ハルヒ「小娘達よ、おどきなさい」
みくる「艶女様の、」
ハルヒ・みくる「お通りよ!!」


キョン「なんだあれは」
ハルヒ「グッモーニン、艶男」
みくる「グッモーニン、艶男」
キョン「なにがあった」
みくる「あら艶女、もしやそのリボン…あえての片結び?」
ハルヒ「あえての片結び」
みくる「あえての片結びにスリーニキータ!」
ハルヒ「あえての片結びにサンクススリーニキータ!」

キョン「なんなんだ」
長門「…艶女様…」



「この銀河を統括する情報統合思念体によって造られた
対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェイス。それが、わたし」
「・・・・・」
「信じないよね?信じないよね?あはははははははははははははははは。」



古泉「大変です。ここにきて事態は急展開を迎えました」
キョン「なんか物語風の語り口だな。どうした?」
古泉「ええ、以前お見せした閉鎖空間、あれがドーム状だったことを覚えていますか?」
キョン「そういえばそうだったような…」

古泉「それがなんと、新しくハート型の閉鎖空間が発生したんです」
キョン「……それ、ダメなのか?」
古泉「ええ、形だけなら別に丸かろうが星型だろうがかまわないんです。しかしその閉鎖空間、涼宮さんが上機嫌のときに発生するようになってしまったんですよ」
キョン「あー…、それは確かに迷惑かもな。で、お前はハルヒの機嫌が悪いときも良いときも、神人退治に駆り出されるというわけか」
古泉「最近は機嫌の良いときが多いので、もっぱらハート型ですね。ただそのハート型をめぐって、機関の中で対立が起こっています」
キョン「お前のところの機関って、いちいちめんどくさいな。なにを対立すんだよ」

古泉「ええ、実はそのハート型、中の神人が破壊活動ではなく、緑化活動にいそしんでいるんです」
キョン「…頭イタイ」

古泉「僕も頭が痛いです。機関では、『神人だからほおっておくと危ない。倒してしまえ』派と、『緑化活動なんだから別にいいじゃん。ほおっておこうよ』派で真っ二つですよ」
キョン「お前のとこの機関、とことんウザいのな」

古泉「これを解決できるのは、ひょっとしたらあなたかも知れません」
キョン「なにがだよ!?俺にふるなよ!」

数日後。

古泉「大変です。今度はドクロ型の閉鎖空間が発生してしまいました」
キョン「だからいちいち俺に言うなよ!」
古泉「今度の神人は、ひざを抱えてうずくまっています」
キョン「ほっといてやれよ!」



キョン「お前のところの機関、本当にワケがわからんな。上司が悪いのか?」
古泉「僕の所属する機関は、全ての人間が同士です。ですから、呼び方に差はありません」
キョン「そんなものなのか」

古泉「でも階級はあります」
キョン「あるのかよ!?紛らわしい言い方するなよ!」

古泉「やはりまとめる人間は必要ですからね。はっはっは」
キョン「さわやかに言ってごまかすな。しかし普通の会社と違うんだろ?どうやって出世するんだ?」
古泉「やはりこういう組織では、力のあるなしがモノを言いますね」
キョン「ふーん、超能力に関する組織だけあって、やっぱりそういった力の差で決まるのか」

