長門「ミーン ミーン」

 

キョン「な、なんだ!?セミがいるぞ」

 

長門「ミーン ミーン」

 

古泉「おや、どこでしょうね?」

 

長門「ミーン ミーン」

 

みくる「長門さんの方から聞こえますよ?」

 

長門「ミーン ミーン」

 

ハルヒ「有希、あんたの近くにセミいるでしょ!」

 

長門「……いない」

 

キョン「あれ!?鳴き止んだぞ」
みくる「ふぇ?空耳ですかね?」

 


 

ハルヒ「ひるはやみずす!」

 

一同「ははは」

 

みくる「る、るくみなひさあ!」

 

一同「ははは」

 

古泉「きついみずいこ(^_^)」

 

一同「ははは」

 

長門「‥きゆとがな…」

 

一同「ははは」

 

キョン「‥んょき!」

 

一同「‥‥」

 


 

古泉「ウドゥバドヴィジュバ」
キョン「シュバドバウジュバヴュバドボ」
古泉「ドバジュビビュダボミキョダビボ」
キョン「アドビョゴワラニョホナジモキュ」

 

ガチャ

 

ハルヒ「やっほ~、遅れてゴメ・・・きゃ!」
キョン・古泉「!!」
ハルヒ「誰よこんなところに罠を仕掛けたのは!早くこのロープほどきなさい!」
古泉「ダシュフォボドゥ!フォボリュボショ!」
キョン「ドリュビョバシャ!」
ハルヒ「え?どうしたの二人とも・・・なんで素っ裸なのよ。」
古泉「ウジュドラリュ!ハルヒ!」
キョン「ハルヒ ハルヒ ハルヒ ハルヒ ハルヒ」

 

ドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコドンドコ・・・

 

古泉「フンモッフ! フンモッフ!」
キョン「フンモッフ! フンモッフ!」

 

ハルヒ「あ、え?古泉君、どうして火の準備を? あ、そこの破けた布は
みくるちゃんの制服・・・・」

 


 

キョン「朝比奈さんこんなところに呼び出してなんですか??」

 

朝比奈「キョンくんに言いたいことがあって……」

 

キョン「なんですか!?いってください!!」

 

朝比奈「じゃあ言いますよ‥‥
朝比奈(閣下)「おまえも蝋人形にしてやろうか??」

 

キョン「(たまに言いたくなりますよね)なんだこいつ!!やっぱり頭のネジ5本ぐらい外れてるよwwww」

 

朝比奈(鬼)「‥‥キョンくんが悪いんだからね♪」
‥‥‥‥‥‥
ハルヒ「ねえみくるちゃん、キョン知らない??」
朝比奈「転校しました♪」

 


 

キョン「なあ長門。」
長門「なに。」
キョン「無口なのは理由でもあるのか?」
長門「朝倉涼子は余計な口を開いていた。故にあなたを殺せなかった。」
キョン「…そうかい。」
長門「んだ。」
キョン「…んだ?」
長門「ちゃっ…ちゃうっ!方言が混じぃて出ちめぇからじあねぃんじゃよ!?」
キョン「…語るに落ちてるぞ。」

 


 

ハルヒ「有希、まさかあんたが宇宙人だったの?」
長門「そう」
ハルヒ「なわけねえだろwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

 


 

キョン「長門ってどうしてそういう性格なの?」
長門「彼氏が綾波好きだから」
キョン「なんだってー!」
長門「・・・ユニーク」

 


 

黒鶴屋「……みくる、古泉、分かってるな」
黒みくる「はっ、真意は仰らずとも」
黒古泉「フフフ…キョン君明日は(禁則事項)ですよ」
黒長門「…………(禁則事項)ニヤニヤ」
黒鶴屋「よし、今日はこれで解散する」
黒み、黒古、黒長「はっ、ではまた明日に」

 

鶴屋「さぁ、みっくる~、一緒に帰るにょろ~」
みくる「わ、わ、そんな引っ張らないでくださいよ~」
古泉「長門さん僕らも帰りましょうか」
長門「(コクリと頷く)」
長門「……」
長門「……ニヤニヤ」

 


 

キョン「ハァハァ…ウッ!イク!!!」

 

キョン「今日もよかったよ…明日も頼むね」

 

プス!プシュウゥゥ…

 

キョン「俺の!俺のワイフがぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

 


 

「のんで」
ごくっ、ごくっ…
うまれる…

 

「そして生まれたのがお前さ」
「んなーーーーー!!!!」

 


 

古泉「思いも寄らない人物が、機関に所属していたりするものです」
キョン「へいへい」

 

