは!!罰ゲームだけは!!」



私は涼宮ハルヒ、SOS団団長!今は部活が終わって下校中。
キョンが好きなんだけど、なかなか素直に好きって言えないのよねえ。あの鈍感も少しは気付いてくれてもいいのに!

あれ、見慣れない店がある。
ハルヒ「こんなところにお店なんてあったっけ?」
引き寄せられるように私はその店に入った。
ギイ…
なにやら小物が充実している。カップなんかもあるのね。…おや?
ハルヒ「これは…寸胴鍋?場違い甚だしいわね…」

ハルヒ「…なんで買っちゃったんだろ」
別に必要ないのに、なんとなくふら~っと買ってしまった。というか、タダで貰っちゃった。いいのかな…。あ、鍋の底に何か書いてある。
ハルヒ「『願いを言いながらカレーを注ぐと願いが叶います』?おまじないかしら」
願い…

ハルヒ「キョンと両思いになれますように」ドボドボドボ
カッ!
???「私は妖精ナガモ、あなたの願いを叶える為に参上!」
ハルヒ「よ、妖精!?」


わがまま☆対有機生命体コンタクト用フェアリーナガモでポン!


続かない



長門「オッス!オラ長門!
   オラ達が図書館に行ったら、いきなり未来から来た朝比奈ってやつが現れて、
   オラのキョンを奪っていきやがった、
   オラ、大事なキョンを奪われたってのになんかワクワクして来たぞ!
   待ってろミクル!一晩中、枕元に立ってやるからな!
   次週、鶴屋邸は火の海の巻!絶対見てくれよな!」
キョン「よそ様のお宅を炎上させるんじゃありません!」
長門「……グスン」



「あれ?キョン。アンタ先に帰ったんじゃなかったの?」
「ああ、ちょっとな」
「何よ?」
「いや、実はハルヒと一緒に帰ろうと思ったからね」
「ふーん、あっそう。支度するから待ってて」
「ああ、ゆっくり準備してていいのね」
「……?」
「どうしたハルにゃん?俺はキョンなのね。おかしいところなんて一つも――
「……」

ガッシャーン!


ハルにゃんは脇目も振らず窓ガラスをぶち破って雨の中帰っていってしまったのね……



「なぁ長門」
「……何?」
「最近、動力源を電池からゼンマイに変えたって本当か?」
「……」
「……」
「……」
「……」
「……」
「……」
「……」
「……長門?」
「……」
「……ったく」

ジーコジーコジーコジーコ

「……そう」
「めんどくさくないか?」
「ユニーク」



みくる「スーパー未来人!」ボッ
長門「スーパー宇宙人2!」ドンッ
キョン「スーパー一般人3!」バチバチバチ

古泉「スーパー超能力者4!」
みくる・長門・キョン「アウトーッ!最後が“人”じゃないから無理ですぅ~wwwww」


古泉「( ゚д゚)…」
古泉「(゚д゚)<慰めて…くれますか?」



文芸部室に行くと朝比奈さんは地面にうつ伏せになり、長門は浮いていた。
キョン「何してるんですか?朝比奈さん」
みくる「胸が重くて」
キョン「長門は何をしてるんだ?」
長門「胸が軽くて」
その時風が吹いて窓から消えていった。
キョン「あいつの胸が無いのは空を飛ぶためだったんだな」
下を見ると朝比奈さんが更にめり込んでいた。



ハルヒ「キョン!生徒会に先制攻撃をするわよ」
のっけから何を言い出すんだこいつは。聞けばハルヒはまたいつ何時生徒会の文芸部潰しに来るか
分からないので、先に生徒会の活動潰しを行おうと言うのだ。
もうこいつとも一年近い、何を考えているのか、などとは考えるだけ無駄と分かっている。
問題はどうして俺がこんなことをしているかだ・・・

SOS帝国
聞くがよい、みなの衆ー。ハルヒが考え出した生徒会への先制攻撃、それは
SOS作戦
S 世界を
O 大いに盛り上げる
S 涼宮ハルヒの相談室
作戦であり、生徒会のアイドル喜緑さんの人気相談コーナーに対抗しようと言うものである。
こんな怪しげな団体に相談に来る奴なんか・・・いたよ
しかも電波な相談ばっか。相談が来れば回答しないわけには行かず、その役目は
神の見えざる手により俺に決定するわけであった。唯一の救いは長門がコンピ研から持ってきた
似たような企画の単行本「ゲーム●国」であ・・・ってこれもわけわかんねぇよ。

新しい部活を作ったんですね。今度見学に行ってもいいかな。(5組 委員長)
 ああ、芋眉よ。カナダに転校したはずの芋眉よ。何故最近募集したはずの相談箱に一年前の話題を書くのか。
罰として、眉を両方マジックでつなげるがよい。

