ハルヒ「ЁνгФЖЯв!!」
キョン「☆◎★□◇◆○!!!!」

ギャーギャー ザワザワ

長門「………」

――パタン タッタッ ガチャ

長門「……フゥ」

――タッタッタッタッ カチカチャ

――カサカサ カチッ ジュッ

長門「(スウゥー)…………フゥ」

長門「…………やってらんない……」



ハルヒ「ふんふ~ん☆……ってトイレタバコくさっ!!」



ハルヒ「……暇」

キョン「暇だな~」

ハルヒ「……そういえば昨日、お風呂あがってから爪切ってたら、深爪しちゃたのよ」

ハルヒ「あれは痛かったわ……」

キョン「そうか」

ハルヒ「……うん」

ハルヒ「……暇」

キョン「暇だな~」

長門「…………」



キョン「暇だな…」

長門「……」

キョン「長門、この本、面白いか?」

長門「……(ゴクッ」

キョン「そうかぃ…」

長門「……」

キョン「……」

長門「……バカバッカリ」

キョン「!?」

長門「……」

長門が読んでたのは、アレです…「機●戦●ナ●シ●」です



キョン「あ、朝比奈さん!」
みくる「なんですかぁ~?」
キョン「なんなんですかコレは!?」
みくる「何って、今年の夏コミに出す同人誌ですよ?」
キョン「…百歩譲って同人書いてることは黙っておきます」
「なんで全部生えてるんですか!!」
みくる「生えてるって?」
キョン「だからなんで登場人物が全員ふたなりなんですか!?」
みさくら「あぁ~そんなことぉだって生えてないとやる気でないんだも~ん」



正直\(^O^)/スマソ



長門「…………」

キョン「…………」

ハルヒ「…………」

キョン「……なあ」

長門「なに」
ハルヒ「なに?」

キョン「いや、あの……」



Sound Only

キィ・・・
「・・・」
「・・・・・・・・・・・」
ギッ・・・
コッ
フィィィィィィィイイイィィイン
「・・・」
ス・・・ス・・・カチカチッ・・・ス・・・

「・・・・・・・・・・」
「・・・!!・・・っ・・・・く・・・っ・・・っ」
「じゅうに・・・わ・・・ろ・・・す」

カシャカシャカシャカシャ・・・ダン!

カツカツ・・・

「!!」
カチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチヒュゥゥゥゥウウゥウン
ダッ

キシッ・・・


キィー

「よう、まだ長門だけか」

「・・・」



長門「……スー……スー……」

キョン「(おいハルヒ、長門寝てるぞ)」
ハルヒ「(め、珍しいわね……あ……そうだ……!)」
ハルヒ「(ちょっとキョン、トマトケチャップもってきて! たまには有希の驚く顔みたいと思わない?)」
キョン「(ちょ……まあいいか、ちょっと見てみたいしな……ほら)」
ハルヒ「(ありがと、じゃキョンは隠れてなさい)」
キョン「(へいへい)」

――バタッ

長門「……ふわっ……?」

ハルヒ「あ……が……かはっ……」(倒れてトマトケチャップを吐き昏睡)

長門「!?」

キョン「(お~驚いとる驚いとる)」

長門「(クルクル)……」

キョン「(おっと、見つからないようにしなきゃな)」

長門「(ニヤッ)…………フフッ」

キョン「(!?)」



ハルヒ「みくるちゃんって、胸大きいわねぇ~」
みくる「ふぇ…そんな事無いですよ」
ハルヒ「触らせて!触らせて!」
みくる「いや、やめ、ひぇ!」
長門「……」

長門の脳内会議
長門A「朝比奈みくるの胸は大きい」
長門B「涼宮ハルヒは、少しある」
長門C「そして、私は無い」
長門D「結果、1位は朝比奈みくる 2位は涼宮ハルヒ 3位、私」

終了

長門(プチッ…)

