ハルヒ「キョンここにあったアイス知らない?」

キョン「なんだぁ?(シャクシャク)」

ハルヒ「あっ何食べてんのよ!バカキョン!!」

キョン「しょうがねぇな~ほら食えよ。」

ハルヒ「ちべたぃぃ!!」



キョン「おいハルヒっ!俺のマイマヨネーズパクっただろ!?」

ハルヒ「知らないわよ!そんなことより私のアイス食べたのあんたでしょ!?」

キョン「…ぅ……そ、そんなことよりだと?!謝れっ、マヨネーズに謝れ!」



長門「………チューチュー(間接キ…///)」



ハルヒ『ちょっとキョン!あたしのアイス食べたでしょ!』
キョン「食べてねーよ!」シャクシャク
ハルヒ『じゃあ何食べてんのよ!?』
キョン「オレのアイスだ」シャクシャク
ハルヒ『そう…じゃあいいわ…ちょっとあたしのアイスどこいったのよ~!』
『みくるちゃんアンタあたしのアイス食べたでしょう!?』
みくる『ふぇっ?なんで私疑われてるんですかぁ~?食べてないですよ~』
ハルヒ『嘘いいなさい!』
『乳成分ばっかとってるからそんなにおっぱいが大きいんでしょ!』
みくる『ちがいますよぅ~』
長門『よし、やっちまえ』



ハルヒ「ちょっとキョン!あたしのアイス食べたでしょ!?」
キョン「知らねえぞ」
ハルヒ「みくるちゃん、アタシのアイス食べてないでしょうね?」
みくる「し、知らないですよぅ・・・」

キョン「そんなことよりハルヒ、お茶を飲め。今日のお茶は冷えててうまいぞ」
ハルヒ「あ、あれ?ホントだ。キョンにしては気がきくじゃない」
キョン「ああ、冷蔵庫に入ってたアイスで冷やしたんだ。頭いいだろ?」
ハルヒ「たまには冴えてるじゃない!キョン!・・・って、普通に冷蔵庫で冷やせよバカヤロー!!!」



コンビニ店内にてアイスを買うキョンと店員の長門
長門『…以上で5百円になります…』
キョン「じゃあ千円で」
長門『……温めますか?』
キョン「……じゃお願いします」
チン
長門『…ありがとうございました…またのご来店お待ちしております…』
キョン「………ぬるい」



ハルヒ「ちょっとキョン!あたしのアイス食べたでしょ!?」
キョン「知らねえぞ」
ハルヒ「有希、アンタ私のアイス知らない?」
長門「知らない」

ハルヒ「おっかしいわねー。放課後食べようと思ってドライアイスいれて置いといたのに・・・」
キョン「それはそうとハルヒ、部室の時計が電池切れで止まってるんだ」
ハルヒ「あら、ホントね。これじゃ帰宅時間がわからないじゃない」
キョン「安心しろハルヒ、そこの窓際に吊るしてあるアイスが完全に溶けたら
    帰ることにするから」
ハルヒ「なるほど!アイスを時計代わりに使ったってわけね。・・・って脳みそくさってんのかお前はッ!!!」




すると突然部屋に笑い声が響きだした。
まるでこの時を待っていたとばかりに自己主張をする笑い声だ。
窓から赤い光が飛び込んでくる。

「こういう事だったんですね、長門さん。
彼や朝比奈さんを騙せても僕は騙せません。
あなたは最初からこうするつもりだった?
違いますか?いや、まったく、計算高い悪女とはあなたの事を言うのでしょう。
宇宙人の作った万年処女のくせに生意気ですね、制裁を食らわせないと気がすみません」

「しょ、しょしょしょ、処女ちゃうわ!!」

赤い玉はミサイルのような形になる。

「必殺!テドドン!!」

そして、全てが終わった。

おわ



ハルヒ「ちょっとみんな!私のアイスソードしらない?」


キョン かんけいないね
古泉  ゆずってくれ!たのむ!
長門  ころしてでもうばいとる


ハルヒ「なにをするきさまらー!」



キョン「たーらこーたーらこーたーっぷりーたーらこーっと」
ハルヒ「あんた何歌ってんのよ?」
キョン「ああ、妹が最近いつも家ん中で歌っててな。頭から離れないんだ。
   何でもたらこソースのCMで流れてるらしい。」
長門「………」
ハルヒ「ふーん、そんなの覚えてる暇があったら少しは勉強したら?」
キョン「くっ…痛いとこをつくな」

