※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

俺が心のどこかで憧れていた非日常。

年末の一件で俺はそれをついに受け入れてしまい、
雪山でその覚悟を試され、年明けにこの世界を確かなものにして、
ようやくもって新学期を向かえようとしていた。

市内初詣ツアーはハルヒ号令のもと開催され、
映画撮影の時に大いに迷惑をかけた神社をはじめとして、
おそらく今年のギネス記録に手が届くだろう程にお参りしまくって終了した。

その間のSOS団3人娘の振り袖姿は、俺の脳内写真館に1スペースを作って
後世まで保管しておくだけの価値があったのだが…。

そんな一連の忙殺的スケジュール敢行によって、もはや俺はくたくたであった。
旅行の荷物もようやく片付け終わったところであり、
残り少ない冬休みは家でのんびりしたいものだと思っていると、

「キョンくん電話ー」妹である。そろそろノックを覚えてくれ。
雪山から帰ってきてこっち、この小学5年生11才は疲れたそぶりなど微塵も見せず、
若いっていいなぁなどと意味不明なことを考えたところで受話器を受け取った。

電話と聴いて最初に想起されるのは先日の元同級生からのものであり、
中河に続いて長門の顔が浮かんだところに声が重なった。

「もしもし」
外で通話していたら騒音にかき消されてしまいそうなほど小さな声だ。
「長門か、どうしたんだ」
俺は落ち着かなかった。
こいつは地球上で最も意味のない電話をしそうにない人物であり、
それゆえ何か事件がまた起きるのかという警戒をせずにはいられないからである。

「あなたに頼みがあって電話した」
五線譜に記したらおたまじゃくしが横一線に並びそうな調子で平坦な声は言った。

「頼みねぇ」
「そう」

長門が人に頼るような用件が果たしてこの世にあるのだろうかと俺は一瞬考え、
思い当たらぬままに次の言葉を待った。

「今日の午後、あいてる?」
珍しく疑問形である。今まで数え切れないほどこいつに質問したが、
その逆は両手の指で数え切れるほどしかなかったのではないだろうか。
「あ、あぁ、午後ね、えーっと」
用事などあろうはずもないが、俺は考えるような口ぶりになってしまい、慌ててこう言った。

「大丈夫だ。何かあるのか」
何か、という言葉はただでさえ色々な意味を内包するが、
この場合のこの言葉はさらにスケールの大きいものだぜ。
何せ相手は宇宙人だ。
こっちにもインスタントブラックホールくらいの吸収力が必要だってことを
俺は数々の実体験から学んでいる。

「午後一時、いつもの集合場所にきて」
一瞬、間があって
「用は、その時に」

ハルヒ以外に呼ばれてここに来たのは、終わらない夏休みの夜。
あの一回きりであり、その時はハルヒ以外の団員全員が集合していたが、
今回はどうも俺と長門だけのようだった。
俺が呼んで来てもらったことなら1度ならずあったけどな。
それは大抵何か起こったことを解決する過程のことで、始まりではない。
だからなおさら謎なのである。

「待ったか」
「へいき」
約束の15分前だったが長門はもうそこにいた。
珍しく私服姿だったことを申し添えておく。

「ついて来て」
長門はくるりと反対を向き、駅のデパートの方へ歩き出した。
俺は予測を立てる。が、相手が長門である以上、
書店以外どこに行き先があるのだろう。

―その答えを俺は今まさに突きつけられたわけで、
これは一体どうしたことだろうと長門の小さな後頭部を見つめたが、
相手が人間だろうがヒューマノイドインターフェースだろうが、
俺に超能力はないのだから、その考えを読めるはずもない。

長門が俺を伴った先は、女性用ファッションフロアであった。
常人の予測範囲内で起こる出来事を軽々突破するのが長門であるが、
今回は方向が違うんじゃないのか?

「…どう」
そんなわけで俺は長門有希ファッションショーinウィンターなるものの観客になっている。
しかも挑戦するジャンルが幅広い。
清楚なお嬢様ルックに始まり、ボーイッシュなパンツスタイル、
冬だと言うのにやや露出の多い衣装、
反対に学生には到底手が届きそうにない値段のコートをまとったりして、
そしてそのどれもに何というか趣があって…混乱してきた。

「いいんじゃないか」
と俺が言った洋服群全てをさっきのコートも含めて購入。
そのうちの一着、朝比奈さんとはまた毛色の違うお嬢様風の服に
長門は着替えて、買い物はようやく終了した。

「楽しかったか」
長門は黙って首を縦に振った。どこかぎこちない気がしたのは俺の錯覚かね。
「持ってやるよ」

3つある大きな袋のうち2つを俺は持ち、
次に長門に連れられたのはこいつのホームとも言うべき本屋だった。
やっぱりここには寄るんだなと、なぜか俺は安堵した。

最近のこいつはシンプルなファンタジーに凝っているらしく、
コーナーに立ちつくしてめぼしい本を探していた。
俺は適当に雑誌を読もうとしたが、あんまり集中できなかったのはなぜであろう。

ハルヒ消失の一件以降、長門が変わろうとしているのは
何ともなしに感じていたことだが、まさかこれほどとはな…。
やれやれ。他に言葉が見つからないので言っておくぜ。

わざわざデパートを出て、すっかりSOS団御用達の判を押された
いつもの喫茶店で俺と長門はお茶の時間にした。

今さらになって俺は思い当たり、長門に訊いてみた。
「ひょっとして、用ってこれだったのか?」
こく。肯定の仕草。長門は表情こそフラットなままだったが、
内面はこいつなりの喜びで満たされているのかもしれない。

そう思うと俺は和やかな気持ちになった。そして思い出した。
つかの間の改変世界で薄く微笑んだ、あの長門の表情を。

触れる前に溶けて無くなってしまいそうな、雪の結晶のような笑み。
この長門に表情があれば、同じように今笑っているんじゃないだろうか。

こいつはこういう普通の高校生らしい休日とは無縁だったからな。
特に、誰かと2人っきりで過ごす一日…なんてものとはさ。

一瞬、俺は何か変なほうに気持ちが動きそうだったが、いかんと思って頬を叩く。
長門はこくこくと2杯目のホットオーレを飲んでいて、しばらく俺はそれを眺めていた。

「今日は楽しかったか」
「楽しかった」
夕方のことである。こんなにはっきりと返事を聞けたのも意外だった。
確実にこいつは変わっていっている。いい方向に。

別れ際。
夕日の方へ向けて歩く長門の後ろ姿を見ていると、急にアメフト観戦の日のことを思い出し
「長門」
俺は小さな影を呼び止めた。動きが止まる。
こちらを振り向いてはいないが、気に留めずこう言った。

「いつでも呼んでくれよ、俺でよければな」

ここで長門は振り返った。
逆光でうまく表情を読み取れない。


影の揺れ方で俺は長門が肯いたことを確認する。
それだけじゃなく、今、何か感じることがある―。

数秒の間、長門は動かなかった。
そこに俺が見たものは、幻だっただろうか?




―長門が帰った後で、俺は考えていた。

誰にも分からない答えを、いつまでも考えていた。
|