キョン「いくぞ!ハルヒ!か~め~は~め~・・・・・・!」



ハルヒ「フッ、遅いわ!ビックバンアタック!!!!!!!!!!」



キョン「まだまだだな。シュ・・・・・」



ハルヒ「何?瞬間移動!?」



キョン「波!!!!!!!!」



ハルヒ「グワワワワワワワ」



キョン「・・・・・・・・・・はぁ・・・・・・はぁ・・・・・・殺った・・・・・のか・・・・・?」



ハルヒ「全くあんたは甘すぎるわ」



キョン「!?グハッ・・・・・・・ダメージを受けていないだと・・・・・・・」



ハルヒ「シュ!」



キョン「ック・・・・瞬間移動か・・・・・・どこだ・・・・・?」



ハルヒ「ビックバンアタック!!!!!!!!!」



キョン「・・・・・・見切った!!!!!!10倍かめはめ波!!!!!!!!」



ゴゴゴッゴゴッゴゴゴゴゴ




完全に荒地と化した元平原



ハルヒ「グハッ・・・・・・・・・まさか・・・あんたがここまで成長してたなんて・・・・・」



キョン「・・・・グッ・・・・甘く見すぎだ・・・・・・」



ハルヒ「・・・・・油断しすぎたわ・・・・」



キョン「・・・・・これで最後にしようぜ・・・・・・・」



ハルヒ「・・・・いいわ・・・・あたしの究極技を見せてあげるわ・・・・いつどこでも全てあたしの方が勝ってるのよ」



キョン「どうかな・・・?」



ハルヒ「100倍ビックバンアターーーーーーーーーーーク!!!!!!!!!!!!」









キョン「え・・・・・・・・ちょwwwwwwwまてwwwwwwwwwwwwつか何でそんなん撃てるんwwwwww?」




こうしてキョンは影も形も無く消え去った



キョン「長門、読書以外の趣味は無いのか?」
長門「…ある」
キョン「へえ、意外だな…で、何なんだ?」
長門「見てて…(スッ)」
キョン「おい…長門!そのマシンガンどこから持ってきたんだ?」
長門「…ついてきて」
キョン「どこ行くんだよ!」
長門「…グラウンド!」
キョン「はっ?今部活で使われているだろ?」
長門「…いい!むしろ好都合」
キョン「…何がだ?」
長門「…(スタスタ)」
キョン「待てよ」

キョン「で、着いたわけだがどうするんだ?」
長門「…(スッ)」
キョン「…まさか!!!?」
長門「…(ダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダ…)」
キョン「やめろーーーーーー」
長門「…死んで(ニヤ)」
キョン「え?(グフッ)」




長門「か・い・か・ん♪」

めでたしめでたし



「あなたを殺して涼宮ハルヒの出方を見る」

朝倉は言った。理由は激しく気になるが、この際どうでもいい。

「どうやら本気のようだな?」

「ふふっ、そうよ」

「ならば仕方ない……俺も本気でやらせてもらう!!」

「な、何ですって!?」

「うおおおお!!」

「こ、これは…まさか…全てのジューダス・ペインを平行励起させているの!?」

「行くぞ!!ハーロ・イーン」

「まずい!!スィドリーム!!」



ハルヒ「そんじゃ行くで~」
キョン「はいよ」

ハルヒ「有希と二人はちょい気まずい♪」
ハルヒ・キョン「ハイ♪ハイ♪ハイハイハイ♪わお!あるある探検隊♪あるある探検隊♪」

キョン「これあるあるな~w」
ハルヒ「部室に入って有希しか居なかったらめっちゃ気まずいねん。
    話すこともとくにないしな~」



ハルヒ「ちょっとキョン!あたしの下着・・」

キョン「うん、食ったよ。」

ハルヒ「(!?)じゃあ体操着も・・」

キョン「食った食った」

ハルヒ「腕章も日記もプリンもみんな食べたの!?」

キョン「プリンは食ってねえけどな」

次の日キョンの存在は消えていた 
古泉・みくる・長門の記憶からも・・・



ハルヒ「私、漫画喫茶って行ったことないのよねー。今日はやることないしみんなで行きましょう。」

漫画喫茶か。不思議探しや部室でダラダラと過ごすよりもよっぽど有意義な時間が過ごせるな。
長門も興味津々だし賛成するか。

朝比奈さん→「時をかける少女」
古泉→「サイコメトラーEIJI」
長門→「レベルE」

それぞれが好きな漫画を読んでいた。ハルヒも何か熱心に読んでいたがすごい真剣なので
近寄りがたかったから何を読んでたかは確認できなかった。

次の日
新聞には「天下一武道会開催の知らせのチラシが入っていた?はあ?
テレビを点け、朝のニュースにチャンネルを回すと信じられない光景が映っていた。
「わしはピッコロ大魔王。新しい国王だ。」

