※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『ねえキョン、キスってしたことある?』

まただ。
ハルヒに携帯のメールアドレスを教えてから、理解に苦しむような内容のメールが頻繁にくるようになった。
無視をすれば後から後から返事催促のメールが届くし、いちいち答えを返さないといけないのがひどく面倒だ。
こんなことなら教えるんじゃなかったと後悔しきりだが、今更どうしようもない。
メールアドレスを変えることも考えたが、そうすればハルヒの追求を受けることは目に見えている。

『ねーよ。明日も街を探索するんだろ?早く寝ろ』

長々と返事をしているとつけあがるので、出来るだけ簡素に、だが怒らせない程度に返事をするのは肩の凝る作業だ。

『やらないか』
『意味がわからん。俺はもう寝る』

いったいどういうつもりでこんなメールを送ってくるのか。
アイツのいってることは支離滅裂だ。
ハルヒのメール攻勢に辟易している俺は、今日もストレス解消で深夜のネットに入り浸る。
よし、『510』ゲット。『いまからそっちに行く』って打ってやれ。
『暇なので団員に安価メール』か…世の中にはホント暇なヤツが多いよな。

ヴヴヴ…、ヴヴヴ…。

ああもういいとこなのに、またハルヒからのメールだよ。

『今からキョンの家に行っていい?』

おいおい、一体何時だと思ってるんだ。いいわけないだろう。
安価の結果も気になった俺は、『ダメだ』とと乱雑に返事を返す。
掲示板のほうは…良かった、まだ進展はないらしい。さて…。

ヴヴヴ…、ヴヴヴ…。

ほっとしたのも束の間、またもメールだ。
いい加減にしろよ、ハルヒ!

『なにが?』

なぜか長門からだった。
…いや、俺が間違えてたのか?
す、スマン長門!

『なんでもない。どうやらハルヒと間違えた。寝ているところ起こしたのなら済まない』
『いい』

ありえないほど早い返信。しかもそっけない。これでは怒っているかどうかもわからない。
長門のことだから、怒ってはいないと思うが…。
改めてハルヒには拒否のメールを送りなおし、再び掲示板に向かう。
おっと、進展があったか?ふむふむ…ダメだった?相手の男は相当のチキン野郎だな。
そんじゃ安価を…って、ハルヒにメールを打ってる間に終っちまってる。
安価の内容は『無理にでも押しかける』か。これはwktkな展開か?

ヴヴヴ…、ヴヴヴ…。

おいおい…俺のささやかな楽しみを奪わないでくれよ。
しかし出ないと次の日の被害は甚大だ。仕方無しに携帯を見る。

『問答無用!今から行くからお茶を用意しといてよね』

何しにくるんだよおまえ。
趣味のネット観賞を邪魔された俺は、もうキレぎみに返事を返した。

『なにをやりたいか知らないが、そんなに来たきゃ勝手に勝手に来ればいいだろ!そのかわりなにをされても文句言うなよ!!』

これくらい脅しておけば、ハルヒもあきらめておとなしくなるだろう。
さてさて、掲示板に戻るとするか。
…うーん、進展がないな。さっきの安価がまずかったか?

ピンポーン♪

来客?こんな夜中に?
…って、ホントに来やがったのかハルヒのやつ!?
慌てて玄関へと向かう俺。悪い予感が的中しませんように。
おそるおそる扉を開けるとそこには…。



古泉が期待に満ちた目で立っていた。

『メール>古泉一樹
          送信しました』
                     BAD END
|