※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 それは、とても残酷な告白だった。
 けれどもそれは、どうしようもない事実でも有った。
 事実を告げ頭を下げた既に卒業してしまった上級生に対して、僕等はそれ以上何かを言うことが出来なかった。

 帰り道、暫くの間僕等は無言だった。
 突きつけられた重い現実は、僕等にはどうすることも出来ない。
 僕等に、そんな力は無い。
「ねえ、古泉くん」
 沈黙を破ったのは、涼宮さんの方だった。
「何ですか?」
「古泉くんは、どうしたい?」
「どう、と言われましても……」
「どうにも出来ないって思ってるの?」
「……そうかも知れません」
「それって、悔しくない?」
「悔しいですよ。……でも、悔しいと思う以上のことは、出来ないでしょう」
「それは、そうだけど……。そうね、じゃあ、こうしましょう!」
 涼宮さんが、ぱっと笑顔になる。
 何か面白いことを思いついたときと同じ、満開の花のような笑顔。
 今は、そこに宿るほんの少しの翳りに、気づかない振りをしてあげよう。
「どうするんですか?」
「……あたしが、あなたの願いを叶えてあげるのよ!」
 残り時間は、あと僅か。
 僕等がここに居られる、残された、ほんの僅かな時間。
 一人の少女に残された力の欠片では、これから起こり得る運命は覆せない。
 僕等は、もう、その事実を知っている。
 でも……、まだ、ほんの少しだけ、出来ることがある。
 終わりが来る前に、出来ることがある。
「願いごと、ですか……」
「そうよ。三年分、ううん、古泉くんだけは六年分だから、これはあたしからのサービスなの! 利子付きなんだから、何でもどんと来いよ!」
 何でも、何て言えるほどのことが出来ないことは、多分、彼女自身も分かっている。
 分かっていても、そういう風に言うしかない。
 そういうときも、有るということ。
「……後で三倍返し、なんて言いませんよね?」
「言わないわよ、そんなこと」
「……」
「何でも、言ってよ。……あたしだって、できるだけのことは、してあげたいのよ。あなたのためにも、あの子のためにも……」
 尻すぼみになっていく声が、痛々しい。
 分かっている、分かってしまうという事実が、何よりも痛い。
 愛とか恋とかだけじゃ、どうにもならないものもある。
 そういう関係だけじゃ埋まらない、どうしようもないものも、たくさんある。
 彼女が求めた、自分ではない誰かの、ささやかな幸せ。
 そんなささやかな幸せさえ守れないことが、悔しくて仕方が無いのだ。
 僕にも、その気持ちは分かる。
 いや、違うな……、冷静な振りをしているだけで、きっと、僕の方が悔しいのだ。
 ただ、僕の方が彼女より、諦めることに慣れているだけで。
「……分かりました、それでは、」
 求めていることは、多分、僕も同じ。
 叶えられないことを知りながら、僕等は求める。
 この三年という時間を一緒に歩んできた、一人の少女の幸せを。

 ささやかな、幸せを。


 終わりまでの時間はあっという間に過ぎ、卒業式の日がやって来た。
 準備期間にすったもんだと色々あった末、卒業生代表で答辞を語るのは長門さんの役目になった。
 寡黙な彼女が、この三年間に有ったことを淡々と、けれど、とても幸せそうに語る姿を、僕は一生忘れないだろう。

 卒業式の後、僕等は既に大学生になっていた鶴屋さんを交え、五人で騒ぎまくった。
 朝比奈さんは既にこの時間には居ない。涼宮さんも、そのことをちゃんと分かっている。
 思い出話に花の咲く五人だけのパーティは、少し寂しくて、でも、とても楽しかった。

「……疲れている?」
 帰り道、僕は長門さんを送る役目を請け負い、二人で道を歩いていた。
 その途中、長門さんが僕に訊ねてきた。
「ええ、少しだけ。……でも、楽しかったですよ。楽しくて疲れるのは、良いことですからね」
「そう」
「長門さんも楽しかったですか?」
「……楽しかった」
 小さな、けれどとてもはっきりした声で、長門さんはそう言った。
「この三年間、とても楽しかった」
 長門さんが、淡々と言葉を続ける。
「あなた達と出会えて、本当に良かった」
「僕もですよ」
 気持ちは、多分同じなのだ。
 僕も彼女も、他のみんなも。本当に、出会えて良かったと思っている。
 大変なこともたくさん有ったし、何時も仲良くなんて風には行かなかったけれど、そんな、何もかもが、今となっては良い想い出だ。
 想い出を振り返るには、まだ少し早過ぎるかもしれないけれど。