古泉「風太くんを覚えていますか?」
キョン「ん?…ああ、あの二足歩行するレッサーパンダな」
古泉「いえ別に歩行はしてないのですが…まあその風太くんです」
キョン「それがどうした…ってまさか、それも機関の一員とか言うんじゃないだろうな?だいたい人物じゃなくて動物だ」
古泉「そうです。正確には、その飼育員が機関の人間です」
キョン「なんだってまたそんなところに」
古泉「涼宮さん絡みで事件性の高い出来事が起こった場合、世論から背をそらすため、話題性の高そうな『ネタ』を仕込んでおくのも我々の仕事ですから」
キョン「…なるほど、もっともな話だな」
古泉「わかってくれましたか。つまり風太くんは、話題になる以前から二本足で直立できるよう仕込まれていたわけです」
キョン「まさか、他にもそういった仕込みがあったりするのか?」
古泉「良いところに気が付きました。そうです。我々機関は常にそういった事態に備えているのですよ」
キョン「たとえば?」

 

古泉「たとえば…多摩川のタマちゃん」
キョン「なんでまた動物なんだ?……ってお前それ3年以上前だぞ?」

 

古泉「…はっ!?」
キョン「『はっ!?』じゃない」

 


 

キョン「…」
長門「…」

 

ぺらっ。

 

キョン「なあ、なに読んでるんだ?」
長門「…」

 

ぺらっ。

 

キョン「……なあ、」
長門「『新妻奴隷生誕 凌辱の星の下に生まれて』」

 

ぺらっ。

 

キョン「………」
長門「…」

 

ぺらっ。

 

キョン「そ」
長門「ユニーク?」
キョン「いや俺にふられても」

 


 

Z武洋国 「ただの健常者には興味ありません! この中にメクラ、ツンボ、ビッコ引いてる人が
いたらおいらの元へ来い! 以上!」

 

これ笑うとこ?
どんな奴かと思い後ろを見てみたら

 

凄いカタワがそこにいた!!

 

長門「…………シュール」

 


 

古泉「大変残念な事態となってしまいました」
キョン「また唐突にどうした?」
古泉「ええ、涼宮さんのためにあるはずの機関内で、私利私欲に走り、その立場を利用して犯罪を犯すものが現れたのです」
キョン「機関も所詮、人の集まりってことか…」
古泉「残念です…」
キョン「それで、そいつは捕まったのか?」
古泉「はい、当人は捕まったのですが、それが与える影響が思いのほか大きく、機関を解散せざるをえないという決定が下されました」
キョン「な!?なにもそこまで…」
古泉「いえ、機関はこういう形でしか、責任を取らざるをえなかったのです」
キョン「そうか…」

 

古泉「山本ー。機関なくなっちゃったよー」
キョン「ええ!?あの人機関所属だったのか!?」

 


 

古泉「やっぱりやるよ、俺機関やる」
キョン「どっちなんだよ」
古泉「僕は辞めない」
キョン「ウゼェ」

 


 

長門「はぁならっきょう~」

 

キョン「花 ら っ き ょ う の 歌 を 歌 う な ! ! !」

 


 

キョン「なあ長門、なんかこう感動する本はないか?」

 

長門「……感動……?」

 

キョン「そうだよ、おまえが今までで一番心に残った本とかさ」

 

長門「……心に残った本が、感動した本……?」

 

キョン「まあ一般的にはな」

 

長門「なら……これ……」

 

キョン「お、どれどれ……」

 

【本当にあった 4P女子高生和姦レイプ】

 

長門「ドキドキした……」

 

キョン「……」

 


 

ハルヒ「キャーーー!!!」

 

キョン「どうした、ハルヒ」

 

ハルヒ「ご、ゴゴゴ、ゴキブリィ!!」

 

キョン「待ってろ退治するから」

 

キョン「うわーっ、とんだー!!」

 

みくる「何してるんですかぁ?」

 

キョン「朝比奈さん、危ない」

 

みくる「あ、ゴキブリじゃないですか………パクッ」

 

キョン「ちょっ、なにしてんすかあ!!」

 

みくる「え?食べたんですけど…」

 

キョン「き、汚いですよ!!」

 

みくる「??私の時代ではゴキブリは食べ物ですよ」

 

その日、キョンは未来に絶望した・・・

 


 

