鶴「ねぇ、キョン君や!」
キ「ん?鶴屋さん何か用すか?」
鶴「おうともさ!一つ質問してもいいにょろか?」
キ「答えられる範囲なら別にいいですよ」
鶴「じゃあ…その…あれさ…えっと…」
キ(おぉ…あの明快な鶴屋さんが…)
鶴「キョン君は…その…ハルにゃんと……き…って…の」
キ「え?よく聞こえなかったんでもう一度いいですか?」
鶴「だから…(スゥ、ハァ)キョン君はハルにゃんの事が好きなのかどうか聞いてるにょろ!」

キ「いいいい、いきなり何ですか!?」
鶴「質問に答えて…にょろ」
キ(どうなんだろう…俺はハルヒのことが好きなのか…?いつも振り回されて大変な思いをさせられて…でも一緒にいる…どっちなんだ?)
鶴「キョン…君?」
キ「……多分嫌いじゃないです…」
鶴「じゃあ、やっぱり…」
キ「でも好きかどうかもわかりません…はっきりしない奴って最低ですよね…はは…」
鶴「私は好きにょろよ」
キ「ハルヒを…ですか?」
(ふるふる)
キ「へ?じゃあ誰なんですか?」
(ジーー)
キ(え?もしや…俺?)

キ「えっと、俺…すか?」
鶴(コクッ)
普段からは想像できないほど無言になり、顔を真っ赤にして頷いている
あまりにも可愛いのでいじわるしてみる
キ「鶴屋さんは俺のことが好きなわけですか?」
鶴(コクッ)
キ「それであんな質問を?」
鶴(コクッ)
うーん…なんか長門との会話みたいだ…
鶴「だから…私と付き合って欲しいにょろ…」
ほとんど消え入りそうな声で言われてら…
キ「本当に俺なんかでいいんすか?」
鶴「キョン君じゃないと駄目にょろ…他の人じゃ嫌…」
いやそこまで言われたら…
「それともあたしじゃ…駄目?」
鶴屋さん…そんな涙目で見上げないでください…

キ「俺なんかでよければ…喜んで」
鶴「本当かい!嘘じゃないよね!?」
キ「ええ、でも何故俺なんです?」
鶴「いっつもみくるんから話を聞いているからねっ
で、そしたらいつの間にかキョン君の事を好きになってたのさっ」
あ…気が付いたらいつもの鶴屋さんに戻ってる
鶴「あ!キョン君…いくつかお願いしていい?」
キ「できる範囲内なら何でもいいですよ」
鶴「あたしと喋るときはもう敬語はやめてほしいにょろ」
キ「わかりました」
鶴「こらっ!敬語禁止!」
キ「あ、すみま…ゴメン」
鶴「うん♪これからもそれでよろしく!」

鶴「ねぇキョン君、もう1つお願いしてもいいかい?」
キ「いいです…じゃなくて、いいよ」
鶴「じゃあ…ん(目を瞑って背伸び)」
キ(あれ?まさかアレか!?)
鶴「は…やく…」
キ(腹決めるか…)

チュ…

鶴「ふふふ…キョン君とチスしちゃった♪」
そんな子供みたいに跳ね回らないでください…
あ~あ~パンツ見えてますよ~
胸だってぷるんぷるんと…揺れて…ない?

長門とどっちが大きいのか考えているとあのニヤケ顔がやってきた
古「おやおや、やたらと楽しそうですね、鶴屋さん?」
鶴「そうさっ!今嬉しさの絶頂エベレストさっ!」
いや、エベレストって
古「ほう、それはそれは
よければ私にも何があったか教えていただけませんか?」
鶴「キョン君と付き合う事になったんだ!」
キ「ちょっと鶴屋さん…」
古「なんですって!?」
古泉のいつものニヤケ顔が消えなんてことをしてくれたんだという顔をしていた

鶴「えっ?えっ?」
古「ちょっとこっちに来てください!」



古「あなたは何を考えているんですか!もし凉宮さんにバレたりでもしたら…」キ「ハルヒは関係無いだろ」
古「わからないんですか!?彼女は少なからずあなたに好意を抱いてるんですよ!」
キ「ハルヒが…俺に…好意?」
古「そうです!凉宮さんに知れたらどんな規模の閉鎖空間が出てくるか…」
キ「何だよ、じゃあ俺は自由に恋すらできないのかよ!!」
古「世界を思うのならば」
キ「何でもかんでも俺に押し付けるな!俺はハルヒのなんなんだ!?恋人か!?友達か!?ただの団員か!?なんなんだ!答えろよ!古泉ぃ!」
ハ「何だかうるさいわねぇ…さっきから何を騒いでるの?」
キ「ハルヒ…」
ハ「二人とも喧嘩なんてみっともないからやめなさいよね」
古「すいません、少し感情的になりすぎました…」
キ「……怒鳴ったりして悪かったよ」
ハ「キョン、ちょっと来なさい」
キ「んだよ?」
ハ「いいから」
今日はよく連れていかれる日だ…鶴屋さん待たせっぱなしだな…後でなんて謝ろう…

ハ「ここらでいいかしら…キョン」
キ「何だ?」
ハ「あんた鶴屋さんと付き合うことになったんだって?」
キ「な、なんで知ってんだ?」
ハ「やっぱりね、さっき本人から聞いたのよ…やたら嬉しそうだったからね」
キ「そ、そうか…」
終わったな…




ハ「鶴屋さんのこと泣かせたら許さないわよ」
キ「…へ?」

ハ「別にあんたが誰と付き合おうが関係無いわよ」
嘘だ、なら何故そんなに涙目なんだ
ハ「うっさいわね!私の気持ちなんて知らないくせに!」
そりゃ聞いたことないからな
ハ「鶴屋さんも鶴屋さんよ…自分で言い当てたくせに…」
キ「ハルヒ…」
ハ「じゃあね!あ、部室にはこれからも来なさいよ!」
キ「あ、あぁ…」
タタターッ


鶴「今のハルにゃん…?泣いてた?」

鶴「やっぱりハルにゃんもキョン君のこと…」

鶴「そうだよね…私一人で独り占めしたらバチがあたるにょろ…」

鶴「そうと決まったら早速行くっさ!」





鶴「ハルにゃーん!」

|