ハルヒがもしブスだったら

「普通の人間~~~以上」


女子A「ねぇ ねぇ ここもしかして養護学級?」
キョン「そんなはずはないおれは正常な人間だ」



ハルヒ「ちょっとキョン!あたしのプリン食べたでしょ!?」

キョン「ああ」

ハルヒ「なんで勝手に食べたのよ!」

キョン「ああ」

ハルヒ「ちょっとあんた聞いてんの!?」

キョン「ああ」

ハルヒ「……」

キョン「ああ」

ハルヒ「これは…変わり身!?」



ハルヒ「……」
キョン「……」
ハルヒ「プリ~ン」
キョン「プリ~ン」
古泉「やった!風船ポケモンGETだぜ!」
ハルヒ「!?」
キョン「!?」
古泉「……」
ハルヒ「……」
キョン「……」




長門「…ユニーク」



ハルヒ「ねぇキョン、何で巨人負けるのかしら」
キョン「さあな」
ハルヒ「なんでかしらね、この私が応援してあげてるのに」
キョン「おまえ、巨人ファンだったのか」
ハルヒ「そうよ、前に球場に行ったときのこと話したでしょ?日ハム対オリックスなんて100人も入らないわ」
「ところでキョンはどこのファンなの?」







キョン「日ハムだ」



キョン「お前だッ!いつも脇から見ているだけで人を弄んで!」
古泉『暇なだけのNEETに何がわかるっ』
キョン「NEETで悪いか!」
「スレを遊びにしている古泉にはわかるまい。このSSを通してでる力が」
古泉『SSを通してでる力だと?そんなものが現実に通用するものか』
キョン「まだ書くのに抵抗するのならッ!」
古泉『書けると思うなコゾォーッ!』
キョン「ROMってるだけならここからいなくなれーッ!!」
古泉『なぜだ!?なぜ動かん筆!?』
古泉『マッガァーレェーッ!!!』



長門「…うまく言語かできない。」
長門「情報の伝達に料金が発生するかもしれない。…でも聞いて」
長門「私と涼宮ハルヒは普通の人間ではない…」
キョン「?そりゃあ普通じゃないのは分かるが?」
長門「そうではない。性格に普遍的性質をもっていないということではなく……」
キョン「……」
長門「……」
キョン「おい、どうしたんだ?」
長門「…ここからは100円になる」



(上の続き)
キョン「!?」
キョン(くそここまで聞いたら気になるしな…。100円だしいいか)
キョン「…わかった。払うよ。」
長門「…毎度。」
キョン「毎度!?今小声で毎度って言ったか長門!?」
長門「普遍的な性質をもっていないということではなく文字通りの意味で」
キョン「聞いちゃいねぇ」
長門「…ここからは200円…」
キョン「短っ!それに高くなってるし!」



(更に続き)
キョン「…なぁ長門?それはオレにとって意味のあるもんなんのか?」
長門「ある。あなたはこの情報を聞かないと激しく後悔する恐れがある…。」
キョン「……そうなのか?…まぁいい。ほれ200円。」
長門「…それと緑茶代は別料金となっている…」
キョン「なんですと!3杯飲んじまった!!」



キョン「このスレにworktakeって書いとこうかなぁ」

長門「…だが断る」

キョン「ちょwwwwwwwwww」

                 fin



キョン「この活動を楽しんでるのか!ハルヒ!」
ハルヒ「アハハハ……楽しんでるわよ!」



どう見ても……いや、いいや……言わなくても元ネタ分かる人いるだろうよ



ハルヒ「ちょっとキョン!あたしのプリン食べたでしょ!?」

キョン「……(モグモグ)」

ハルヒ「って食べ続けてるんじゃないわよ!かえしなさい!」

キョン「……(歯の隙間からニュー)」

ハルヒ「……(モグモグ)」



キョン「それ、俺のプリンなんだが」
小泉「ええ、しってます。」
キョン「食べかけなんだが」
小泉「ええ、しってます。」



ハルヒ「キョン」

キョン「なんだよ」

朝比奈「キョンくん」

キョン「はい」

長門「・・・・・」

キョン「よっ」

●「キョンくん」

キョン「しばくぞ」

●「・・・・・キョン」

キョン「・・・・・なんだよ」



May 14 1998
ハルヒのプリン食ったら、背中だけでなく足にも腫物ができてやがった。
みくるのオリがやけに静かなんで、足引きずって見に行ったら数が全然たりねえ。
めしを三日抜いたくらいで逃げやがって。
ハルヒに見つかったら大変だ。