ハルヒはどうやらドラゴンボールにハマったようだ。
これからあの宇宙人達が大暴れするんだろうな~おい・・・・



「ハルヒレッド!」
「イツキグリーン」
「…キョンイエロー」
「ユキブルー」
「ミ、ミクルピーンク」

「五人揃って――」


「「「「SOS団!!」」」」

「来年の文化祭はこれで決まりね、それとも涼宮特戦隊の方がよかった?」

「それだけは激しく賛成しかねる」



ハルヒ「ちょっと キョン!あたしを食べて!」

キョン「なぜだ?」

ハルヒ「わたしを食べればとんでもねえ力を持った精子が生まれる・・・・!」

キョン「ふざけるな!俺はあの世で見てたんだぞ何が超サイヤ人3だ・・・!
そんな奴と合体できるか!!」

ハルヒ「じゃあこの事を知ってるか!SOS団のみんなは古泉に喰われちまった・・・
みくるちゃんの爆乳も!長門のバージンも!!」

キョン「・・・・・・・・・・・・・!!」

ハルヒ「・・・・・・キョン・・・・・!!」

キョン「・・・・・・(ゴムを)よこせ!!はやく!」

ハルヒ「サンキューキョン!!」

キョン・ハルヒ「よっしやーーーっ!!!」



(上の続き)
ハルフォン「キョンとハルヒが合体してハルフォンってとこかな・・・・さらに!!」

チャックを開けて

「こいつが俺のムスコ!!」

●「なんだその得意そうなツラは・・・その大きさでいい気になってるのか?」

ハルフォン「なんだよ、我慢汁が出てるぞ
前みたいにチンコがないほうがよかったんじゃないか?」

●「ふん・・・オレを焦らせれば焦らせるほど
きさまは苦しんでイク事になるぞ?」



シックスナインの状態で
シコシコシコシコシコシコシコシコシコ

●「・・・ああっつ・・・・・・・・・・」

ハルフォン「どうした?イキそうなのか?・・・それにしてもこれじゃちっともおもしろくない
もっと本気でシゴイて欲しいな」

●「ぎ・・・ぬぐぐぐ・・・」

ハルフォン「・・・それとも本気でやってこのザマだったかな
だったら失礼な事をいって悪かったあやまるよ」



ハルヒ「みんな!SOS団でバスケ大会に出るわよ!」

キョン「突然だな、ルールは知ってるのか?」

ハルヒ「この本を読めばバッチリよ!みんなも読みなさい!」


次の日


ハルヒ「やはり天才!」

長門「どあほう」

みくる「ウホウホ」

古泉「バスケがしたいです」

キョン「ようチャックや」


負けました



「っぐわ!……くそ、また暴れだしやがった……」
「……」
「奴らが近づいてきやがったみたいだな……」
「ねぇ、キョン」
「っふ、この苦しみは邪気眼を持たぬものにはわからないだろう……」
「気持ち悪い」
「が……あ……離れろ、死にたくなかったら俺から離れろ!」
「……古泉くん、GO」
「仰せのままに」
「はなれ――アッーー!」



ハルヒ「キョーン!俺は人間をやめるぞー!」

キョン「ウリィィィィ」



ハルヒ「放課後おでんしようと思うんだけど」
キョン「お、いーねぇ
俺材料買ってくるよ」
ハルヒ「じゃあ大根とこんにゃくとちくわ昆布タマゴ
………えーと、あれ?あの具ってなんだっけ?

ハルヒ「玉袋に似てるヤツ」

キョン「ちょっとボクには見当つかないなあ……」
ハルヒ「そうか――」



『機動部活SOS団』

「ぶった…? あたしをぶったわね、キョン!」
「ああ、ぶったがどうした」
「親父にだってぶたれた事ないのに!」
「誰だってぶたれて一人前になってくんだ。甘えた事ぬかすな」
「お、おぼえてなさい! あたしが一番うまくSOS団を動かせるんだから!(ダッ)」

「古泉、閉鎖空間は?」
「今の所は大丈夫です。かなり不安定な状況ではありますがね」
「そうか。もしもの時はバイトの方、よろしく頼む」
「あああ、あの、キョン君。涼宮さんを追いかけなくっていいんですか?」
「…その必要はない。彼女は戻ってくる、はず」
「ああ、ハルヒを信じて待つさ。あいつの言う通り、SOS団の団長は
ハルヒ以外にいないんだからな…」



