※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

古泉「いいですか。涼宮さんが望んだから今僕はここにいる。そして僕がホモなのも涼宮さんが望んだからです。
  つまり僕とあなたはホモセックスしなければいけないということです」
キョン「キモイし顔近い市ね」



キョン「俺達は・・・・だまされていた・・・・」
みくる「えっ・・・・・・」
長門「・・・・・・・」
ハルヒ「ちょっ、どういうことよキョン」
キョン「俺達は今まで古泉が顔を近づけていると思ってウザがっていたよな?
   しかし、実はそうじゃなかったんだよ。古泉は・・・・・」



キョン「あいつは、元から顔がでかかったんだよ!!!1!!!1」



ハルヒ長門みくる「な、なんだって~!!11!!?」
ガチャ
古泉「おや、何の話をしているんですか?」
ハルヒ長門みくるキョン「こいz・・・って顔近!」



キョン「こな~ゆき~ねぇ 心までし~ろく~♪」

長門「違う」

キョン「え?」

長門「マイク貸して」


長門「ごなあああああああああゆぎいいいいいいいいいいいいいい!」

キョン「!!」



みくる「部室の電球切れたままだから買ってきました」
ハルヒ「ありがとう、でも電気スタンドを買ってくる事は無かったと思うわ」
キョン「…でかいな」
みくる「セール中でしたから安物ですよ」
キョン「はぁ」



みくる「部室の電気切れてたからマンションかって来ました。」

キョン「お前何人?」



みくる「ドラマとドラマーって似てますよね、名前が」
ハルヒ「フライングとフラミンゴぐらい似てるわね」
みくる「それは似てないと思います」
ハルヒ「……………」



人生ゲーム

古泉「あ、結婚です。じゃ人駒もらいますね。」

キョン「こら、青い人を車に乗せるな。」

古泉「(キュキュー)」

キョン「その青い人駒に「キョン君」って書くなああああああああ!」



ハルヒ「暇だしトランプでもやりましょ!」
キョン「それは構わんが、何をするんだ?」
ハルヒ「とりあえずポーカーでもしましょうか、みくるちゃんとユキもきなさいよ」
みくる「はいー」
長門「・・・」
古泉「どうですか?勝者はキョン君に一つだけ言う事を聞かせるというのは」
キョン「何故俺だけを的にするのか非常に疑問なのだが・・・それに、俺が勝った場合はどうするんだ?というか顔が近ッ!うざっ!」
古泉「その時はキョン君が僕に言う事を聞かせるという事で・・・ハァハァ」
キョン「はぁ・・・まあいい負けなければいいんだ、始めよう」


ハルヒ「豚ね、つまんない!」
キョン「俺はストレートだ、これなら大丈夫そうだな」
長門「・・・スッ」
キョン「長門は・・・ワンペアか」
古泉「ふふふ・・・僕の手は!!!!」
キョン「これは、ストレートフラッシュ!!」
古泉「勝った、勝ちましたよ!僕の運を全てつぎ込んだかいがありました、これでキョン君の後ろの穴は僕の物・・・」
みくる「・・・ロイヤルストレートフラッシュなんですけど」
古泉&キョン「!?」
みくる「キョン君、古泉さんとホモセックスをしなさい」
キョン「!?」



長門「本……読んでくれた?」
キョン「あ、いや、ごめんまだなんだ。返そうか?」
長門「いい。今日読んで」

キョン「読めって言われてもだな、こんなの……ん、何だこれ?」
『無洗米は約3%ほど水を多くして炊くと美味しい』
キョン「……へぇ」



キョン「長門」
長門「………」
キョン「長門~」
長門「…何」
キョン「長門ッ」
長門「………」
キョン「ながとかわいいよながとおおおっぉぉおおおおおぉ」
長門「………」
キョン「やっぱり眼鏡はないほうがいいぞ」
長門「うぜえ」



みくる「どうぞ、お茶です」
キョン「ありがとうございます」
みくる「おいしいですか?」
キョン「ええ。朝比奈さんの入れてくれるお茶はいつも美味しいですよ」
みくる「そうですか、よかった。これからもペットボトルのお茶にしますね」
キョン「……」



