※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キョン「・・・。」
消失長門「・・・帰ります。」
キョン「あ・・・そうか・・・あ、そうだ入部届」
消失長門「あっ」
キョン「あ、ないや ごめん 予備ある?」
消失長門「ない、です」
キョン「あっ、そう・・・。」

 


 

みくる(大)「失礼します。あ、やっぱり長門さんは居たんですね?」
長門「……」
みくる(大)「お久しぶりです。私が分かりますか?」
長門「朝比奈みくるの異時間同位体」
みくる(大)「流石ですね。今回はキョン君に一つ助言する為に、無理言ってやって来ました」
長門「そう」
みくる(大)「少しの間で良いので、キョン君と二人きりで……だから私を舐めるように見ないでください」

 


 

キョン「お前か……」
朝倉「そ、意外でしょ?」
キョン「用事は何だ?」
朝倉「用事があるのは確かなんだけどね。涼宮さんの事、どう思ってる?」
キョン「やれやれ、また涼宮か」
朝倉「人間はさ、よくやらなくて後悔するよりやって後悔した方がいいって言うけど、これはどう思う?」
キョン「よく言うかどうかは知らないが、言葉通りの意味だろう」
朝倉「じゃあさ、例え話なんだけど、冷蔵庫の中にプリンがあって喜んで食べようとしたら賞味期限が二週間前に切れてたとき、あなたならどうする?」
キョン「何だそりゃ……」
朝倉「とりあえず何でもいいから、食べて処分する方法を考えるでしょ? どうせ今のままでは何も変わらないんだし」
キョン「……いや、捨てろよ」
朝倉「でも上の方にいる人たちは頭が堅くて付いて行けないの。このまま手を拱いていたらどんどん悪くなっちゃう。だったら現場の独断で強行に処分方法を決めちゃっても良いよね?」
キョン「何を言おうとしてるんだ……?」
朝倉「だから、あなたに食べさせて、あなたの胃腸の変化を見る!」
キョン「っ!? 冗談は止めろ! マジ危ないって! それが賞味期限切れじゃなくても悲惨な事になる!」
朝倉「お腹を壊すのって嫌? そんなに怖い? 私には有機生命体のお腹を下す概念がよく分からないんだけど」
キョン「いや、もうそれ宇宙人とか関係ねーよ! いいからそのプリンは捨てろ!」
朝倉「それ無理。だって私は本当にあなたにこれを毒見して欲しいんだもの」
キョン「ちょ、やめっ、やめろ……長門っ、長門ー、ぎゃー!」

 


 

キョン「おーす。今日はお前だけか?」
ハルヒ「は?何いってんの?この部室のメンバーはあたしとあんただけじゃない」
小泉「そうですよ、ここは未だに部員二人の小規模な部じゃないですか」
みくる「あはは、キョン君おっかしー」
長門「…(ぺらり)」
ハルヒ「あんた大丈夫?」
長門「…(ぺらり)」
みくる「あ、今お茶をお入れしますね。はい、どうぞ」
キョン「…。(ずずー)」
小泉「落ち着かれましたか?しっかりしてくださいよ」
キョン「うは、おk、把握。」
ハルヒ「何ぶつぶついってんのよ、気持ち悪いわねー」

 


 

ハルヒ「誰か単四電池持ってない?」
キョン「何に使うんだ?」
ハルヒ「リモコンの電池」
長門「…はい」
キョン「…それ単三」
みくる「はい!」
キョン「…それバッテリー」
ハルヒ「買ってくるわー」

 


 

キョン「まだお前だけか。……ってお前は何をしてるんだ?」
ハルヒ「見れば分かるでしょ」
キョン「俺には、バニースーツで鼻眼鏡を着けて机の上にある粘土の塊を携帯のカメラで接写してるように見えるんだが……」
ハルヒ「分かってるじゃない」
キョン「で、何をしてるんだ?」
ハルヒ「ハァ? あんた頭大丈夫?」
キョン「お前が大丈夫か?」

 


 

キョン「たまには本名で呼べよ・・・しってるよな?」
ハルヒ「・・・・・?」
長門「・・・・・?」
朝比奈「・・・・?」
古泉「・・・・?」
キョン「・・・・・?なんだっけ?」

 


 

みくる「スーパーみくるchan!」
ハルヒ「…ん?」
みくる「朝比奈みくる、渾身のギャグです」
ハルヒ「…はっ?あの」
みくる「芸人を目指すのもいいかな、と思いまして」
ハルヒ「でもあんまり…面白くないわね」
みくる「…………………え…………」
ハルヒ「あ………」