SOS団とは「さすがの 岡部も そうハンドボール三昧じゃ飽きちゃうよ」の略であり
ハンドボールを根絶する団体ですか?(5組)
 惜しい!!余りの惜しさに世界を大いに盛り上げようとするも肝心の団長が消失するくらい惜しい。
正解は「生徒社会を 応援する 世界作りのための奉仕団体」と言うことで書類を作ったが
生徒会により記録抹殺以下アングラ行為まっしぐらな団体であり夢と希望に満ちていますか?
でありいつの間にか俺が質問者であり、ノードリーム・ノーホープに俺まっしぐら

SOS団にはめがっさ分が足りない(2年 鶴屋ファンクラブ)
「めがっさめがっさめがっさめがっさめがっさがっさがっさがっさ(残響音含む)」
 喜ぶがよい!SOS団名誉顧問に頼んでめがっさ大量入荷。望みがかなって嬉しかろう
ほれ喜べ。鶴屋さんにこんなことで相談しにいった俺の身にもなって喜べ!!

ただの人間だけどドSな僕でもSOS団にはいれるかなぁ~キョン(幼馴染)
 歓迎する。わがSOS団はただの人間には興味がないが貴様のようなドSはただの人間と
カテゴライズしておらぬゆえ大歓迎。尚今入部した場合自動的にSOS団次回作「長門ユキの逆襲」
の雑用・パシリ・その他もろもろにも参加できて大変お得。
ぜひ俺と変わっていただくため入部していただきい。



「明日、『少年○ース』買って来るわ」
「「「!!」」」
「?」

「な、何だって! ハルヒ正気か?」
「……。ええ、止めたりはしませんが」
「……想定外」
「あの、それなんですかぁ?」

「あたしは、スポーツタオルがほしいのよ!」
「それが目的かよ!」



「み、み、ミクルビーム!」
チュドーン
「長門!?」
「ミクルビームは今ナガトビームをぶつけて均衡を保っている。ここにハルヒビームが加われば行き場を失った膨大なエネルギーが爆発して半径十キロが完全に消滅する」
「ふっふっふ!」
「やめろハルヒ!ここ一帯を消し飛ばす気か!?撃つな!!」
「いいや、限界よ!撃つわ!ハルヒビィーームゥ!!!」

チュドオオオン!!


「と、いう夢を見た」
「けったいな夢を見たんだな長門。最後はどうなったんだ?」
「谷口が身を呈して爆発からアナタを守る、怒りに燃えるアナタと古泉一樹との最終決戦。次週、最終話【アナルだけは譲らない】お楽しみに……」
「来週は2時間スペシャルだっけか?」
「……そう」



ハルヒ「点呼とるはよー!さん、はいっ!」
長門「イー」
みくる「アル」
古泉「サン」
キョン「ダァーーーーっっっ!!!」



ハルヒ「お昼ご飯も食べずに待ってたのにどこほっつき歩いてたのよバカキョン!!」
キョン「もうちょっと幼馴染みが照れ隠しに怒る感じで言ってくれ」
ハルヒ「……キョ、キョンを待ってたせいでお昼ご飯食べる時間無くなっちゃったんだからねバカ///」
キョン「もうちょっと女教師が生徒を優しく諭すような感じで言ってくれ」
ハルヒ「もう…女の子を待たせるなんてダメだぞキョ・ン・く・ん(はぁと)」
キョン「もうちょっとタブー系の義妹が甘えるような感じで言ってくれ」
ハルヒ「もぅ~、キョンくんのせいで私までお腹ペコペコなんだからね!」
キョン「(…おもしろい)」



「今唐突に気づいたが、よだれとマン汁の臭いって似てないか」
「あたしもちょうど同じこと考えてたのよ」
「俺たちって」
「気が合うわね」
「ではなく、変態と言った方がよろしいんじゃないですか」
「私も変態だと思います」
「変態」



キョン「怖いんならいっそ腕にしがみついてくれ。その方が気分が出る」
ハルヒ「……バ、バカ!///」
長門「貴方は気分出し過ぎ………離れて///」
俺は長門の言葉を無視して長門の腰にしがみつき続けた。だって怖いんだもん。クンカクンカ

下劣キョンってこんな感じ?



「少年○ース買ってきたわよ!」
「「「!!」」」
「!?」

「マジか!」
「……。良い選択かと」
「…………」
「あっ! これがそうなんですね」

「キョン! あんたにこのスポーツタオルあげるわ。あたしだと思って大切に使いなさいよ!」
「いや、こんなもの要らないんだが――」
「『ぴろりろぴろりろ♪』――。ギロリ」
「……最悪」
「キョ、キョンくん……」

end



~野球大会にて~
みくる「長門さん……呪文を唱えてるみたい…」
呪文…?

長門「ぴぴるぴるぴるぴぴるぴるぴ~♪なんでも出来ちゃうバッド、エスk(ry」

ただたんにノリノリなだけじゃないスか?
キョン「とりあえず死人が出る前に止めてきます」
みくる「頑張ってくだしゃいね~ノシ」



「お弁当///」
「………俺に?」
「べ、別にあんたのために作ったんじゃないんだからねっ!」



そう言ってハルヒが取り出したのはどう見ても精子です。
本当にありがとうございました。



|