May 16 1998
昨日、この屋しきから逃げ出そとした小泉が、射さつされた、て はなしだ。
夜、からだ中 あついかゆい。
胸のはれ物 かきむし たら 肉がくさり落ちやがた。
いったいハルヒ なに し た

May 19 1998
やと ねつ ひいた も とてもかゆい
今日 はらへったの、ながと くう

May 21 1998
かゆい かゆい ハルヒ― きた
ひどいかおなんで ころし
うまかっ です。

4
ぷりん
うま



(2人の方の合作です)
小泉くん
「大変です! 涼宮さんのプッチンプリンのプッチンがうまくいかなかったイライラで、たった今閉鎖空間が発生しました」

キョン「…釣りだろ?」

小泉くん
「そんなはずないでしょう。この前なんか割り箸がうまく割れなかったから閉鎖空間が
発生したくらいなんですから」



草木も眠る丑三つ時
ガバッ
ハルヒ「んもぉ~~、あっついわねー。下降りて、冷たい水でも飲まなきゃ
   やってられないわ」

ゴスッ!!

ハルヒ「ッッッ!!!いったぁ~~~いっ!!」

プルルルルルr

古泉「はい古泉です。え、閉鎖空間が大量に発生したですって?
  原因は何なのですか?え!?タンスの角に小指をぶつけた!?」

もう、いっそのこと涼宮にすべてばらしてやろうかそんなことを考えた
古泉であった。


長門
「・・・・」

キョン
「まさか、長門、おまえ・・・・」

長門
「・・・・プッチンが・・・・(ボソッ)」



ハルヒ
「キョン! あたしのプリン食べたでしょ?!」

???
「あープリンのひとつくらいでいちいちうるせーんだよテメーは。カルシウム不足気味ですかコノヤロー」

ハルヒ
「・・・・誰よアンタ・・・・?」

(銀魂ネタ?)



キョン「どうしたんだハルヒ?おまえが外すなんて珍しい」
ハルヒ「だって、急に来たんだから・・・」

(W杯ネタ)



みくる「キョン君のためなら、ビッ〇ライト~~!」 


こうして朝比奈みくるは巨乳になったのだった・・・



涼宮ハルヒの超迷探偵

みくる「窓に人影があって、慌てて外を覗いたら犯人の後ろ姿が見えたんです」
ハ「ふむふむ」
み「暗くてよく見えなかったけど、マッガーレっていってたきがします」
ハ「むむむ」
キ(ハッ!ハルヒの顔付が変わった。推理に入った証拠だ)
キ(しかし・・怖い。怖いぞその目は)
キ「これはひどい事件だぞハルヒ!
  犯人は朝比奈さんの入浴シーンを覗いた上に、古泉に罪を擦り付けようとまでしているんだ!」
ハ「・・・」
ハ「で、覗いた感想は?」
キ「そりゃあもう、たまりませんでした。ゲヘヘ」


しんブーン

本日未明北高在籍の少年Kが覗きの容疑で逮捕されました。



ハルヒ「あ、キョン!いいところにいた!」
キョン「どうした、ハルヒ?」
ハルヒ「買い物してきて」
キョン「なんで俺が」
ハルヒ「有希からの頼みなのよ」
キョン「あー、で何を買うんだ?」
ハルヒ「卵」
キョン「卵ぉ!?」
ハルヒ「卵の殻はかたつむりのエサになるんだってさ」
キョン「……」
ハルヒ「あともう一つ」
キョン「なんだ?」
ハルヒ「断ったら夢枕に立つって、有希が」
キョン「…いってきます」



