※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

元ネタ:涼宮ハルヒの憤慨

「で、続きは?この娘とはこのあとどうなったの?」
「だから何もねぇよ、それに架空の話だ」
「嘘!あんたにそこまで文才があるわけないじゃない!現国だってあんなに悪いくせに!」

痛いところを突いてきやがる

「仮に実話だったとしても、お前には関係ないだろ?」
「あるわよ、団長だもの」

何だそりゃ?今更だが無茶苦茶だな おい。 俺が何も言わずに沈黙を続けていると、ハルヒもついに諦めたのだろうか

「もういいわよ。考えてもみたらあんたに恋の経験があるわけないし、これからもなさそうだもんね」
「んなことねーよ」
「え?」

しまった…今のは適当にあしらうところだろう…何言ってんだ俺。

「ってことはあんた…誰かに恋なんてしてるわけ?」

もはや隠し切れんな。俺はしばらく考えてから言った。
「……ああ」
「だれ?あたしの知ってる人?」
「ああ」
「みくるちゃん?有希?それとも鶴……」
俺はハルヒの言葉を遮って言った。いい機会だ、いっそのこと言っちまおう。

「おまえだよ、ハルヒ」

「えっ?……それ、どういう…意味……?」
さすがのハルヒも動揺しているようで、その表情戸惑いを隠し切れていない。

「別に、そのまんまの意味だ。俺はな、ハルヒ…お前のことが好きなんだよ」

本当はまだ言う気はなかった。もう少し時間をかけてからでいいと思っていた…でも、俺はもう言ってしまった。後悔などはしていない。

「すまん、急に変なこと言っちまったな。続きは家で完成させて明日持ってくる……じゃあな、ハルヒ」

そして俺はハルヒに背を向け、部室を出ようとした。
すると

「ま、待ちなさいよ!」

「いざ」

そう言うとハルヒは、しずかに刀を抜いた。ハルヒの愛刀「村正」……なるほど、本気のようだな

「尋常に」
俺も刀を抜いた。我が家に代々伝わる「正宗」を……


そして互いに抜刀の構えをとり


「……勝負」

勝負は一瞬で決まった
俺とハルヒの刀はたった一撃で、修復不能なほどボロボロになってしまった。


「腕を上げたわね……キョン」

「俺だってそれなりに鍛練は積んで来たさ…」

そして俺たちは握手した。互いに健闘を称え、共に生徒会長を倒す道を進もうと

「さぁ、行くわよキョン!あたし達の戦いはまだこれからなんだから!!」

「ああ、わかってるさ。お前となら…どこまでだって行けるさ」

「キョン……ありがとう」

「まさかお前に礼を言われるなんてな」

「なによ!あたしだって言うときは言うわよ!」

俺たちは顔を見合わせて笑った。
言葉なんていらなかった…

俺たちは手を取り合い走った…どこまでって?
決まってるだろ?

世界の平和までさ!!!








~別バージョン もっとカオス~
振り替えると、ハルヒが俺の手を掴みうつむいていた。

「自分ばっかり言いたいこと言って…何よ…」

「……すまん」

「謝んなくていいわよ!………ただ、あたしの話も聞いてよ…」

ハルヒはいつになく小声で言った。

「ひでき……」

後ろから声がする。再度振り返るとそこには
「…ちぃ……どうしてここに!?」

「ひでき、晩御飯…」
「そ、そうか、もうそんな時間だったか」

「キョン……あんた…その娘とはどういう……?」

「このことはな、ちぃって名前なんだ。最近拾った新しいタイプのパソコンでな、隣に住んでる新歩さんに使い方を教わった」

「使い方って…まさか?」

「ああ、通常の情報処理能力に加えて、性欲処理能力もそなえている」

「し、信じられない……これほどの能力を備えたパソコンを拾うなんて……誰が落としたのかしら?」

すると長門が入ってきた。

「今北産業」

「ちぃ ひでき 晩御飯」と、ちぃが答えた。よくできたな、ちぃ。
「把握した」


「それにしてもすごいパソコンね…もしか」


ちぃは爆発し、世界は闇に包まれた。


なるほど、白雪姫………そういうことだったのか……朝比奈さん…………

俺たちはちぃの爆発で死んだ………かに思えた。

「ん?生きてる……?」

目を開けると長門が爆発を抑えてくれていたようだ。

「長門!?大丈夫か!?」

「平気」


「ふふふ、あの爆発に耐えられるなんて中々のものね。でも、もう無駄よ……あなたもジャンクにしてあげる」
ちぃ、バグっちまったのかよ!?くそっ!!やっぱりあのとき、山田に感染していたんだ!

このままだとマズイ!ハルヒを逃がさないと!

「ハルヒ、お前だけでも逃げるんだ!」

「甘いわね」

「なに!?」

すると辺りが灰色の世界に変わった。閉鎖空間だ…!まさかハルヒ、お前!

「あたしは鍛練の末、任意でこの空間を発生できるようになったわ。今のあたしはどの(萌え)属性も100%発揮できる!!

絶 対 萌 時 間!!」

「ハルヒ、そうか……なら俺も………システム・イド 発動!!」
「私もこの空間では統合思念体を無視し、本気を出せる……マテリアライズ!!!

武刀『れいき』」

「ふふふ……来なさい、憐れな子羊達……次元のはざまに送ってあげるわ!!」

「ちい……教えてくれ。何がお前をそうさせたんだ?山田か?」

「ふふふ……天国を追放された天使は、悪魔になるしかないのよ。あなたこそどうして?私の味方だったと思ったのに…」


「俺はただ……覚めない夢を見てるだけさ」

「キョン!来るわ!!」

「彼女のオーラ力が上昇している…」

「ふはははは!行くわよ!!」


「終わりにしようぜ……ちぃ!」



そして世界は核の炎に包まれた



|