次の日

キョン「さーて、部室に行くとするか」
ターラコーターラコー
キョン「ん?部室の中から何か聞こえてくるな。誰だ?」
ガチャ
長門「たーらこーたーら……」
キョン「すまん」
長門「別にいい」



有希「なーがとーなーがとーキョーンとーなー」
キョン「すまん」
有希「…いい」



長門「たーらこーたーらこー…」
ビリビリ
長門「今日も金たらこじゃない…」



長門「………私のアイス」

キョン「あ~、悪い長門、今年の暑さに耐えられなかったんだ・・・」

ギラッ
長門がにらんだ瞬間、全世界が凍りついたのように思えた。最後に見た光景は何か呪文のようなものを唱える長門の姿だった…。
「……ヒャダルコ」



キョン「おまえ、超能力者だつたのか!?」
古泉「ESP保持者と言ってくれぃ、そのほうがかっこいい」






しまいまっ



キョン「アイスかってくるけど何がいい?」
ハルヒ「ガリガーリ君♪」
みくる「ガリガーリ君♪」
古泉「ガリガーリ君♪」
長門「・・・レディボーゲン・・・」

キョン「・・・長門、空気よもうか」



長門とアイス

俺と長門がデートすることになった
(中略)

次の日


ハルヒ「あんた団長に黙っていい度胸じゃないの、昨日有希とラブラブだったじゃない」

キョン「うーん、それはだなー、って見てたのか!!」

「そうよ、あと有希は私が埋めといたから」

俺は驚愕した。なんだって!!!もしそれが本当なた俺の命もやばくないか?



古泉「はははは…どの道、私の勝ちですよ!」
「何だと!?」
古泉「私は、分かる!地球へ粛正しないといけないんですよ!」
「貴様には分かるか!」
古泉「何!?」
「はぁぁぁぁ…死者達よ、俺に力を!」
古泉「ぬぅ!?何故、動かんのだ!?私よ!」
「分かってはいるのか!!俺の力を!」
古泉「くっ…私の勝ちだーっ!」
「抵抗するのなら…」
古泉「貴様ぁぁぁぁ!!」
「ここから…いなくなれーーーーーーっ!」


ハッ!?
ゆ…夢か……
どうやら、俺はガンダム観過ぎだな…やれやれ、顔洗うかね…





キョン「あれ、長門お前だけか?」

長門「・・・・」

キョン「ふぅ・・それにしても暑いなこの部屋、窓開けてもいいか?」

長門「・・・・」

キョン「??長門?」

長門「・・・・・・・・」

キョン「・・・・・ああ、電源入ってなかったのか」



キョンの自慰


ガチャ
ハルヒ「キョン!!なにして・・・・・・それ私のパンツよね?」
キョン「ぬおっ」やばい鍵をかけ忘れた

キョン「すまないハルヒこれはすぐ返す、見なかったことにしてくれ。」

ハルヒ「い、いらないわよ!!そんなのもう使えるわけ無いじゃない!」

見ると俺はとっくに射精していたようだ。それにしてもハルヒがじーっと見てるな
やっぱり女の子だから興味があるのか。
キョン「あー、すまんハルヒ向こう向いててもらえるか?後片づけを・・・・」

ハルヒ「そ、そうよ!!早くしまいなさい!!この部室でそんな物出してるんじゃないわよ!!」

ハルヒが後ろを向いた瞬間に俺はティッシュを取り拭いて収めた。

キョン「もういいぞ」
 振り返ったハルヒは妙に赤かった

ハルヒ「あの・・・・キョン・・・私で・・・・その・・してたの?」

キョン「そうだよ」

ハルヒ「なんで・・・私なの?・・・みくるちゃんとか・・・」

そりゃ決まってるよ、俺は決めた。告白しよう



キョン「あなたが好きだかだ!!」

(噛んだ…)