古泉「いえ、金の力です」
キョン「一気に俗物臭くなったなオイ」

古泉「お金は大切ですよ?孤島を買い取るのだって、専用のタクシーを用意するのだってお金がなければどうしようもないですから」
キョン「ま、まあそうだが…」

古泉「組織の財産は、国家予算のおよそ38倍です」
キョン「多すぎるって!そんなあってなにすんだ!?」



長門「1番、長門有希。声マネ」
キョン「なになに!?なんで唐突に」

長門「鳥肌実、42歳厄年」
キョン「ちょっ、男!?ってか上手いッ!?」



ハルヒ「2番、涼宮ハルヒ。キョンのマネ」
キョン「え?え?俺?」

ハルヒ「うへへへへ~、みくるちゃんチチ揉ませろや」
キョン「お前は普段俺の何を見てんだよ」



みくる「3番、朝比奈みくる。キョンくんに襲われる朝比奈みくるのモノマネ」
キョン「襲いませんよ!ってモノマネ?え?え?」

みくる「ダッダーン!ボヨヨン、ボヨヨン」
キョン「意味分からない!?」



ハルヒ「みくるちゃ~んこれ穿いてみて~」
みくる「えっ?ひゃぁ ぁぁん らめぇ~」
ハルヒ「完成 ふたn」
キョン「黙れ」



新川「4番、執事新川、大塚明夫の声マネ」
キョン「誰ですかそれ?」


新川「手術料は3000万円だ。ビタ1文まからんぞ」
キョン「ブラックジャック?うまっ!」
新川「こちらスネーク、基地に潜入した。
  大佐、指示をくれ」
キョン「スネーク?うまっ!」
新川「ソロモンよ!私は帰って来た!」
キョン「ガトー?うまっ!」



古泉「5番、古泉一樹。隣の山田源八さん(85)のモノマネ」
キョン「誰だよ!?」

古泉「たくあん!たくあん!ワシのたくあん!」
キョン「だから誰だよ!?」



キョン「長門…それドロップやない、シンカーや…」
長門「どちらも落ちる変化球という点で違いは見られない」



古泉「思いもよらない人物が機関に所属していたりします」
キョン「またそれか。どうせろくでもない話だと思うが一応聞こうか」

古泉「たとえば現職総理」
キョン「おお!?なんか今回はまともそうだ」

古泉「が飼っているコアラ」
キョン「いきなり人間じゃねぇよ!というかワシントン条約違反じゃないか?いいのか総理」

古泉「現職総理のペットという、国政に対してのスパイとしてはうってつけの人材です」
キョン「いやだから人じゃねぇよ。だいたいコアラにスパイが勤まるのか?」

古泉「これがなかなか優秀でして、コアラ語のほかにネコ語、犬語、ネズミ語、鳥語、果てはゴキブリ語まで、ありとあらゆる動物の言葉を理解します」
キョン「…ほー、本当かどうかわからんがそりゃ凄いな」

古泉「ただ人語だけは理解できません」
キョン「意味ねぇよ!!」



ハルヒ「中は極寒、背後は灼熱、これなーんだ?」
キョン「ん?オリジナルか?」
ハルヒ「うん、昨夜考えた。どう?」
キョン「んー……中は極寒ってーと…あ、分かった」
ハルヒ「早いわねー。張り合いがないわ。そんなに簡単だった?」
キョン「まあな。でもいまどきのは灼熱って言うほど熱くないぞ」
ハルヒ「悪かったわね、ウチのは古くて」
キョン「別に悪いとは言ってないさ。ってことで答えは冷」

長門「とっさの機転で冷凍コンテナの中に身を隠し、爆発する敵アジトを背後に脱出する主人公」
キョン「スパイ映画!?」
長門「燃えさかる炎の中で家政婦は見た」
キョン「逃げて!家政婦見てないで逃げて!?」
長門「そこへ現れた仮面の男」
キョン「新キャラ!?」



