爽やかな風

香る森の匂い

足を包む清流が気持ちいい
ありがちな山のキャンプ地
家族連れの極端に少ない穴場

川のせせらぎ

鳥のさえずり

「涼子!飯作るぞ!」

彼が呼びにきた
わかった!キョンおじさん!
河から足を上げ、呼びにきた彼に抱きつく
「おじさんはやめてくれ」
彼は苦笑する
アハハ、そうね

今の彼と私は結構年が離れている

「遅いじゃない!もう皆待ちくたびれてるわよ!」

「すまん、ハルヒ、古泉、手伝う」

「ありがとうございます」

「私スイカとってきますね?」

「……私も行く」

「有希さんはいいですよ、一つだから一人で運べますから」

「そう」





「涼子ちゃん、お皿並べるの手伝って!」
わかりました!




‐ End of End ‐

|