さーて今日もキョン君のハートを独り占めするために可愛く演じなくっちゃね
ランランラン♪って何だあの女!!何キョン君ンい話しかけてるんだ!あとで殺す!!

朝倉「今日日直の当番なの忘れてたの」

なんだと!!あいつキョン君と同じクラスなのか!!糞餓鬼め!しかもキョン君をたぶらかすとは

朝倉「じゃあね」

やっと離れたか!でもキョン君があんまり話さないところを見るとどうやらキョン君は気がないようだな

みくる「あはようございます、キョン君」

キョン「ああおはようございます」

みくる「さっきの人お友達ですか?」

キョン「いえいえクラスメイトですよ、ただの」

みくる「そうなんですか」よっしよっし!!

キョン「そんなに気になりますか?」

みくる「ちょっとだけ♪」



朝倉「む~」なにあの女、キョン君と別れてもう一回顔見ようと思ったら居た。
1年じゃ見ないわね、じゃあ2年生かな?いくら先輩でもキョン君だけは譲れない

みくる「じゃあまた部室で♪」

朝倉(キョン君は私よりあっちが好きなのね、だったらキョン君を待ち伏せして落とす)
手紙入れようっと、これってラブレターだよね。キョン君くるかな?

そして放課後、
朝倉(まだかなー)

部室では
キョン「朝比奈さん、お茶お願いします」

みくる「はーい」


朝倉(遅いなー、暇つぶしに学校中歩いてよ)
!!!!なに!!朝のあの女じゃん!!そうかキョン君と同じ部活だったのね。
だったらこらしめてやる。キョン君のことはいいわ、あの女を倒すことが先よ!

みくる(はっ殺気!!窓の向こうか・・・朝のあいつだな、ここはお互いきっちりケリをつけましょうか)
みくる&朝倉バチバチバチ

キョン「じゃあ俺帰りますね」

みくる「はーい」


ガラガラ

キョン「誰かいるか?・・・・やっぱりいたずらか」

屋上

みくる「どうやら目的は同じようね、お前を殺してキョン君はもらう!!」

朝倉「それはこっちのセリフよ!、このナイフに勝てるかしら?!」

みくる「それやってみなければわからない!、お前こそこの山奥で鍛えた鋼の拳に勝てるかな?」

朝倉「とうりゃああああああああ」

みくる「ふおおおおおおおおおおおお」


偶然帰り道で見えちゃった
キョン(あれ?朝比奈さんと朝倉何で相撲してるんだろ?意外と仲良かったんだな)



|