 

長門「ぷっ」

 


 

ハルヒとキョン

 

略してハルキョン

 

キョン「何書いてるんだ?」
長門「…ネタ帳」

 


 

ハルヒ「あ、蚊」

 

ばしんっ

 

みくる「えい、仕留めました」
キョン「それ…長門の本」
みくる「あ…」
長門「……………」
ハルヒ「ほ、ほら蚊が潰れて文字に見える」

 


 

ハルヒ「ねぇキョンちょっと」
キョン「あん?なんだ?」
ハルヒ「これ見て」
キョン「これは…2chか…で、これがどうした?」
ハルヒ「つい最近このスレに書き込んだのね、そしたら『半年ROMれ』って言われたのよ」
キョン「…(こいつのことだ…またいらん事でも書き込んだんだろうな…)で…どうしたんだ?」
ハルヒ「話はここからなのよキョン。命令されるのは気に食わないけど、一応私はその言葉に従ってた訳なのよ」
キョン「ほぉー、お前にしてはやけに従順だな」
ハルヒ「おかしいのはそこからなのよ…その時から、何故かみんな私が発言するたびに『な…何者だ!お前は!』とか『ランキング一位はワイのもんや!』とか言い始めるのよ…」
キョン「ちょっと待て…おかしいだろそれ、お前は『半年ROMれ』って言われて従ってたはずだよな?
その命令に従ってROMってたって言うんなら、普通書き込まん訳だし返事はもらえんはずだろうが」
ハルヒ「はぁ?アンタ何言ってんのよ、私はROMってろって言うから『貴様らに名乗る名などはない!』って書き込んだり、『人…それを愛と言う…』とか書き込んでただけよ!!」
キョン「そりゃロム違いだろうが」

 

長門「…成敗」

 


 

キョン「全くなんでここまで暑いかな。ハルヒの強奪してきた扇風機だけじゃ焼け石に水だぞ」
長門「……」
キョン(そういや長門はいつも暑そうな素振りはみせんがもしかしたら暑いんじゃないか?)
キョン「長門、お前も扇風機使ったらどうだ」
長門「…(コクリ」
長門「…わ゛れ゛わ゛れ゛は゛う゛ち゛う゛じん゛だ」
キョン「お前がそんなことするとは…って臭!にんにくの匂いがなんか風に乗って!」
古泉「どうやら長門さんは餃子を食べたようですね」
キョン「なるほど…って近っ!しかも臭っ!」

 


 

バレンタイン

 

ハルヒ「今日はバレンタインだからはい、これ」
キョン「チョコか?」
ハルヒ「義理よ!義理!勘違いしないでよ!」
キョン「わかったって、ありがとな」
ハルヒ「喜びなさい!有希からもあるわよ!」
長門「・・・」
キョン「くれるのか?」
長門「本命」
ハルヒ「!?」
キョン「!?・・・実は俺も前からおまえのが・・・」
ハルヒ「ちょっ・・・ちょっと待ってよ!!」
古泉「僕の分は無いのですか?」
ハルヒ「顔近っ!ウザッ!」

 


 

キョン「ちょリモコン取って」「はい」
ハルヒ「サンキュ」ピッ
キョン「あれ?つかねぇ」ピッピッ
ハルヒ「つかないときは電池回すといいみたいよ」
キョン「あっそうなの(グリグリ)そりゃ」ピッピッ
ハルヒ「…」
キョン「…」ピッピッ…ガタッ
キョン「やっぱつかねぇ…」
ハルヒ「あぁそう…」

 


 

ハルヒ「最初はグー」
キョン「何でパーを出すんだ?」
ハルヒ「あんたこそ、なんでチョキ出してんのよ!」
キョン「お前の性格は良く知ってるからな」
ハルヒ「ななななな何よ!まるで恋b…ゴニョゴニョ」
キョン「いいから脱げよ」

 


 

ハルヒ「…」
キョン「鏡とにらめっこして何してんだ?
ああ、眉整えてn…」
ハルヒ「胸毛の処理よ」
キョン「………そうか」

 

長門「セクシー」

 


 

長門自宅

 

長門「・・・」ピッピ
「新着Eメール無し」
長門「・・・」

 

長門「・・・」ピッピ
「新着Eメール無し」
長門「・・・」

 


 

ハルヒ「ぁ」
キョン「ん?」
ハルヒ「それ」
キョン「あぁ」
ハルヒ「…」
キョン「…」
ハルヒ「…」
キョン「なぁ」
ハルヒ「ん?」
キョン「帰るわ」
ハルヒ「……だめ」

 


 

長門自宅

 

長門「・・・」ピッピ
「新着Eメール1件」
長門「ぁ・・・」

 

From:古泉一樹
本文:コンバンワ\(^o^)/
今何してる(?_?)