「……もうすぐ、わたしの情報連結が解除される」

 長門さんが、ぽつりとそう呟いた。 
「知っています」
「……」
「この間喜緑さんに聞きました。もう、限界なのだと」
 去年卒業した彼女は、少し前に僕と涼宮さんを呼び出し、そう言った。
 長門有希という個体の稼動が、限界に迫っているということ。情報統合思念体の能力を持ってしても、卒業式のその日までしか持たせられないということ。
 彼がその場に呼ばれなかったのは、彼を呼び出すとややこしいことになりそうだという喜緑さんの、いや、情報等統合思念体の判断なのだろう。その判断は正しいと思う。彼は、涼宮さん以上にイレギュラーなことを引き起こしやすい人だから。
 だから僕等は、彼には何も言って居ない。
 彼には何も言わないまま、二人で、長門さんのために何をするかを決めた。
 後で事実を知った彼に怒られるかもしれないけれど……、でも、こうするしかなかった。
 それに……、僕には、一人で向かい合いたい、という気持ちも有った。
 今更過ぎるその感情は、本当に、僕の我侭みたいなものかもしれないけれど……、でも、今は、こんな我侭も、許されるのだと想いたい。
 長門さんのためにも。
「……」
「涼宮さんにも、もう、覆せないことなのだと」
 自身の力に向かい合うことになった涼宮さんは、余りにも脆弱だった。
 彼女には、長門さんの運命を変えるほどの力は無い。
「……」
「……バレンタイン、チョコをくれましたよね」
 貰ったのは、二月のこと。
 あれから、まだ一月も経って居ない。
「……」
「今年は『好き』って書いてありましたね。……正直、驚きましたよ」
 長門さんが僕に対して想いを主張をしてきた場面は、本当は、何度もあった。
 でも、僕は、気づかない振りをし続けた。
 そうすることが自分達のためだと、決め付けていた。
 何時か、こういうときが来ると……、そんな、予感が有ったから。
 そして彼女も、それを分かっているんのだと……、じゃれあうだけの、曖昧な関係のまま、終わりまで向かうのだと思っていた。
 だから『好き』だなんて……、でも、今はちゃんと分かる。
 それが、彼女の精一杯だということが。
「ホワイトデーまではまだちょっとあるんですが、今、そのお返しを、受け取ってもらえますか?」
 僕は片手を、空に翳す。
「……雪」

 まだ少し寒い三月の夜空に、白い雪が舞っていた。

 これは、僕が涼宮さんに頼んだ、長門さんのための、最後の奇跡。
 想いを受け入れることも、何かをしてあげることも出来なかった僕に出来る、最初で最後の……、
「自分で何か出来れば良かったんですけどね……、どうしても、これ以上のものが思いつかなくて」
「……これで、良い」
「長門さん……」
「これで、良い……、充分。……ありがとう」
 長門さんが、そっと僕の頬に手を伸ばす。
 雪が降りかかるその身体が、少しずつ薄れている。
 もう、残された時間は殆ど無い。
「僕の方こそ……、三年間、お世話になりました」
 伸ばされた腕ごと、細いその身体を抱え込む。
 何時もは誰よりも頼りになるはずの宇宙人製ヒューマノイドの少女が、今は、誰よりもか弱い存在に見えて仕方が無かった。
「わたしも……、あなたに会えて、良かった」
 そして僕らは、そっと、唇を重ねた。
 ここから続くことは無い、けれど、忘れることも出来ない。
 たった一度きりの、白い雪が舞う中の、儚い愛の証。

「……だいすき」

 最後の最後に、想いの全てを込めた言葉を残して、彼女は消えていった。
 もうすぐ、この少しだけ季節外れの雪も、止むことだろう。

 雪の名前を持つ少女にもたらされた、最後の奇跡と共に。


 終わり 

|