ハルヒ「ちょっとキョン!私のアイス食べたでしょ!」

キョン「食べた」

ハルヒ「へー。それで美味しかったかしら?」

キョン「たぶん」

ハルヒ「たぶんってなによ、たぶんって!とにかくアイス4人分買ってきなさい!30秒よ!遅れたら死刑ね!」

キョン「(あんまり食べた記憶がないのだが・・・)」

長門「・・・情報操作は得意・・・・ゲプッ」

みくる「!?」



ハルヒ「ちょっとキョン!あたしの昔の写真見たでしょ!?」
キョン「ん?ああ、みた」
ハルヒ「ときめいた?」
キョン「一寸だけな」
ハルヒ「ちょ、一寸ってどれくらいよ!?」
キョン「ttp://www.google.co.jp/search?q=%E4%B8%80%E5%AF%B8」



ハルヒ「ちょっとキョン!あたしの昔の写真見たでしょ!?」
キョン「ん?ああ、みた」
ハルヒ「ときめいた?」
キョン「一寸だけな」
ハルヒ「ちょ、一寸ってどれくらいよ!?」
キョン「ttp://www.google.co.jp/search?q=%E4%B8%80%E5%AF%B8」

ハルヒ「・・・あら、本当ね」
キョン「だろ?」



ハルヒ「ちょっとキョン、あたしのアイスたべたでしょ?」
ガリガリ君「たべないよ、アイスとは舐めるものだ!!!」

長門「ペロペロ ペロペロ」

みくる「うぅぅ頭がキーンとしますぅ」

長門「ペロペロ …液体がたれる… ピチョピチョ チューチュー」



ハルヒ「キョン、スキヤキするからお肉買ってきて」

ハルヒ「お金は五百円もあれば足りるでしょ? 部費から出すからお肉買って来て」

キョン「…突っ込みどころは多々あるが、まあいいだろう…長門、いくぞ」

長門「…」

ハルヒ「ちょっと!何で有希を連れて行くのよ!」
キョン「黙れ。行くぞ、長門」

ハルヒ「なっ!?」

長門「…」


スーパー

キョン「お肉♪お肉♪」

長門「…」

キョン「なっがっとぉ~♪どれがいい?♪」

長門「スッ…」

キョン「ん♪…ウ、ウアカリの肉?なんだこりゃ?」

長門「あなたは知らないほうがいい」



「ち~っちっち~おっぱ~い」

ハルヒ「キョンが壊れた!!」



古泉「ハルヒさん・・・貴方の美しさはまるで一輪の花のよう・・・」
ハルヒ「古泉君何言ってるの?」
古泉「ああハルヒさん私の愛を受け取ってください」
古泉「わかったわ、古泉君その愛受け止めてあげる」
古泉「ハルヒさん!」
古泉「古泉君!」
古泉「ふふ・・・ハルヒさんの下の花がぬれてるではありませんか」
古泉「いやぁ・・・らめぇ」



ハルヒ「ちょっとキョン!あたしの腕章食べたでしょう!?」

キョン「アホ!食えるかそんなもん!」

ハルヒ「なに言ってんの、意外とおいしいのよ!」

キョン「マジで!?」

ハルヒ「さっきだって生のまま5個も食べたんだから」

キョン「自分で食ったんじゃねーか!」

ハルヒ「しまったバレた」

キョン「……」

ハルヒ「てへっ☆」



ハルヒ「ちょっとキョン!わたしの腕章ないんだけど、知らない?」

キョン「いやおまえの腕についてんじゃん」



ハルヒ「キョン!明日ちょっと付き合いなさい!」
キョン「…なんでだ?」
ハルヒ「なんでもいいでしょ!団長命令なんだから黙って従いなさい!」
キョン「残念だが明日は無理なんだ」
ハルヒ「団長命令より大事なことって何よ!ありえないけど聞いたげるわ!」
キョン「シャンプーの口のとこにさすごいカスが詰まってんだよ…」
ハルヒ「だから何!?そんなの取るのに一日もかからないでしょ!?」
キョン「…親父の形見なんだよ」
ハルヒ「…そう、ごめんなさい…なら仕方ないわね」キョン「…あぁ、すまんな」