 

長門「・・・ッチ」

 


 

キョン「・・・・・・・・・・・」
ハルヒ「・・・・・・・・・・」
キョン、ハルヒ「「・・・あのさ・・・!!」」
キョン「は、ハルヒ先言えよ!」
ハルヒ「な、何よアンタから言えば良いじゃないの!!」
キョン「・・・・・・・・・・・・・」
ハルヒ「・・・・・・・・・・・・」
古泉「そういえば昔こんなことがありましてね中学校の頃の話なんですが・・・・・・」
キョン「・・・・・・・・・・・・・」
ハルヒ「・・・・・・・・・・・・・」
古泉「・・・・・・・・・・・・・・・」

 


 

みくる「み、み、み・・・・・・・・・・」
みくる「みくるビィィィィィィィィィィム!!!!!!!!」
キョン「あ、ごめん聞いてなかった。もう一度言ってもらえます?」
みくる「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

 


 

キョン「あの…」
みくる「はい」
キョン「朝比奈さんって…って顔近!あ、いやちょっと嬉しい」
小泉「じゃあ私も」
キョン「お前は来るな…っててめえええええええ!朝比奈さんに何してやがる!」
小泉「キョン君もしたいですか?」
キョン「俺は朝比奈さんにしたいよ…じゃなくて!てめえ面かせ!って顔近!」
小泉「キョン貸せと言ったじゃないですか」
長門「面」
キョン「ヒイイイイ!生首生首!そして顔近!」

 


 

バシュッ!
キョン「今のは微妙だな」
ハルヒ「有希!今のはどっち?」
長門「もうちょっと右だったらストライク」
ハルヒ「そんなわけないでしょ!私が投げたボールよ!ストライクに決まってるじゃない!」
長門「違う。もうちょっと右だったらストライク」
キョン「じゃあボールだな」
長門「もうちょっと左だったらボール」
キョン・ハルヒ「どっちだー!どっちかにしなさいよ!決まんないじゃない!」
長門「チッ」
ハルヒ・キョン「!!!!!」

 


 

みくる「キョ、キョン君……こんにちは……」
キョン「朝比奈さん、そんな部屋の隅で丸まって何してるんです?」
ハルヒ「お、遅かったじゃない、キョン……」
キョン「お前まで……」
みくる「あ、あれ……あれを……」
キョン「ん……うぉう! 何なんですか!? あそこに座ってるのは多分長門だと思いますが、何で馬面被ってるんです!?」
みくる「ふぇ……わかりませぇん」
ハルヒ「こっちが知りたいわよ! キョン、あんた訊いて来なさい」
キョン「できるか! というか近づける空気じゃない!」
古泉「おはようございます……って何故に馬面ー!」
キョン・ハルヒ・みくる「ナイス突っ込み!」

 


 

キョン「ハルヒ萌えェー!!」
ハルヒ「・・・・・・」
キョン「みくる萌えェー!!」
みくる「・・・・・・」
キョン「長門萌えェー!!」
長門「・・・・・・」
キョン「古泉萌えェー!!」
古泉「・・・・・・」

 

キョン「谷口死ね」
全員「それは同意」

 


 

キョン「ぶわあっくしょん」
ハルヒ「キョン、風邪でもひいてんの?」
キョン「花粉症だよ、花粉症。涙まで出て大変だよ、まったく……」
ハルヒ「ふーん」
長門「くちゅん」
ハルヒ「有希も花粉症?涙出てるけど目痛い?大丈夫なの?」
長門「これが涙……泣いてるのは私……?」
ハルヒ、キョン「「…………」」

 

――数十分後

 

ハルヒ「キョン~~」
キョン「分かった、俺が悪かった。だから首絞めるのはやめろ、死ぬ」
長門「あなたは死なないわ。……私が守るもの」
ハルヒ、キョン「「…………」」
キョン「……って、なんでまた本読みはじめてんだ!?助けてくれよ!」

 

――数十分後

 

