YUKI.N>あなたに賭ける

何をだよ

YUKI.N>もう一度こちらへ…感じている
YUKI.N>また図書館に
YUKI.N>Shining Wizard



YUKI.N>あ、ごめんなさい間t

プツッ

キョン「長門!どういう意味だ長門!!」
ハルヒ「どしたの?キョン」
キョン「ハルヒか…いや『Shining Wizard』ってなにか判るか?」
ハルヒ「えっと、確かこう」

ゴッ!

キョン「ごはっ!?」






キョン「…はっ!戻れた!?」



ハルヒ「ねえキョン」
キョン「どした?」
ハルヒ「アンパンマンの中身はあんよね?」
キョン「なんでそんな質問がくるのかよくわからんが、そうだな」
ハルヒ「カレーパンマンはカレー」
キョン「名前の通りだ」
ハルヒ「じゃあジャムおじさんは?」
キョン「…いや、ジャムおじさんは人間だから」

長門「割ると中身はジャム」
キョン「!?」

長門「っぽいものがドロッと」
キョンハルヒ「「グロッ」」



YUK.N>あなたに賭ける

何をだよ


YUK.N>もう一度こちらn……………暴れん坊将軍が始まるたからまた後で


ちょっ、待てよ長門!


YUK.N>本当に時間がnい、また後で


そんことより脱出方法教えろよ!


YUK.N>無理。スpシャルゲストに銭gたの中の人も出演sるから


録画しなさい!


YUK.N>ビデオ無い 後d    プツ

キョン「長門!おい長門!ビデオくらい買っとけよちくしょうー!っ!!」

プツ    YUK.N>斬k朗キタ。これh予想外

キョン「実況とかいいよ!脱出方法教えろよ!」



鶴屋「あ~、めっがさ眠いにょろ、にょろ~。ん?」

女子A「おい、朝比奈!あんた生意気なんだよ!」
女子B「この前もアメフト部の中河君に告白されて断ったらしいじゃないか。
  まったくいい身分ね」
女子C「まったくぶりっ子ぶってんじゃねえよ。気持ち悪い」
みくる「………」

鶴屋(あれは、みくる!?まずいいじめられてるのか!
  今助けるさ、みっくるーー!!)
鶴屋「ちょっとそこの3人まt…」

みくる「…うるさい」
女子A「あ~?なんだってーー?」
みくる「うるさいって言ったんだよ!自分たちがもてないからって
   ひがんでんじゃねえぞ、ゴラァァァ!!」
鶴屋(ピキン)
女子B「な、なんですってーー!!」
女子C「こっちが下手に出てれば調子乗りやがって!やっちまえー!!」
みくる「じょとだコラー!やってやんよーーっ!」

ドガッ、ボゴッ、バキッ、ポキッ、グチャ、ボヨヨーン

女子A・B・C「「「…すいませんでした。もう勘弁してください」」」
みくる「ふんっ、お前ら今日から私の奴隷だからな。わかったか?返事は!!」
女子A・B・C「「「は、はひぃ~~~~!!」」」

鶴屋(な、何さコレ。夢かそう私の夢さ!目を閉じて開ければそこには)
みくる「おい」
鬼がいました。

鶴屋「(ビックゥ)や、やぁみくる今日もかわいいねぇ…。ア、…ハハハ…ハハハ」
みくる「お前、見てただろ」
鶴屋「な、なんのことn「見てただろ」…はい」
みくる「おい鶴屋。もし今のこと誰かに…特にキョン君に言ったら…」
鶴屋「い、言わないにょろ!みくるが女生徒を素手で殴り倒したなんて絶対言わないにょろ~!」
みくる「そうか、ならいい」

そういうとみくるはもう用がないとばかりに去っていく。しかし、数歩でその歩みを止めた。
鶴屋「あの、みくる…?」
みくる「それからこれからも今までのように振舞えよ。もし、
   少しでも違和感を感じたら……コキャだからな」
鶴屋「…は、はい」