みくる「あれ…ポットが…」
キョン「どうしました?」
みくる「ポットが壊れちゃいました」
ハルヒ「えぇ!!じゃあ お茶飲めないじゃない!」
みくる「すいません…」
キョン「大丈夫ですよ。すぐに直します。」

みくる「わぁ!直せるんですか?お願いします♪」

キョン「どれどれ…」
みくる「お湯が出ないんです。」
キョン「むぅ…蛇口が詰まってのか?」

(蛇口除きこむ)

キョン「詰まっては…なさそうだな。。」

長門「  …ホールド 」

みくる「あ!! そっか!うっかりしてましたぁー!!」
キョン「ちょ!!!!!!!朝比奈さん今ホールド解除したら俺が…」


みくる「えいっ!」
キョン「アヂィィィィィィィィィィィィアィィィィィィィィアィィィィ!!!!!!!」
みくる「よかったぁ! 今お茶いれますね♪」



ハルヒ「今日はみんなでカラオケに来たわ」
キョン「誰に言ってんだよ」
ハルヒ「いいじゃない。それよりもほら、何かいれなさいよ」
キョン「やれやれ」
古泉「マッガーレ」
みくる「私…あまり曲知らないんです…」
キョン「大丈夫ですよ!どうせハルヒがマイク離しませんし」
ハルヒ「あら、私は団員にも平等にチャンスをあげるわよ」
古泉「マッガーレ」
キョン「お前が平等にチャンスを与えてるところなど見たことないぞ」
ハルヒ「うるさいわねぇ」
古泉「マッガーレ」
テンテレテッテ~♪
ハルヒ「あら、もう入れたの?誰?」
キョン「俺じゃないぞ」
みくる「私でもないです」
古泉「マッガーレ」
長門「あ~いぁむあ、あんちきりすたぁ!あ~いあむあ、あな~きすたぁ!」
ハルヒ「有希!?」



ハルヒ「やぁ~っとお昼ね!もうお腹減って死にそうよ!」
キョン「今日はハンバーグだ!」
ハルヒ「キョンなかなかやるじゃない!」
みくる「おいしそうです!」
古泉「長門さんは?」
長門「唐揚げ」
ハルヒ「さすが有希!」
キョン「うまそうだぁー!」
みくる「私はサンドイッチです!」
古泉「色鮮やかですね!」
ハルヒ「みくるちゃんにピッタリね!」
キョン「古泉はウナギかぁ!」
ハルヒ「精がつくわね!」

ハルヒ「ふふ。今日はみんなラッキーねぇ!さあて、私のは何かしらー」
パカ
ハルヒ「ヒャッホー!!メガネだメガネ!!メガネ弁当だぁーー!!!!」






ハルヒ「親父のメガネケースだよ…ちくしょう」
みんな「………………………」



ハルヒ「よーし、もらったわ!!ムーンライトスポーツマンシッブ!!!」

キョン「ああっしまったー!!そういう感じのやり方があったのかー!」

ハルヒ「フフフ、これで6勝3敗8ペーニョムよ!」

長門「(何!あのゲーム!?)」

ハルヒ「そろそろSOS団の活動でも始めましょ!木下ばっかりやってたら木下クラブだと思われちゃうわ!」

長門「(木下っていうんだ今の…)」



ハルヒ「キョン…好き…愛してる…」
キョン「ハルヒ……俺もだ」
ギュッ!チュ


古泉「朝からお暑いなぁ~」
みくる「これが2人の閉鎖空間ってか。何人も立ち入れませんわ」
長門「('A`)」


'



女子「ねぇねぇ涼宮さん、昨日のドラマ見た?」
ハルヒ「見てない」女子「えーじゃあ谷口のチャックが開いてるのは?」
ハルヒ「見た」
谷口「え!?うわマジだ!ってかまたかよ!?」