キョン「ハルヒ!実は俺、義姉義妹義母義理娘双子未亡人先輩後輩同級生女教師幼なじみお嬢様
金髪黒髪茶髪銀髪ロングヘアセミロングショートヘアボブ縦ロールストレートツインテールポニーテールサイドポニーお下げ三つ編み二つ縛りウェーブくせっ毛アホ毛
セーラーブレザー体操服柔道着弓道着保母さん看護婦さんメイドさん婦警さん巫女さんシスターさん軍人さん秘書さん
ロリショタツンデレチアガールスチュワーデスウェイトレス白ゴス黒ゴスチャイナドレス
病弱アルビノ電波系妄想癖二重人格女王様お姫様ニーソックスガーターベルト男装の麗人
素直クール素直ヒートひよこすとぅかぁ素直シュール葬儀屋偽善者かたつむり長門ツンドロクーデレ魔女っ娘
目隠し眼帯包帯スクール水着ワンピース水着ビキニ水着スリングショット水着バカ水着
人外幽霊獣耳娘萌えなんだ!!!」

 

ハルヒ「???」

 


 

長門「禁じられたワードを呟けば最後ー♪」

 

キョン「なんだそりゃ。禁則事項とは違うのか?」

 

長門「…好き」

 

!?

 

どかーんどかーん

 

世 界 崩 壊 

 

涼宮ハルヒの終焉(第137巻)
 完

 


 

ハルヒ「見えない!」

 

長門「…力」

 

みくる「導くよ♪」

 

古泉「ブレ【キョン】「酔っ払い!」

 

ハ・み・長・古「……」

 

  *空耳より

 


 

ハルヒ「レッドブルーをくれないか?」

 

キョン「ほれ」

 

ハルヒ「ゴクゴクゴク・・・・・・んめー!」

 

キョン「・・・・・・」

 

ハルヒ「・・・・・・生えないわね・・・翼」

 

キョン「そりゃあそうだ」

 

ハルヒ「生えろー生えろー」

 

キョン「生えないって」

 

ハルヒ「うーん、うーん」

 

キョン「あっ!ハルヒの身長が10センチ伸びたと思ったら浮いてる!」

 

ハルヒ「やったわ!空飛べたわ!」

 

ハルヒ「キョン!助けて~~~!」

 

キョン「だれか!ハルヒが空に向かって飛んでっちまうよ!」

 


 

???「安心しろ」

 

キョン「誰だ?ってライフル!?」

 

西郷「浮く軌道を読んで羽を打ち抜く」

 

キョン「と…とにかく頼む!」

 

西郷「分かっている、静かにしろ」

 

パキューン

 


 

ガラガラ
キョン「ハルヒか…」
ハルヒ「な、なによ!私がここにいちゃいけないの!」
キョン「ひょっとして この手紙書いたのおまえか?」
ハルヒ「そ…そうよ////」
キョン「意外だな。で用件は?」
ハルヒ「…あんた最近朝倉涼子とやけに仲がいいじゃない。」
キョン「そうか?」
ハルヒ「そうよ!近頃二人でこそこそと放課後遊んでるの知ってるんだから!」
キョン「(見られてた;)あ、あれはだな……そう長門の誕生日プレゼントを選んでたんだよ」
ハルヒ「有希の?」
キョン「おまえ知らなかったのか?朝倉は長門の幼なじみなんだよ。だから一緒にプレゼントを選らん「嘘だっ!!!」
キョン「!!!!!」
ハルヒ「隠し事の次は嘘?何でそんなことするのかな、かな?」
キョン「ちょwレナwww」
ハルヒ「もう許さない。あんたを殺して朝倉涼子の出方を見る」ヒュッ
キョン「って、あぶねぇよハルヒ」
ハルヒ「あんたが、あんたが悪いのよ!」ブスッ
ハルヒ「保守♪」

 


 

キョン「お前はホモ丸出しだ!ハッテンバでお前が来るのを楽しみに待っててやるぞ!!」

 

古泉「野郎ォーッ!」

 

長門「ドラララララララララララララララララララララララ」

 


 

ハルヒ「コッチヲミロォ…」

 

キョン「( ゚д゚ )」
朝比奈「( ゚д゚ )」
古泉「( ゚д゚ )」
長門「( ゚д゚ )」

 

ハルヒ「なっ何よ、こっちみてんじゃないわよ」

 

キョン「( ゚д゚ )」
朝比奈「( ゚д゚ )」
古泉「( ゚д゚ )」
長門「( ゚д゚ )」

 

ハルヒ「( ゚д゚ )」

 

きみがっ泣くまでっ見るのをっ止めないっ

 


 

キョン「どうした長門?モニタを凝視して」
長門「わたしの名前が書かれている」

 

2分長門。

 

長門「阻止」

 

カタカタッ。

 

キョン「お、お前自分で阻止してたのか…」

 

5分キョンたん byあなたの古泉

 

長門「スルー」
キョン「いや阻止してくれよ」

 



|