あぁ、あの可愛かったみくるが。私はこれからどうなるのさ。
とりあえず空を見てみた。雲ひとつない青空だった。ちくしょう…



ハルヒ「やべーまじマンコかいー」

朝比奈「うはwwwwwww性病ktkrwwwwwwww」

ハルヒ「ちょwwwwwねーよwwwwwwwwっうぇwwwwwwwwwwwww」

ガラガラ
キョン「おーす。あーなんかチンコかいー」

ハルヒ「 お ま え も か 」

朝比奈「感染乙wwwwwwwwwww」

キョン「うはwwwwwwマジかwwwwwwwwwwww」

ガラガラ
古泉「あーチンコかいー」

キョン「( ゚д゚ )」

朝比奈「穴兄弟キターーーー(゚∀゚)ーーーー!!」

ハルヒ「スマンコwwwwwwwwwww」

長門「………(ポリポリ)」



長門「極めて危険な事態(ポリポリ)」
キョン「どうした?何かあったのか?」
長門「私の生殖器が異常な程痒みを訴えている(ポリポリ)」
キョン「何?本当か?原因は?」
長門「分からない。不明(ポリポリ)」
キョン「そうだとしてもだな、長門」
長門「何?(ポリポリ)」
キョン「マンコかきながら喋るな」



長門「じゃないと我慢できない(ポリポリ」
キョン「わかったよ、俺がかいてやるよ」
長門「・・・・・・わかった、お願いする」
キョン「いくぞ、俺のこの指テクで思う存分イクがいい!!」
長門「・・うっ・・・・はぁ・・・・・ぁんっ・・・・」

続きを読みたければここにワッフルワッフルと書き込んでください(続きません)



キョン「ほら、ここが気持ちいいのか?」

長門「あっだめ、そこ・・・あ・・・・」

キョン「あばばばばばばばばば」

長門「あばばばばばばばばば」



長門「あんっ・・・・・ウッ」
キョン「どうだ?気持ちよかったか?」
長門「・・・・とても」
キョン「じゃあ今度は俺のテドドンを入れさせてもらうぜ」
俺の充血したロンギヌスが長門の前に起つ、長さは1メートルぐらいだろう、自分でも惚れ惚れするでかさだ

キョン「いくぞ」
長門「いい・・・・きて」

 ガチャ



キョン「ほら、ここか?ここがええのんか?」

古泉「いやぁ・・・そんな・は・・・・・はげ・・・・・・し・・・・・ッッッッ」




馬鹿なことはやめて寝る('A`)



古泉「Oh…ブラボー!ブラボーゥ!」

ハルヒ「無駄ァ!!」

キョン「波紋疾走ッ!!」

みくる「頼むぜ!鶴屋の旦那!」

長門「だが断る」


―――そして、谷口はチャックを閉めるのをやめた―――



ハルヒ「お茶が飲みたいわ!えっと…なんていったかしらね」
キョン「お茶の種類か?」
ハルヒ「そう、えっと…玉露…じゃなくてダージリン!」
キョン「ずいぶんな間違いだ!」
ハルヒ「ダージリン飲みたいからみくるちゃん淹れなさい。それはもう、ガブガブ飲むから」
みくる「はーいただいま~」
ハルヒ「ぶちこr…ありがとう!」
キョン「今なんか言いかけた!」
みくる「ああ、クソッ食パン食べたい!」
キョン「どうしたの急に!?」
みくる「気にしないで、発作だから…」
キョン「何のだよ!アレか、食パン病か!」
みくる「えっ…何で知ってるの!」
キョン「あるの!?」



キョン「あのな俺たちにそんな属性はないんだ」
古泉「フフフ、キョン君そんな分かりきったこと言う必要ありませんよ」
キョン「顔近いんだよ、気持ち悪い」
古泉「あなたの顔をよく見るためですよ、仕方ありません」
キョン「ならこっちを見るな!本当に気持ち悪い」
古泉「これも一種のプレイですよ、ふふ」