118 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2006/06/29(木) 07:43:03.25 ID:TIpjwq7t0
キョン「長門、今日は何読んでるんだ?」
長門「・・・コレ」
キョン「(何々、『変態人妻痴漢電車3』・・・これはアレか。いわゆる官能小説
   と呼ばれるジャンルではないか。しかもシリーズ物。1と2は既に読破したと
   そういう訳なのか長門よ。しかし、この場合オレはどのような反応をすれば良いの
   かさっぱりわからん。『貸せ』とも言えないし『面白い?』か?いやいやいやいや
   これは何かしらの意図があるんだろ。そうだろ長門よ。よし、ここはストレートに)」
キョン「・・綺麗なカバーの絵だね」
長門「・・・このカバーはダミー」



古泉「あれを僕たちは神の人、神人と呼んでいます」
キョン「……古泉、一つ質問していいか」
古泉「なんでしょう?」
キョン「あの中に入ってるのは誰だ」
古泉「谷口です」
キョン「だからチャック開いてるのか」
古泉「そうです」



キョン「この前の文化祭バンド、お前たちよく1時間であわせられたよな。
    あれには正直、少し感動したぞ」
ハルヒ「ああ・・・あれね、実は録音だったの」
キョン「マジで!?あ・・・いや、そのほうが説明つくが・・・」
ハルヒ「ていうかEZONのメンバーだれも楽器できないし」
キョン「そっちも!?あれ?ならあの歌、だれがやっていたんだ?」
ハルヒ「ZONE]
キョン「ZONE!?」



PC部部長「このゲームで勝負だ!」

ぶちょうはでぃすくをくりだしてきた

キョン「君に決めた!」

キョンはハルヒをくりだした

ハルヒ「その勝負!受けて立つわ!」

ハルヒのとびひざげり ぶちょうはたおれた

ハルヒはけいけんち2をてにいれた
ハルヒはさいしんぴーしー4だいをてにいれた
ハルヒはおこづかい2,000えんをてにいれた
キョンはなにももらえなかった



やせいのハルヒがあらわれた

ハルヒのせんせいこうげき

ハルヒ「キョン…私、ずっと前からあなたの事がッ…」

キョンに999のダメージ

キョンはめのまえがももいろになった



がちゃ
キョン「よう長門、今日は遅かったな」
長門「…………」
キョン「…………」
長門「よっこらせっくす」
キョン「……!?」
長門「…………」
キョン「…………」
長門「…………ユニーク」
キョン「……そう、なのか」
長門「そう」



ハルヒ「ねえキョン、何か冷たいものが飲みたくない?」
キョン「あぁ、そうだな、そういわれてみると何か飲みたくもある」
ハルヒ「じゃ、私オレジューね」
キョン「それはオレに買って来いということなのか?」
ハルヒ「あたりまえでしょう、早く行ってきなさい」
キョン「わーかったわかった、行ってくるからちょっと待ってろ」
ハルヒ「いってらっしゃーい」
10分後
キョン「買ってきたぞ」
ハルヒ「・・・なにこれ」
キョン「えーと。。。【熟したバニラオレ】だな」
ハルヒ「・・・」
キョン「・・・」



谷口「♪わわわ忘れ物~忘れ物~……うおっ!?」
キョン「……」
長門「……」
谷口「……」
キョン「……」
長門「……」
谷口「……俺も混ぜろおぉぉぉぉ!!」
キョン「エェェー!?てかチャック開けながら突撃してくんなー!!」



キョン「ピョンピョン」
ハルヒ「キョン何してんの?」
キョン「こうやって飛び続けたら、いつか空中浮遊出来そうな気がしてな」
ハルヒ「へー。折角だし皆でやるわよ。そっちの方が確率上がるでしょ」
キョン「おう、どんどん呼べ」
ハルヒ「みくるちゃんは休みだから、一通り呼んできたわ」
キョン「よっしゃあ、跳べ跳べ」
ピョンピョンピョンピョンピョンピョンピョンピョンピョンピョン……。










