ハルヒ「あーヒマ」
長門「……」
みくる「あはは……ヒマですねぇ」
ハルヒ「古泉くんもキョンも進路相談なんてさ。そんなのSOS団大学支部でいいじゃん。バッカみたい」
みくる「あ、あはは……あ、そうだ。このお茶どうです?」
ハルヒ「んー? まあまあ美味しいんじゃない?」
みくる「これ、御茶屋のおじさんに勧められて初めて買ったんです」
ハルヒ「ふーん。なんて茶葉?」
みくる「えーっと、性格入れ替え茸……キノコ?」
ハルヒ「驚くところはそこじゃなくて、性格入れ替えってty」
長門「なにワケわかんないもの飲ませんのよ、みくるちゃん!」
みくる「ええっ!? な、長門さん???」
長門「どう考えたってロクな効果ないじゃない! もうっ……まあいいわ。それにしてもどんな変な効果なのかしらこのお茶」
みくる「……こういう効果」
ハルヒ「ふぇぇ、ごめんなさい、ごめんなさい、あたしがいっつも退屈だなんて言ってるせいですっ! だから朝比奈さんがこんな変なお茶を買ってきちゃって……」
みくる「……そう」
ハルヒ「ひぃっ! お、怒ってますか?」
みくる「怒ってはいない」
長門「もうっ、みくるちゃんが怒るわけないじゃない! しっかりしてよねハルヒってば」

キョン「……これは一体、どういう惨状なんだ」
古泉「はて。どうやらみなさん、性格が入れ替わっているようですが……」
長門「あ! キョン、もー聞いてよ! みくるちゃんが変なお茶を買ってきちゃってね」
キョン「な、長門、顔が近いぞ……」
長門「はぁ? 何言ってるのよあんた。それよりこれ! 性格入れ替え茸だって! まいっちゃうわよね!」
古泉「これは……なるほど。一時的に飲んだもの同士で性格が入れ替わってしまうようです」
キョン「またけったいなものを……ハルヒか?」
ハルヒ「びくっ! ち、違うんですキョンくんっ! あ、あたしは……ただ……ふえええっ」
キョン「お、おい、な、泣くなよ……わ、悪かったよ」
ハルヒ「ぐすっ、ぐすっ」
キョン(やべぇな……ハルヒなんかをちょっと可愛いとか思っちまってるぞ、俺は)
ハルヒ「ぐす。お茶を買ってきたのは朝比奈さんですけど……」
みくる「……」
キョン(げぇ、なんだこの無表情な朝比奈さんは! 新鮮だが、いきなりこええ!)
長門「む。ちょっと、なにみくるちゃんと見詰め合ってんのよ」
キョン(長門はもう、すぐに戻ってくれ! こんなの俺の長門じゃねぇ!)
古泉「僕たちも飲みましょうか?」
キョン「ふざけんなホモ」
古泉「ひどいですね」
キョン「これ以上混乱してたまるか。ええとだな……つまり今、長門がハルヒの性格で、ハルヒが朝比奈さんの性格で、朝比奈さんが長門の性格なわけだな?」
古泉「そのようです」
キョン「元に戻せんのかこれ?」
古泉「まってください……」
PiPiPi……
古泉「あ、森さんですか。性格入れ替え茸の効果は……なるほど、分かりました。ありがとうございます。およそ1時間もすれば戻るそうです」
キョン「ほんとに機関って便利屋ぞろいなんだな」
古泉「いえいえ。長門さんほどでは」
キョン「その長門は……」
長門「あーもう、退屈! 本なんか読んでたってしょうがないじゃない、実際に面白いことなきゃ! もういっかい世界改変して、変なのいっぱいだそうかしら?」
ハルヒ「え? え? 世界改変ってなんです? へんなのって……」
みくる「……」
キョン「これはまずいな」
古泉「長門さんが涼宮さんというのは最悪ですね」
長門「うーん。バラしちゃおっか。そのほうが面白そうだし。ねえねえハルヒ、あのね、実はあたしってね――」
古泉「長門さん、僕とお茶を飲みましょう」
長門「ん? まあいいけど。ゴク。危なかったですね、もう少しでばらしてしまうところでした」
キョン「古泉……おまえ、バカなのか頭いいのかわかんないな」
古泉「はぁ? いきなりバカとは何よ。あんたのほうがバカでしょ、このバカキョン!」
キョン「キメェ……性格が入れ替わっただけで言葉遣いまでうつんのかよ……」
古泉「まーいいわ。ねぇ、ハルヒ、実は僕ね――」
キョン「やばい! てーか状況が改善されてねーぞ古泉! このホモ!」
古泉「ほ、ホモって何よぉ! ぼ、僕は……もういい! キョンのバカ!」
キョン「あ! やべぇ、古泉がホモの上におねぇ言葉のまま出て行った! ……まあいいか。古泉だし」
長門「ひどい言い草ですね。まあ彼なら自力でなんとかするでしょう」
キョン「うぎゃー! 長門はもう元に戻ってくれー!」
ハルヒ「ううう……どうなるんでしょうか、あたしたち……」
キョン「あ、おい、ハルヒ……そんな、潤んだ目で見つめられてもな……胸元にしがみつかれても……」
みくる「……」
長門「涼宮さん。わたしのキョンくんから離れてもらえませんか?」
ハルヒ「わ、わたしのって……え? な、長門さん? え? え?」
みくる「……」
キョン「おい、ちょっと待て勘違いするなよハルヒ。あれは古泉の性格が乗り移ってるから、ホモになってるんだ」
ハルヒ「あ……そうなんですか。安心しました」
キョン(……やべぇ、ハルヒってこんなに可愛かったっけか。なんかおかしすぎるぞ)
長門「何をいってるんですか。確かに古泉くんならホモでしょうが、わたしは長門有希ですよ?」
みくる「……」
キョン「お、おい長門。何を言ってるんだ」
長門「ふふっ……わたしは古泉くんとは違う。キョンくんの望むままのことをしてあげられるんです」
ハルヒ「そんなっ……」
キョン「よせ、長門! シャレになってないぞ!」
長門「そうですね。まずはお尻を貸してもらいましょうか」
キョン「アナルだけは!! アナルだけは!!」
みくる「変わってない」
キョン「……だな。やっぱりあいつの言うことは聞かなくていいぞ、ハルヒ」
ハルヒ「そ、そうですよね、あたしキョンくんを信じます!」
キョン(だーかーらー! なんでそう素直なんだよチクショー!)
長門「いけませんね。このままではキョンくんが涼宮さんに取られてしまいます」
みくる「……そう」
長門「あなたはこのままでもいいのですか? あなたも……」
みくる「わたしは己が立つ位置を見据えて行動している。わたしと彼が結ばれる可能性はこの時間平面上では殆ど無いだろう。……だが、あなたの行動を制限する気もない。好きにするといい」
キョン「何を言ってるんだこいつらは……」

