キョン「実は俺、ポニーテール萌えなんだ」
ハルヒ「へ?」
キョン「いつだったか、お前のポニーテール姿、反則的に似合っていたぞ」
ハルヒ「バカじゃないの!って!ちょ…コラ!今何しようとしたの!?」
キョン「いや…なんていうか…キスを…」
ハルヒ「なんでここでいきなりそうなるのよ!」
キョン「でも…元の世界に戻るためだし…?」
ハルヒ「はぁ!?意味わかんないこと言わないでよ!」
キョン「頼むよ、ちょっとだけ。な?な?」
ハルヒ「イ…イヤに決まってるでしょ!頭おかしいんじゃないの!?」
キョン「ちょっと口と口が触れるだけでいいから、すぐ終わるから」
ハルヒ「ちょ!やめろっ!この変態!!」
キョン「お願い、一瞬だから、一瞬だから、お願い」

ハルヒ「わぁぁぁんキョンがキモイィィィ!!」
キョン「待ってくれ、1回だけ!1回だけでいいから!!」

キョン「ハァ…ハァ…やっと追い詰めたぞ」
ハルヒ「ハァ…ハァ…一体なんだってのよ…アンタちょっとおかしいわよ」
キョン「頼む、騙されたと思ってキスさせてくれ、すれば全て分かるから」
ハルヒ「何が分かるってのよ、イヤだって言ってるでしょ」
キョン「ええい!もうめんどくさい!」ガッ!!
ハルヒ「…分かったわ…好きにしなさいよ」
キョン(なにやら誤解だらけだが、これで全て終わる)

ハルヒ「……」
キョン「……」
ハルヒ「…プハァ!…で?何が変わったていうの?」
キョン「あれ?…おかしいな??」
ハルヒ「……ホントにもう。訳分かんない」
キョン「おい、ハルヒ…泣いてるのか?」
ハルヒ「泣…泣いてなんか無いわよ!…ちょっと1人にさせて…」

キョン「やべえwwwもう泥沼www朝比奈コロスwww」

長門「特別な情報操作をして涼宮ハルヒの居る空間を覗けるようにした」
みくる「ktkr!!プッスウwwwwwwwwwwww」
古泉「どうしたんスか?朝比奈さん」
みくる「キョンにピンチになったら白雪姫とか吹き込んどいたwwww」
長門「みくるGJwwwwwwwwww」
古泉「見ものッスね」
みくる「うはwwwwキョン振られてるwwwww」
長門「バロスwwwwwww無理やりしちゃったよwwww」
古泉「過激スね」
みくる「あ~あ~ハルヒ泣いちゃったw」
長門「修羅場ktkrwwwwww」
古泉「ひどいスね」

キョン(部室で反省しよう…)

――――
みくる「キョンも相当落ちてますwwww」
古泉「当然スね」
長門「ちょwww俺も指令出すwwwPCつけろww」

――――
キョン「なんだ?勝手にPCついたぞ」

YUKI : 見えてる?
キョン: ああ
YUKI : 恐らくこの空間の発端は涼宮ハルヒがアナタへ抱く疑心が原因
キョン: どうすればいい?
YUKI : 簡単なこと、アナタが涼宮ハルヒに隠しているものを晒け出せばいい
キョン: すべて話せってことか?
YUKI : 違う、それでは涼宮ハルヒの常識が崩壊して危険、
YUKI : 身体的なものを全て晒せばいい。
キョン: ちょっ それはつまり
YUKI : もう一度図書館へw

プツッ

みくる「長門おまえやりすぎwwwwwwwww」
古泉「キョンさんやるスかね?」
長門「キョンのクオリティに期待ww」

キョン「ハルヒ、そこに居るのか?」
ハルヒ「1人にしてって言ったでしょう。」
体育館倉庫の扉越しにハルヒの声が聞こえる、
まずはハルヒにここから出てきてもらわなくては…
キョン「さっきのこと…気にしてるのか?」
ハルヒ「別にキスくらい気にしてないわよ」
キョン(そうだ、このままハルヒが出てきてから俺が脱ぎだしてもハルヒは
きっと逃げ出すだろう。今のうちに脱いでおくのが得策か・・・)
―――――
みくる「おいwwキョンもう脱ぎだしたぞwww」
長門「気がハヤスwwwwwwやる気wまwんwまwんwだwなw」
古泉「いい体スね」
―――――
キョン「なぁ、開けてくれないか」
ハルヒ「イヤよ」
どうせこの姿を見れば元の世界に戻れるんだ…
そう思った俺はドアをブチ破った。
キョン「ハルヒィ!!」
ハルヒ「ひっ!いやぁぁあ!!」
キョン「コレで全て元通りだぁ!帰ろう!元の世界へ!」
キョン「…って、あれ?」
――――
みくる「バカスwwwwwwwwwwww」
長門「何wwwキョンのテンションありえんだろこれwwwwwwwww」
古泉「いい体スね」
―――――
ハルヒは小さく肩を震わせ怯えながらうずくまって居た
元の世界に戻る気配は微塵も無い。
キョン「もうwwww長門wwwwブッコロwwwww」