キャスター「今日震度5弱の地震が起きました。震源地は、県立北高校文芸部室……」
みくる「!?」



朝倉「涼宮さんのことお願いね。何かあったらあなたから伝えてもらうから」
キョン「そういわれてもなぁ……」
朝倉「お願い」
キョン「う~ん……」
朝倉「じゃああなたを殺して涼宮ハルヒの出方を見る」
キョン「!?いきなり本性現したー!?てか谷口チャック開いてるー!」
谷口「え!?うわ!またしてもかっ!」



キョン「掌のしわとしわを合わせて幸せ」
ハルヒ「何言ってんの?しわあわせでしょ」
キョン「……そうだな」
ハルヒ「……ごめんなさい」
キョン「別にいいよ。俺、今しわあわせだし」
ハルヒ「根にもってんじゃん」



ハルヒ「SOS団を宣伝するにはVIPが良いって聞いたんだけど」
キョン「どれどれ、VIPね。・・なぬ!?このレスの速さ!!」
ハルヒ「ここでどうやって宣伝するかね?」
キョン「じゃあ、何か書き込んでみるか」
キョン『おい!SOS団って知ってるか?誰か教えてくれ』
VIPPER『名前の欄にfusianasnって書けばいいお~』
キョン「今時、そんな手に引っかかる馬鹿がいるかよ」
名無し『kasei.planet.com』
キョン「長門?」



長門「お出まし」
キョン「何ですとぉ!?
……ありゃ一体何なんだ」
古泉「カナブンでしょう」
キョン「そんなことはわ……いやいやあれはどう見てもカマドウマだろ!」
古泉「……」
キョン「お前今素でカマドウマとカナブン間違えたよな?」
古泉「……」
キョン「なぁ、おい」
古泉「……」
キョン「お前今さ…」
古泉「ふもっふ!!」
キョン「聞けよ!!」



キョン「長門、その眼鏡貸してくれ」
長門「……」
キョン「おー、よく見える」
長門「……あげる」
キョン「いやださいからいらない」
長門「!?」



キョン「長門、このサングラスかけてみろ」
長門「……」
キョン「おー、よく似合うな」
長門「……頂戴」
キョン「え……やだ」
長門「……」
キョン「わかった、五百円な」
長門「……」



ハルヒ「キョン、肩に虫ついてるわよ」
キョン「大丈夫、こいつ友達」
ハルヒ「……」
キョン「あっこら、殺虫剤かけんな」



古泉「なんですか?その水槽」
キョン「金魚を飼うことにしたんだ」
古泉「へえ……」
キョン「ふふふ」
古泉「……」

キョン「誰だ、俺の水槽にアロワナいれたのは!」
古泉「僕です」
キョン「俺の金魚が……」



古泉「誰ですか!僕のアロワナがいる水槽にピラニアいれたのは」
キョン「あ……ごめん、俺だ」
古泉「わざとですか……」
キョン「金魚と間違えちゃった」
古泉「……」



古泉「あれ……髪切ったんですか?」
キョン「よく気付いたな」
古泉「いつも注意深く見てますから……ふふ……」
キョン「……」



ハルヒ「今日の旧暦って何日だっけ?」
みくる「え~と……」
ハルヒ「ああ、旧暦はいいわ、今日は何日?」
みくる「ナポレオン・ボナパルトがチザルピーナ共和国を建国した日です」
ハルヒ「分かった、ありがとう」



ハルヒ「昨日メール無視してごめんね」
キョン「あぁ、別にいいよ。大した内容でもなかったし」
ハルヒ「うん…で、何だったの」
キョン「見てないのかよ」



ハルヒ「ねぇ、スマブラやろうよ」
キョン「あっ、すまん。俺コントローラー1つしかないんだ」
ハルヒ「あぁ…そう…んじゃあたし、今度持ってくるね」
キョン「すまんな…じゃスターフォックスでもやるか」

ハルヒ「あっあたし 3D酔いするから勘弁」
キョン「そう……か」
ハルヒ「………」



モグモグ
長門「……」
キョン「醤油か?ほれ」
長門「ん」
カチャカチャ
長門「……ぁ」
キョン「それ紅葉おろしかけすぎ。ほれ、俺のと換えてやるよ」
長門「……ん」
モグモグ