ハルヒ「・・・・・・」
キョン「どうしたんだハルヒ、そんな顔して」
ハルヒ「どうしたもこうしたもないわよ!
どうしてこっちのスレには人が来ないの!?」
キョン「いじめに飽きたんだろ、もしくはアナルに飽きたのかシュールに飽きたのか、
どっちでもいいが」
ハルヒ「私はこっちを盛り上げたいの!
キョン!このスレを宣伝してきなさい!」
キョン「うるせぇ一人でやれ、俺はお前の便利屋じゃねぇんだ
もう俺に話しかけるんじゃねぇ」
ハルヒ「えっ・・・・・・」
キョン「その前に・・・・・・
いい尻をしているな、
やらないか?」
ハルヒ「ウホッ!いいキョン」



――――――――――――――――
キョン「なんですかこれは」
朝比奈「総合スレなんで全部混ぜてみました。」
キョン「朝比奈さんらしいと言えば朝比奈らしいか・・・・・・」



ちょんちょん

キョン「ん、なんだ長門?」

長門「鏡貸して…」

キョン「ん?顔には何もついてないぞ」

長門「使用目的は違う…」

キョン「まあいいけどさ…ほら」

長門「…」

てくてく

長門「有希光線…」

ハルヒ「マブチ!」



ハルヒ「ちょっと有希!何すんのよ?」

長門「目測を誤った…」

キョン「お、おい長門…?」

長門「…何?」

キョン「一応聞いとくが何やってんだ?」

長門「嫌がらせ…」

キョン「はい?」

長門「朝比奈みくるは前がら気に入らなかった…」

長門「胸が大きい、それに映画で私に本気で攻撃した…」

長門「故に…長門光線」

ペカッ

古泉「ふんもっふ!?」



古泉「キョンたーん!お目メが痛いよー!」

キョン「顔が近い!近寄るな!息が臭い!」

古泉「かかったな!小物め!」

キョン「う!いつのまに後ろに!?」

古泉「轟け!テドドン!」

数分後

キョン「長門…大体朝比奈さんはまだ部室に来てないだろ?」

長門「そう…」

キョン「わかってて何で…」

長門「有希光線は人体殺傷能力を高めたもの…長門光線は性欲を大幅に増すもの…」

キョン「イタズラじゃ済まされないぞ長門」



長門「今ので有希光線の威力が分かった…」

長門「涼宮ハルヒはノーダメージ…故にもっと大量の鏡が必要…」

キョン「お、おいまさか本気で朝比奈さんを…」

長門「私はいつでも本気…」

ハルヒ「大体太陽の光で人が死ぬわけないじゃない!」

長門「見ればわかる…」

がちゃ…

長門「きた…」

みくる「すいませ~ん、遅くなりましたぁ~」

長門「長門光線」

ペカッ



キョン「朝比奈さん!だ、大丈夫ですか!?」
長門「不覚…」
キョン「へ?」
長門「誤って長門光線を発射した…」
キョン「な、なんだって?なら…」

みくる「キョ…キョンくぅ~ん…はぁはぁ……なんだか体が…熱いよぅ……」
キョン「あ、朝比奈さん!?」

長門「朝比奈みくるは満足するまでこのまま…処理は貴方に任せる…」

キョン「なに!?(喜んでいいんだろうか)」
みくる「はぁはぁ…んっ!…ぁ…キョンくぅん」
キョン「朝比奈さん…」

パサッ

キョン「!!??」


みくる「新型みくるビーム…テドドン!」

キョン「ふ、ふたなりだけは!ふたなりだけは!!」

アーッ

長門「ユニーク…」



キョン「あ~、けつの穴かい~~~、長門かいてくんねえ?」

長門「………死ね」
みくる「最低ですキョン君!」

ハルヒ「ごほん!キョン、ど、どうしてもっていうなら私g 古泉「僕がやりましょう!まさに適材適所です!」

キョン「こ古泉!?居たのか、くっ、よせ来るなぁ~~」

古泉「それそれ~~、はははサイコーですよ」


長門・みくる「「自業自得」」


ハルヒ(あーぁ、キョンのオシリ触りたかったなぁ…)



|