古泉「次、僕行って来るッスw」

―――――
キョン(また部室で反省しよう…)
キョン「ん?なんだ?」
古泉「どうもッスwキョンさんのやり方じゃ甘いッスwアナルまで晒し出せばOKスww」
キョン「うるせぇ、おめえら全員グルだろ?マジ戻ったら全員殺すからな」
古泉「…」

みくる「あーあ、古泉、調子に乗りすぎだろ常識的に考えて…」
長門「空気嫁よな」
古泉「すいませんス…」
みくる「ホント厨房いらね、帰れ」
長門「台無し、一気に冷めた」
古泉「申し訳無いス…」


【分岐エンド】

キョン「すまん!あいつらに踊らされてどうにかしてたんだ!許してくれ」

俺は扉越しにハルヒに誤り続けた。
やがてハルヒが出てきた。

ハルヒ「まぁ許してあげるわっ!こんな空間にアタシみたいな美人と一緒にいたら
襲いたくなるのも分からなくないしねっ」
さっきまで泣いていたであろう赤い目をしながらもハルヒは笑顔で許してくれた。

その笑顔を見て今まで俺を大変なことに巻き込んでいたのは
ハルヒではない、あの糞団員達だということを確信した。
俺はハルヒ今までのことを全て打ち明けた。
SOS団員が宇宙人や未来人なこと、俺達はハメられてたと言うこと、ハルヒの特別な力のこと。
俺がSOS団員を殺したいこと。

全てを話すと、元の世界に戻ることができた。ハルヒが俺の意思をきいてくれたらしい。

その後、SOS団は解散したが俺はハルヒとうまくやっている。

終わり




キョン「すまん!あいつらに踊らされてどうにかしてたんだ!許してくれ」

俺は扉越しにハルヒに誤り続けた。
やがてハルヒが出てきた。

ハルヒ「クマーのマネしたら許す」

キョン「おkwwwあばばばばばばばwwおちんちんびろーん!」

ハルヒ「おまえww本当クオリティ高すwwwwwww」
ハルヒ「でも許さん変態死ね」

キョン「バーローwwwハルヒまでwwマジwwwコwロwスwww」



キョン「すまんあいつらに踊らされてどうにかしていたんだ!許してくれ!」

俺は扉ごしにハルヒに謝り続けた。
やがてハルヒが出てきた。

そして俺の額に蔦る汗を舐めて言った
ハルヒ「この味は嘘をついている味だぜ?」
キョン「(?!お、落ち着け。落ちついつ虚数を数えるんだ)」
その後俺はハルヒに平謝りし続けた結果、ボコボコにされた。

てめーは私を怒らせたエンド



キョン「すまんあいつらに踊らされてどうにかしていたんだ!許してくれ!」

俺は扉ごしにハルヒに謝り続けた。
やがてハルヒは出てこなかった。
end



キョン「すまんあいつらに踊らされてどうにかしていたんだ!許してくれ!」

俺は扉ごしにハルヒに謝り続けた。
やがてハルヒは出てきた。その手にナイフを持って。


「ちょ、ちょっと待ってハルヒ!冗談になってないぞ!?」
「冗談なわけないでしょ……あんたみたいな変態がキョンなわけない…」
「俺はキョンだって!俺の事が信じられ」
言葉は目のまえを通りすぎていったナイフのせいでさえぎられた。
「あんたなんかキョンじゃない!わたしのすきなキョンじゃないぃ!」
狂気がにじみ出る、そのハルヒの姿とかつて朝倉に植え付けられたトラウマによって、俺はペタンと尻餅をついてしまった。
「はわわわわわ」
「偽者は死ねぇぇえー!!!!!」
「っひ?!」


っとここでネタばらし。
そうこの被害者役であるハルヒも実はグル。
それを知ったキョンは思わず「もうハルヒで遊んだりしないよ……」と漏らしたと言う。
世界丸見えend