朝倉「ちょ、ちょっと……古泉くんが気持ち悪いから気になって見にきたら……なんなのこの惨状は」
鶴屋「にょろーん、なんなのさみくるっ、そんな怖い顔して」
キョン「げぇ。さらにやっかいな連中が」
朝倉「なに? このお茶」
鶴屋「おいしそうにょろ」
キョン「あ、よせ――」
朝倉「にょろ? ぶはははははは、どうしちゃったのさ有希ちゃん、ホモみたいで変すぎだよっ!」
鶴屋「朝比奈さん、今夜泊まりにいってもいいかしら? もっと仲良くなりたいじゃない。ね?」
キョン「遅かったか。でもこいつらは入れ替わってもあんまり違和感ないな」

一方その頃。
古泉「あ、谷口」
谷口「あん?」
古泉「ちょっとあんた、ケツ貸しなさいよ!」
谷口「ひぃーええええ!? な、なんだよっ、やめっ……アナルだけは!! アナルだけは!!」

長門「グダグダになってきたようですね」
キョン「頼む……頼むから、長門の顔で古泉スマイルを浮かべないでくれ……」
朝倉「うーん、笑ってる有希っ子ってのもいいものさっ。そう思わないかなっ、キョンくんはっ」
キョン「いや、笑うにしたって、もっとほら、こう、長門らしい笑顔があるだろ? なあ?」
ハルヒ「ねえ……キョンくん。どうして長門さんのことばかり気にするの?」
キョン「え?」
ハルヒ「さっきから長門さんのことばかり見てる。なんだか……長門さんと何かあったみたい」
キョン「い、いや、なにも……ないぞ、ああ」
ハルヒ「……キョンくん。あたし、思い切ってキョンくんに打ち明けたいことがあるの」
キョン「な、なにかな?」
ハルヒ「ここだと……ちょっと。後で二人っきりになれませんか?」
キョン「……わ、わかった。いつだったか、部活をつくろうって話をしたとこ。覚えてるか?」
ハルヒ「はい……じゃあ、そこで」

キョン「……で、俺はここで待ちぼうけをしてるわけだが。なにやってるんだろうね俺は」
ハルヒ「……あ、キョン」
キョン「ハルヒ……ってか、元に戻ったのか」
ハルヒ「なによ、元に戻ったって」
キョン「覚えてないのか?」
ハルヒ「……なんかね、あたしがみくるちゃんみたいになって、変なことしてたって記憶はあるんだけど。きっと夢よね」
キョン「……そうかもな。ところでなんでハルヒはこんなところに来たんだ?」
ハルヒ「ん……なんかね、夢の中であんたと約束したような気がしたから」
キョン「そうか。んで?」
ハルヒ「……別に。なんの約束か忘れちゃった。どうせキョンとだしね、別にいいかな」
キョン「そうかよ」
ハルヒ「あんたはなんでこんなところで黄昏てたわけ? 似合わないわよ」
キョン「悪かったな。単なる暇つぶしさ。意味などない」
ハルヒ「あ……そ」
キョン「帰るか」
ハルヒ「うん……ところで、さ。さっきの夢の中でね、有希もおかしくなってて」
キョン「ああ」
ハルヒ「古泉君みたいな性格になっちゃってさ。おかしいよね? でも有希ね、キョンのこと……キョンは有希がホモになってるからだって言うんだけど、それだったらあたし……あたしのあのときの気持ちは、みくるちゃんの気持ちだったってことになっちゃう。でも違うのよね。あたしはあたしだから……そうしたらやっぱり、有希だってキョンのことほんとは……」
キョン「……そのへんはややこしすぎてわからんがな」
ハルヒ「え?」
キョン「少なくとも……俺は、もし違う性格になったとしても、だ」
ハルヒ「っ……ん……」

ハルヒの唇は、いつか閉鎖空間で無理やり奪ったときと同じ感触がした。
そうさ。ハルヒはハルヒだ。トートロジーなんかじゃないぜ。少なくとも、俺にとっては今腕の中にあるぬくもりだけが、本物のハルヒなのさ。
……なんてな。

ところで古泉だが。

谷口「古泉……」
古泉「はっ!? なぜ僕は谷口くんとベッドの中に?」
国木田「古泉……」
古泉「はぁっ!? 国木田くんまで!?」
会長「古泉……」
古泉「生徒会長!」
岡部「古泉……」
古泉「うわあああああああああああ!?」
新川「古泉……」
古泉「!?!??!?!?!?」
多丸兄「古泉……」
多丸弟「古泉……」
古泉「アナルだけは!! アナルだけは!!」



|