なんで俺には女にふられるんだ

よし、真実の愛を見つけるんだ!

俺は勇気を持って一歩踏み出した―――



行こう! ―――あいのりの旅へ―

俺はもう生きる気力が無くなってしまいそうだ。

笑っちまうぜぇ、オーディション落ちだ。ふふ、ははは!たかが、チャック開きっぱなしだっただけなのに。グッ

国木田「谷口、そんなこと気にするなよ。それに、一番大切な人ってのは身近にいるもんだよ」

国木田、おまえと出会っていてよかったよ。愛してるぜ~~

国木田「だが断る!」

もうだめだ、親友にも愛は見つけられなかった。
ああ、朝倉今どこにいるんだ?転校することが分かってたらこんなことには……いや、もう負け惜しみはやめよう…

そうだ、俺にはまだ親友はいるっ!キョン待ってろ!これからはおまえだけを愛するぜ

ハァ、ハァ やっとついた…
そして、おれはキョンの家に踏み込んだ。
ピンポーン
谷口っていう者です。あのキョンは?
???「あっ、すいません。キョン君はSOS団の活動で留守です」

そこで、でてきた女の子はとてもかわいい中学生くらいの美少女だった。

はっきりいって一目惚れだった。というか、まだキョンはあの変な団とつるんでんのか呆れるぜ・・

キョン妹「あの兄になんのご用ですか?」

なんと、この娘はキョンの妹だった。くそ!なんでキョンのまわりの女はみんなレベルが高いんだ。

いや、いないならいいんです。すいませんです。

キョン妹「そうですか、すいませんわざわざ来てくださったのに」

なんてかわいいんだ、だめだ I am falling in love with you!!

こうしてまた谷口の恋は始まっていくのだった。

俺は思いきって告白してみた。

あの、よかったら俺と付き合ってください。

キョン妹「ふぇ///!あのその・・・あ!!キョン君」

え?

キョン「おい谷口、おまえ、どういうことだ!こいつにまで手を出すとは」

待ってくれ、俺は下心とかじゃなく真剣に…
キョン「ふざけるな、この野郎!」

アナルだけは!!アナルだけは~!!

キョン、まさかおまえがホモだとは知らなかったぜ

キョン「ああ、古泉のせいでいやでもな」

なんだそりゃ?どんだけおかしいんだよおまえら まさに普通じゃねぇな

で、キョンおまえは涼宮と付き合ってんのか?

キョン「そんなわけないだろう、俺は古泉一筋だ」

そうか、俺また涼宮に告白しようと思う。そういえばあいつが俺の初恋の相手だったんだ……。

キョン「そうか、応援してやるよ」


プルルルル プルルブツッ
ハルヒ「何?キョン、何かおもしろいものでも見つけたの?」
キョン「いや、谷口が話があるんだ。悪いけど〇▽公園に来てくれ、じゃあな」

ハルヒ「で、話って何よ?」

涼宮、いやハルヒ、俺、まだおまえのことが好きなんだ。付き合ってくれないか?

ハルヒ「は?何の冗談?そんなことなら帰るわよ」

ちがう!冗談じゃない!本気なんだ!

ハルヒ「あんたチャック開いてるわよ、そんな奴の言うことなんか信じらんないわ、じゃあね」


これは、ちがうんだ!キョンのせいで、待ってくれ~ 

その後、二度とハルヒと会うことはなかった……

|