うろ覚えだからセリフ回しが全然違うけど…
このネタわかる人いるかなぁ

みくる「先輩!起きてください!先輩!」

キョン「んん…、なんだみくるか。」

キョン「なんだか今、夢の中で誰かに起こされた気がするんだが。」

みくる「せんぱいせんぱい!それはきっと神様のお告げです!その夢の中の美少女が先輩の運命の人です!」

キョン「うーん、誰だったかなぁ」

みくる「先輩よく思いだしてください!その美少女は先輩のすぐ近くにいますよ?」
キョン「長門かなぁ?」
みくる「惜しい!その美少女はまるで雪の妖精のように可憐な美少女ですよ。もうわかりますよね?」
キョン「なまはげか?」みくる「あーもう惜しい!同じ雪国育ちではあるんですけど…」

みくる「ぴろりろりーん」

みくる「あーっとここでボーナスヒントです!その美少女の名前は『朝比奈み』で始まって、『くる』で終わるらしいです!先輩!さぁどうぞ!」

キョン「…朝比奈ミラクル?」

みくる「………………ぴんぽーん、大正解でーす。」
────こいつもうどうでも良くなって適当に正解にしやがったな



ハルヒ「ねぇ、キョン。宝くじ当たったんだって?」
キョン「何言ってるんだ?当たった当たってない以前に買ってないぞ」
ハルヒ「だってテレビに出てたわよ。Tシャツ付きで」
キョン「!?」




部活前
キョン「ハァハァ、いつもハルヒが腕に巻いてる腕章
   ベロベロうま、ハルヒの味うま、レロレロ」

部活後
古泉「キョンタンがしゃぶった腕章、ムグモグ
  うま、キョンタンの味カジカジ」

翌日
ハルヒ「腕章にかじられた後が…
   ちょっとキョン!あたしの腕章食べたでしょう!?」
キョン「なっ、違う誤解だ。俺はしゃぶっただけだ、信じてくれ!!」

ハルヒ「うわぁぁぁ、冗談で言ったのにしゃぶってるって…ヒクわ
   どうせかじったのもあんたでしょ…変態」

古泉(ニヤニヤ)


キョン「ハルヒ……」

ハルヒ「何よ?腕章なんかたべる変人!!」

キョン「違うんだ。俺はただおまえの汗を舐めてただけなんだ!」

ハルヒ「このド変態!!二度と近づくなー!!」



キョン「こな~有希~ねえ、心まで白く~染められたなら~あんぁあ~」

長門「(クルン)……?」



キョン「雨は夜更け過ぎに、有希へと変わるだろう~ホーリィナァイト」

長門「(クルン)……??」


キョン「なごぉり~有希も、降る時をしり~ふざ~け~過ぎた、季節の中で~今」

長門「(クルン)……???」


キョン「えっ~と……あっ、春の日差しが眩しくて僕は、驚いたよ~、有希溶~けを~待つよ、君と僕との、本当の有希~溶けを~」



長門(…………わざと……?)



ハルヒ「ねえキョン、あんた鶴屋さんのことどう思う?」

キョン「どうって……朝比奈さんの友達だろ、それ以上でも以下でもない」

ハルヒ「……可愛いって思わない?」

キョン「確かにそれはあるな。なんか年上なのに幼いかんじで、語尾が変わってるけど作りキャラじゃないってかんじがまたいいよな」

ハルヒ「やっぱり!? 私もあの人可愛いなって思ってたのよ、なんかいい友達になれそう!」

キョン「さいですか」

長門「…………」

――次の日

キョン「うぉっす……長門だけか……?」

長門「……そうにょろ」

キョン「……は?」

長門「……めがっさにょろにょろ……」

キョン「…………」

長門「…………」

キョン「…………」



|