キョン「長門ー、卵買って来たぞ」
長門「そう」
キョン「そう、って他に言うべきことあるんじゃないのか?」
長門「ありがとう」
キョン「そうそう、ちゃんと人に頼みごとをしたあとは御礼を言うんだ」
長門「……そう」
キョン「というか、卵買っていても、中身そのままでやるわけにはいかないだろう?」
長門「……?」
キョン「殻がエサなら中身をなんとかしなきゃ」
長門「食べればいい」
キョン「誰が?」
長門「……」(じーっ)
キョン「……長門?」
長門「……」(じーっ)
キョン「……」
長門「……」(じーっ)
キョン(勘弁してくれ)



キョン「おーい、長門ー」
長門「……」
キョン「机の下で何してんだ?」
長門「かたつむりごっこ」
キョン「…出て来い」
ゴンッ
キョン「!?」
長門「………っ」
キョン「頭ぶつけたのか」
長門「………(ウルウル)」
キョン「ああ俺が悪かった俺が悪かったからそんな目で俺を見るな、見るなってば」



ハルヒ「あら?廊下で何やってんの有希」
長門「かたつむり」
ハルヒ「え?」
長門「窓の外」
ハルヒ「ああ、そう」
長門「そう」
ハルヒ「本意外に趣味ができたことはいいことだと思うけど、ほどほどにしなさいよね」
長門「………」
ハルヒ「人の話聞いてるの?」
長門「………」
ハルヒ「おーい?」
長門「………」
ハルヒ「有希ー?ダメだこりゃ」



古泉「長門さん」
長門「何?」
古泉「何をやってるんです?」
長門「コスプレ」
古泉「なんのですか?」
長門「かたつむり」
古泉「はあ、それはまあわかりましたが」
長門「そう」
古泉「なんで僕に着せているんですか?」
長門「似てるから」
古泉「え」
長門「オスメス関係ないところとか」
古泉「……」
長門「……」
古泉「長門さん」
長門「何」
古泉「それが言いたかっただけでしょう」
長門「ごめんなさい」


長門「…………ねぇ」

キョン「なんだ?長門」

長門「………プリンが消えた」

キョン「し、知らんぞ俺は」

長門「………」

キョン「………」

長門「…………」

キョン「…………」

長門「……………………おい」

キョン「!?」

長門「お前を殺すぐらいわけないんだぞ?」

キョン「……すいませんでした」



キョン「なぁ長門、さっきから鏡の前で何してるんだ?」
長門「練習」
キョン「練習?何の練習だ?」
長門「かめ○め波」
キョン「・・・出るのか?」
長門「やる価値はある」
キョン「でもなんか長門なら出そうな気がするな・・・なんかがんばったら出ないのか?」
長門「・・・ビーム」
キョン「何処から出るんだ?」
長門「眉間」
キョン「きわどい位置だな・・・」
長門「レーザーも出る」
キョン「ほう、何処からだ?」
長門「額」
キョン「えらいビームの位置と近いな、それよりちょっとビーム撃ってみてくれないか?丁度グラウンドにハルヒが居るから派手に頼む」
長門「了解、・・・・」
キョン「・・・・・・どうした?」
長門「MPが切れた」
キョン「・・・突っ込まんぞ」
長門「突っ込めよ」



俺はとっさに手元にあった鏡を放り投げた。
鏡は勢いよく飛んでゆく。
そして――ハルヒのコメカミに接触すると同時に凄まじい勢いで割れた。
落下音がいくつかあった。
そのうちの一つに「ハルヒの倒れた音」が含まれている。
俺は怯えた。