ハルヒ「ねぇー、みくるちゃーん!…ん?どうしたの有希?」
みくる「ふぇ~!!…ふぇ?」
長門「私特製、メガトンハンマー受けて!」

ハルヒ「!?わっ!?わっ!?ちょ…有希!?どうしたの!?有希ーっ!?キョン、早く来てーっ!キョーン!!」
みくる「ひやぁぁぁ!?有希さん!!やめて!やめて!」
長門「ダ・メ」(#・_・)
二人「「ひえぇぇぇぇ~~」」

その後、キョンが早く来て長門の暴走を止めたと言う…
理由は
長門「私の胸は無いから、ムカついただけ」

終わり



ある日のSOS団部室
長「……………」
キ「……………」
長「(ぷにぷに)」
キ「(自分の胸を揉みだした!?)」
長「(ぷにぷにぷにぷに)」キ「(ドキがムネムネだぜ…)」
長「スッ…」
キ「(あ、こっち見た)」
長「ロリータシンドローム」
ガラカシャ!ズデーン
長「ユニーク」



古泉「キョン、あなたはどうしてキョンなの?」
キョン「あだ名だから」



(デトロイト・メタル・シティパロ)

『オレのシイタケをブチ込んでやる』

ハルヒ「キョン受け取って…実はあたし、あんたのことが…」
キョン「ごめん、ハルヒその気持ちを受けることは出来ないんだ。
   忘れてくれ…失礼する」

?「ハルヒ」

ハルヒ「?」

?「俺が本当の告白を教えてやる」

ハルヒ「うわー こ、こ、こ、古泉さんだぁ」
キョン「ニセモノだろ!?」

古泉「チョコをよこすのだ」

古泉「(ブンブン)どうなるのったらどうなるのアッーどうなるのったらどうなるのアッー…」

ハルヒ「(ガタガタ)出た…古泉さんの1秒間に10回のアナルラップ。
   ほ…本物だ」

ハルヒ「ス、スゲェキョンの優柔不断さが古泉さんを地獄から呼び覚ましたんだ………」
キョン「もしもし、いまスゲーぞ!学校に来い!!」



ハルヒ「チョンは世界最悪な劣等民族なのよ。歴史を捏造しているし」

キョン「……」

みくる「……」

ハルヒ「わかった?」

キョン「……あ、ああ」

みくる「……は、はい」

ハルヒ「チョンはみんな死ねばいいのよ」

キョン「……」

みくる「……」



キョン「ぬるぽ」
長門「ガッ」
ハルヒ「すごいわ有希」



ハ「ちょっとキョン!最近SOS団に来ないけどどうしたのよ!」
キ「俺にもいろいろあんだよ…悪い寝かせてくれ…zzZ」

その夜みくるとの電話…
ハ「………エグ…グス…私嫌われちゃったのかなぁ……ふえぇん…みくるちゃぁん…」
み「う~ん…それは無いと思います~確か…『大事な人の為にやることがある』ってホモ泉君に話してたみたいですし~」
ハ「…ヒグッ…大事な人~?…ヒッ…キョンのくせに…生意気よぉ…」
み「凉宮さん…(わからないのかしらねぇ?)」


翌日の放課後…
キ「ちぃーす、あれ?ハルヒだけか?」
ハ「私だけだと悪い?」
キ「いや、逆に好都合かな」
ハ「……もう…辞めてもいいんだよ…」
キ「は?辞めるって?」
ハ「大事な人ができたんでしょ?こんなとこに居ないでその人の所に行ってあげなさいよ…私の…さい、ヒック…ごの団長命令よ!
最近来なかったのもそれが原因なんでしょ?」
キ「…………ガサガサ」
ハ「無言は肯定と受けとるわよ…」
キ「ホントは明日渡したかったんだけどよ…ホレ」
ハ「何よ…指輪?」
キ「一日早いけど誕生日プレゼントだ、んで俺と付き合ってくれないか?お前の事が…」