キョン「すまんあいつらに踊らされてどうにかしていたんだ!許してくれ!」

俺は扉ごしにハルヒに謝り続けた。
やがてハルヒは出て来た。そして俺はハルヒに事のしだいを統べて話した。


キョン「つまり全ては団員達の陰謀だったんだよ!」
朝比奈・長門・古泉「な、なんだってーー!?」
mmr end



「すまん、あいつらに踊らされてどうにかしていたんだ!許してくれ!」
俺は扉越しにハルヒに謝っていた。 

「まあいいわ。 許してあげる。」 …扉の向こうからそう聞こえた。
俺はその声にハッとした。

……なぜ俺が謝らなければならない? そうだろう?  悪いのはあいつらだ。
「ふふふ、キョンの馬鹿面! 実はグルでした~♪」
ああ、ハルヒ。 そうか。

ハルヒの笑顔は笑顔から恐怖、そして絶望へと変化していく。
やがて青紫に― チアノーゼ、酸素欠乏の症状の典型― となり、やがて静かになった。
閉鎖された空間が解き放たれ、俺は北校へと戻ってきた。 

あいつ等は、いったいどんな表情で俺を楽しませてくれるのであろうか。
俺は一人微笑んだ。



「すまん、俺はどうにかしていたんだ…。許してくれ…。」

部室の中からはまだハルヒすすり泣く声が聞こえる。
そうだよな、だまされていたとはいえ俺のしたことには変わりはない。
自分の行動に後悔を覚える。 俺は最低な人間だ。 少し考えれば分かるようなことだものな。

俺はふらふらと廊下を歩き続ける。してやれることはただ一つ、彼女から一刻も早く離れてやることだ。
階段を登り屋上へとやってきた。  ごめんな、ハルヒ。

「ねえ、キョン。 あたし本当はあんたに抱かれてもよかったのよ。 でもデリカシーってものがあるでしょ?」
…返事はない。 ドアを開けても誰もいない。 あたしは一人学校を彷徨う。 出られない。 誰もいない。
何も口にしないのにあたしは痩せることも死ぬこともなかった。 そしてここから出られもしなかった。

ある日暇つぶしに学校内の散歩をしていると、植え込みの陰にキョンを見つけた。
それはさっきまで生きていたような生命感を感じさせる。 でも彼はそこにいない。
彼に触れるとなぜか記憶が流れ込んでくる。 彼の本心も。
体を隠すために飛び込んだ場所は彼を楽には死なせなかった。 私はただ、泣いた。

あれから私は変わることのない世界でキョンと二人過ごしている。



キョン「すまん!あいつらに踊らされてどうにかしてたんだ!許してくれ」
俺は扉越しにハルヒに誤り続けた。
やがてハルヒが出てきた。
ハルヒ「まぁ許してあげるわっ!こんな空間にアタシみたいな美人と一緒にいたら襲いたくなるのも分からなくないしねっ」
さっきまで泣いていたであろう赤い目をしながらもハルヒは笑顔で許してくれた。
その笑顔を見て今まで俺を大変なことに巻き込んでいたのは
ハルヒではない、あの糞団員達だということを確信した。
俺はハルヒ今までのことを全て打ち明けた。SOS団員が宇宙人や未来人なこと、俺達はハメられてたと言うこと、ハルヒの特別な力のこと。
俺がSOS団員を殺したいこと。
全てを話すと、ハルヒとてもシラケたな目をしていた。ハルヒの眼差しは暗に「ダメだこいつ頭イカれてやがる」と物語っていた……そして閃光、

気が付くとそこは相変わらず灰色の空間だった。ただハルヒがいないことを覗いては…
俺は元の世界に帰ろうと色々と試行錯誤を繰り返し、それも無駄だと悟ると、俺は考える事をやめた…

ハルヒ「キャッ!」
気が付くと私はベッドから転げ落ちていた………………………ゔわ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙!!!ジョンに似た架空の人物と二人切りであんなこと………なんて夢見てるのよ私はっ!ユング先生も大爆笑よっ!
もしかして私レイプ願望があるのかしら………宇宙人の子供だったら孕んでもいいかな。テヘッ☆
まさかの夢オチend.



キョン「すまん!あいつらに踊らされてどうにかしてたんだ!許してくれ」
俺は扉越しにハルヒに謝り続けた。
やがて扉が開き、


「WAWAWA忘れ物~」

王道end.



|