みくる「ミクルビィィィィィム」
古泉「イツキファイヤァァァァ」
長門「ナガトバァァーンンッ」

『ダイナミックSOSアタッァァァクッ!!』

ハルヒ「甘い、甘いわ!このバカトリオがぁぁぁ!!」
キョン「全く笑止!!」
ハルヒ「いくわよっ!キョン!!」

『石破!ツンデレッ!!天驚けぇぇぇぇんっ!!!』



古泉「マッガーレ」

キョン「なんだそれ、流行ってんのか?」

古泉「ふんもっふ、ふふふ」

~~翌日~~

谷口「よっ、キョン。マッガーレ」

国木田「やぁ、キョン。ふんもっふ、ふんもっふ」

キョン「どうしたんだ?おまえら」

阪中「涼宮さん、マッガーレ」

ハルヒ「阪中さん、マッガーレ」

キョン「!!?」 

岡部「よし、ホームルームはじめるぞ。
ふんもっふ
マッガーレ」



キョン「ハルヒ、ケツを出せ」
ハルヒ「ほれ」
キョン「くらえスーパーチンコ!」
ハルヒ「どこがスーパーなの?弱すぎるわ」
キョン「畜生・・・・・・」


部室にて

キョン「なぁ長門。やっぱりお前って本が好きなのか?」
長門「………(コク)」
キョン「あ、じゃあさ………」
長門「………(チラ)」
キョン「いつも助けてもらってるお礼にってわけでもないんだが、本を買ってきたんだ。受け取ってもらえるか?」
長門「………(wktk)」
キョン「これなんだけど………」

『ペ ン ギ ン ク ラ ブ』

長門「………」
キョン「じゃあ俺帰るよ。大切にしてくれな!」
長門「………」

キョン「いゃあ~、いい事した後は気分がいいなHAHAHA!!」




キョン「隕石が激突して家が全壊したんだが」
ハルヒ「泊めないわよ」



長門「………」

ねこ「みゃー」
いぬ「わん」
さる「キーッ」
とり「チュンチュン」
ハムスター「チュー」
ぞう「パオーン」
うし「もー」
ぶた「ブータローだブーー」
やぎ「メェー」
キリン「キリーン」
とら「ガーッ」
にわとり「コケーッ」
九官鳥「マッガーレ」
キョン「アナルだけは!!アナルだけは!!」
せみ「ツクツクボーシ」
ゴキブリ「なんで俺らばっか嫌われンすか?」
ペンギン「おしりペンペン、ペペンギン!」

長門「…ユニーク」



キョンたちの住む世界がもしもファンタジーでRPGっぽい世界だったら

俺はキョン。いわゆるアナル使いをやってる。
アナル使いって何かって?いわゆる、アスタリスクゲートや、オナラ、脱糞といった感じの
尻の穴を使う上級魔道師系ジョブだ。かっこいいだろ?
あそこで男性同士が愛し合うみたいな内容の本を読んでるのがは長門有希。
天界人らしく、この世界では賢者として生きている。
あそこでメイド姿でお茶を入れてるのは朝比奈みくるさん。
未来人だが実は多重人格で、まれに凶暴な一面をみせてくれる。
あの姿からは想像もできないだろうが、ジョブはバーサーカーなのだ。
一度怒らせるときりがないぞ!SOS団のエンジェル!
俺と一緒にチェスをやっているのは古泉一樹。
いつもアナル使いの俺のアナルを狙ってくる戦士。
実は神人狩りをしているらしいが、俺にはいまいちよくわからん。
そ し て 、 あ そ こ に い る の が
こ の S O S 団 の 創 始 者
涼 宮 ハ ル ヒ で あ る 。


つづかない



「おまえガンシュー好きだな」
「もうだっい好き、なんていうの?銃を握ったら興奮しちゃって、いっぱい倒したときは爽快感抜群よ」


「時にハルヒ、フロイト先生曰く、銃は男根の象徴らしいな」
「・・・・・・・」
「お前が今言ったことは『私ち○こ大好き、いっぱい出させた時は最高に気持ちいいわ』ということだな」
「まさかそんな変体さんだとは思わなかったぜ」