ハ「好きなんだっと…キョンはこんな事言わないわよね…むなし…」



「チョン、お肉買ってきて」
「犬肉でおk?」



ハルヒ
「お金は五百円もあれば足りるでしょ? 部費から出すからお肉買って来て」

キョン
「・・・・つっこみどころはたくさんあるが、まず第一に五百円じゃなにも買えんぞ」

長門
「・・・・マロニー」



ハルヒ
「お金は五百円もあれば足りるでしょ? 部費から出すからお肉買って来て」

キョン
「ちょwwwおまwww」



ハルヒ「ちょっと有希、スキヤキするからお肉かって来て。お金は500円もあれば十分でそ」


長門「………」


(>>1)「やめるブヒィ!やめるブヒィ!僕は食用じゃないブヒヒヒィィイィン」


長門「新鮮…」



ハルヒ
「お金は五百円もあれば足りるでしょ? 部費から出すからお鍋買って来て」

キョン
「…………」



キョン「バリッ バリバリッ   鍋うめぇwwwwwwwwwwww」

長門「…ユニーク」



ハルヒ「キョン、スキヤキするからお肉買ってきて。お金は文芸部費から出すから。」

キョン「随分急だな。まあいいか、分かった……何の肉が良いんだ?」

ハルヒ「ラム!!」

キョン「それはジンギスカンだ……長門は?」

長門「……(ボソボソ)」

キョン「……ん?」

長門「(ボソボソ)……肉、嫌いだから……フフッ」

キョン「てめえ何の本読んでやがる」



ハルヒ「みくるちゃん、スキヤキするから鬼苦、買ってきて。」
長門(鬼苦……? 変換間違い……?)
みくる「ええっ!? ふえぇ~……アレ買うのは、恥ずかしいです……」
長門(!?)
ハルヒ「でもなかったらスキヤキできないでしょ!! ほら50円!! 買えるだけ買ってきて!!」
長門(50円で一個以上買えるの……?)
みくる「ええっ!! 50円分も……!? 私一人じゃ持ちきれませんよ~!」
長門(!?……一個とかの次元じゃない……!?)
ハルヒ「え? そんなになる……? ……キョン、鬼苦50円分って何個?」
キョン「えっと……1200杯くらいだな」
長門(!? ……杯!?)
ハルヒ「そうだっけ、じゃあ12.358円分でいいわ……キョン、何個?」
長門(どうやって支払うの……!?)
キョン「多分……税込で3800個だな」
長門(増えてる~~~~~~!!)

キョン「ん? 長門どうした? 鍋嫌いなのか?」
長門「…………ブルブル」



ハルヒ「有希、スキヤキするからお肉買ってきて。」

パタン

長門「……(コクリ)」

トテトテ

ガチャ

……パタン

ハルヒ「……」
キョン「……」
ハルヒ「……」
キョン「……」
ハルヒ「……なんか罪悪感が……」
キョン「何も言うな……わかってる……」



キョン
「ところで朝比奈さん、朝比奈さんは何肉が好きなんですか?」

朝比奈さん
「ごめんなさい。禁則事項です」



ハルヒ
「有希、スキヤキするからお肉よろしく」

長門
「・・・・(コクッ)」


~一時間後~


キョン
「・・・・長門、なんでお前血だらけなんだ? それにお前、これ、何の肉だ?」

長門
「栄養価は高い。食品の安全性は問題ない」



キョン「なぁ、おまえがスキヤキが好きなのは分かった。だがなぜ毎週食べる、そしてなぜその全てが俺のおごりなんだ?」

ハルヒ「いいからお肉買ってきなさい!」

キョン「もう金なんか無いんだ、勘弁してくr ハルヒ「早く行け」

キョン「……はい」
その日、彼は泣かなかったという



ハルヒ
「お金は五百円もあれば足りるでしょ? 部費から出すからお肉買って来て」

キョン
「・・・。」

自宅

「キョン君おか・・うわなにをするやめ(ry)」

部室
ハルヒ
「なんかスジっぽい肉だけどウメェwww」

キョン
「500円丸儲けニダ・・・」



ハルヒ
「お金は五百円もあれば足りるでしょ? 部費から出すからお肉買って来て」
キョン
「・・・。」

キョン部室を出る。その手には中華包丁が握られていた
みくる
「あッ!キョン君今帰り・・グボェ」
デュクシ!デュクシ!!

部室にて
ハルヒ
「うめぇwところでコレ何の肉?」
キョン
「禁則事項ニダ!」



|