※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

妹「ねぇねぇキョンくんー、キョンくんてハルにゃんと恋人なのー?」

キョン「んなわけないだろー?まぁ、あいつが長門くらいおとなしい奴なら惚れちゃうかもしれないけどな」

妹「えー?じゃあ有希にゃんと恋人なのー?」

キョン「コラッ、俺をロリコンみたいに言うな!俺はもっと、こう…肉感溢れる感じの……」

妹「やっぱりみくるにゃんが好きなのー?」

キョン「いや、そういう訳じゃないぞ?あの人はあの人でもっと(朝比奈(大)さんみたいにな)しっかりしてくれないと付き合ってても疲れそうだしな」

妹「じゃあ古泉くんと恋人なんだー!キョンくんの変態ー!」

キョン「なんでそこで古泉が出てくるだよ!こいつッ!」

妹「キャーーー!」


《翌日》
教室にいたハルヒが何故か無口になっていた。

キョン「おーい、ハルヒー」
ハルヒ「………」
キョン「おーい、返事くらいしろよ」
ハルヒ「………」
キョン「ハルヒさーん?」
ハルヒ「………」

このままじゃ拉致があかないので俺は十八番の北の大将軍の物真似をした。

キョン「ニダー」
ハルヒ「プッ、アッハッハッ何その顔ー!w」
キョン「やっと喋ったか。なんで無視すんだよ」
ハルヒ「べ、別に私だってなんでもないわよ!///」
キョン「………生理か? ボソッ」

無言で殴られた


で、昼休み。朝比奈さんが凄い剣幕で教室に来て俺を拉致った!

キョン「あのー朝比奈さんどこへ向かってるんですか?」
みくる「うるさいですぅー!黙ってついてきてくだしゃーいっ!」

そんなこんなで到着したのは屋上。

キョン「朝比n」
みくる「食べるでしゅー!べ、別にキョンくんのために作ったの、じゃなくて作ったんじゃにいですからねっ!」
キョン「はぁ…」
みくる「味わって食べなさいですっ」
キョン「なんか、今日の朝比奈さんハルヒみたいですね…」
みくる「ほ、本当でしゅかっ!?やったー」

何をやったのだろうか?
結局朝比奈さんは昼食を食べ終えたら解放してくれた


謎が謎を呼び俺を翻弄しまくる今日この頃。かったるい授業が終わった放課後のことである。

キョン「………」
長門「………」
キョン「………」
長門「肩が凝った」
キョン「……はぁ」
長門「可愛い下着が選べなくて不便?」
キョン「俺に聞かれても…」

なんていうか…長門が朝比奈さん以上の巨乳になっていた。いやむしろ巨乳っていうより爆乳になっていた…
あきらかにパッドだよな?

キョン「なぁ、長門?」
長門「なに?」

なんだその期待に溢れまくった熱視線は…

キョン「いやなんでもない…」
長門「そう…」

結局何も聞けなかった。朝比奈さんはもちろんハルヒですら何も聞かなかった…下手に刺激したくなかったんだ。
凄く説明しづらいんだが…分かるだろ?こういの………

その日は終始無言のまま部活動ならぬ団活動を終えた。


キョン「お前は…」
古泉「遅いよキョンたん」

家に帰ると古泉がいた。それもあられもない姿で…

キョン「なんで裸なんだ?」
古泉「脱ぐ手間を省くためにですよ」
キョン「なるほど、理にかなってるな…で?その胸は?」
古泉「鳩胸でs」
キョン「ウソツケ」
古泉「いやはや、豊胸手術をしました。どうですか?この肉感に溢れボディ」
キョン「なにを言ってやがる…」
古泉「おや、あなたの嗜好に合わせたのですが?」
キョン「はあ?」

古泉「気付いてないのですか?この部屋盗聴されてるんですよ?」

その瞬間理解したね。つまりハルヒや朝比奈さん、長門の様子がおかしかったのは昨日の妹の話を盗聴してたからだということを。

キョン「てゆーかなんで俺の嗜好に合わせる必要があるんだよ!」
古泉「みなさんあなたのことが好きなのですよ。もちろん僕も」
キョン「マジで?」
古泉「マジです」
軽く一線を超えた古泉の言動は恐怖そのものだった…俺は逃げ出したが
古泉「フフ、無駄ですよ…ふんもっふ!」

アーッ

その時部屋の壁に亀裂がはしった、そして現れたのは…

長門「パーソナルネーム古泉一樹を敵性と判定」
キョン「か、壁が!」

その時部屋のドアが吹き飛んだ。そして現れたのは…

ハルヒ「助けに来たわよキョン!」
キョン「ドアがっ!」

その時部屋の窓がこなごなに砕けた。そして現れたのは…

みくる「古泉くん、キョンくんをあなたのすきにはさまさせましぇーん!」
キョン「窓までっ!?」
ハルヒ「観念しなさい古泉くん!」
長門「当該対象の有機情報連結解除の申請をする」
みくる「覚悟するでーっす!」

登場シーンの破壊活動はともかくみんな俺を助けに来てくれたわけだ。でも…

古泉「フフフ、手遅れですよ…」
ハルヒ「そんなこと、やってみなきゃわからないじゃないっ!」
みくる「そうですよぅ!」
キョン「いや、手遅れなんだみんな…」
長門「………ぁ」
キョン「だって、もう掘られてるし」

なっ?無理だろ?ちなみにやたら巨乳になった妹がツンツンしながら色仕掛けという起用ことをしてくる話はまた後日


  完
|