ハルヒ「明日はこれをするわよ」
キョン「またか……いい加減やめてほしいよ……。こっちの体が壊れちまう。長門もそうは思わないか?」
長門「私が死んでも代わりはいるもの」
ハルヒ、キョン「「…………」」

 

長門有希。今エヴァンゲリオンに嵌っている。
たまにキャラの台詞を喋ってしまう傾向有り。

 

――次の日。

 

キョン「朝比奈さん、どうしたんですか?部室に入らないんですか?」
みくる「あっ!キョン君。実は長門さんが怖くて入れないの」
キョン「長門が怖い?」
みくる「うん。涼宮さんのデスクに、もの凄い座りかたで座ってて、ずっと、こっちを睨んでて……」
キョン「ああ……」
部室のドアを開け、部屋をこっそり覗く。
キョン「やっぱりね……」

 

長門「ふっ……」

 

長門「……ケント・デリカット。」
キョン「……何だ長門。何がケント・デリカットなんだ?」
長門「私の特技。メガネがないからもう出来ない。」
キョン「……無理しなくていいんだぞ、長門。」
長門「そう。」

 


 

谷口「キョン、お前チャック開いてるぞw」
キョン「いや、開いてるのお前なんだけど」
谷口「え!?あ、ホントだ。はずかし・・・」

 


 

谷口「キョン、いよいよもってお前も涼宮とその仲間の一員になっちまったんだな・・・」
キョン「チャック開いてるぞ」
谷口「え!?あ、ホントだ」

 


 

谷口「よ、キョン」
キョン「谷口お前、チャック開いてるぞw」
谷口「え!?ウソ?」
キョン「バカ、嘘だよw」
谷口「あ、いやマジで開いてたよ」
キョン「ああ・・・・・・そう・・・・・・」

 


 

谷口「よし、今日こそはチャック開いてないな。大丈夫だ」
国木田「おはよう、谷口」
谷口「おう・・・おい、お前チャック開いてるぞw」
国木田「え、いや開いてないけど」
谷口「ああ・・・ホントだ。ごめん・・・」
国木田「変なこと言わないでよ」
谷口「・・・・・・」

 


 

国木田「これからどうする?僕はキョン達の作った映画が観たいなぁ。谷口は?」
谷口「あんなもん、別に観たくもねぇ」
キョン「だろうな。お前あの時チャック開いてたし」
谷口「え!?マジで?」
キョン「マジで」
谷口「クソッ!ここでもかっ!!」

 


 

長門「・・・高校生探偵がある組織に薬物を投与され、小学生に退行するという話がある」

 

キョン「・・・で?」

 

長門「・・・ユニーク」

 

キョン「バーローwwwwww」

 


 

長門「・・・」
キョン「ん?どうした長門」
長門「図書館」
キョン「行きたいのか?」
長門「・・・」
キョン「よし、じゃあ行くか」

 

図書館
古泉「やあ、奇遇ですね2人とも」
長門「パーソナルネーム古泉一樹を敵勢と判定。
当該対象の有機情報連結を解除する、許可を」
キョン「よし!やっちまえ」

 


 

古泉「さあキョン君、僕にキスして下さい」
キョン「なんでだよ!?」
みくる「白雪姫って知ってます?」
長門「Sleeping beauty」
古泉「そういうことです」
キョン「いやわかんねえよ!!」

 


 

谷口「よし、今日はチャック開いてないぞ。」

 

谷口「おっす、キョン!」
キョン「ん……?おまえ…誰?」
谷口「? いや…谷口だよ?」
キョン「谷口ってこんな顔してたっけ?」
谷口「なんで股間を見て言うんだよ!」
キョン「…………………(じ~~~)」
谷口「……………(ジーーーー)」
キョン「あ、谷口さんだ。おはようございます。」

 

谷口「………(なんで敬語なんだろ?)」

 


 

みくる「ええっと、リーチです!」
キョン「1ピン(現物)」
ハルヒ「白(現物)」
古泉「7ピン(スジ)」
みくる「ロン!リーチ一発タンヤオ三色イーペーコードラドラです!」
古泉「引っ掛けですか。これは手厳しい。朝比奈さんもだいぶ上達してき・・・」
みくる「早く24000払え」

 


 

ハルヒ「どうしたのよキョン?株に失敗して破産したような顔して」
キョン「なあハルヒ…最近古泉がおかしいんだが」
ハルヒ「おかしいって何が?」
キョン「やたら俺に迫って来て困ってるんだよ」
ハルヒ「応えてあげればいいじゃない」
キョン「ちょ、何言ってんだお前。俺はそっちの趣味はないっつうの」
ハルヒ「あんたに無くてもあたしにはあるのよ」
キョン「えっ?」