みくる「あなた浮気し~たら~ウチでの食事に気を付けて~
わたしは知恵~を絞って毒入りスープで~一緒に~逝こう~♪」

キョン「ごめんなさい‥もうしません(´;ω;`)」



ハルヒ「ごめん!キョンのお弁当食べちゃった」

キョン「いいんだよ。」

ハルヒ「ごめん!キョンの鉛筆おっちゃった」

キョン「いいんだよ」

ハルヒ「ごめん!キョンのみくるフォルダ消しちゃった」

キョン「いいんだよ」

ハルヒ「ごめん!死にたい!」

キョン「でも、それはだめ」

ハルヒ「水谷先生!!!!!!!」



長門「……あれ」

キョン「ん……? なんだ“タイヤキ”の屋台だろ?」

長門「……タイヤキ……?」

キョン「もしかして長門タイヤキ知らないのか……?」

長門「……わからない」

キョン「おっくれってる~」

長門「!?」



長門「‥これはなかなかいいいみずたまり」
キョン「ほう、いいのと悪いのがありますか」
長門「ある‥わたしくらいになるとわかる‥」
キョン「ほーそりゃすごい。あれは?」
長門「…だめ、、、こんなのでよろこんでたらしろうと」
キョン「へぇー…」

長門 ばしゃばしゃ「…」


キョン「着いたぞ…おい長門。おまえ結構濡れてんな」
長門「?あめだが?」
キョン「…おまえ、、、傘へただな」
長門「カサへた!?  そんなこといわれたのはじめてだ」
キョン「俺も言うの初めてだ」



愛って…
時には人も殺すんだぜ?
おかしいよな…
人を愛するってことはとても幸せなはずなのに……
なあ、お前もそう思うだろ?

古泉「ふんもっふ!ふんもっふ!ふんもっふ!!」



みくる「キョンくん、明日暇?」
キョン「暇だキョン。何か用ですキョン?」
みくる「う、うん(かわいい…)」
キョン「何ですキョン?」
みくる「映画なんだけど…」
キョン「行きますキョン!」
古泉「…(なるほど…語尾に何かつけると可愛いのか…)」

つぎのひ

キョン「古泉、悪いがそこのシャーペンとってくれ」
古泉「はいワシントン」
キョン「…(こいつ…何路線だ…!?)」
古泉「どうかしましたミドルシュート?」
キョン「…(なんだろう、太ももがつりそうだ)」
古泉「なんでだまってるんですか武豊?」
キョン「…(病院探してやらなきゃ…)」
古泉「僕の顔に何かついてますかニトリの学習机」
キョン「…長門…」
長門「…落ち着いて」

ごじつだん

ハルヒ「今日は不思議探しに出かけるわよ全世界の腰抜けモンキー」
キョン「…伝播してる」



長門「朝ごはん」
キョン「これが?」
長門「食べて」
キョン「いや、これ焦げt」
長門「嫌?」
長門「いやではない」
長門「なら食べて」
長門「いただきm」
キョン「お前は何を言っているんだ」



ハルヒ「有希!たまにはコスプレしてみよっか」

長門「………」

ハルヒ「じゃあこれ着て」

長門「…着た」

ハルヒ「じゃあ、ものまねしなさい」

長門「ピッ、ピカチュウ」

ハルヒ「いけー、十万ボルト!」

長門「ピカー!!」

キョン「あ゙あ゙あ゙あ゙あ~~~!」



長門「・・・・・」

ハルヒ「暑いなぁ、誰かジュース買いに行ってくれない?」

キョン「・・・俺は嫌だぞ。」

みくる「あのぅ・・・私もお掃除があるので・・・。」

古泉「じゃあ僕が行きましょう!」

キョン「いやいや!古泉が行くんだったら俺が行く!」

みくる「いえ!私がいけば済む事ですから・・・!」

ハルヒ「じゃあ、あんたら全員で行ってきなさいよ。」

全員(うわぁ・・・・・)

長門「・・・・じゃあ私が。」

キョン・古泉・みくる「!!
            どうぞどうぞ!」

ハルヒ「あら、有希が行ってくれるの?」



ジャーン ジャーン
キョン「げぇっ、長門!」
長門「?」
キョン「すまん…なんか言わずにはいられなかったんだ…」



ハルヒ「普通の人間には興味ありません。 この中に宇宙人、未来人、
    異世界人、超能力者がいたら私のところに来なさい!以上!」

岡部「見ろ!これがドラッグだ!ドラッグを憎め!憎め!憎め!!」



|