午前中の診察が終わり、医局でくつろいでいる。
朝比奈さんがお茶を淹れてくれる所は、SOS団の頃と変わりないな。
勿論、甘露であることも変わりない。
ただ、朝比奈さんはお茶を淹れたあとに「外来の仕事がありますので
ぇ〜」と言いながら仕事に戻っていった。ハルヒは高校の頃と変わらず
どこかに行っているし、長門は外来が長引いてまだ仕事が終わっていな
い。
つまり、医局にいるのは古泉と俺だけ、と言うわけだ。

「相変わらず、朝比奈さんの淹れてくれるお茶をおいしそうに飲んでい
ますね。」
ああ、それだけは高校時代から変わってないがな。一気に飲み干すハ
ルヒとは違うんだ。お前はどうなんだ?
「僕にとっても、癒しの一服ですよ。仕事が忙しいだけに、このお茶を
飲みながらあなたと話すこの時間が癒しになっていますよ。」
なんだ、古泉、顔が近いぞ。息がかかる。気持ちが悪いぞ。
少し体を引きながら、話を変えてみる。

なあ、古泉、よく消化器内科なんか選んだな。一日中検査漬けなんて
俺には耐えられんぞ。
「いや、内視鏡も慣れれば面白いものですよ。僕に適性があったのでし
ょうね。指先は器用だと、自分では思っていますからね。」
午前中に胃カメラをしまくって、このあとは大腸カメラか、ご苦労な
ことだな。
「いえいえ、趣味と実益を兼ねると言いますか。」

冷や汗が走る。
適 性 ? 趣 味 と 実 益 ?
肛門からカメラを挿入するのが"適性"で、"趣味と実益"だと!?
今更、高校時代から奴に立っていた噂を思い出す。

「この頃、僕の腕も上達して、かなり自信がついてきたのですよ。もし、
あなたに大腸カメラが必要なときは、僕が担当してもいいですよ。」
古泉、お前は俺をそんな目で見ていたのか?
「おや、何のことです?」
0円スマイルは変わらず、奴が近づいてくる。
やめろ、本当に近づくな、「プルルルルルル....

野郎の院内PHSが鳴った。
「はい、もう準備が整ったのですね。分かりました。5分後に参ります。」
こっちを見るな!
「残念です、午後の検査が始まるようです。」
何が「残念」なんだ! 頼むから、そのスマイルでこっちを見るな!
「続きはまた後ほど。」
古泉は医局から出て行ったが、冷や汗はまだ出ている。
後に何をしようと言うんだ、古泉! 

【了】

【おまけ】
長門が医局に戻ってきた。さっきの古泉の話をしてみた。

「ユニーク。」
たしかにユニークだが。俺の身になってくれ。命の危険はあまり感じない
が、貞操の危険は非常に感じるところだ。
「彼は元々そう。適性がある。」
適性と言っても、内視鏡の適性ではないと思うのは俺だけか? それより
"もともと"ってどういうことだ? 俺にはその手の趣味はないぞ。
「……大丈夫。彼よりもうまくできる自信はある。」
アッー!!

|