 

ビリビリッ

 

古泉「よく出来た変装だったでしょう?僕の知り合いには特殊メイクの専門家もいるのですよ」
キョン「ひぃぃっ!」
古泉「さあおとなしく僕とホモセックスして下さい」
キョン「嫌だああああ!!」

 


 

キョン「うぃーす」
キョン「ん……?誰も居ないのか?」
すーすー。
キョン「長門……寝てるのか……」
長門「うーん……」
キョン「はうあ!?」
長門が寝返りをうった瞬間、スカートがめくれてしまい、パンツが見えるようになってしまった。
キョン「まずい、まずい……これはまずいぞ……」
ピーン。
キョン「やばい!ちんちんおっきモードに!!」
キョン「くっそおおおお。舐められたまま終わってたまるか!!」
キョン「据え膳食わぬわ……男の恥じゃああああああ!!!」
キョン暴走!!!!
シコシコモードに突入!

 


 

キョン「…暑いですね。」みくる「…ほんと、まいりますぅ~」
キョン「長門、なんとかならんのか?」
長門「…無理w」

 


 

ハルヒ「じっとしてなさいキョン!」
キョン「なぜ俺の服をぬがす!?」
ハルヒ「体を持て余した若い男女がすることは一つしかないでしょ!」
古泉「おや、お取り込み中でしたか」
ハルヒ「古泉くんも加わる?」
古泉「よろしいのですか?それではお言葉に甘えまして」
キョン「なぜ俺の後ろにまわる!?」

 


 

ガチャリ
キョン「誰もいないな…」
小泉「僕がいるじゃないですか。」
キョン「ふぅ…長門も居ないとは…珍しいな。帰ろ。」
小泉「…。キョン「うっそーん!」やぁさすがにひどいですよ!ふふふ。」

 

小泉「はっはっはっは!」

 


 

ハルヒ「ところでさ、キョン」
キョン「どうしたハルヒ」
古泉「だが断る」
キョン「WRYYYYYY」
ハルヒ「ならいいわ。みくるちゃん、お茶」
みくる「性欲をもてあます」
ハルヒ「フラグktkr」
みくる「だが断る」
キョン「WRYYYYYY」

 


 

みくる「~♪」
キョン「あれ、朝比奈さん。何をしてるんですか?」
みくる「あ、キョン君。あのね、アリの通り道に殺虫剤を撒いて行列を崩してるんです。
   ほら見て、行き場をなくしたアリがゴミのようですよ」
キョン「そ、そうですか…」

 


 

長門「………」
キョン「よう長門。熱心に何読んでるんだ」
長門「………」
キョン「おや、珍しいな。それ漫画じゃないか。どれどれ……」

 

山川純一『ウホッ!!いい男たち ヤマジュン・パーフェクト』

 

キョン「………」
古泉「ああ、ヤマジュンですか。いいですね、僕も愛読しています」
キョン「黙れ氏ね」

 


 

キョン「あれ、今日はハルヒいないのか?めずらしいな」
長門「この世界は全部あなたの妄想。妄想ごっこは今日でおしまい」
キョン「長門?何言ってる?この世界が妄想だったなんて、信じられるかよ!」
ハルヒ「やっほー、遅れちゃって悪かったわね、今日の議題は…ってどうしたのキョン?」
長門「ごめん、嘘」
キョン「そ、そうですか…」

 


 

ハルヒ「ちょっとキョン!」
キョン「(どうせまた、ろくでもないなんとかがこうだったからこうしろ!とか
いうんだろうな)どうした?」
ハルヒ「このSOS団のサイトに誰もメール送る奴がいないのよ!どうするのよ!!」
キョン「(そんな事を俺に言われたもだな。大体、こんなページに人が来るのかと
子一時間問いたいものだ)どうするといわれものだな。」
ハルヒ「あのサイトの担当者なんだから考えなさいよ!」
キョン「(俺はいつからこのまるで孤島にあるかのようなサイトの担当者に
なったのだろうか)解った解った、適当に検索サイトに登録して、
宣伝でもしてみるよ」
ハルヒ「頼んだわよ!」
古泉「お2人してどうしたのですか?」
キョン&ハルヒ「こいz。。って顔ちかっ!」

 


|