――人生、オワタ。

そして俺はハルヒ厨としての人生に幕を閉じた―――





「――」使いすぎなオナニー小説 終劇



俺はハルヒが見せてくれたノートを開いてみた。
心臓を冷たい手で捕まれたような間隔に襲われた。
吐き気がする。
そこには怖ろしい現実が綴られていたのだ・・・。









「ハルヒ厨キメェwwwwwwwwwwww」


翌日俺は朝刊に載ることになるのだが、それはまた別のお話☆



ちんちん小説 完



キョン「長門ぉ~。」

長門「気持ちいい?」

キョン「もっと強くしてくれ~」

長門「こう?」

キョン「あ~そうそう。気持ちいい~」

突然ドアが開く
バタン

ハルヒ「ちょっとあんた達なにやってんの!!」

古泉「キョンたん!僕というものがありながらぁ!」
朝比奈さん「長門さんだめすぅ!!」

キョン「耳かきだけど・・・」

長門「おもしろい人」



キョン「長門、何読んでるんだ?」

長門「黙れ小僧!!」

キョン「・・・」

長門「・・・」

キョン「もののけh」

長門「その喉切り裂いて、二度と無駄口たたけぬようにしてやる!!」

キョン「・・・」

長門「・・・蛍の墓・・」

キョン「!?」



ハルヒ「ちょっとキョン、私のプリン盗ったでしょ?」

キョン「いや、盗ってないが」

ハルヒ「じゃあ、そのかばんからはみ出てるのは何?見せなさい!」

キョン「それは…やめr」ハルヒ「これって今日プールの後に盗まれた私の下着じゃない!?」

キョン「ぐゎーー、わるぎは無かったんだ。 ぐはぁ!」



長門「WAWAWA、わらび餅~」
キョン「お、長門。どこ行ってたんだ?(谷口かと思ったじゃないか・・)
長門「・・・・・!」
長門「・・コレ・・・・。」
キョン「おまえ、そんなに食べたかったのか・・。」
長門「一緒に・・食べる・・?」



オチ見つかんね('A`)



憂鬱漫画日和

宇宙人
「火事だー!
今月で五件目だぞまた不審火か!?」
「助けて―――――!!」
「大変だ女の人が取り残されてるぞ!!」

「消防車はまだか!」
「くそう こんな時に宇宙から来た正義のヒーローでもいてくれたら」
「バカ そんなのいるわけないだろ!!」

長門「学校の生活に馴染めず・・・ムシャクシャしてつい・・・・」

ピザ
ハルヒ「ねーねーキョン ピザって十回言ってみて」
キョン「断る」
ハルヒ(´・д・)

好きな人
ハルヒ「ねぇキョンの一番好きな人って誰?」
キョン「そうだな・・・・」
ハルヒ「あのさもしかして・・・・もしかしてその人って・・・ 名前の最初に『ハ』が」
キョン「いや・・・」
ハルヒ(´・∀・)



キョン「…ハルヒ」

ハルヒ「な、なによ。真面目な顔しちゃって」

キョン「好きだ!」

ハルヒ「え/////」(ちょ、嘘でしょ?)

ハルヒ「ほ、ほんとなんでしょうね!?」

キョン「ああ本当だ。俺は凉宮ハルヒが好きだ。」

抱きつこうとするハルヒ
その瞳には喜びの涙を浮かべ



キョン「でも妹のほうがもっと好きだ!!!」


ハルヒ「ちょっとキョン!昨日部室にあったおはぎ持ってったでしょ!?」
キョン「真夏のクーラー無い部室に置いとくと危ないから持って帰ったんだよ。食べるなら明日持って来るが……」
ハルヒ「まぁ良いわ。どうせアンタに食べてもらうつもりだったし」
キョン「俺に?」
ハルヒ「団員皆がひとつずつ作ったの。それをキョンが食べて誰が作ったか当てるって訳」
なんだそりゃ?と聞きたい心境だったがどうせハルヒの事だ、団員適正テストとか言うに決まっているだろう
それに朝比奈さんの作ったおはぎが食べれるなら悪い話ではないな、うん
キョン「受けて立とう。明日全員当ててやるさ」



キョン「ご丁寧にひとつずつ番号が振ってある……先ずAのおはぎを食べるか」
形が少し崩れてるな……ハルヒか…?
ふむ……味は悪くな……!!!っ…!
キョン「ぐっ…ゲホッ!」
なんだよこれ………は、針……?!
なんでおはぎに……針……ハルヒが……?まさか……?

針、てことは……ハルヒ……あいつ裁縫でもやってたのか……?
それにしても……、ガキッ……、バキッ……!
キョン「針ってなかなか、食べごたえあるし、単体だといけるかもしれん。」


次の日
ハルヒ「どうだった?」
キョン「おはぎに針はあまりあわないから、次から針は針でもってきてくれ」


|