ハルヒ「シールド買いに行くわ」
キョン「シールド?なんだ、盾を買ってどうすんだよ」
ハルヒ「楽器の部品の名前よ。キョンも行く?」
キョン「あ~俺パス、木の匂いとか嫌いなんだわ」
ハルヒ「………」



ハルヒ「今何時?」
キョン「おやじ」
ハルヒ「……」
キョン「……」
ハルヒ「今何時」
キョン「……2時5分」



ハルヒ「ドラえもんのさ」
キョン「ああ…」
ハルヒ「四次元ポケットが二次元ポケットだったら…」
キョン「…狭そうだな」
ハルヒ「なるほどねー」
キョン「……………」
ハルヒ「……………」
キョン「……………」
ハルヒ「……………」
キョン「……………」
ハルヒ「…………消しゴム取って」
キョン「はいよ」



ハルヒ「油とり紙ってさ、油全然とれなかったらガッカリしない?」
キョン「ん……まぁ……」
ハルヒ「でさ、とれたらとれたでちょっとガッカリしちゃうでしょ」
キョン「ん…そうだな」
ハルヒ「で今のあたしがとれすぎたってやつ?見てよこれ、全スケじゃない」
キョン「あぁ…ほんとだな…」

ハルヒ「……顔洗ってるのになぁ……」

キョン「…………」



長門「離れないで」
朝倉「そいつを守りながらいつまで持つかしら?」
キョン「長門っ!?」
長門「……あなたは動かなくていい……平気」
キョン「いや、ちっとも平気には見えねぇって……」
朝倉「それだけダメージを受ければ他の情報に干渉する余裕はないでしょ? じゃ、止めね。死になさい」
キョン「!?」
長門「……終わった」
朝倉「何の事? あなたの三年余りの人生が?」
キョン「……」
長門「……」
朝倉「……」
長門「……以上、長門有希、朝倉涼子がお送りしました、人体切断マジックショーでした」
朝倉「ぱちぱちぱち~」
キョン「……」
朝倉「あれ? あんまりウケて無いみたい」
長門「……やっぱりもっとばっさり切断した方が」
朝倉「いやいや、ここは派手に臓物撒き散らした方が良かったんじゃない?」
キョン「もう何から突っ込めば良いか分かんねぇよ」



ハルヒ「昨日排水口を掃除しようとしたら…」
みくる「はい」
ハルヒ「かなり臭くてびっくりしたのよね」
みくる「鉛筆を鼻に入れてガ~ンと押し込まれたような…」
ハルヒ「そうそう、それそれ、そんな感じ」
みくる「臭いですよね…」
ハルヒ「手も足も出ないわよね」



ハルヒ「100円持ってない?」
キョン「何に使うんだ?」
ハルヒ「ねるねるねるね買ってくる」
キョン「俺の分も頼んだ」
みくる「じゃあ私も」



キョン「超能力者とか言ったな。だったら何か力を使って見せてくれよ
    例えばそのコーヒーを元の熱さに戻すとかさ」
古泉「うぬるるるらりゃああああああああああああああああああ」
キョン「!?」
古泉「ぽやああああああああああああくれろおおおおおおおおおおおぴひいいいい
   ・・・・・・ハァ・・・ハァ・・・どうですか・・・」
キョン「エェー!?今のが!?てか全然温まってないじゃん!」
古泉「すみません無理です。そういう解りやすい能力とは違うんです」
キョン「じゃあ最初から言えよ!意味わかんねぇなコイツ・・・」



ハルヒ「ねぇ、キョン」
キョン「なんだ?」
ハルヒ「髪形変えたら」
キョン「な、なんで変えなきゃならないんだ?」
ハルヒ「だって微妙だもの。ソフトモヒカンとかにしたら?」
キョン「そっちのほうが微妙だろ」



朝倉「・・・・・・。」
長門「・・・・・・。」
朝倉「ねぇ、どうしたの?」
長門「country road take me home...」
朝倉「あなた故郷無いでしょ」
長門「黙れバックアップ」


|