パシ ダムッ
長門「あ、また取られた…」
ハルヒ「どうしたの?有希」
長門「退席、トイレ」
ハルヒ「うん」

‐トイレ後‐

長門「ハッ!」
シュババババ
ハルヒ「うわっ!
いきなりすごい身体能力!
お腹の調子でも悪かったの?」
長門「貞操帯を外してきた」

ハルヒ「あれが有希の真の姿なのね」
キョン「まるでゲームキャラだな」



キョン「いてっ!」
ハルヒ「どうしたの?」
国木田「キョンが万力で指をはさんじゃって」
ハルヒ「なんですって!?」

ハルヒ「大丈夫!?
ズボンのチャックにチンコの皮はさんだ時とどっちが痛かった!?」
キョン「……………後者」
ハルヒ「そ、どうやらひどいケガじゃないようね」



ハルヒ「えーと、明日の時間割りは……」

ハルヒ「国、数、保体、英、ほうけい」
キョン「Σ」



ハルヒ「え?ほうけい?情報技術系の略だけど?」
キョン「略しかたを間違ってないか我が団長よ」



父「悪いね、今母親留守なんだ」

キョン「んー、ちょっとしょっぱいかな」
みくる「しょっぱいからって砂糖で誤魔化さないでくださいね」
キョン「そんなことしませんよ、ハハ」
古泉「でもバラエティ番組だとそういうヤラセありますよね」
長門「そう」

長門「素人出演って言っているにも関わらずしっかりとAV女優を使ってたr」
キョン「今は地上波の話をしてるんだ」



キョン「あれはあれで観る方もわかりきってるし」



みくる『はいもしもし』
ハルヒ「あ、みくるちゃん?
私だけど、今何してんの?」
みくる『今ラジオ聞いてるとこです』
ハルヒ「Σ」
キョン「?」

ハルヒ「たいへん!すぐみくるちゃんを助けに行かなきゃ!」
キョン「は?」
ハルヒ「イマラチオされてるって!」
キョン「ホントにそう言ったのか?」



ハルヒ「このSOS団に足りないものがあったわ!」
キョン「ほぅ、足りないもの…いいたいことが山程あるがいってみろ」
ハルヒ「萌キャラ、無口、美少年ときて唯一この団に足りなかったもの…」
「うかつだったわ…そう!それはふたなりキャラよッ!」
こいつは…頭が八丁みそで構成されてるんじゃないのかと思う
ハルヒ「さぁ、みくるちゃん!生やすのよ!」
みくる「えぇ~そんなの生えませんよぅ~」
当たり前だ、そんなもんがいきなり生えてたまるか!しかも朝比奈さんに!
ハルヒ「生えてなきゃヤダヤダ!」
古泉「これは不味いですね。このままでは閉鎖空間が発生してしまいますね」
勝手に発生でもなんでもすればいいだろ、朝比奈さんがふたなりになるよりは
次の日
みくる「キョンく~ん!」キョン「どうしました?」
みくる「今日朝目が覚めたらは、生えてたんですぅ~」
なんてこった…まさかここまでするとは
ハルヒ「やっぱりねッ!みくるちゃんはやっぱりふたなりだと思ったのよ!」
「さぁ、みくるちゃんやっておしまい!」
キョン「ア、アナルだけはっ!」
谷口「cha、cha、チャック~♪っと…ス、スマン!」



長門、何食べてるんだ?
「…鰻」
そうか、鰻か。
まぁそれは大体わかるんだがな。
なんで躍り食いしてるかを聞きたいんだよ俺は。
しかも大量に。
なんだよそのぬめぬめ光り輝いてる水槽は!
というかこれ全部食べるつもりか!?
「…全部食べる」
「やぁ、おまたせしました…って長門さんとあなただけでしたか。
あれ?何ですかその水槽は?」
「彼が。」
「鰻の踊り食いですか?実は好物なんですよね」

(キョд )    ゚ ゚


と、部屋の隅から声が聞こえてきたような気がした。

「ユニーク…」




キョン「俺、実はポニーテール萌えなんだ。」

長門「そう。」






次の日

キョン「長門」

長門「なに?」

キョン「なんだそのお尻についてるのは」

長門「ポニーテイル」

キョン「ユニーク」



キョン「このアマがぁぁぁぁッ!!」
ハルヒ「あんたこそ甘ったれた根性しやがってぇぇぇぇッ!!」
みくる「コースが甘いぃぃぃぃッ!!拳に回転をかけて重心を移動させんだって言ってんだろぉぉぉぉッ!!」
長門「・・・モグモグぅぅぅぅッ・・・(プリンおいしいッ・・・)」
古泉「鎧装甲ぉぉぉぉッ!!アーマーイツキぃぃぃぃッ!!」



ハルヒ「有希ーッ!かっとばしちゃいなさい!」
イケメン「よーし、やっちまえ!」

長門「みんなの力が私の中に…いっけぇぇーーーっ!!」



みくる「となりのとっとろ♪とっとーろ♪」

長門「やぱやぱ」

みくる「とっとろ♪とっとーろ♪」

長門「やぱやぱ・・・」

キョン「・・・長門」



ハルヒ「この猫バス乗っていい?」
キョン「知らねーよ、猫に聞け」
ハルヒ「乗っていい?」
シャミセン「いいよ」
ハルヒ「ありがとう」



ハルヒ「トトロ?あんたトトロって言うのね!?」


長門「違う。それはトトロではない。本名は中村。」


ハルヒ「とうもころし!!」


長門「あなたは少し落ち着いたほうがいい。」



|