※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

それは突然訪れた。

宇宙人と未来人の全面戦争である。
総力戦の結果、両者の被害は甚大。
かつ、本当の勝者はいないという結末を迎えてしまった。
これは全知全能の宇宙人と、時の流れを操る未来人との一大スペクタクルである。

それは宇宙人の家で開戦を余儀なくされた。
全ての戦争は神の悪戯である。
神に逆らう事はできず、そしてそれは偶然と言う檻の中で必然を持って行われる。

当然免れることなどできるはずもなく、その白色を帯びた円状の物体は目の前に置かれるのである。
その上には濃い赤色を湛え、奇妙な三角錐を保った物体が添えられている。
それはまさしく神の悪戯であった。
なぜ神はそのような甘美な物体を作られたのか。
しかし、それは目の前にあった。
そして、それをめぐる世界最高の知能戦が始まった。

(注、ただの罵り合いです)

――クソッ!
  涼宮のやつケーキを適当に切りやがって!
  これで大きいのを選んだらキョン君になんて思われるか!
  でも、私これ大好きなのよ。
  涼宮の野郎がよりによってこんなの買ってくるから!(みくる)

――ケーキのそれぞれの質量比は35%、25%、20%、10%、10%。
  最大値と最小値の間に3.5倍もの開きがある。
  これが選挙なら違憲に違いない。
  チッ!
  このケーキ、駅前のでとてもおいしいのに。
  食べたい、食べたい、食べたい!
  むしゃぶりつきたい!
  でも、彼がどう思うか、それが心配だ。
  でも、わたしはこの日のために大食いキャラクターを確立してきた。
  きっと大丈夫に違いない。
  35%、いや25%狙いでいくか?(長門)

「それじゃあ食べようぜ。ケーキなんて久し振りだ」

――ああ、キョン君今日もカッコイイ!
  なんて、感慨深げに振舞ってる場合じゃない。
  不覚だった。
  こんな日が来るとは。
  わたしは可愛い癒し系キャラなのよ!
  ここで大きいのを取ったらキャラが崩壊してしまう。
  わたしのアイデンティティーが!
  とにかく四分の一のやつを狙うのよ!(みくる)

――さっきからケーキばかり凝視してる乳牛の動向が気になる。
  わたしは癒し系だからなんて思ってるんだろうが、お前は卑しい系だ勘違いするな。
  本来、癒し系はわたしの役割。
  乳牛のバカなんてどうでもいい、とにかく25%だ!
  無難に行くんだ!
  冷静になれわたし!
  くそ!
  昨日から冷却ファンの調子が悪いからこんなんになるんだ。
  取り替えておけば!(長門)

「あれ、皆さん食べないんですか? それなら僕からいただきますね」

そのときだった。
神の悪戯か、古泉は25%に手をつけたのであった。
その顔には不敵な笑みが漏れていたという。

――ぎゃぁぁぁぁぁあっぁ! そのサイズはだめぇ!
  大きすぎるぅ! いっちゃ、だめぇぇぇ!
  くそぉぉっぉ!
  不覚! 一生の不覚だ! ホモ野郎め! あとで嬲り殺してやる!
  どうする?
  狙うべき相手はあとは五分の一しか残されてない! 冷静になれわたし。
  くそ! 顔が引きつって笑えない!(みくる)

――ある程度予想されたことだったが、手遅れだったか。
  こうなったら20%を狙うしかない!
  よし、決断後即実行だ!(長門)

「朝比奈さんも長門も顔引きつってるぞ? どうしたんだ?」
「あ、えへへ。なんでもないですよ?」
「問題ない」

――くそ、このままではキョン君フラグが!
  でも、さっきのは可愛くできたな。
  可愛いぞ、わたし!
  それより横の宇宙人がやけに不穏な動きを見せてる、厄介だなこりゃ。(みくる)

――もらったぁぁdxだっぁ!(長門)

「あ、取り分けてやるよ」

――さすがわたしのキョン君! だーいすき!
  でも、キョン君はわたしが大食いなんて思ってないから、もしかして?
  まずい! これは!(みくる)

――ああ、なんで彼はこういう時に優しいの? またエラーが溜まっていく……
  乳牛め! 行動が遅いわ!
  その無駄に大きい胸が行動の邪魔をしたか? 時代は貧乳よ!
  これぞ人間が最適化された姿よ!(長門)

「長門は甘いの好きだったか?」
「好き(あなたが)」
「朝比奈さんは好きでしたっけ?」
「大好きです(あなたが)」
「そっか、どうしよっかな?」

――よし、これでなんとか情勢は返した。
  隣の宇宙人は『好き』。
  わたしは『大好き』。
  つまりわたしのが大きい事はこれで確定したわ。
  哀れまな板宇宙人、宇宙の果てで嘆くが良いわ!(みくる)

――エラー発生。
  乳牛のほうを先に聞いてくると思念体は判断したのだが!
  こちらの情勢のが若干不利な気もする。
  が、常に最悪のケースを考えて行動しているわたしには問題ない。
  こうなったら奥の手だ!(長門)

「こうすれば良いのよ!」
「お、ハルヒナイス判断!」

そう、神は再配分を企てたのだ。
20%から5%を取り、15%を二つ作ったわけだ。つまり、

――ぎゃぁぁぁあーぁぁーx-あ! 最悪のケースが! 
――ぎゃぁぁぁあーぁぁーx-あ! 最悪のケースが!

「でも、これじゃあ俺のが少ないな」
「それならこれでいいでしょ?」

そういうと、ハルヒは一番大きなケーキの一部を切り取って、キョンの口へと運んだ。

「あ、ありがとう」
「いいのよ。あたしの一番大きいんだもん。あんたがかわいそうじゃない」
「ハルヒ、好きだ」
「なによこんなところで。………あたしもよキョン」

――( ゚д゚ )

――( ゚д゚ )

――あははっ! 滑稽だわ! あんた達甘いのよ。
  最初からあたしの読みどおりよ!
  全ては神の手の上よ。
  ご膳立てご苦労様。あははっ!(ハルヒ)

かくして、宇宙人と未来人は敗北を喫した。
だが、その両者の手はガッチリと握られていたという。

彼女達が神々と争うのをこのとき予想できたものはいなかった。

HAPPY END!
|